カテゴリ
アクセサリのプレビュー  の記事のリスト

2020年1月のチラ見♪(予告)です。其の四(グランディディエライト、スフェーン、ロードクロサイト、モルダバイト、リビアングラス、ギベオン、ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)、アゼツライト、センティエントプラズマクリスタル、スパイラルクォーツ、シルバールチルクォーツ、ゴールドルチルクォーツ)

2020年01月28日 (火) 00 : 00
こちらは昨年12月18日ブログ記事中でもご案内していた、グランディディエライト大玉を使っている新作です。

もともとは2015年にお作りしていたスターダムというカップリングの雛形がありまして。
その2020年バージョンかな、ということでお作りしました。

昨日のチラ見でも、2015年のAWAKE雛形のカップリングをご紹介しているのですけれど、これも2015年だったんか~と(笑)
今、調べてみてわかりました。

これは偶然なのですが、なんでなのかな? エネルギー的に何か5年前の2015年にお作りしていたこのふたつに、今リンクしていく必要がある何かがあったんでしょうか?

と、考えてみましたところ…



共通しているのは、「自分の輝きを、表に出していく」ということ。

スターダム説明文の中でもお伝えしていたようなのですが、

今は多くの人が、「批評家さん、批判家さんになっちゃう。人がしていることに文句つける役回りになっちゃう。そういうことになりがち。」

というこの部分なのかな。

ネット時代になって、色々な世界、色々な人と容易に繋がることが可能になった私達は、ともすると、「傍観者」「批評家」「批判家」になりやすくもなっていると思います。

2015年あたりでその兆しがきっとそこここに展開していたのかな? とも思いますが(実はSNSやらない私は(笑)あんまりそのあたり私自身はわからないのですけれど)今はもっと、その傾向は、進んできているんじゃないかと思われます。

人とコミュニケーションがとりやすい、つながりやすい、そのぶん、誰かのやっていることに「クチだけ出す」それで、自分が何かを成した当事者のような気にもなれてしまう、そういう安直な感じの世界展開も、より展開してきているのかもしれませんね。



このカップリングは、ご自身の本質の光に繋がり、みずからが発光するスターとなって輝く、あなた様本来の輝きを引き出す、サポートのカップリングです。

一般論で言うところの、スターになれるよ!! のような(笑)スターダム、世の人々からの人氣を我がモノに♪ 的な「たくさんの人の支持が欲しい…人のエネルギーが欲しい…人氣が欲しいの私…」的な願望がw 実際に叶うかどうかは、「高次次第」(笑)かなと思いますけれど(それがあなたの本質の軌道であるなら、たとえばこういった石たちを身につけることで助力を得て、そうなるんですよ、そういう人は)。

「自意識の壁を超える、軽々と超える、超えさせられる、そういうカップリング」

ということで、2015年にもスターダムをご説明していたようでしたが、実際、私も、新作をお作りした12月からそういえばこれを身に着けていて、”なんとな~くゲートウェイをぽちっている(笑)”ことになっているので。

まぁ、「自意識の壁」は、実際に、超えさせられましたね(笑)確かにw

そうそう、まるの日さんから、ガイドイラストが届いたのですが、そのガイドメッセージとしては

「OK。すべては流れ」ということでした。

これは今取り組んでいるゲートウェイのことなんだな、まぁ、やっぱり正解だったんだな、って確認ができました(笑)。

ちなみにですね、その描いていただいたガイドさんのイラストでは、ガイドさんが親指立てて、グッジョブサインで(笑)「OKだよ」を示してくれているのですけれど、

私は自分の今までの「うすぼんやりなんちゃってクレアボヤンス」でも、ガイドさんに質問をする際に、そういえば、この手が示す「OK」「そりゃダメだわ」のゼスチャー、これで示してもらって、「なんとなく、そう観えて」判断している、っていうことも、今までもよくありました。
(「そんなくだらないことこっちに聞くな」という(笑)聞くまでもないようなことでも、聞いたりもしますよ。それって一見、「自問自答」ではあるんですよ。自問自答のようなんだけど、こう返ってくるんだろうなってこっちが想定しているような質問でも、時々、その自分の想定予測とは違う「え、そうなの?」っていうあちらの判断もあるんです。だから、自問自答のようでいて、自問自答ではないことがわかるんです。でもこれ、要するに「観えていない人」がやってると(笑)そりゃ、他人様には信じてはもらえんよねw ガイドチャネリングなんて、自作自演してるんじゃないの~、って言われてもw 返す言葉がありませんよ、確かに^^。)

なんとなくうっすら浮かぶというか、そう感じられるわけですよ。○か×か、っていうそのゼスチャーが。
だから、ゲートウェイ買う時も、やっぱり聞いてるのよ(笑)。
「これって、やっぱり、いちから全巻CD聴くところからやるべきなんでしょうか? あたし」と。
それで、「○」の最終確認をしまして、ぽちりましたわけです。

その「うすぼんやり」だった「手」が、ようやく、「うわ、手だ。手、差し伸べられてるんだこれ。」くらいの「ぼんやり」には昇格している(笑)わけなので。

まぁ、その「手の向こう側にいる存在」その人物全体像(笑)に、なんとか遭遇したいものですよねw


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  アクセサリのプレビュー
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

今年のまとめという感じの続き

2018年12月26日 (水) 05 : 23
昨日のお写真のブレスの一個一個ですけどね



前半と言っていた(そのつもりだった)けれど、前半というわけでもなかったかなと(主に夏場~後半が中心だったかと)



こちらなんかはおんぶに抱っこPart3、ついこの前のですし(笑)



女子力



Woman's rights…今年はリチオフィライトとの出会いが個人的にはいちばんインパクトがありました…ほんと、このオレンジピンクのエネルギーは類似品のない類



ハートカクテル…これいいですね、再認識



栄光のFortune…過去世ブロックをゆる~っと外していく組み合わせ…



過去世なんてものがあるんだじたいへのブロック持ってる人にもいいのかもしれません…(そもそもが「スピ懐疑的」のところと行ったり来たりしちゃうスピブロックありつつ、スピリチュアルが気になるぅみたいなところのある人にいいのかも)



心のお片付け…今、まさに私も石アクセ整理の真っ最中でして…(これがまたけっこう大変と言えば大変…でも今日明日には終わるかな)



日本銘石~岩戸びらき~です…日本銘石は今年最後に静岡水晶という静岡県産の水晶を仕入れしていますので、また来年なんらかのカップリングをお作りできるかなと思いますよ…



こちらは今年ものではなく昨年ものですね…ハイオクターブ・チーム~Sentient Plasma version~…わりと今でも身につける頻度の高いブレスです…そうだ、これもまたやりますね~って言いながら、今年はやらなかったでしたね…来年またやりますね~


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  アクセサリのプレビュー
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「建設的思考」ブレスレットVol.1「1」「2」「3」「4」

2016年11月30日 (水) 19 : 00
「建設的思考」ブレスレットVol.1「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ弱 ◇soldout
◆使用石 「レッドラインソーダライト10ミリ」「マラマンバタイガーアイ12ミリ」「レッド~オレンジルチルクォーツ12ミリ」「ブルールチルクォーツ(アクチノライトinクォーツ)12ミリ」



「建設的思考」ブレスレットVol.1「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ弱 ◇soldout
◆使用石 「レッドラインソーダライト12ミリ」「マラマンバタイガーアイ10ミリ」「レッド~オレンジルチルクォーツ13ミリ」「ブルールチルクォーツ(アクチノライトinクォーツ)13ミリ」



「建設的思考」ブレスレットVol.1「3」
◆スペック 内寸約15センチ ◇soldout
◆使用石 「レッドラインソーダライト12ミリ」「マラマンバタイガーアイ12ミリ」「レッド~オレンジルチルクォーツ8.5ミリ」「ブルールチルクォーツ(アクチノライトinクォーツ)13ミリ」



「建設的思考」ブレスレットVol.1「4」
◆スペック 内寸約14.5センチ ◇soldout
◆使用石 「レッドラインソーダライト10ミリ」「マラマンバタイガーアイ12ミリ」「レッド~オレンジルチルクォーツ9.5ミリ」「ブルールチルクォーツ(アクチノライトinクォーツ)13ミリ」


__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

マラマンバタイガーアイと、レッドラインソーダライトに、ブルー、レッド~オレンジニュアンスのルチル。
建設的思考を促し、そのように行動することをサポートする、優れものです。

見た目はユニセックスかな。
男性の方にも抵抗なく身につけていただけそうな感じですね。と言いつつ、すみません^^男性サイズはご用意してないんで、男性の方のご購入のご希望をいただけるのでしたら、サイズ変更で対応させていただきますね。
でも男性というのは、もともと、この資質をお持ちな場合が、女性よりも多いので、わざわざ石はいらないかな。
もっと女性にこの資質は必要ですよね。

「あああ、あのカップリングには、あの石を入れるべきであった…」という、閃きを嫌がらずに、全部完成しているのに、いちから作り直しをすることを厭わずにできたのも(笑)偶然かもしれませんし、私がこの記事を書くための布石だったと言えるのかもしれませんが、このカップリングに助けていただけたわ…という感覚がありますね。
(あともう一点のカップリングの力もあるけど。いや、ふたつ必要だからね、っていう宣伝提灯記事じゃありませんけどね^^)

建設的思考というのは、熱血的なポジティブ思考がストレートに通用しないし、善悪とか好き嫌い、得手不得手など、無関係なんですね。それまでのパターンも、関係ない。
なので、今までのパターンでやっていきたい人間にとって(そのほうが楽だから)は、場合によっては建設的思考というのは、暴れウマのような得体の知れない思考、自分を苦しめるものとして持て余すこともあるのかもしれません。

目の前のテーマや目的が更地状態の時もそうですし、建て替え建て直しの状態の時や、混沌状態時、ネガティブ思考になりそうなところを、どうポジティブに捉え頭を切り替えられるか…というような感じのサポートアイテムとも言えますが、単純に、アイディアかたちにする段取りとか発想とか、そういう面をすっきりスムーズ時短にしてくれるようなカップリング。

「建設的に行きましょうよ」みたいなおっさん同士のやりとりの中で、その建設的案の提示もないのに、ただ建設的と言われても…のような、のらりくらりした仕方なしの代替案ではないんですよね。
結果、「仕事が思っていたより早くできた」「大変だったけど挑戦して良かった」みたいな感じとか、ものごとの流れがよくなったりとか、そういう颯爽とした気分のいい日常展開をしていけるサポートとしてもお薦め。

◆使用素材◆ ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

レッドラインソーダライトは、ゼオライトinソーダライトとも言われています。当初はこのオレンジ部分はセレナイトだとも言われたりもしておりましたけれど、沸石グループの混入であったようですね。
ソーダライトの発色が濃くて、ほぼすべての玉にオレンジ色が入る高品質玉です。
ソーダライトはもともと実利的な石で、タイガーアイなんかもそうなんですが、「この世を首尾よく生きるには」のような実際性の高い石、という印象がありまして。
でも実際性ってつまんない話なんですよ(笑)。パワスト好きな人は、魔法のように現実が変わることをどっか夢見る夢子なところがあるから、実利的なソーダライトみたいなね、「こつこつ目の前のこと片付けていく」みたいなことを補助する石は好きじゃない傾向あるんだよなぁ。
この沸石グループというのは総じて「波動が高い」石が多いのでして。だから、こうやって補助として^^波動高い、より霊的側面のほうに繋がるみたいな石がカップリングしてきて、そういう人にも「ほれ身につけてごらん、ソーダライトはとても使えるパワストなんだから」ってアピールで出てきた石なのかもなぁ…とも思えたりしますね。

マラマンバタイガーアイというのは、オーストラリア産のアイアンタイガーアイです。流通量の少ない希少石。
アイアンタイガーアイも非常に日常ユーズにお薦めな実利的ストーンでして。
今回のカップリングは、そんな感じで、夢のようなシンクロだとかそういう、スピ夢子の夢を打ち破るかもしれませんが、実利的実際的に、でありながら、実はとても遠回りのように見えながらそれがベストの最短街道であると諦め(?)そこを走らせてくれる、その補助輪になってくれるカップリングということで。

ブルールチルは、アクチノライトinクォーツ。
レッド~オレンジルチルは、母体の透明度も高いし、クォリティ良いです。
「2」だけオレンジともピンクともレッドとも言えるようなカラーニュアンスの細かいルチルが入るタイプです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  アクセサリのプレビュー
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page