カテゴリ
私の体験(石系 & スピ系)  の記事のリスト

代官山アルテスタさんへ行ってきました

2019年10月19日 (土) 02 : 05
昨日は 月一度のわんちゃんトリミングday。
代官山にある ギャラリーアルテスタさんへ 行ってきました。

本当は 先週 台風19号到来の日に予定していたのですが、予約延期してもらっておりました。
天気予報では雨マークで あれま延期してもやっぱり雨なんだ~というところだったんですけれど、外移動中はずっと曇り空。降られずに良かった良かった。




トリミングサロン ギャラリーアルテスタ オーナーさん であり、『カリスマトリマー』の 威名を持つ 菊池さんです。

うちの仔のカットをしていただいております。


カリスマトリマーって(笑) そんなのが この世にはあるんですの? って話ですが
あるんですよ どんな業界にも 神ポジションな人は いらっしゃいます。

その トリミング技術の高さで トリミング業界においての その立ち位置でいらっしゃるわけで
なので トリマーさんに 技術指導されたり 海外のテレビ番組に出演したり(オーストラリア? だったかな、そういったわんこトリミングコンテストのようなテレビ番組のようなものがあるらしく その審査員として呼ばれたりなど)日本でも そうなんですよ、あの あたしが「マツコに宣伝して欲しい…」って 月初にボヤいていた あのマツコさんの(笑)「マツコの知らない世界」などにも お出になられたりなど たぶん 「トリマーさんなら 誰でも知ってる」という有名な方 そんな感じなのかな? と拝察されます

(きっと トリミング業界なんかよりも さらに 極狭ニッチ市場な(笑)一般的な人々の関心のない世界 メタフィジカルストーン業界においての H&E社のロバート・シモンズ氏ですとか A.メロディ女史ですとか あ、あと われらの(笑)ディビット・ガイガー氏ですとか まぁ そんなようなポジションなのではないでしょうか… って この世においての ヲタクが集合する メタ石業界にたとえるのも なんか違うかも… でもまぁ、あれなんですよ、石ヲタ領域へ行くと それはかなり絞られるんですけれど、この世の人々が ぜんぜん天然石を知らない、ってわけじゃなくて、隠れ石好きとか 石ブレス好きは、わりといるんですよね。どこまで 詳しいか、っていう その違いはあれど。それは たぶんトリミング業界も同じで、犬猫飼い人口 これだけいるんだから、トリミングというものじたいは みんな知ってるんだけど、それが「手掛ける人によって ぜんぜん違うもの」というところまでは、知らない人のほうがずっと多いのよ。石が 提供者 扱う人や 産地で 違うだとか そういうように。そういう部分は 近いかな~)




私のところは 「カリスマトリマーさんだ~」ということで 探し当てて アルテスタさんにたどり着いたわけではなく
(テレビ見ませんし みなさまご存知のように 私は 世事情にそもそもが疎いですから…「マツコ」とか「マツコの知らない世界」とか 今はなんとか 存じ上げておりますが 数年前くらいまで 「誰 マツコって」という^^ ほんとに 今のジャニタレとかだって知りませんし たまにテレビ見ると 「知らない星に来たような感覚」が味わえるレベルで(笑) 知らん人ばっか の世界でしたし今もまぁそれに近いですね… 今でも コアな人々はわかりませんが マツコさんレベルで有名であってくれれば なんとか顔は知ってます、と言えるでしょうか… つまり「人に顔が知られている超有名人」というのは そういうことなのですよ… 死後も人のミェフというのは「その人のことを憶えている人がこの地上から一人もいなくなるまで」残るそうなので ある意味 なんでしょうかね… 人の記憶に残る ということは 自分由来のミェフが生き続けちゃうという話でもあり …って なんの話してるんでしたっけ^^)

ヨーキー特集のわんこのヘアカタログ本を入手し そこに掲載されていた ヨーキーのカットの上手な「イイね」な感じ それがお写真で伝わってくる それをいくつかセレクトし それがみんなアルテスタさんスタイリストによるものだったので、巻末だったか、お店所在地を確認して、「あ~ まぁ、代官山だったら ギリ行けるかな」というところで もう何年もご縁をいただいて 通っている… というところです。
(この ギリ行けるかな の直感は正しく(笑)以前記事にもしたかと思うのですが 「うちから2.5キロ範囲」でないと 私はその場所に「定期的に通う」ことができない体質となっているという話… そうなんですよ、グーグルマップで測ると それがよ~くわかります…まさにジャストの2.5キロ ほんと 狭い範囲で生きてるというか…)

なので カリスマトリマーさん とか そういうことも、通ううちに なんとなく「そうなんだ~ なんか凄いね~」と 知った話ではあります

アルテスタさんには新幹線使って定期的にやってくる(笑)お客様なども いらっしゃるみたいですよ…
凄いですよね
おそらく飼い主さんの地元に「ここ!」という満足感が感じられるサロンが不在なんだろうなと思われますが(それわかりますよ…実際のところ トリミングって ソレ的なところありますからね…)そういう方はおそらく ほうぼう探したあげくたどり着いてるんじゃないかと思われますから 新幹線代払おうと時間かかろうと もう「理想を実際に現実にしてくれるサロンがあることを知っちゃってる」ので 妥協しないのだろうと思います(そのへんも わからないでもない お気持ちですね… 人のヘアサロンなんかもそうだけど ヘアカットのスタイリストさん誰でもみんな同じじゃないから 御用達見つけちゃったらもうほかへいけない…ってなる そういう人も多いはず)



(PSW石ブレスをしていただきました~)


当たり前ですが 現代のカリスマは 暴君ではありませんので(笑)

威張ってふんぞり返っていらっしゃるのではなく みずから 現場で トリミングを手掛けていらっしゃいます

それと並行して トリミング業界への寄与もそうですが、ペット産業 というか 
ペットと 人と 社会とのかかわり もそうですし

そこに寄与するトリマーさんという職業 
誰もができるわけではない 神業を持つお仕事のトリマーさん全体の底上げですとか

色々 理想 視野を 高いところにおかれて 

且つ 日々 ご自身のサロン ギャラリーアルテスタが ペット主さんに貢献し サロンを発展させていくことにも 尽力されていらっしゃいます

(おっきい方と(身長だけじゃなく^^)お話すると 自分が ちっさい人間だな… と思うことも(笑)しばしばありますが まぁ、たぶんですね 使命も当然そうだけど 生まれ持った「星」が違うんですよ^^要するに… 何かで有名になるとか 人を導くポジションとなる方 というのは そういうバックボーンが あるのです)



(店内 一時待機場所 兼 インスタ映え写真撮影にうってつけ^^Place 私はインスタやってませんけど^^)


トリミングが ただ できる というのは、まぁ、自分ちの仔ならと テキトーに(笑)できたりもしますし(先代の時は 自分でやってたって話^^してますよね)

「テキトウでいいや」でも まぁ それが本心なら いいのかもしれませんけれど

わりとブログでも言ってますけど 「他の それができる プロにお願いすること」って、自分が テキトーと言いつつ わりとそこに四苦八苦している 時間もそうだし そこに費やすエネルギーもそうだし メンタル部分の「見える部分だけじゃない」プラス要素が すごく多いし 大きいです。
(自分でうまくできるんなら それでこそ必ず満足な状態が得られると言えるなら それでいいんですけど 時に「面倒くさいな~」って思っちゃうこともね 私は先代の時に あったんですよ でも 毛がこんもり伸び放題だから そろそろやらないと 的に…先代を「カワイイ」って 毎日思っていたことは事実なんですけれど 時にその 面倒くさい感は 正直なところ 持っていましたよ…先代のことは 今でも^^大好きなことは変わらないです でも そういうダメ飼い主であった時代でもありますよ… ケアを 大変だな面倒くさいな というネガティブ感持ちながら 自分でするより だから、ずっと それが上手いそれがお仕事であるプロにお願いするほうがいいんだ…と 感じるわけです… とは言っても、今の仔も シャンプーだけなら 自分でも^^できますしやりますけどね いずれにせよ ケアしない放置みたいなのはNGですよ)

「何もかも 自分でやらなくても 人にお願いしていいんだ感覚」

私は これ 自分に足らない要素でもありましたし プロにお願いするほうが 自分がやるより ずっと素晴らしい結果を得られる(笑)ことが得心できましたし^^



(アルテスタさんでは トリミングごとに毎回 こういうポストカードサイズのお写真をいただけます…シャンプー風景とかハーブパック状態とか 仕上がり写真… これは嬉しい主さんも 多いハズ)


私は スピリチュアル目線で(笑) 見てしまう性質なので スピ目線からしか 言えませんが

トリマーさんというのは 確実に 遠い過去生において

神の使いのお世話 メンテやケアをする そういった内容の 特殊任務を経験している人々が多いんじゃないのかな~と(笑)

喋らない 言葉を話さない わんこや にゃんこ それぞれの個性を 把握する

自分ちの仔なら もちろんわかる そういう主さんは多いのは当たり前かもしれませんけど

どんな仔相手でもできるのかというと 普通はできませんよね

それができる って凄いことなのです

アニマルコミュニケーションのお仕事にも 通じることですけれど

動物相手のお仕事で 動物への愛情や なんらかの情熱や使命感が喚起される感があって なさっている方は きっと そうなんじゃないかなと

(金儲け動機だけでペット産業にかかわる 色々な業態も あるのですけどね…悪徳なんとかとか 言われますけどね… そういうのもあるから ペット関係は ひとくくりにされるであろう 大迷惑だろうな~感もあるのですが 関わる人の 意識の階層 凄い差が ある世界だと思いますね それは 人間社会同様ですよ 飼い主さんの意識だってそうだし とりまく業態の人々の 意識も 差はあると思いますけど、でも なんとなく思うのは 動物病院もそうですが、「ケア側」のほうの意識は 高い方々が多いのだけど 動物、っていう視点で ニンゲンより下、動物が下、という意識が 一般的な人間社会の側に わりと、いや、かなりあるので、なんでしょうね、万人理解は なかなか進まない そういう感じはあるんじゃないかな… まぁ、スピリチュアル、石なんかも、そこは(笑)似てるのかもね)

(ここで言う「神の使い」(笑) 実際に、「ペット」はみんな 「高次の使い」ですから… 人にとって すごく偉大な存在です 霊的に見れば 彼らは彼らの本質を 嘘偽りなく 生きている「人間よりもずっと上等」な存在 でもあったりする^^ 時々 人を癒やす「エンジェル」と表現されたりすることもあったりしますけど 誇張ではないですよ ペット飼う主さんの多くに わかってほしいところだけど そして わかっている方も多いと思いますけれど 本当にあなたのガイドのような、あなたをまるごと認める あなたのまるごと味方でもある そういう存在ですからね 人間の中に^^なかなかいないでしょ^^そんな存在って だいたいにおいて 「自分がそこまで自分をまるごと認める」なんてことが できてませんよね… ちなみにですね、無知ゆえにや 現実的な面で泣く泣く「ペットを大事にできなかったことが 囚われになっている」主さん もいらっしゃるかもしれないですが 彼らは そこさえ 認めてくれてる存在だったりしますよ…それさえも織り込み済みなのです… だからって じゃあいいや と大事にしない、というのはやめてくださいね! まぁそれ聞いて じゃあ大事にしなくていいや、って思えちゃうような人は そもそも大事にできなかったことを後悔などしないと思いますから その心配は杞憂だと思いますが)



うちは 石ブログなので 「カットの上手な とっておきトリミングサロン ないんだろうか」って お探しの読者さんが どのくらいいらっしゃるかどうかは不明ですけど(笑)
代官山 ギャラリーアルテスタさんの ご紹介でした
 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

台風19号が過ぎて

2019年10月13日 (日) 21 : 09
台風19号 史上最大の(米ハリケーンよりも大きい特大サイズ)台風と言われておりましたが
各地で 被災された多くの皆様に お見舞い申し上げます





多くの河川の氾濫
東京も 多摩川が 大変なことになっていた様子を ニュースで知りました
23区も 荒川氾濫が起これば おそらく未曽有の大惨事ではあったのですが 荒川のほうは持ちこたえてくれたようです

実際のところ ここ何年間そうかもですが 年々台風は 威力が増していることも事実
(スピリチュアル的にみると それだけ 人間の想念の祓い(浄化)作用 それが自然の猛威となって顕れている という解釈ともなるのでしょうか…







一夜明けた本日 
また 木の枝まみれのドッグランのお片付けになるのかな~ と思いながら 代々木公園に行ってみたところ
片づけ終わっていて

なんとなく見たところ 前回の台風の時で 落ちる枝はすべて落ちていたのか 想像よりも 木枝の散乱状態じたいが 前回よりも少なかったような感じでもありましたのと 

おそらく今年最後の夏日 連休ということもあったのか 代々木公園内も ドッグランも 多くの人で 溢れておりましたので
先に来ていた 有志が 枝を片づけてくださっていたのではないかと 思います

駐車場もいっぱいだったし
昨日 あの台風だったんだよ? が信じられないような 大勢の 笑顔の人々 親子連れ カップル 友人同士の仲間
そういった人々で にぎわう 場所 
休日のいつもの 光景でした

ちょっと不思議な光景にも観えました…
でも自分も その中のひとり ということも なんとなく複雑な思いもありながら

澄み切った空気と風 ここは そうなんだよな と… 





PSWブログ読者さんの中には 今回の台風で 家に住めなくなっちゃった人とかいるんだろうか 
とか 
こういうのあるたびに 思います

もう少し落ち着いたら またボラブレス企画 やろうかなとも思います

(これも 送られて迷惑な 廃棄の人手のかかる ”いらない千羽鶴”になってしまうといけないので 考えどころではあるのですけれどね… 千羽鶴はいりません、って言ってるのに 古着はいりません、って言ってるのに、それが人助けだとか励ましだとか それをやる側が勝手に美化しちゃう ありがためいわくの 親切行為の 押し付けになってしまわぬように… )







自分にできること…  

というか 自分はまだまだ なんだよな~ と 昨日も思いましたよ

セレブって言われる だとか(笑)なんだか能天気な記事を書いていましたけれどね

まぁ、自分が住んでるのはこっちなんだけど、実家の人々とか まさに東京の危険地帯(笑)と言われる ウォーターフロント
”【悲報】江戸川区、荒川が増水した場合に都心を守るため先に沈むように設計されていた”
の もろそれですからね~(爆) 
その際には 区全体がまんべんなく 水に浸る 犠牲予定地域
なんと 大地震の津波が来た時には 「逃げ場ありませんから」と(笑)いうノンハザードマップ宣告なども されてんですよ

昨日なんかも 「小学校に避難してみた」そうですよ^^(「避難するから」って電話かかってきた)
区全体の人口の約一割が 避難所行ってみてたようなんだけど 仮に区民全部押し寄せたら(笑) 一小学校あたり7万人受け入れとか、ぜったい無理でしょ?

考えてみると 東京というのは そういうすんごいところ だってあるわけなのですよ 23区が全部同じ ではありません
いわゆる 「正常バイアス」が(笑)まぁ そこそこ常に 多少のリスクにおいてもはたらいている
そういう神経構造も 住むのに 必要なところあるよね

(広い目で見れば 「生きている」それじたいに(笑) この正常バイアスというのは まぁ、必要と言えば必要なのが この世 ではありますが…)







なにかあった時に 大の大人 数名 いざとなれば面倒見れる 私はそういうたくましいレベルじゃない

そういう自分ではないんだよなぁ と 気づき

浮かれてる場合じゃなく

なにかあった時 彼らに 私を頼られても困る とか 言い出さないような 実際に助けてあげられるような

実質的にほんもののセレブにならないと いけないな





なんか そんなふうに 思いました


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

クレアボヤント志願

2019年07月17日 (水) 07 : 36
石の世界を知ると、「なんだか色々観える人がいるらしい(笑)」ということが散見されるようになります。
じゃなくて、スピリチュアル界隈には、そういう方が多いので、スピリチュアル界隈の仕事なんだから、自分も観えなくちゃマズイのかなぁ…という気がしてきます。

石の世界のほうは、おそらく石業界ではたらく人の9分9里は、クレアボヤントというわけではありません。
「石のエネルギーがわかる」という人は多いですけれど、観えない世界がよく観えているようなタイプの人は、そんなに大勢いるのかというと、わらわらいるっていうわけでもないです。


15日の、幽霊話のとおり(笑)まぁ、私には幼少期の「幽霊ぜったい見たくない怖い」の時代がありましたから、そうなんです、「見たら最後、”いる”ことが確定」になってしまうことが怖くて怖くて、なので、実際には、「はっきり幽霊を見た」という点では、ばっちりご対面みたいな感じの、相手の目を見てしまった…というアウト経験じたいは、記憶にないくらいなので、たぶん一度もないような気がします。

見たことあるのは、うわ真横に座ってるよ…だとか(笑)そういう身体的輪郭のようなものは年中で(泣)あとは「感触」「気配」などです^^。
で、「いる!」ってわかったら、「固く目を瞑って、見ない、絶対見ない」ということをしてました。

たいていウトウトしている寝入りばなの半覚醒状態で、で、定番の金縛りが始まる、という感じでした。
そういう半覚醒状態では何かと幻影というか、「部屋が現実の状態と違う」みたいなこととか、けっこうありましたよね。

まるの日さんも夜会で言ってたんだけど、この「見る」というのが「相手の存在確定の”肝”」なんだそうですよ。

なのでヘミシンクなんかでも、「ガイド観る」ことにこだわるわけです。
「感じられる」というレベルよりも、視覚情報で観ること、というのは、より「存在を認識すること」及び「相手の存在を確定すること」に繋がるんだそうです。

だから私が子供の頃、無意識に「絶対に見ない、見たくない」とやっていた行為というのは、「見ちゃうと、存在確定」という宇宙の法則を(笑)肌感覚で理解していたということになります^^。





私が”幽霊ではない”(笑)いわゆる成仏した状態の霊的存在ですとか、高次的存在、そういう存在を「顔を、表情を、その姿の様子を、生きている人を見るようなレベルではっきり見た」と言えるのは、昨日言ってた、「頭上に浮かんでいた光り輝く巨大天使」と、それから、亡くなったうちの先代わんちゃんです。
あ、あと、私は自分のハイアーセルフだと思っていたんだけどどうやらガイドだったらしい女性というか女の子というか(これはのちにまるの日さんからいただいたガイドイラストで「あ、この女子だ(笑)」というのがわかったりしてますので)。
それと、α宇宙瞑想の時に、一度だけ、自分とつながりのある宇宙存在の姿が観えました。
(まぁ、ぱらぱら、はあるんですね…常に、ではなく、ときど~き…でもまぁ、考えてみるとやっぱり「石のちから」ってあるなぁ、とは思いますね。昔観た巨大天使は、石関係ない時代でしたけどね。まだ作詞家にもなっていない頃でしたが、そういうのちらっともうやってたかな? みたいな頃だったかなと思います。天使とか^^だからおったまげたわけですよ。実は「あれは天使だったんだ」っていうのはその後スピブームになって(笑)いっぱい天使画像を見るようになって理解したんですけどね。まぁ、ほんとにいらっしゃることはいらっしゃいますね、ああいう風貌そのままで。でも私、それでも、石の世界に入っても、「天使なんてほんとにいるんだろうか」って言ってたでしょ^^。まぁそのくらい天の邪鬼なんですよ。「見た」くせに^^「いるのかな」とか言ってたわけです)


え? いつもガイドが観えてるんじゃないの? って話ですが(笑)「はっきり、生きている人とか生き物とか、石とかと同じように、物質レベルで」ということでしたら、そうではないのです。

なんかこう…ボンヤリ脳裏に浮かぶ、的な、想像レベルの映像です。
人間が何かを想像する時ってありますでしょ? 何かのことを考える時、そうだあそこへ行こうとかそういうことを思う時、ボンヤリその場所のことを考えたりしますよね。で、想像ができますよね?
そういう、「何か特定のものを具体的に想像した時に浮かぶ映像」そのレベルなのです。

”なんとか瞑想”とかそういうのもやっていますけれど、基本は想像してるだけ、なんですよ(笑)。
ただ、「これって自分の勝手な想像なんじゃないか」って人は思いがちなんですけれど、見たこともないものって想像できませんよね?
なので、そういう瞑想時に出てくるものというのは、自分の想像のようでいて、想像を越えた「向こうの世界」の様子を観ていたりするわけです。

他人様のガイドと会って、ガイドブレスというものをお作りしていた頃もありましたが、そんな感じのクレアでした。
私の場合は、「見る」というより、「相手の意図をチャネる」というほうが得意なので、そんなによく姿は観えてはいないんだけど、まぁ、なんとかできていましたが。

そもそも私は、こっちの現実世界でも、「人をジロジロ見る」というのが得意じゃない(笑)ので、やっぱり、次元が違うところでもあんまりジロジロやらないんですよ^^。
でもそれだと結局、上達しないんですね、クレアボヤンスって。

ガイドブレスをやめたのは、それでもみなさんやっぱり、「ガイドがどんな姿だったか」というのが気になるでしょう?
でも私のそういう「なんとなくうすぼんやりそうなんじゃないだろうかレベル」のガイドをお伝えする(笑)っていうのもなんか忍びないし、ガイドがもっとはっきりくっきり観えている方もこの世には他にいるわけだから^^(まるの日さんとかにお願いしたほうが確実ですよ)こんななんちゃってクレアボヤントな私がやらなくてもいいかなぁ…って思って、やめることにしたんですよ。





だから、昔経験した、あの電飾みたいな(ほんと、よく光り輝く天使とかいうけど、電気通ってる^^感じだったのよ…クリスマスツリーとかほらぴかぴかの電飾ってあるでしょう? あれもっと密にして凄くした感じ…羽の筋というんだろうか全体が光ってるんですよ)くっきり羽の様子とかもわかったような、あのレベルでは、観てないな~って思うし、先代わんちゃんが亡くなってから、私の膝の上に現れてあたしの顔を見上げていた姿、あの時の「はっきりくっきり」レベルではないんだよな~~~…という、ジレンマはあるにはありますね。
観える場合、「そういうふうにも観えるものでもある」ということを知っているだけに、う~~~ん…とは思うことは思うわけなんですよ。
また、そのくらいにちゃんと観えないと、つまんないよね(笑)実際のところ。

あのくらいに観えると、「思い出して細部を表現できるレベル」と言えるので。

そうそう思い出した、ソレ以外に、宇宙船を観た時もそうだったけど、私は、観る時はわりと輪郭とか形状とか色とか、わりとクリアに観ているわけなので。
できない、ってわけではないんだろうな~とは思います。

もう幽霊は怖くなくなったことだし…(笑)そもそも、ほんと、遭遇しなくなったし。
本腰を入れて、金縛り経験トライを^^またしますかねぇ…あ、体脱じゃないから、金縛りは必要ないんだけど^^。
(でもやっぱりそんなこと言ってて、幽霊に実際に会っちゃったら(笑)大泣きだしなぁ…)
そうなのよ、「体外離脱」するときのあのエーテル体が抜けていく感じというのも、結局、金縛りの時とよく似ているんですよ。
(幽霊にはエーテルレベルで遭遇するわけです)

という、クレアボヤント志願つれづれでした。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page