カテゴリ
私の体験(石系 & スピ系)  の記事のリスト

今日でおわっちゃう予定

2019年05月09日 (木) 20 : 06
先月、4月14日の記事で、見始めたら止まらない中毒性の高いドラマ(笑)ということで、全米史上最も支持されたドラマとしてギネス認定されているらしき、「Breaking Bad」…を観ています~ってお話していましたが、いよいよ、たぶん今日続けて観る予定にしている二話で終了の予定。

「Breaking Bad」に登場した人物の「小物グッズ」の類がアメリカの歴史的記録保持のような意味合いなんでしょうか、スミソニアン博物館に(笑)収められた、というレベルの話もあって驚きました。





日本で発売されているのは、シーズン1からファイナルシーズン(シーズン5)で、それぞれに8話から13話程度がDVDに収められています。

毎日、だいたい、1話から2話ずつ、観てきました(笑)。



「Breaking Bad」については、日本人のブレイキング・バッドのファンの方の解説サイトなんかもあります。

こちらに出演されておられた役者さんの、舞台を降りた時の顔や、撮影秘話などの写真、話などもわりと目にするのですが。

こういうのを観ていて思ったことが。

将来、霊界に行った時に。

そして、霊界において、少しずつ、純粋な存在として純化されていく過程で(まるの日さん風に言うと、「生前、現実世界の経験においての人間関係でつくってきたミェフ」が外れていく状態)。

「あの時は、殺し合っちゃいましたね~」的、なんというのでしょうかね(笑)そのそれぞれの「キャスト」としての繋がり、縁、を傍観する時が来るんだよな…という感ですとか。

すべては個のためだけではなく宇宙全体の進化のための仕組み、というのでしょうか…

それをですね、こういうドラマの舞台裏、制作秘話を覗くことっていうのは、「これ撮影大変だったよね~」「感情表現として最高の演技だったよね」だとかまぁ、そういう、将来霊界でやっていくことになる疑似体験を(笑)もう、私たち人間はできていたりする、ということでもあるかなと。
そう感じました。



「Breaking Bad」は、当時のアメリカ社会をまさに表現している、とも言われていたようですが。

「ファミリー、家族」って何? 

ということもそうですけれど。

「善、悪」って何?

ということもそうですけれど。


色々な角度からの、学びの要素があり、人間それぞれに持っている「囚われの要素が、創造していく現実世界の様相」についても、見事に描かれているところがあり、また、誰も「人を自分の思い通りにできない」世界であることもわかるのですが、やはり、「みずからが自身の人生を創造し、そこに関わる人々と創造していく」ことに代わりはなく。

そこが「身勝手であることが前提」だと、最終的にそれぞれにいいことないっていうか、世界ってこうなっちゃうよね…という部分の描写に優れています。

基本、登場人物の誰もが、程度の差はありますが「自分のことしか考えていない」という部分…自身の囚われているもの(子供時代に持ったトラウマや満たされなかった承認欲求やそれぞれにとっての家族愛のものさしが生む対立構造や他者否定やいい時だけの思いやり的自己都合や)により形成されてきたエゴの信念に突き動かされる世界展開とはこういうものか、ということが表現されてもいますね。



ということで、うちでは4月から5月にかけての「令和時代への移行期」という時に、娯楽として(笑)米国ドラマをぶっつづけでずっと観てきましたが^^。

以前の私でしたら、「Breaking Bad」に展開される世界のようなものについては、ただ嫌悪してしまったかもしれない「程度の低い霊の世界に無知な人間のドラマ」って観方をしてしまったかもしれません。
(悪人的要素の残虐行為だったりの部分はまぁそれもそうですが、それと同等に「普通の幸福を維持しようとする普通の人間の身勝手さ」も、表面上は暴力ではないのですけれど、自他への精神的残虐性は持っている、ということ)

これだから、人間の世界ってほんとどうしようもなくて嫌よね、のように。

でも、あと2話で観終わるのですけれど。

不思議と、嫌悪感はないのです。

登場人物の誰もを、応援したくなる、愛おしい、無二の存在として、感じます。

究極、人は何のために生きているのか。

きっと、「高次ガイド」の気持ちも(笑)、わかる人にはわかる^^ドラマだと思いますよ。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

Breaking Bad (ブレイキング・バッド)

2019年04月14日 (日) 15 : 31
見始めたら止まらない中毒性の高いドラマ(笑)ということで、全米史上最も支持されたドラマとしてギネス認定されているらしき、「Breaking Bad」…
「これが今のアメリカなのか」…ということが実際に覗い知れる内容です。
今のアメリカといってもドラマが放映されていたのは、2008年から2013年なので、ちょうどオバマ政権あたりの頃ですね。
アメリカが抱えていると言われる”問題”が確かに随所に切実性をもって感じられるところはあります。

(うちでも一応、DVD買って、続けて見ているのですが、今シーズン2へ突入しているところ…昨日もまるの日さんの夜会から帰ってきてからDVD一枚見ました(笑)…これ、シーズン5まであるんだけど、全部見るんだろうか)

アメリカといえば、単純な正義VS悪や、競争社会などの序列が日本より過酷な表面上世界展開もあるのですが、いい意味で内側に残されているというより「本当は目覚めている神性」のようなものへの敏感さも、お持ちの方も(またそれを表明表現していく方も)多い、その個性の幅がかなり広いのがアメリカ…という感じもしますが、こういう背景あってなのか~というのがわかりますね。





このドラマDVDを見ていて思うのは、
「この人たち(主人公)どうして”こっち”方面でならこれだけの潜在能力が発揮できるんだろう」
という部分なのですが。もちろん「ドラマだから」というのもありますが(笑)。

(”善悪”という振り分けでいえば、悪道のほうになるのかもしれないけれど、それもすべてそう決めつけてしまうのは、なんか微妙な、しいていえば「人が生きていく権利、この世で生を維持する権利」を得るための道が、たまたまそっちでしか活かせない状態になってしまっている人もいるアメリカ社会、というのか)

うちの人いわく、

「その無法ゾーンっていう縛りのない自由地帯だから、本人の生命力、潜在能力が、100%出てくるんだよ」

ということで(笑)…確かにそう。

まぁ、いかに人が縛り付けられた世界で生きること制約がある世界で生きることの中に、むしろ、「だからこそのもの」がギリギリで出てくるというのか、そういうものが随所に見られるドラマです。



昨日「あの世1」の話を(まるの日さんワークショップの話)していましたが。

もちろん、あの世へ行ってから、「実現したかったこと」を実現するというのは、どうやら可能のようです(笑)。

確かに”住まい”なんかも、本当は豪邸に住みたかったんだよな~みたいな生前の思いを持つ霊は豪邸作って棲むみたいです(笑)。
抑制されてきた個人の願望の実現、それを満たせる世界が、あの世1、ステージ1、ということかなと思います。



私は、「その人が本当にしたかったこと」がどんどんわかってきちゃうペンディング世界が霊界の第一段階のワンクッションなのかな、とは思いますけれど、それが先へ進むと、その「本当にしたかったことの、その先にあるものは何か」へ、霊が進んでいく(純化されていく)ので、最終的に、魂(本質エネルギー)の中へ溶け込んでいくのかな、と理解しました。



ちなみにこの世の凄いところはやっぱり、

たぶん、あの世よりもその「本質を生きる」が、より可能と感じられるところはあります。
決して困難ではないです。

だけど「ミェフ」とまるの日さんおっしゃるところの「人(や動物など)とのあいだにできる感情反応」いわゆる、他人から見た「この人はこういう人」的なくっついてしまう「シール」みたいなものでしょうか。
(それが「穢れ」とも呼ばれたり^^…穢れ、汚れ、いやな言葉ですが、まぁ、あるわけです。ない人はひとりもいません。あ、「絆」とか愛の関係性という良さげなものもそうですので、一概にこのシールが”悪者”ではありません、念の為)

だから、いわゆる「仙人」がなにゆえ、俗世になるべく触れない生活様式で生きることを選ぶのかの意味はわからないでもないな、と感じました。

祓っても祓っても、現世においては、常にそれと共にあるのが、人であり。
(他人が自分を見たいように見る、条件付して見る、決めつけられるレッテルです。また、自分自身もそれを他者へやっています。「Breaking Bad」の中にも、やっぱりこれがテーマのひとつとしても感じられます。なかなか、己自身がその本質を生きることもそうですが、「他人の本質を理解してあげられない」のも人間…という)

これが一生あるのがこの世なので(笑)やはり、悟りきったまま、超人のまま、一生すべてを通して生きられる人は不在なんだな~、って思いましたね(笑)。

だけど、それでも、自分の意志で、とりまく物質世界を変えていくことや、本質的に生きることそのものは可能ですし、また、そのほうが、実際に「生きやすい」そして、周囲を生きやすくしてあげられるのも、やっぱり本当のところですから。

「ドラマの主導権は、本当はあなたにある」

そのことを教えてくれるのが、それぞれが本質を知り囚われを外し生きること、それを手伝ってくれるのが「石」だったり(笑)します。
霊界その1で気の遠くなるような長時間実現と体得に向けてやる類のことを、もう、こっちでやっときませんか?
ということを、石に出会っている、私たちは、伝えられているんだ…
そのように感じます。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

昭和~平成~○○

2019年04月01日 (月) 00 : 00
このブログ記事は新元号の発表前に書いていますので、このタイトルです。

好む好まないにかかわらず三時代生きてしまった…ということになりそうで(笑)なんだかこ~わ~い~の世界でもありますね。
ちょうどこのみっつをほぼ等間隔の長さで経験することになりそうな…
これから30年人生があるならの話ですが、一応そこまでの寿命ではなさそうなので(まるの日さんにお伺いした寿命によれば、の話です(笑)。聞けば教えてもらえますよ。あ、無料では無理です(笑)。トータルセルフリーディングに申し込んで聞いてみてください)たぶん、これから始まる「○○時代」においてのワタシが、いちばん短くなる予定です。図らずも聞いてる寿命より多少長くなれば、だいたい等間隔という感じなるのかな、といったところ。

それでも、お伺いしている寿命どおりであるなら、今日明日であの世へいけるというわけでもありませんので^^、まぁ、世のため人のため自分にかかわる存在すべてのために、なるべく悪影響を及ぼさない、願わくば、『好影響』と思えるような存在でいられるように、これからも大事に生きていこう、って思っています。



(新宿クイントビルと文化服装学院の前の桜です)


ここのところ、月末新作オフ月で時間ができたということもあったのですが。

自分の人生において封印していたものを、怒涛のように見る期間でもありまして。

ブログを読んでいるみなさまにとっては、「え? 今頃なの? インナーチャイルドとか? それって石に癒やしてもらってたんじゃなかったの?」という話に聞こえるかもしれませんが(笑)、いえ、インナーチャイルド系については、だいたいカタがついています。
こういうものは、自分が気がついている時点で、都度都度、石もそうですが、現実世界そのものにおいて、「だからこそ、今がこうなんだ」という部分がよく観えますので。
今を良くしていくと、今を常にソコソコ満足のいく状態として生きていると、人間、過去って赦せます。というか、気がついたら、そこに囚われていないことになっています。

常に過去に遠因を求めてしまうと今を生きられない人もいると思います。
なので、そういったものは、とりあえずはヘミシンクなどで言うところの「気になることの保管ボックス」に置いておいて。
『目の前のことだけに注力して日々生きる』のがいいですよ。

私は、石に出会って移行は、過去も未来も考える暇もなく(笑)「今」に費やしてきました。
その結果、自分自身においてはですが、過去も未来も憂うことがあまりない体質へと変貌したことは実際のところです。

なのでほぼほぼ、人生においての『外枠』については納得済みで、過去のトラウマですとかが大きな障害となっていることは、現時点の自分においてはありません。



(日が暮れて夜間ライトアップされてます)


とはいえ、「ヲイヲイ、そんなに菩薩のように、自他を赦しまくってるのか?」と言えば(笑)そういうわけでもありませんよ。

なので、そういうわけもない部分について、向き合わざるを得ないことになっていたのが、この3月でした。



(夜桜もいいですよね)


「問題解決」をひといきに進めたい方も多い世の中かもしれませんが、この世は現在、情報量が凄いので。
昭和の比ではなく。
平成の比ではなく。
進み方が早すぎて、ちょっとついていけないわ…状態になっている方もおられるかもしれません。
というか、それ、私のことです(笑)。
(もともと特にそこについていってない私は(笑)もうなんだかどうしましょう、の世界でもあるのですが。SNSだとかそういう系統ですけれど^^、ごめんなさい、ほんっとソレ系の構築にはトライしようと思いつつ、どうもできずなところがありまして…自分に都合よく「神氣と人氣」の話だとか^^そのへんで、まぁ、「人集めはやっぱり必要なかったな」とは思っているのですが^^。ただまぁ、集めようと思って人が集まるものではないながらに、この世界には「集める仕掛け」というものがあるのも事実で、ネット上で私自身こうやって展開している以上は、最低限のインフラのご用意もそうなんですが、利便性等の追求、”わかりやすさ”のご提供など、本当はやらなきゃいけないかもな物理的世界ももう存在していることもわかっておりまして。これは、私がPSWを始めた当時の比ではないレベルで、世の中じたいの変容は凄いものがあることは知っていますので。まぁ、そこは揺れなくもないですよ)



(「春系ブレスで気分盛り上げ」とかアパレルなら言いそうなところですが(笑)でも気分が上がるのは実際のところなので、これらはお薦めですね)


話がズレましたが(笑)まぁ、そういう目の前のことと、もう目の前にはない過ぎたことと。
すべては一応、全部「ある」のは事実なわけで。
その中の、「ままならないこと」と「ままなっていること」(これは自分から見ての主観です)とがあり、どちらかというと人間は、「ままなっていること」へフォーカスして生きていると、ままなっていなかったことも次第にままなっていることの世界の方へ移行してくる…という経験、これが、石に出会って移行、自分が積み上げてきた「時間かけるメリットのメソッド」とも言えます。



(自分の感情が上手に感じられない、自分に湧く感情そのものへの嫌悪感があったりすることも、人間にはありますが。その複雑なブレンド感を持つ人を楽にしてくれるヒーリングストーンたちだと感じます)


何言ってるんだかわからない…という、「テキストベース」の伝達が、ますます有効性を持たない(全体レベルでは日本人の読解力は低下しているそうなのと、文章理解の集中力を保てない人間が増えているそうなので)分離の世界に拍車がかかってきそうな、○○時代ですけれど(笑)。
スピ盛り上がり時代の”ワンネス”風潮はいったいどこへやら…まぁ、ここがポイントとかラインマーカーさえこちらが引いてあげないとわかっていただけないという(笑)ネット上はそういうブログサイトも増えていますでしょ? それがワンネス、平等、人への心配りとも言えるのかもしれませんし、「だいたいの人にわかるように合わせる」のは大衆心理操作の基本なのですが、私の場合は、そういった大衆操作じたいをそもそも好みませんのでね…。

○○時代。そんなに長くもない(私にとってはですけど)予定なので。
がんばって、伝わる人には伝わるように。石のことをお伝えしていく予定でおります。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page