カテゴリ
石のホント or はてな?  の記事のリスト

石のいろは

2021年12月03日 (金) 03 : 29
今日は、石のいろはについて、お話を。

今年に入ってから、「読者さんが入れ替わっちゃったなぁ」ということ、「お客様が入れ替わってきちゃったなぁ」ということに、後半、徐々に気がついてきておりました。
11月末の新作石アクセサリの説明文にも、その理由はなんだろう? については、「たぶん、こうなんだろうな」という点について、はさんでおります。

長く同じ仕事をしていると、どうしても、「もうみなさんわかっておられることだから」と、暗黙の了解的に、大事なことをはしょってしまう、という癖もついてきてしまいます。

たとえば、「中庸」ブレスレットの説明文の中にはさんでいるので、ここでは長くは説明しませんが、PSWはほぼほぼ9割の仕事を私一人で運営しているため、どうしても、大手ネットショップ的な「こまめな対応が難しい」という時が発生します。
「もっとも大事にしなければいけない、お金を払って商品を買ってくれるお客様」を、まず、最優先にしなければならない「この世ルール」的なことが、物理的に、できなくなることがあります。
例をアマゾンで伝えてますが(笑)こまめな入金ありがとうご連絡や、こまめな配送もそうですが、お申し込みいただいているというのに、丸一日ご返信していないなどw放置プレイになってしまうことが、今年は度々起こっています。
(人によっては、丸一ヶ月以上、お待ちいただいています)

今年は、石の話だけしていれば良かった自分から、もっと包括的な根源的な、「人間社会の前提」の話をみなさんにしなければならなくなってしまった(笑)というような、自分で選んだことですけれどwでもまぁ、行きがかり上、それを選んでいるので、そのぶん、自分の時間の使い方もへたくそなのかもしれないですが、まぁ、そちらへ使うエネルギー配分が出てきたため、「今、これを伝えておかないとマズイ」というような、流れの速い世の中の動きもありますので、そうなってしまっているところがあるんですよね。

ブログを優先するか、自分本来の仕事を優先するか、みたいなことにwなっていってるなぁ、という、そこで、もともとの既存のお客様には少し甘えてしまっていたり、反省点もあります。

こういう部分を、「今月は今年最後の月末新作なので、やはり自分の本分の石に戻したいな」というwww感じでご提供させていただくことを心がけ、11月は、休まずブログの更新もしながら、トータルでアーカイブも含めて、久しぶりに10作品(ここ数ヶ月の作品種類の倍ですが、もともとはそのくらいは毎月ご提供していました)お出ししています。

で、気づいたのですが、これは16年、傾向としてしょうがないことなのですけれど、売れるものは偏ります(笑)

この世の「人氣」の世界ですので、私がそれを操作できるわけではなく、もうそれはしょうがないことなので、それはそれでいいのですが(笑)今月ですと、先月記事でも何度かに分けてプッシュしているので当たり前なんですがw「炭×炭」が完売となっています。
これはこれで、私がお伝えしていることを信用していただいている証なので、とても嬉しいです。ありがとうございます。

そういう「私が、事前にまったく記事にしていなかった作品」については、ご希望をいただいているのは、パラパラ、です。

ひとつも動いていない(心密かにお薦めなのですがw先月、事前にそれを、記事にはまったくしていない)カップリングもwあります。
基本、私は、お出しするカップリングの8割は、必ず自分がテスターにもなっています(笑)
(そうすることで、お薦めできるエネルギーポイントがわかる、ということもありますから)
但し、私自身が「そのすべてを網羅できるわけではない」ですので、そこはぜひ、「みなさんご自身にも、それを発見していただきたい」ということもあります。

特に、私の場合は、どちらかというと、自分が現実として、「そうではなかったところから、次第に自主独立してきた人間」と言えますので、その、ず~~~っと前段階にいるような方の気持ちがわからない、「本人が、その必要がないと思っている」ような方のお悩み解決なんかを「石でなんとかなりませんかね」的にw石に求めてるような方であったりすると(笑)「うわ、お手上げだな」というか、「そういう人に、この石の恩恵のニュアンスが伝わるかな?」ということもあるので、おそらくPSWの石アクセサリには、その「敷居」を感じさせてしまうところも、あるかもしれませんがwww

でも、そう言ってる私自身、実際には「ほんとうに、一人のちからで生きている」完璧な人間なわけではありませんので。

なので、常に、再発見を、させられるわけです(笑)

「それが石だから」というwww
石の世界というのは、ある意味、石が好きな人や石に惹かれる人、石に縁のある人、たまたま石なんて興味なかったけど、見つけちゃった、そんな方もwいっしょに、みんなで(「みんなそうだよ」「みんな同じことしなきゃ」の強制ではなく)
楽しみましょうな世界でもあります

「人間」であるわたしたちを、物質の三次元生活でありながら、そこを越えた多次元世界の感覚を、ともに楽しみ、現実世界を創造サポートをしてくれる友人のような、独特なツールとして、石は介在してくれてもいる存在ですから。



さて、ここで、考えてくださいね。

そして、私自身、16年の折々に、わりとこれは何度も何度もお伝えしてきていることなのですが。

みなさんの石選びのご参考にしていただきたいこととして、いつもお伝えしてきたことです。

直感で、選んでくださっていますか?

ということです。

「これが欲しい」という、三次元的理由、それがあまり挟まれない感じの出会いです。言うなれば「秒」で感じる、それでしょうか。

そして、まるでそれと相反するような、じっくり選ぶ、という「この世的慎重スタイルの選択」ももちろんお薦めします。

私は、「直感セレクト」「じっくりセレクト」このどちらも、お薦めしています。
この二刀流で行ってください、というところに、実は、もうひとつありますw

「あなたが表面的な”自分の好み”が挟まれない、普段でしたら、「これはシュミではないなぁ」と思うような石も、少し、視野に入れてみてね」という、三刀流がwww加わります。

このブレンドでもいいですし^^、そのすべてを満たすものに出会えているなら、まずそれはこちらが別にお薦めしなくたって、まず「買い」だろうとは思いますが(笑)、この三刀流のうち、ふたつの要素がはいってきているなら、十分、お薦めだろうと思います。



「直感セレクト」「じっくりセレクト」「シュミではないセレクト」

この根拠をお伝えしますね。

まず「直感セレクト」

石は石ブームとなってから、何かと「直感、直感」と(笑)「あなたがピンとくる惹かれるものが今あなたの必要な石なんですよ~」というセレクトスタイルを推奨されてきていますし、これはこれで真実です。本当です。

私は、石ブームで、石に出会い、一定の石好きさんという層が生まれ、石が好きになって石を買いたい人が増えたこと、そしてそれが、「どっか変人な人のシュミ」ではなくなった(笑)そういうマーケットが拡大したことそのものは、とても嬉しいです。また、そうでなければw私自身、石屋を続けてくることができなかったと思います。

石を選ぶ「心眼を養う」という、本人も知らず知らずに、それまでの社会の中では「使用してこなかった感覚」それが、覚醒していくことに繋がるのも、石を見る目です。
(でも、「そうならない人たち」もいますので、石を物色する人になれば、自動的にそうなれますよ~、という話ではありません)

「直感選び、直感で選びましょうよ♪ あなたの直感こそが正しいのです」なんて言われると、「それまで、この世で認められてこなかったものが認められる」この部分がくすぐられて(笑)自分の直感を過信することもwww出てくるのです。
自分は、直感的な、感覚的な人間だからぁ♪ みたいなことを、普段思っている人は、注意してくださいね。
スピの世界の人達が「なんかイケてない(この世的に)」感じがある(全員じゃないですよwww傾向です)のもまぁ、いや、この世ルールからそこへ一足飛び、それで万事オッケーじゃないだろう」というところを、すっとばして、説明抜きに、「直感がいいですよ~」って、言うわけですけれどね。

ただ、そもそもですが、「自分で選ぶことそのものが基本、大事」です。
そして、「これは失敗しちゃったかなぁ」「これはハズレだったかなぁ」を経験してみることも大事なんです。
そうしなければ、「直感で選んだんだ」と「そうではない選択」その「違い」というものが、わかりません。

なので、「直感で選ぶ」「自分の感覚で自分の現実を選ぶ」という練習をする意味で、石の直感セレクトは、その熟達を手伝っていくステップにもなっていくと思います。

「じっくりセレクト」

まるで、「秒」「運命の相手」それと相反するような、じっくり選ぶ、という「この世的慎重スタイルの選択」ももちろんお薦めします。

これは「ネガティブなじっくり」ではなく(笑)どちらかというと「ポジティブなほうのwじっくり」です。

私が言う、ネガティブなじっくりは、「不安、恐れ」的な要素や、お金の心配的な理由などから、選ばない、ということ。
(今ですと、人間社会における、人間の不安要素である、お金のことだけではなく「健康の喪失への不安」も入ってくるかもしれません)

この、お金については、現代人はそもそも、ほとんどの人がブロックを持っていますので、「買い物」であるという時点で、石も純粋セレクトができなくなる場合も、まぁ、あるにはあります。
「お金を積極的に使いたい」ような方ばかりではないwwwのが、この世です(まぁ、それも、仕組みをつくってきた”カバールのせい”と言えばそうなんですがw)。

エネルギーを支払うことへの喪失感や、うまく騙されてる(笑)感など、気持ちよく支払えないようなものも多いですし(それも”カバール吸い上げ”の仕組みなんですがw)そもそも、自分が消費者の立場となった時には「損得重視」と「もたらすメリット」とのコンボでモノを選ぶ目線、これもカバール仕掛け(笑)なんですけれどwww「そう選ぶように、乗せられている」場合も多いので、「金払いには慎重になる」のが人間です。

私がお薦めしたいじっくりは、そういう「金銭面」や「メリット・デメリット」などの観点など(つまり効用みたいな能書き)に絞るじっくりというよりは、「私に今これが必要と言えるのか?」という、「ハート&マインドの声を聞く」自分の内面に向き合ってみる、じっくり、落ち着いて、でしょうか。



そして、三番目の「シュミではないセレクト」

人間は「感情が動かないもの」に対しては、「行動しない」という特性があります。

とくに三番目は、それがその人の「ガイドのヲシ」であるタイミングである場合も、石の場合は、多いのです。
但し、人間は、本人の「感情が満足するもの」を優先するようにできています。
直感セレクトも、この感情比重の高い直感であることも多いです(それでもいいのですけれどね。人間は感情を満たすことはとても大事ですので)。

なので、三刀流目については、そういう、あまり「個人の感情的には満たされない」かもしれないものに、自分のお金というエネルギーを費やしたい人ばかりではない(ほとんどそんな人はいない)ため、玄人セレクトというか、「チャレンジセレクト」の要素が強いのですが、「意外な、想定外のものが自分にハマった時」の人間の、飛躍度、脱皮、変容の加速度の高さ、という、見過ごせないwww高次ガイダンスがそこにあることが多いのは事実なので。
要は、「知らないものに出会うからこそ、この世の醍醐味」とでも言うのでしょうか。
(霊の世界では、似た波長同士としか生きていけませんから。この世においては、「異質」こそが学び、とは言えるのです)

そういう、実は、「この世ならではの、向こうの世界との絶妙なコラボ経験」をもたらしてくれる、あなたの世界を拡大する、という要素を持っているのが、この「シュミではないセレクト」です。

たとえばこの、本来ならば、だいたいの人々が見過ごすだろうし、それがその人の「シュミ」というわけではないだろう…の”見た目”に相当する筆頭選手の、フェナカイトなどwww

この石に代表される、いわゆるハイフリークエンシーストーン、高振動な水晶など、見た目でというのであれば、「同じような見た目」の白の石や透明水晶だったり、というものもあるわけですから。

当然、これらの石に関しては、どちらかというと「観えない世界領域」に関する、ライトボディ領域の世界における、石のエヴァンジェリストたちからの、当初の「触れ込み」というか、前提として、知識として興味を懐くように、これらの石に関しては、「人氣」と「神氣」とトリモチの「霊氣」という(今作った造語。レイキのことじゃなくw「霊界」です)三つ巴で、しかるべく人の手に渡るよう計画されていたのかな、と思います。

もちろん、そういった人氣などに流されて、手にされている方も、とくにこういう石に関しては多いかもしれません(笑)
なので、必ずしもそういう場合は、「どこが高次元?」とかwなんか「気分が高揚して終わった。でも私の現実変わったかなぁ?」になるようなw人だって、いるんじゃないかと思いますwww

私は、そういうタイプのメタフィジカル人気ヲシ系(これがまた高額であることも多いですし)それだけを、この「シュミではないセレクト」にお薦めしているのではなく。

こういうのも、「苦手感があったの嘘みたい!」という経験が、あなたの視野を拡大する、そのサポートの力の偉大さ(それが、ステップバイステップで、あなたのための高次ガイダンス、「高次メッセージに気づく」そのセンスを磨いていくことにも繋がるから)手にしてみていただきたいなぁ~という感じのカップリングも、ご用意しています。



「直感セレクト」「じっくりセレクト」「シュミではないセレクト」

ご参考に、してただけましたでしょうか?

これ以外にも、そもそも、「あなたが持っていらっしゃる、セレクトの、ものさし」があるかもしれません。

もちろん、それを大事にしていただきながら。

ぜひ、今年最後の2021年11月末新作石アクセサリ、リンクを、覗いてみてくださいね♪




  • 「アーカイヴ(ZANMAI、New Consciousness~2020年版~)」




  • 「ガーディアンエンジェル」




  • 「生命力×総合力」




  • 「Rosophiaシナジー」




  • 「デンドライト・コラボレーション」




  • 「中庸」




  • 「宇宙人」




  • 「水と天使のエレメント」




  • 「氷壁の崩壊」






  • この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  石のホント or はてな?
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    石の効果(劇的!!)

    2021年05月25日 (火) 00 : 00
    さてさて、感染症対策に有効性ありそうな石

    ちょっと調べれば山ほど出てきますから

    これだけ地球上にわれわれの「援軍がいる」という事実

    それは、今この時を待っていた(笑)とまでは言いませんけれど(笑)

    私から言わせると、それは「劇的」でさえありますwwwww

    しかしながら、その感染症対策に有効な手段とは

    お伝えしていましたような「複合的な要素」がございますので

    可能な限り、あなたはすべてクリアしていきましょう、という話です(笑)



    笑顔」「感謝」「」「心に正直」「高免疫力」「解毒・浄化」「囚われの手放し

    等々が、肉体およびエーテル体レベルでの、その人をつくっていきます

    常に、「霊肉ともに新陳代謝を高めている」状態で「淀んでいない」こと

    この状態をつくっていくことが

    何も感染症対策のみならず、要するに、病気体質からのバイバイにつながりますよ~ということかしらと思います

    (この世でも、言うでしょ。「ネチネチしてないで、水に流しちゃえよ」みたいな(笑)ネチネチ恨み嫉み悩み体質、これじゃない人のほうが、いわば「心身健康」じゃないですか? 自分の不運を「人や運命のせいにしない人」のほうが、「運がいい」のは自明じゃないですか? そういうことです。「霊肉ともに新陳代謝を高めている」状態で「淀んでいない」これが、そういった囚われていたものを流していけるベーシック状態、高次エネルギーとつながる状態を助けるので、結果、体質改善の助けになります)



    ひとつの石が複数要素にまたがっていることもあるので

    「この石は、毒素を体外に出す石」とか、別にそれしかやらないわけでもないのですけれど(笑)

    とりあえずは分類として、さらりとお伝えしますので

    読んでるみなさんのご参考にしてください


    解毒・浄化

    エジリン、スピネル、トルマリン、ドロマイト、アメシスト、ウルフェナイト、ガーネット、カルサイト、アンバー、オーウイーブルーオパール、ガレナ、コーヴェライト、ジェダイト、シナバー、スティブナイト、セレスタイト、パイライト、ブルースタイト、マーカサイト、ラリマー、ジルコン、スミソナイト、シルバー、ゼオライト(スコレサイト)、タンザナイト、チャロアイト、ベリル、プレナイト、デンドリティックアゲート、ハーキマーダイヤモンド、モスアゲート、ゲーサイト、レピドクロサイト

    免疫力

    スピネル、アヴェンチュリン(レッド)、ヒマラヤレッドアゼツライト、アパッチティアー、ガーネット(ブラックアンドラダイト)、カルサイト(ハニー)、銀、クロコアイト、シナバー、チタニウムクォーツ、ビビアナイト、ブルースタイト、レムリアンジェイド(シャドウ)、

    脾臓

    ヒマラヤレッドアゼツライト、ゴールデンアパタイト、エジリン、ゴールデンラブラドライト、イエローサファイア、シャッタカイト、バイモルファイト、ブラジリアナイト、ロイヤルサハラジャスパー



    解毒、浄化、免疫力とひと言でいっても、得意要素も少しずつ違っていたりですので、上述については「ざっくり」総合的に

    生命力」「代謝活性」「細胞再生」などなどについても

    個別にもうわんさか(笑)ございまして

    調べていると「そうなの!! この石ほんとに、そう!!」みたいな、ハァハァな話にどんどんなっていくため、話が広がりすぎるので(笑)とりあえずここでは割愛



    これらは実際には、「そういう要素も含む」というレヴェルで、個別の石は、もっと仕事します(笑)

    たとえば、スティブナイトなどは

    過去には伝染病治療薬として使われ、体内の毒素を排除する、炎症や感染を防ぐ
    というような石なんですが

    実はこのスティブナイトそのものは「猛毒」のため(笑)原石を直接触らないようにとも言われる鉱物ですwww
    (石の中にはそういう石も多いですよ。オーピメント、カルカンサイトなどもそうですね)

    なので原石標本はあんまり直接触れないんですが、水晶でコーティングされた「inクォーツ」状態となることで、スティブナイトの劇的なエネルギーが、最も効果の高いかたちで実現されているのが、希少石「スティブナイトinクォーツ」であります

    石の中にはこういう「毒だよ」と言われる石ほど、「解毒、浄化作用」の高い石が多く、それは、シナバーなんかも同じ。シナバーという石は万病薬でねぇか? という感じです。これも「inクォーツ」ならw安全です^^

    こういう「毒も薬」の要素があるのは、事実です。
    そこが思いっきりカバール利用されて「ワクチソという微量毒カクテルの注射は身体にいい」と(笑)刷り込まれてきているのが、ワクチソの歴史です。

    だけに、この問題は、めっちゃめっちゃ根深いわけです。
    カバールさんというのは、この世の「根も葉もない嘘」じゃないことを、しっかり利用し、そこに上手に嘘をカクテルしていくことにかけては、「超プロ級」なんです(笑)。

    だからこの世において、「常識では身体に悪い」とか「常識でいけないもの」として、すっかり常識化、定番化として誘導されてきているもの、それは実は身体にいいとまでは言いませんが「そこまで身体に悪いってわけじゃないんだよね」というものも、ほんとは、ほんとは…まぁ…あることはあります(笑)

    今やソレは「その嗜好品愛好家とそうじゃない人との、会社での休憩時間の差」が「問題」提起されていて(笑)同じ奴隷仲間のあいだでの隔絶、にらみ合い、闘争のネタにされてるようです(笑)
    ほら、こうやって、奴隷同士が奴隷の「仕事」として拘束される、会社での勤務時間中の、「わずかの休憩時間の格差の原因」として、パンピーが互いに監視し合う状態、諍いを発生させ、にらみ合うように持っていかれてるんですよwww
    それは、ここでは割愛しときます…

    なんか、この世で「良くない宣伝、スポイル宣伝がすげえな」という、今やこの世ですっごい嫌われてるもの(笑)きっとみなさんにも思い当たると思います…ヒントとしては、西洋医療業界が一眼となって、ガンになるからやめろって言ってる(笑)まぁ、それっすかね…むしろそうなってからのほうが、その病気、ガンになる日本人がうなぎのぼりに増えているという、現実に注目です^^…
    (家の中に◯◯者、ひとりもいない、その人自身もそうじゃない、ぜんぜん◯◯習慣それじたいに縁がない、なのにガンになる人、多いでしょ? そういうことです)

    個人的には、そろそろガンになる人がどんどんうなぎのぼりに増えてくるタイミングを見越して、なんで日本人にガンが増えてるんだろう? の理由に気づかせない、「そいつに罪を着せるため」に、スポイルが始まったんじゃないかな~、と、踏んでいます
    これは今後、メディアに流され誘導されやすいパンピーたちの「コロナ蔓延は、ワクチソ打たない人たちのせいだ!」へ持っていこうとしてるんだろうな~というwwwもう「カバール得意技ご披露ヲツ」の世界で(笑)読めるんですよ、やることなすこと
    「減塩」「卵は2個まで」が嘘だった、とか、もう色々ありますでしょ^^…今ですと「メタボ、高血圧」もまぁそうですかね…

    なので、それぞれの人がですね、「どれだけ自分自身の感覚で生きられるか」のテスト、とも言えるのが、この世なのでございますよ
    あ、卵はできれば、平飼いの良い飼料を餌にしているストレスフリー状態の鶏から生まれる「平飼い卵」にしてくださいね
    安い10個200円とかのじゃなく、個あたり50円になる値段の高い卵です
    これじゃないと栄養価的には意味無しとは言いませんが、もう別格ですので



    ブラックトルマリンは、ネガティブネルギーの対策石として、厚生省認可まで降りてる石ですが、”エーテルレベルでの”話ではなく、実際に重金属の除去をします
    ゼオライト(スコレサイト)も、福島事故で、一躍、放射性物質除去で有名になりました鉱物ですよね
    (国も「嘘ばっか付いてる」というわけではなく、本当のことも認めることは認めます。但し、大々的にとくに流布されない、ってだけです。コロワクについても、別に嘘はついていないでしょ。「珍コロワクチソは打ったからといって、かならずしも感染しないっていう保証はありません」ってこと(笑)伝えていますよね。「じゃあなんで打つの?」って考える人、考えない人、その2極化が進んでいる、それだけの話です。「あくまで自己責任でよろしく」って、「賽は投げられた」の世界なのだと知らない、それだけなのです。ちなみに、「コロナ」そのものについても、厚生労働省に電話をして「コロナの存在証明はされているのですか?」と質問すれば、「されていない」と正直に答えるそうです。コロナの存在は証明されている「医学論文」がないのですが、厚生労働省としては「コロナはあるらしい」ということで、政策が進んでいます、という返答が返ってくるそうです。正直(笑)で隠していません^^。こういうのは、電話した動画なんかをアップしている方もいるそうですよ。でもコロナ脳はこういうのも”信じない”んだそうです。「そういう動画の電話の相手が本物の厚生労働省かどうかがぁゃしいよね」という観方をするんだそうです。コロナ脳は、普通の人たちを信じません。テレビや大手メディアで言っていないことは「一般人が嘘をついている」と捉えるのだそうです。どこまでも「カバールに都合のいいように考える」脳構造になっています。洗脳はとても深く、深刻(笑)ですwwwそのうち、厚生労働省に直接電話する人が増えてきてこの話が広がれば、テープ電話とかになっちゃったり、言い回しの文言ももっと違う言い方に周知徹底され変えられてしまうかもしれませんが)

    ひとつひとつの石を、文献情報をリサーチして掘り下げていったりしてもわかることですし

    長年、天然石ビーズに触れてきてわかることなんですが

    基本、市場に天然石として流通する石の中に「身体に悪そう」「精神に悪そう」という石は、まずほとんどない(笑)と言えるので^^ご安心ください
    知れば、「全部、身体に良さそう、精神に良さそう」みたいな(笑)メリット多し、それが、石の世界なのです

    でも「それが感覚的に信じられない人々」のほうが、この世ではずっと多いので(笑。「コロナ脳」構造と同じです^^)天然石の業界そのものは、この世では、「ず~っと変人の趣味としてマイナーのまま」ひっそりと、むしろ、守られてきている、というのが実態です
    (石がほんとうに好きな人、って言える割合なんて、たぶん、この世のノンマスク人口比率レベル並に少ないと(笑)思います^^。それよりは見た目は多少は多いのかな? とも思うけれど、本当の意味で石のエネルギーを受け取っている人、気付ける人、活用できる人ってなると、そのノンマスクレベルに絞られてくるということです)

    彫り物とか、特定の意図がこめられたもの(なんかの祈願とかヒーラーのエネルギーとか)そういうものは、手にする人がそれを「よっぽど完璧に信頼できるか」もしくは、むしろ「そこまでの意味はないよねと無視できるか」(笑)次第なところがありまして^^^^^

    極端ですけど、実はそうなんですよね~(この話は「劇的!!!」から逸れるので、詳しくは割愛します)
    私自身は、あんまり特定宗教なんかの意味合いとして定義づけされた、それら「造形によるエネルギー」については、人間の歴史的には「両面ある」のが事実なので(たとえば十字架なんかもそうだよね)「そこに人間解釈の深い意味を持たせない」、という扱いが好きですね



    この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  石のホント or はてな?
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    サウラライトアゼツライトの話

    2017年10月07日 (土) 21 : 52


    サウラライトアゼツライトの話の前に、先月受けてきたまるの日さんのセミナーでのお話をしないと繋がらないので。

    先月は、時期がもう月末に向けて押していましたので、記事にはしていなかったのですが、まるの日圭さんの「東京 9月23日 土地エネルギー、神社エネルギー活用ワークショップ」というものに参加してきました。

    まさかの^^巷のプチ神社ブームにあるみたいな「何々運を上げるには、どこどこの神社にお参りに行くといいよ」タイプの(笑)そういう話ではないのだろうか…と思われそうなワークショップ名なんですが、さすが期待を裏切らないまるの日さん(笑)「な、わけないだろう~が」な内容のワークショップでした。

    巷で「神様」と呼ばれる個々の性格を持った神様の振動数のエネルギー総合地帯というのかしら。
    それらをすべて内包した高次の神気領域への船出、ナビでございました(笑)。
    (まるの日さん的に言うと、要するに、神気の満ちている神社などに満ちている神気(人気ではない)の領域に、神社へ足を運ばずともこちらから繋がっちゃいましょう、という、彼特有の「安近短」手法(笑)を屈指した、そこへ繋がる手法です)

    で、私は、そこで気づいたというか、思い出したことがありまして。

    この領域は…

    その昔。サウラライトを初めて手にして身につけてヘミシンク聞いてたら、うとうと半覚醒状態になっちゃって、それで、4名の天使に身体を持ち上げられて、すんごい上空(こりゃ完璧にものすごい光エネルギー地帯的な)というのか、とんでもないところに自分は連れてこられている…しかも「眩しくて目があけられない、見ることができない」という、あの経験。

    そこではないか(笑)と、気づいたのです。
    つまり、私がその領域に身を置いていることを感覚的に実感できた経験をしたのは、その時依頼…ということだったのでした。

    「ここはあたしはもう知ってる。ただ、滅多に行ったことないというか、繋がっていて行ってはいるのかもしれないけれど、その自覚がない。しばらくずっと行ってなかったな」ということを、思い出しまして。

    そこへ、その昔、半覚醒状態で、じかに連れて行かれた…その石が、サウラライトアゼツライトだったのです。

    そこは、固有の何々神、という、人間側の解釈を通り越した「そのもの」領域なため、個別の、こちらが認識できる固有の神様が出てくる、何か特別なメッセージを送ってくる、というわけではありません。
    「こんな感じ」という^^こちらが認識できる表現で言えば光のマトリックス地帯であり、言葉で表現しちゃうと、結局、陳腐化してしまうような「だから何?」系(笑)なんですが。

    確かに、あの時も、「すごい経験をしてしまった」ということだけが(笑)私の中で実感値として残っただけで、だからといってそれが、後日、現実的に何かに役に立ったのかしら? と言えば、それをご説明することも不可能な話でもありましたが。

    ただこれは、まるの日先生の言葉をお借りしてお伝えしてしまうと、なんですが。
    「神気に繋がる人、人気に繋がる人」どっちがいいかしら? の^^好みのようなものでもありますが、より、自分の本質路線を生きるには、「人気を得ようと画策するよりも、神気に繋がっていくほうが、結局、より人生がスムーズに展開する」という、一見、自分の目先の欲望を叶えたいような、願い叶え的路線からは外れていくような「神気」路線ですが、結果、もたらされる人生は、その人にとって、もっとも満足できる「最適」という路線…。
    (実際、「高次ガイド」さんたちが、本人を誘導していく路線も、常にこっち方向ですので。なので、目先の展開では、「なんかそれ苦労しそう」とか(笑)「あんまり上手な生き方じゃないのでは」に見える場合もあったりするのです)

    実は、わたしが常々ご案内している、メタフィジカルストーンたちのナビも(笑)総じて、この路線ではあります。
    わたしは、その解釈で、石たちのコラボの声をみなさんにお伝えしている、石アクセサリのご提供者のひとりです。

    昔、アゼツライトが市場に初めて出回り始めた頃、「思いのままの人生を実現する石」という、一見^^トンデモ解釈の石として出回っているのも目にしましたけれど、それはアゼツライトが、その人の「ハートの奥の本心」に繋がるナビをする石なので、あながち間違いでもないところもありまして。
    アゼツは、その「思い」そのものが、本人が実現しようと思うことそのものが高次の意図寄りに変化していくことを助けるナビ石とも言えますので。

    ということで(笑)これはやはりぜひに、サウラライトアゼツライトのお品を用意しなくてはいけないと(笑)思い立ちまして。
    この石はビーズがないから、石ブレスっていうのは無理だし、ワイヤーラップへたくそだからワイヤーラップはとりあえずやめとこうとやめたばかりなんですが^^、ワイヤーラップ再開時にサウラライトを使うぞと、入手することにしたのです。

    ヘブンのロバさんの言ってる石解説っていうのは、大風呂敷なところもあるし、誰も彼もが書いてあるとおりのことを実感できるかどうかという点については、他のすべての存在する石同様に個人差はあるのだけれど、概ね事実です。
    サウラライトは、アゼツライトの波動スペクトラムを発展させた石で「神と統合された素晴らしい器として身体が覚醒することを助けます」とあるのですが、私が昔経験したその光の世界体験で、その時に身体が覚醒したのかどうかについては(笑)自分では無自覚でしたし、「身体をもって到達する悟りの石、ディバイン・アース(神なる地球)とひとつになる祝福の石」と言われても^^実際、サウラライトを持ってみただけで(笑)そんなことになるのかどうかは、定かではありません。

    ただ、経験として、知っちゃっていたあの光領域に、これだけ時間を経て、「ここはこういう領域よ」のエネルギーに触れた時に、「あ!!」みたいな(笑)もうなんともな^^久しぶり過ぎての懐かしさ嬉しさを得まして。

    ちなみに^^これはその領域に繋がるのに、サウラライトアゼツライトが必須、という話でもありません。
    まるの日さんブログをチェックされていれば、いずれまた、そういうワークショップをされるかもしれませんよ(笑)。
    そういうのを受けてみるとか。それでも、いいかもしれません。
    「スピリチュアルブログランキング」で^^まるの日さんブログへはカンタンに見に行くことができますので、バナーを押していただけましたら、と思います~。
    (石を買うのに高額なお金がかかるのが困る方でしたら^^、たとえば目的として上記のような話を石を持つ目的にされるなら、まるの日さんのワークショップは、その内容の濃さに比していないリーズナブルさがありつつ、その目的へ到達する時短になりますし。
    石を欲しい目的があくまでもそういった体験目的であるなら、という話ですけどね(笑)。そうじゃなくて、なんか石が欲しい、というお気持ちが先立ってる^^のであれば、石を買いましょう^^。)

    あと、神気に繋がっているからといって、目に見えて楽々サクセス^^みたいな(笑)劇的魔法がもたらされるだとかの、そもそもそういう他力本願をしなくてもいい、自分のやるべきこと、納得できる現実展開、そういうものが、感覚としてもたらされる感じ、これは、石を買うにしても、誰かのワークショップを受けるにしても。
    ご自身で、体験して、チャレンジし続けて、実感していくものですから。
    そこを、忘れないでくださいね。


    追記:

    そうそう、本題とは無関係ですが、その、9月23日のまるの日さんセミナーで話に出てきた「土地エネルギー」のことで。
    よく古戦場跡地とか、エネルギーきょわい~みたいな話とか、ありますよね?
    でもこれ、単純に「亡くなった人の数」という話だけで行くと、たぶん、日本の歴史的に言うと、東京大空襲で亡くなった人口がトップクラスな話で、東京なんて人の住める場所じゃないレベルに、きょわい~~~なお土地柄だと思うんです。
    でも、実際に。
    東京って、そこまで怖いですか? となると…
    とくに下町のほうが空襲の大被害を受けていて、そのあとの関東大震災なんかでも、おびただしい人の数亡くなっていて。
    ほんとに怖い、いや~な土地エネルギーのはずなんですけれど。
    そこまでは怖くない…です…よ?
    私は長年それが実に不思議ではありましたので、まるの日さんにお伺いしてみたところ。
    その理由として、東京のこの、常にスクラップビルド、ではありませんが、再開発、再開発、で、土地エネルギーを変えていく、循環させていってる実情があることをおっしゃられていました。
    「古戦場跡地に行って、エネルギーが良くない、もらってきちゃった、とか言ってる人が、そう言いながら、住んでる場所は東京。それで平気だったりするのは、そういう理由です(笑)。」とおっしゃっておられました(笑)。
    そういう意味では、田舎のほうが、何十年も、街の風景ひとつ変わらない、そういう点があるので、そのような古戦場がどうとかいう土地エネルギーもそのままそこにとどまり続けている…ということがあるのだそうです。
    なるほど~。と納得しましたね。
    私は昔、大手不動産会社に勤務している頃、こういうデベロッパーが土地を入手しては再開発していく、そういう姿が、あんまり好みではないところもあったりして。ばんばんマンション建ててはどんどん売る、なんですかね~、で、それを売る^^仕事が、なんだかな~と思っていたところもありましたが。
    そういう資本主義経済の仕組みの中で動かされていることへの抵抗感でしたかね。
    ただ、そういう側面ももちろんあるわけなんですけれど、高次目線では、それが許されているところがあるから、そういう現実もあるのだ、ということを、感覚的に、この話を聞いて感じました。
    (同時に^^私が持っていた、そのマンション営業マン当時のもやっとした悪感情的なブロックも解放されたような気がしました)

    それから、「自分がすがすがしいと感じられる場所」について、ひとりひとりが発表する場があったのですけれど、そのセミナー参加者さんが、おっしゃられていたことで、私がびっくりしたことがもうひとつあって。
    (これが、たとえば神社でなくても、神気に満ちた場所、という点での、ひとつのバロメーターという側面もあるようです)
    「高級分譲マンションの私有地ではあるのですが、公道として、緑地をつくっている場所があり、そこがとても、空気感が好きで、仕事の合間のほっとひといきの場所として、そこを通るようにしている」ということをおっしゃられていたのですが、「まさかそこって。もしや、○○?」と思わず^^聞いてしまったんですけれど。
    私が、昔、分譲マンションの営業マン時代に^^販売していたことのある物件でございました(笑)。
    たしかに、あの○○○○ヒルズのシリーズは、まぁ、高級物件を謳うため、それなりのつくりではあるのですが(ワンルームが億単位という^^やめて欲しい価格帯なんですけれど)。
    そういう例もありまして。
    まぁ実際に、高級住宅地というのは、そういう空気があることも知ってはいますけれど。やっぱ「それなりのものがついてくる」から、お金持ちに好まれる^^という側面もあるわけなのですね。


    この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

    カテゴリ :  石のホント or はてな?
    follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

    ページの上へ移動
    Go to top of page