石の意味~ローズクォーツ~

2019年02月14日 (木) 21 : 33
「愛」の基本石、と言われる、ローズクォーツです。

(今までの「石の意味」でなぜか出てこなかった(笑)出番がなかったのがまず不思議^^。という「愛の定番石」でございます)

一般的には、傷ついた過去を癒やす、ハートヒーリングの石ということで、恋愛などもそうですし、「自分が幸福になること」に臆病になっていたりする人の心を前向きにするなど、要するに、「ま、これはこれ。いいことあるさ」と、イマココカラをいいものにしていく、そういう持ち主さんの心の変容を助ける石でもあります。

ローズクォーツ1_convert_20190214203053

ローズクォーツのこういったエネルギーの肝と言える部分は、「自分を愛する」「自分を大事にする」自己愛を促すエネルギーの石である、ということ。

愛の基本は自己愛からスタートしているということを、持ち主さんに教えてくれます。

なので、このあたりがフクザツに屈折している(笑)人にとって、ローズクォーツというのは、「それまでのあなた」という既成概念をガラガラと崩壊させる場合なんかもある、爽快なアセンションストーンとなりうることもある気がします。

ちなみにこれは、自分を愛するということに対して、フクザツ骨折しているような^^そういう場合です(笑)。

表面上の意識では、絶対に、断じて、「自分を大切にしていない」と、そういう人は思ってはおりませんです。
自分を大切にしているからこそ、自分のことが大事だからこそ「ままならない、自分の意のままにはならない現実への焦燥感とかあったりするのでは?」って感じられますもので、どうもこれ、ぴんとこないわけなのですが。

ローズクォーツ2_convert_20190214203120

よく巷でも小耳にしますのが、「自分を愛せない人は、他者を愛せない」とも言われますが、これも「そんなことないんじゃないかしら」と、「自分を愛してはいないけど、他者を愛している」っていう行動が定番化しているような人は思うと思います。(こういう人は意識的にせよ無意識的にせよ、自己犠牲状態を美化していたり、また、他者にそれを押し付けたりなどがあります)

これ、「自分のことだけは愛せるが、他者は愛せない」という場合と、実際は似たり寄ったり(笑)のところがございまして。

まぁ、どっちかに偏って表面上の感情に顕れているだけの話であり、ベーシックなところでは、こういう場合は、やっぱり「自己愛が足りてない」のひとことに集約されてしまうようなところがあると思います。

ローズクォーツ3_convert_20190214203145

自己愛というのは、すなわち、自分も他者も、認める。
ということかと思われます。
そうできた時点で、自己愛スタートかもしれません。

自分のことも認めるし、他者のありかたも同様に認めることができる。
これは自己肯定に偏りすぎず、自己否定にもならず、そして他者肯定、他者否定にもならずの、協調エネルギーの世界です。
このスタート地点をヘルプしてくれる石が、愛の基本石、ローズクォーツの「本来の役割」かと感じます。

ローズクォーツ4_convert_20190214203218

ただ、この本来の役割、エネルギーを持ったローズクォーツを、やっぱり”我良し”方向に(笑)持っていく^^、自己正当化の恋愛石にしてしまっている風潮もありますので、そのローズクォーツ本来のエネルギー的役割を活かせる人、そうでない人、色々、多様に分かれてしまっているかのように見える、現状の世界があるように思われます。

ローズクォーツ5_convert_20190214203248

自分を認めるというのは、たとえば、人のことを嫌っている自分の感情を「よくない」と思って無理に頑張ってその人を好きになろうとしたり、聖人化を(笑)目指すことではありません。
また、誰かが自分を嫌っていたとして、誰かに嫌われている自分だから自分はダメだ…と自己否定する場合もありますが、こういう、「誰かのありかた」を否定肯定しているところから、離れて、そういう感情を持つ自分を認めることができる、ということでしょうか。
これができると、他者のありかたも「その人の自由」であることがわかってくると同時に、自分自身も自分のありかたを自由にデザインできることがわかってきます。

この自己愛ができてくると、それまで息苦しかった世界が、居心地の良い世界へとエネルギー変容していくことがわかってきます。

「評価、ものさし、偏見」を手放す世界、というのでしょうか。

ローズクォーツは、こういうことを助けてくれるエネルギーを持ちます。

ローズクォーツ6_convert_20190214203321

でも、ここへの抵抗感(笑)の、そもそもの度合いが人によって、程度差があるのがこの世です。
どうしたって、認めたくないものごまかしたいものというのも、人それぞれ、その人生過程(場合によって”過去世”由来からの延長で)によって、築いてきておりますから。
(ただ、そこを越えるチャレンジも(笑)促されるところがあるのが、この世です)

また、「認めてしまうと相手の好き勝手の世界の暴走を助長するのではないか」という(笑)恐怖心なんかもあったりしますよね?
これは「認める」ことと、「自他を好きになる、肯定する」ことを混同していると、生まれる感覚ですね。それから、「結局、それでも相手は変わってくれない」場合があることへの抵抗感、すなわち、「こちらの都合の良い状態が実現されるわけではない」ことへの不服感など…どこまでもが「自分の感情」由来であります。

ローズクォーツ7_convert_20190214203356

この感情にはたらきかけるのがローズクォーツなのです。
これがすこ~し、「ハートの奥の人寄りの意見」というか、そっち寄りのエネルギー的影響を、ハートが受けていく…
まわりくどい言い方ですが(笑)「それが本当のあなたなの?」という、俗にいう、ハートをひらくことで高次に繋がり、高次の意見と分離していることがもたらす違和感と同調しない「感じ方」の世界展開を助ける石。

ではありますが。
われわれは、高次の操り人形ではないので、向こうの司令で(笑)自動的に変化できるわけでもありません。
よって、ローズクォーツにより、こういう変化が起こる起こらない、そこには、人による違いがあることは否めないところです。

石にちからがないのではなく、そのエネルギーの方向付けをしてしまうのが人間なので…という部分です。
よくあるたとえですが「包丁は食材を切る役割で使うものでありますが、時に、人を傷つけることもできる道具」にもなりえます。

愛も包丁で、「”愛により”傷つく」という感覚をも人にもたらしやすいものでもあり、「愛」というのは、「使用上の注意点」満載のエネルギーであり、地球上において、人をコレ以上に活かしも殺しもするエネルギーは、やはり、「愛の代用」として他にあるかというと、見当たらないタイプのエネルギーでもあると思います。

(「それがカネだよ」という(笑)カネ偏重となるケースもあるかもしれませんが、カネも包丁と似たり寄ったり。使い方次第なところがありますよね。それから、このカネと愛と「両立」できるところを、「どっちか」が正義、もしくは悪、と分けて考えたがるところが、過去の人間の風潮としてありましたが、こういう「どっちか思考」に人間が翻弄され続けてきているのも、今までの時代の話ですね。どっちかに否定感覚があると、現実はどっちもなくなる、どっちも足りてない感じになってませんか? 実感としてはこれは「どっちも満たされている状態」がやっぱり安定感あるように感じます。これも昔から言われることだけど、夫婦や家庭不和のひとつの要因としては「お金の問題」に起因することも多いし、また、お金はあるんだけど「愛の欠如」で家庭不和家庭崩壊なんかも起こりやすいようですが、これも一見、お金がないだけが不和要因ではなく、またお金があっても起こり得るという点で、やっぱり同レベルで「愛は必要」なわけですよね。「愛は目に見えていない」ぶん、軽視されがちなんですが、お金と同レベルで必要なエネルギーだと感じます)

ローズクォーツ8_convert_20190214203428

…という、使用上注意の(笑)ローズクォーツですが^^、これはどちらかというと、ローズクォーツを扱う、売ってる側の人の感性の問題でもあります(笑)。
そして、どういう目的で、使用するかの、使う側の心根の問題でもあります。
ローズクォーツを、恋愛や結婚や周囲との調和や癒やしに使うことはじゅうぶんに可能であり、もちろん、自分のための癒やしという「まず自分」感覚でとくに他者とかまで広げてはいなくても、その「まず自分」がもっとも大事ですので、そうしていただきたいですが。
まず、自分を認めると同時に他者を認める、自分も他者も同様に「神の子」(”神”とあえて表現しますが)であることを、「う~ん…」だけど(笑)受け入れる…そんな難しいこと(難しいでしょ? ラブ&ピースとかワンネスって^^)を、使用上、促す石がローズクォーツなんだと。

過去に、「ど~~~~~もローズクォーツって苦手なんだよ」と(笑)こんなに「石ラブ、石萌えな、石ヲタク」となりながらも、なんか苦手な石だなという時期が、私にはとても長かった石なのですが(それは過去にも記事にしていますよね)あえて、私は「苦手石を自分に取り入れるチャレンジ」を(笑)職業上し続けてきておりますので、だんだんに、わかってくるところがある話でもあります。

ローズクォーツ9_convert_20190214203453


ローズクォーツを受け入れることができている時は(同調している時は)、「その状態の心地よさ」を感覚的に悟っている方も、多いのではないかと思います。

単純に、「ただ誰かを嫌っている」よりも、「嫌いだと思ってたけど、ふうん、なんかこういうところはいいな」っていうふうに感じられる自分でいるほうが、必ず、相手というより、自分自身を癒やしますよね?(笑)
いや、それでもやっぱり、嫌いなものは嫌い、受け入れられないものは受け入れられない、と、特定の他者を100%受け入れたくないことを決意している人にとっては、それは、現実世界においての「地獄の責め苦」ですが(笑)。

ローズクォーツは、そんな地獄の責め苦に悶えたい人にとっては、サド石でもありますね^^。
(「愛」って人によってはそういうエネルギーなんですよ。これもたとえ話ですけれど、時々、「あの世の構図」に、本当は地獄も天国もない、っていう話がありますでしょ。その人の、「こころのありかた」がその自分の居場所を決めてる、「自分にとって居やすい場所」を選んでいるだけだそうで。つまり、「愛が心地よくない」場合、ひたすら「愛のない場所」がその人の落ち着きどころになるわけで、そういう存在が集まった場所が、地獄の様相である、ということ)

ローズクォーツ10_convert_20190214203515

石は奥深いです。

「愛って何?」

その究極の答えを知っている人は、まだこの世にはいないかもしれません。

だから、ローズクォーツが、愛の石…と(笑)その愛がなんなのか、ローズクォーツは、ローズクォーツを持つ人それぞれに、「見出させようとする、ヘルプをする石ですよ」ということで。

もっとも、「石に投げちゃっていい(ゆだねちゃっていい)」タイプの石であり、また、われよし(我だけが良し)的我欲からもっとも遠いところに位置する、我良し我欲、我都合我欲のみを実現したい人にとっては(笑)大変扱いづらいところのある”パワーストーン”ではないかと思います。

ローズクォーツを身に着けたからといって、「新しい出会いが!」とか「なんかとてもいい展開に」になる人とそうでない人(「別に何も変わらんよ」やら「夫婦不仲はそのまま」とか^^)これだけ巷に出回る石ですから、その反応はさまざまなのかと思いますが、きっとローズクォーツは、「あなたにとっての、What is Love?」を見出すヘルプは必ずしていると思います。気づこうね(←私自身^^のことでもあります)。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

100年計画

2019年02月11日 (月) 19 : 11
昨日、NHK再放送で、「明治神宮 不思議の森~100年の大実験~」という番組がやっていたそうです。
実家の母がわざわざ電話してきて、「これから見る!」と興奮してました(笑)。

実は母には、「ふふふ。この窓の向こうにこれからマンションが二棟建設され、一年後にはその鎮守の杜の風景は見えなくなりますのよ」という話はしておりません。





無駄にがっかりされたくないというのもありまして。
いちばんがっかりしているのは私なわけで、そこにがっかりエネルギーを上乗せされたくありませんから(笑)。
(ていうかね、離れて暮らしてて、別に”あなたの日常風景”ってわけじゃないんだから、がっかりする必要ぜんぜんないはずなわけなのに、母親ってこういう、人のことでやたらに感情のテンションが上ったり下がったりする人だから。だいたい、代々木の杜のテレビだって、私のところから明治神宮の宝物殿が近くてその木々が見える、っていうところから興味持ってわくわくしてるだけだからね。今までだって19年も同じところに住んでるわけで、前の家に遊びに来た時にはいっしょに明治神宮にも行ったことあるんですけど、あそこはだだっぴろいですから、北参道からすっごい距離歩くわけで、その間にとくにその後あの代々木の杜に感動していた様子はなかったし(笑。歩くから疲れたんじゃないかと^^)その後それについての話をしたことさえなかったんだから^^。人間っていうのは「インパクトのある風景として目の前に見せられた時に」はじめて見たかのように臨場感が湧く生き物なのかもしれません)



(ここに一棟建ちますんでこれだけでも塞がれますが)


ちなみに、代々木の杜が、100年計画の、人口的につくられた森であった、という話は、もうずっと前から知っていましたので、とくにテレビは見ていません。
マンション営業マンの時代に、代々木の物件を販売していた時に(笑)その知識を得ました。
住んでいる人でさえ、自分ちの周辺のことを何もかも熟知してるってわけでもないのです^^。自分が周辺物件売る側に立って、はじめて知ったことでした。

「日本の中の、奇跡のガラパゴス」
それが、明治神宮の100年計画の森です。
2メートルのアオダイショウとか、鷹とかいるんだそうです。(見たことはないです)
代々木公園も野鳥の宝庫という側面はあるのですが、それ以上なのだろうと思います。
(当初、「150年後にこういう森になっているであろう」の姿に、今すでにもうなっているそうなので、予想より早くガラパゴス化しているそうです。当時の生物学者さんの先見の明の凄さと、また、最終的にそれを容認した当時の政治家さんを説得できた志の高さは、我々、見習えるところはあるかもしれませんね)



(もう一棟、隣というダブルパンチ(笑)…ただ、一応こっちのマンションの敷地があいだにとってあるので、本当に壁が目の前系のタイプの真隣ではないところがまだ救いというか…たぶん将来のこういうことも見越して、南側敷地とっていたんだろうなって思いますね…あの理事長さんならそういうこと考えそう、というか)


私自身、これを知った営業マンの頃にはすっかり代々木住民であり、明治神宮にも当然行ってたわけですが…その時までぜんぜん知らなかった話。
懐かしいな。
私は当時、その代々木のマンションを張り切って販売していたのは言うまでもありません(笑)。
独女2名のハートをがっつり捉え(笑)「あ~これからこの人達は結婚とかするかもなのになぁ…」と本来ならそこで良心の呵責を(笑)感じるかもの、”独女家持ち”とくに20代でマンションローンか…と、普通なら躊躇するであろう世界のお薦めだったのですが、ここで不思議と「代々木駅近なら大丈夫」という、なんだかすごい「私の勘」だけで^^力説していたようなところがありました。
当時は他にも、そういった独身女性一人暮らし人気のおしゃれっぽい街、みたいなのがあったのですが、「そっち系はあかんやろ」と。まだあんまり代々木がその手の街として、人の注目はとくになかった時代です(今もとくにないけど)。だから、いわゆる一般的にその頃言われていた流行り系というか「一見おしゃれな街に見える街」にこだわる女性のお客様には売れませんでした。

でも実際、その当時よりも見事にこの周辺物件の付加価値は上がっていますし、けっこうな年月が経過していますが、ローン支払った分以上にまったく値が下がっていないどころか価格上がってますんで。そういう点でもきっと後悔はされていらっしゃらないと思います。
仮にご結婚をされていたとして、もしかしたらもう人手に渡っているかもしくは賃貸に出されているかもしれませんが、それでも資産価値があるので流動性も高く充分ペイできていると思いますので。(不動産はこの流動性が高いものでないと大きな負債となることもあるパターンは、大人のみなさんはご存知かもしれませんが)
ただ、もう一名、その17年前当時、強力におすすめした独男さんがいたのですが、この方には売れなかったんだよね~という残念な思い出もあります。
彼は私が高額不動産資産金融商品を販売していた頃からのお客様で、おすすめしていたのはまさにその神宮の杜が眼下に見えるすんばらしい部屋でしたので、ほんと買ってほしかったし、当時キャッシュで買える(笑)現金持ってた人だっただけに惜しかったよな~って思います。
その方はそのお持ちのキャッシュを手放したくなかった人でした。
でもその後結局その方は、その不動産金融商品を一部解約した3千万円くらいをベンチャー企業に投資してそこが倒産して、まるまる現金すっとばしたりしてるので(笑)まぁ、人間の運命というのはですね、手持ちの現金の数字だけを増やしたい欲望過多で(笑)使いたくない心理でどれだけ持っていても結局は「どこかには使う」わけで…で、どこに使うかで人間先々変わっていきますよね…という事例を見たような気がしていました。





そうそう、私はこの当時に、実は「自分の才」みたいなものを発見していたんですよ。
縁のある人に直感的に良いものをご案内できる(笑)才です^^。
これは、自分にはあるな、ということはわかっていました(自分向けにもそのご案内能力を発揮しろよ、って話なんですが^^、まぁそれは置いておいて^^。その「自分にもそうしていい」ということを無意識に無視してしまう他者優先ばかりしてしまうブロックをこの13年ではずし続けてきているわけなんですよ)。
そういうのを「営業力」と言います。
多くの人を扇動するようなタイプの営業力ではありませんので、マス向けではないこともわかっていました(ちなみにこのマス向けの「扇動系の影響力」を使った営業力というのが、”アトランティス系営業力”であり、ひとりひとりの方の本質から離れた世界へのご案内ともなりえるものではあります^^。気をつけようね)。
だけど、まぁ、いずれにしても(レムリア営業力だろうがアトランティス営業力だろうが)上記の話のように、キャッシュをどうしても手放したくない人にはお薦めしても売れませんから(笑)。
そういう場合は、私の才は活かされないことはありますけれど、まぁ、しょうがないです。
それは私の問題ではなく相手の問題ですからね。そこまでは関与はできませんから。
(まぁ、しらみつぶしに「買うべき理由」ではなく「買わない理由はなぜか」を潰していく、いわゆるその部分の囚われ外しのお手伝いまで(笑)ケアしていけばいいのでしょうが。それでも最後の決断は私じゃなく、その人その人がすることですからね)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

雪、積もりませんでしたね(笑)

2019年02月10日 (日) 15 : 57
ときど~きある「大げさな」天気予報のパターンでした



降ったことは降ったけど、「10センチ積もる」はなかったね



ということで、昨日はまるの日さんのワークショップ&夜会でございました



いつもワークショップで思うのが、いい意味で期待を裏切る(笑)内容というか、「自分の中にその展開が生まれる」ことがわりと多いのがまるの日さんワークショップです(そういうのって、「石」にも似ているし(笑)…あれなんですよ、本人が、「そこか~!」っていう部分の発見がある、っていうのって、顕在意識で自分が問題視していた部分ではない大元の”潜在意識部分での解決のヒント”っていうんだろうか。。。そういうのがあります)



これは、伏線として、「お昼休みのランチ時間に、うちのお客様でもある方といっしょに食事をしていた時に、その話がなんでか出てきて、普段は忘れているっていうか、自分は無関係な話なのに、たまたま、思い出していた」こととも、もちろん関係があるんだけど。(こういうのが「流れ」っていうか、高次ガイダンスのあぶり出しというのでしょうかしら)



夜会の「宇宙人とレムリアと」は「なるほど」な内容でした。なんで宇宙人が生まれたのか? という点は「人間がいるから」というほうにどっちかというと由来しているという感じはありまして、「レムリアが宇宙人を作らなきゃなになっちゃった流れ」というか理由が、「なるほど」なところがありまして。

アトランティスが「閉鎖系エネルギー循環型」の世界をつくってしまったがゆえの苦肉の策から生まれた…みたいな^^「そういうことか~」「そっちが先か~」みたいなつまり神が宇宙を天体を…の絡みとか占星術系との絡みとかまで繋がってきちゃうような側面もちょっとあるというのか。

地球人ってやっぱり自分たちじたいが相当ですね…「なんか特殊存在」だと思っといたほうがいいかもしれませんし、宇宙人が特殊な存在ってわけでもない、いて当たり前な感じもありますし、彼らは「高度な文明を持った高等存在」的に次元が違う地球の救世主として崇めたり何かをしてくれることを期待する対象ではない感じがなんとなくわかりました(もともとそこはとくに期待してはいませんでしたが^^)。



まるの日さんは「コーディネーター」と呼んでおられますが、一般的にはやっぱりこれら存在は「神」だと認識されると思いますし、「神が宇宙人をつくったし、人間をつくった」というのも間違いではないですが

個人的にまだむにゅむにゅしているところがあるとしたら、やはりそのそもそものこういう世界をつくりだそうとした発端の「神」とはいわゆる「創造主」的GODとは、どうして「この展開」の宇宙まるごと(しかもこの私達がいる宇宙以外にも他にもたくさん)を「造ってる、つくり続けているようにも見える」のだろう…という部分でもあります(ここはまるの日さんはクチにはしない部分ですね)

「愛」ってことですの?(笑)(これもまるの日さんはクチにしない部分です)

ここに唐突に「愛」が入ってくることで…まぁ、繋がるところもないわけではないのですが、「愛」すらもスパイスっていうかね…「愛だけが突出してすごいもの、特別なもの、絶対視するもの」ってわけではないことを踏まえて、それでも愛なんだろうかねと

「愛」っていうエネルギーが「ある」「ない」との大違いっぷりはみなさんもよく知ってるよね

ただこの「使い方」はとても難しいところもあるし、いたって単純カンタンなところもあるし
(わんちゃんやぬこ主さんがたは彼らに教わることができると思う…小さい赤ちゃんとかもそうね…でも彼らが「居さえすれば」彼らに関わる人間みんなが等しくそれが学べるわけでも、自然に出てくるわけでもない、って部分には謙虚にならなきゃね…もしそうなら、児童虐待や動物虐待する人もいないでしょ)

ともあれ、

私達は神(これも絶対的な存在として崇めるその存在に付き従う的な、そういうことではなく、もう「有る」ものはある(笑)ので)のいち側面を持った存在であることは間違いない話かと個人的には思います

「人間は神の子」というのが…昔から(スピリチュアル流行りより以前から)個人的に漠然としっくりきていた概念ではありました…(ただその「神」が何なのかって部分について深く考えようもなく(笑)ただ単純に「神様がいる」前提だけは動かし難く^^もう無視できなかったものというか…しかしこの「神」をめぐり「争い」が生まれ「分断」が起こる世界、「独善」「否定」が生まれる世界もございますよね)

そして…「神の子だって間違える」という^^目を伏せたい事実を受け入れないと、前へ進めませんし、「赦す」みたいな概念そのものがわからんちんになります。
(正直、アトランティスやレムリアの話は、「正邪」的に見えてしまう側面もありますし、アトランティスが「失敗」レムリアが「成功」と二分割の意識を持ち、レムリアが正しい世界のありかたとアトランティスを否定する意識も生まれそうですが、アトランティスがなければやっぱりレムリアのありかたもなかったものなのかもしれない気がします…ひふみ神示でも、「アクを抱き参らせる」という三千世界への道が言われていますが、「アクをなきものにして」「敵にして否定して」それを実現することはできない、ということをひつくの神は言われております…便宜上、アトランティスをアク、レムリアをゼン、的にたとえてしまっていますが。あたしはアトランティス的な世界展開の経験も個人の一生のうちにはあってもいいものだと思います^^。そこにどっぷり突き進んでやってみると、「なんか気がついてくる」ものはあるので…)

個々の人間が…みずからが内側に持っているその神性を顕現させていくことに遠慮はいらない、というのが、とりあえず「今の、人間経験の世界でやっていいこと」かなと、なんか、思います


そうそう、余談ですが。

その、昨日のまるの日さんの「人間関係をよくするワークショップ」で、最初にやった高次瞑想の時ですが、

35(本質)領域では、まるでスギライトのピンクパープルの光の世界に包まれ

83(ワンネス)領域では、まさにゴールデンライト…、ゴールドの光の世界に包まれている、

そういうビジョンの中にいました。

「結局これか」「どこまでもこれか」という(笑)もう、そういう感じ。

私は自分が知っているようでぜんぜん知っていないことでもあるのですが、高次の助けを借りて、ここを世界展開していく、みなさんにはそのツールのご提供をできる(石があるから^^)わけなので、やっぱりそれやってけ、って話かなとも思います(笑)。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page