アーカイブ
2018年11月の記事のリスト

「和」ブレスレット「1」「2」「3」、リース

2018年11月30日 (金) 20 : 05
「和」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15センチ
◇soldout
◆使用石「スギライト10ミリ丸玉」「糸魚川翡翠9ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット、14ミリ丸玉」




「和」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆使用石「スギライト約18×14×13ミリ~20×15×14ミリタンブルカット、10ミリ、9ミリ丸玉」「糸魚川翡翠18ミリ、12ミリ、10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット、16ミリ丸玉」





「和」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◆使用石「スギライト約19×14×13ミリ~20×17×15ミリタンブルカット、10ミリ、9ミリ丸玉」「糸魚川翡翠18ミリ、12ミリ、10ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット、16ミリ丸玉」





「和」リース
◆スペック 直径13センチ
◇soldout
◆使用石「アンダラクリスタル(シャスタ産)50×40×32ミリ」「スギライト18×12ミリロンデル、約8~12ミリチップ」「糸魚川翡翠18ミリ丸玉」「水晶20ミリ、18ミリ丸玉、約8~10ミリチップ」「屋久杉25ミリ丸玉」「ミャンマー翡翠約10~14ミリチップタンブル、8ミリ丸玉」「ミャンマー産グリーンジェード8ミリ丸玉」「クロムダイオプサイド約8ミリチップタンブル」「グリーンアベンチュリン約8~10ミリチップ」「チェコグラスビーズ8ミリ、5ミリ」「キュービックジルコニア6ミリブリリアントカット」




__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

スギライトと糸魚川翡翠のカップリング。

このカップリングは過去から何度かお作りしてきているのですけれど。
その都度タイトルが固定していなくて変わっているような感じがあります。

日本の石、精神統一、色々命名しているんですけれど…
とくに名前をつけようとしなくても「スギライト、糸魚川翡翠」でいいんじゃないかという(笑)感じもありますが、とりあえずは今回は、「和」にしてみました。

どうしてかスギライトは日本的。
日本の石じゃないのに、日本の石っぽいですよね。

翡翠も同じく日本的。
今は日本の国石ですね。

”日本的”でイメージされるものは、やっぱり”和”なのかな~と。

繋がり、という呼び方も、近年はよくされていますね。
一人で生きてるわけじゃなくて、必ず多くの人のお世話になって生かしてもらってるのがこの世でもありますからね。

ただ、和は重要マターではあるものの、それが一人ひとりの人間を固定して動けないものにしているわけではないです。
究極は「現実事象そのものによって左右される、固定された自分」なんてことはないんだな、っていうことを教えてくれたのが、こういう石たちですね。

世界の創造は内側からくるものです。だから自分の世界は変えられますよ。
そして、仮に外側にそれを感じ取れない時であっても…「石と調和している自分でいると」不思議と…現実世界でも、嫌な人とか嫌な不具合な状態に自分が遭遇する確率が激減していってることに…その昔、私は気づいていました。

現実って…変えられるんだ、と。

スギライトは、現実を高次視点から包括的に観るセンスを引き出してくれる石なので。

「以前に経験した似たような状況であっても。落ち着いて対応し受け取り方が変化している」と、行動、対応が変わるので。次にもうその負の状況は同じような感じでは出てこなくなるのですよ。それを繰り返していると、経験する世界は、少しずつ変化していきます。

スギライト&翡翠はこういう現実対応をスムーズに行えるサポートをしてくれる組み合わせ。

現実が変わるのと内面が変わるのと同期していることが多いから、「石が変えてくれた」みたいな言い方にしてしまうのがパワスト屋なんですが(笑)まぁ、それでもいいんじゃないでしょうか^^。実際そうとも言えるから。


センティエントプラズマクリスタル、スギライト、ジェダイト(硬玉翡翠)の意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ブレスレットはポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

リース枠はアーティスティックワイヤー(ノンターニッシュブラス)を使用、アンダラクリスタルのワイヤーワークにはアーティスティックワイヤー(ノンターニッシュゴールド、シャンパン)を使用して制作しています。

■クォリティと鉱物説明■

「1」はトップグレードスギライト、ということで仕入れた紫スギライトです。
う~ん…これがそうなのか? とも(笑)言えてしまうわけなのですが、ほんと、微々たる差といえば微々たる差。スギライトはそれで価格が万単位で跳ね上がる石になってます。ありがた~い紫スギライトは年々価格が上昇していてちょっとびっくりします。
「2」「3」もトップグレード的紫の色味なら十分に入る高品質で大きなスギライトのタンブルカットと、「1」と遜色ないレベルの丸玉です。リクトライトのブルーが美しいビーズも入り、とても綺麗です。
天然石ビーズの場合、「そういう色が入る大きなビーズ」と「そういう色だけの小さなビーズ」でしたら、お値段変わらないというか、変わらないというより小さい方が割高なことが多いです。まぁこれは当たり前かもしれませんが^^。
糸魚川翡翠は「1」はグリーンの発色が美しいやはりグレードの高い糸魚川翡翠です。
「2」「3」はリースにもつかっている大玉と、白~コバルトブルー系です。
どっちのほうがいいか、といえば好みとしか言いようがないのですが、スギライトのこの大きさでこれだけ紫が入る原石じたいが現在とても希少になってきてる傾向もありますし(そんなに大きくない原石でも紫が入るスギライト原石はお高いですよ)、大きなサイズのタンブルカット紫スギライトビーズじたい流通ありませんから、個人的には「2」「3」お薦めですが、天然石ビーズに均一色合いを求めるタイプの方には「1」が良いと思います。

リースは昨年も近いものをお作りしているのですが、今回も同様に大きなアンダラクリスタルと、大粒の糸魚川翡翠、屋久杉、水晶、それからスギライトを使いました。巻部分にはチップだけではなく翡翠丸玉も使い上質スギライトの紫がところどころに入ります。
これぞ「和」という感じの(笑)仕上がりではないかと思います。

センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「四国フィールドエナジー~アメシストバージョン~」ブレスレット「1」「2」

2018年11月30日 (金) 20 : 00
「「四国フィールドエナジー~アメシストバージョン~」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約16センチ
◇soldout
◆使用石 「アークナイト12ミリ、10ミリ(×2)、8ミリ(×2)丸玉」「ソロモナイト10ミリ丸玉」「エンジェルスノーライト10ミリ丸玉」「土佐桜12ミリ丸玉」「サヌカイト10ミリ丸玉」「大和光石10ミリ丸玉(×2)」「スコロライト10ミリスターカット」「ピンクアメジスト12ミリ、8ミリスターカット」「Sentient Plasma Jewelry Point25×6×5ミリ」





「「四国フィールドエナジー~アメシストバージョン~」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約16センチ
◇VIPGIFT
◆使用石 「アークナイト12ミリ、10ミリ(×2)、8ミリ(×2)丸玉」「ソロモナイト10ミリ丸玉」「エンジェルスノーライト10ミリ丸玉」「土佐桜12ミリ丸玉」「サヌカイト10ミリ丸玉」「大和光石10ミリ丸玉(×2)」「スコロライト10ミリスターカット」「ピンクアメジスト12ミリ、8ミリスターカット」「Sentient Plasma Jewelry Point23×6×5ミリ」





「四国フィールドエナジー」ブレスレット「8」
◆スペック 内寸フリーサイズ
◇soldout
◆使用石 「アークナイト8ミリ丸玉」「ソロモナイト10ミリ丸玉」「水晶96面トライアングルカット8ミリ」



_________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

四国の石のカップリング、再販といえば再販なのですが、今回は水晶カップリングではなく、レアアメジストのスコロライトと高品質なピンクアメジストとのカップリングです。

手にしていただいた方からは、色々反響いただいているカップリングなので、一応お作りしてみました。
そもそもがアメシストとの相性がとても良いことがわかっていたわけなので(笑)もしかしたら無意識にこうなってしまったのかも。(作る前は前回と同じ水晶バージョンにしようと思っていたのですが)
一応、今回でビーズ使い切りになっていて、もう入手不可の石がこの中にあるため、また四国フィールド再販します~っていうことはありません。
なので気になっておられた方は、この機会にご検討くださいね。
(「8」は前回お出しした時のが残っておりましたので、一応今回いっしょに掲載させていただきました。)

以下は、9月掲載の説明文と同文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分自身は四国に行ったことも行く予定もないのですが、メタフィジカル的に”噂”は聞くので(笑)しかもサヌカイトから始まって(サヌカイトは日本銘石ではありませんが)なんだかやたらに四国の石に出会う2018年でした。
日本銘石で買い逃していた”アークナイト”を入手できましたので、満を持して四国カップリング。

四国に関しては、「石の意味」でもお伝えしていましたけれど、たぶん実際に住んでおられる方のほうが当たり前にずっとお詳しいのだろうと思うのですが、四国は位置的に、いわゆる唯一陸繋がりじゃない日本なんですよね(あれ?九州もそうでしたっけ?)。
だからもともと結界も(笑)張りやすい土地柄もあったかと(瀬戸大橋がその結界を破ったとかなんとか、っていうのは聞きましたけど)。
”日本地図は世界のひな型”というのは知ってる人は知ってると思いますが、その中で四国は南半球のオーストラリアになります。
南半球側の国というのはいい意味で、北半球側にほとんどの世界人口が集中して起こっている地球上の国々のすったもんだのエネルギー的影響をあんまり受けない恵まれたお土地柄なんです。
しかもオーストラリアは資源国(鉱物の宝庫)。日本銘石に四国の石が多いのも、なんとな~くそのイメージもあるのかな、と。

このカップリングができて、トライアルで身につけていたんですが(私のは大和光石も入る水晶タイプです)、ちょっとおもしろいことがありました。
代引引換でお金を支払ったんですけど、財布の中に小銭がなくて、11,286円のお支払いだったんですが12,000円からお釣りをもらっていたんです。お釣りは714円ですよね。
で、そのあと何時間かあとにコンビニへ買い物に行って、その時の支払が財布の中のそのおつり小銭ジャストの金額でした。
みなさんにもあることかもしれませんけれどね。
当然そんなの狙って買い物なんてしてません。なので端数までぴったりか~、とちょっと驚いたんです。
どういう意味なのかな~って、ちょっと考えていて思い出したのが、私は昼間にガイドさんに質問していたことがあったので、きっと「こういうことよ」っていう暗喩なんだろうな、って思ったんですけど、解釈としてそれでもどう受け取ればいいのか、まだ考えています(笑)。
「ジャストよ」「心配しなくても過不足なくオッケー」「必要なことに支払い済ませることができて、そのあとのお釣りで払える程度の話よ」そんな意味なんでしょうか。

もっと拡げると、「そのカルマの支払いはすでにもう終わってるようなもので、今更それを気に病まなくても、残った釣り銭でさっさと払いを済ませられる程度の話なんだけどね」という感じ…ちなみにこういうガイドの返事というのは、たぶん「何度聞いても」疑えば疑うほど(笑)ズレていくというか何も変わりません。何度も何度も同じことを占う人のようにね。
だから、”なんとな~くこう解釈できた”というところを今度は”信じる””信じて進む”段階、それはこっち側に委ねられます。
「なんか自分に都合よく考えちゃってないかな…」っていう(笑)疑いは、まだ私にはありますけど^^。ど~しようかなぁ~…。

物質を超えた世界へのアクセス、物質を超えた世界との繋がり、それは難しいことではなく。
”いつも肩の隣に高次元”、四国フィールドエネジーの石はそのことを思い出させてくれるカップリングなのかもしれませんね。

仕上がり満足度の高い上品な印象の組み合わせになりました。
服を選ばず身につけていただけるシックでお洒落なお色目と思います。
「四国にお住まいの方も、四国にお住まいでない方も、ご興味いただけるようでしたらぜひどうぞ。

(後日談の追記です。「どうしようかな~…」で終わっていたこの話ですが。また四国エネジー身につけて(偶然ですが)ちょっとお買い物に。財布の中には確認したら1,015円(笑)。ぎりぎりだな、と思いつつ、コンビニレジで「もし足りなかったらなんかひとつ買うもの減らさなきゃ」と思いつつお買い物。結果、会計1,015円ジャストではないですか!「これはすごい…」と思いながら支払おうと札を取り出したら…「あれ? これ一万円だったんだ? さっき確認した時は千円に見えていたのに(笑)なぜ? じゃあ足りないかも、って心配は最初から無用だったんだな」…結果、9千円戻ってきた。小銭はジャスト…。こういうことが二度続くと、これはもう「心配無用」が答えです。”信じて進む”これしか道はなさそうです…四国エネジー、どっかに繋がるな。たぶん。どこ? 四国なの?^^あ、いや、違う。「いつも肩の隣に高次元」って自分で説明文で言ってるじゃありませんか^^)


こちらは石の意味ご参考です。
「石の意味~石の意味~日本銘石・アークナイト、土佐桜、姫川薬石~」
「石の意味~日本銘石・エンジェルスノーライト~」
「石の意味~日本銘石・大和光石~」
「石の意味~日本銘石・ソロモナイト~」
「石の意味~スギライト~」

◆使用素材◆ 

「1」「2」ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。
「8」はナイロンコード、金属部分は真鍮製パーツになります。

■クォリティと鉱物説明■

文中でご説明しておりますが、オール日本銘石(除くサヌカイト)、四国産の石のカップリングとなります。大和光石は九州の石です。
スコロライト、ピンクアメジスト、共に高品質ビーズを使用しています。

「1」「2」は日本銘石の証明書原本、各石のカードについてはコピーをおつけします。
「8」は日本銘石の証明書コピー、各石のカードのコピーをおつけします。
センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏、パトリシア・クリッメル氏、両者のサイン入りPSWオリジナルギャランティーペイパーのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「雅(みやび)Part2」ブレスレット「1」「2」「3」,リース

2018年11月30日 (金) 19 : 55
「雅(みやび)Part2」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約14.5センチ強
◇soldout
◆使用石「フォスフォシデライト10ミリ丸玉」「アメグリーン12ミリ丸玉」「ピンクアメジスト10×5ミリボタンカット」「アメシスト14ミリ、10ミリ丸玉」「チャロアイト9ミリ丸玉」




「雅(みやび)Part2」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約17センチ
◇soldout
◆使用石「フォスフォシデライト8ミリ丸玉」「アメグリーン12ミリ丸玉」「ピンクアメジスト8ミリスターカット、8×4ミリロンデル」「アメシスト12ミリ128面カット、12ミリ、8ミリ丸玉」「チャロアイト6×3ミリロンデル」




「雅(みやび)Part2」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石「フォスフォシデライト8ミリ丸玉」「アメグリーン12ミリ丸玉」「ピンクアメジスト8ミリスターカット、8×4ミリロンデル」「アメシスト12ミリ128面カット、10ミリ丸玉」「チャロアイト8ミリ丸玉」




「雅(みやび)Part2」リース
◆スペック 直径12センチ
◆使用石「フォスフォシデライト約8~10ミリチップ」「水晶14ミリ丸玉」「ピンクアメジスト約8~10ミリチップ」「アメシスト14ミリ丸玉、65×55×15ミリクラスター」「チャロアイト約10~12ミリチップ」「スギライト約8~12ミリチップ」」



__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

今は、MIYABIさんという凄いギタリストの方がいらっしゃるんですよね~。
そのMIYABIということではありません(笑)けれど、もしかするとMIYABIさんファンのかたにも^^いいカップリングかも。MIYABIさん「こんな人が今は日本人の中に本当にいるんだ」レベルにかっこいいですよね、素直にそう思います。

「雅(みやび)」というのはウィキによると、「上品で優雅なこと。宮廷風・都会風であること。風采の立派なこと。」なんだそうです。

上品で優雅…上品で優雅…上品で優雅…(笑)。
これぞもっとも「お生まれの良さ」というスタートから(笑)見事に差がついてしまう、人によってはもっともコンプレックスネタにもなりえなくもない、三次元世界における不条理の世界の出来事でもあるのかもしれません。

私なんかも東京下町生まれですから(笑)物心つく頃にはなんとな~く感じるこの世のそういったお上品エリア的な上流的世界があること、身分の違いは撤廃された世の中となっていながらも、連綿と人の心の中に巣食う、階級意識的なものなどとクロスしていて、「そういう決めつけ意識が多くの人の中に最初からあるような、ハンデがある人ない人、差がある世界を感じなくもないな」という世界を生きてきています。
社会に出れば、学歴社会、出身地社会(笑)ではないけれど、その人が持つその人自身ではない「バックボーン」がものを言う世界、これが歴然として存在することも感じていました。

ただ、「雅(みやび)」の本質は、そういうことではありません。

実際…育ちが良い恵まれた方は人間的にもハートが開かれている印象、これってあります。(但し、見た目恵まれている感じの人々、もちろんその「全員」ではないです^^。ここも勘違いしてはいけないところですね…。傍目からは「いいおうち」っぽい感じのところに生まれていてそういう周辺環境で育っていても、幼少時代に家の中ではドメスティックバイオレンスに遭ってるような人もいるし、色々ですから…)
これは悲しいかな真似できない、もうもともとの素養としてこういう育ちの人たちにあるものでもあるんだな…ということを、昔、よく感じていました。
自分に足りているものを知っているので貪っていない。それを人に自慢もしない。あえて主張もしない。
感謝の視点が自然に育まれていて、そういった自然にこみあげてくるタイプの感謝感情を素直に表に出せるような、そして、自他を褒めたり認めること励ますことなどのプラスのポジティブ行動を自然にできるような。

これらは「そりゃ、もともと恵まれている人なんだから、それができて当たり前よね~」と思いがちなんですけれど。
こういう方は「自分自身が恵まれていない状況の中でも、恵まれている部分を見つけ出す技」にも、実は優れていたりします。
(そういう事例も、昔、会社員時代の頃に散見してました。で、当時は「まぁあなただからそう言えるのよね~」という^^やはり上っ面なところで思っていたところもあったな~と思います)

実際に「育ちが良い、恵まれている環境」が人間のそれら「雅な素養」を育てやすい、三つ子の魂百までの世界があることは事実です。子供にとって本当にそれはラッキーな環境で、オトナになってからもその人にとって財産となりやすい資質です。

さて。
では仮にそういった幼少環境というわけではなかったと自身のことを思うような人は、これらの素養を、「後天的に身につけること」は、人生においてはもう諦めたほうがいいのでしょうか?(笑)
そんなものは自分に必要ない、と「カッコつけるんじゃねぇ」とそれが「格好つけている姿」という誤解のまま(笑)生きていくのももちろんアリですが、そうじゃない人にとって、ですよ。

実はそんなことはありません。
ここで「石」が(笑)それを助けてくれるわけなんですよ。
(石の世界は…本当にいたれりつくせりだなと思います。地球が用意してくれている助っ人って凄いとほんとに思います)

スピリチュアルの世界でも「高貴な色」と言われる紫色。
シックスセンス、頭頂チャクラ、このへんに対応するストーンたちがわれわれにもたらす素養、視点は、やはりこの部分なのです。

自他への寛容度の広がり。思いやり。自分と他人を低い振動領域へいざなうのではなく自然に高い領域へ共振する流れをサポートをすること。

今回の「雅」カップリングは、フォスフォシデライト中心にツーパターンご用意。
Part2のほうは、アメグリーン、アメシスト、チャロアイトとフォスフォシデライトのカップリング。
正統的な紫光線カップリングですね。

フォスフォシデライトはギリシャ語の「光を運ぶもの」という意味の語源があるそうな。
和名斜燐鉄鉱の鉱物組成「phospho(燐)」と「sideros(鉄)」がそのまま名前になっているのですが、この世に偶然はなし(笑)。
鎮静効果、感情起伏の安定をもたらすと言われている石で、ゆったりとした穏やかな状態をもたらすことで、内面から出てくるその人の本当のポジティビティを有意義な使い方ができるようにサポートする石。
なので、他者に怒りなどの感情を持って接しやすい、激昂した状態でコミュニケーションしてしまってあとから自己嫌悪みたいな展開を生んだりしやすい人、「自分に正直」を「自分の感情そのままを人にぶつけること」がそれだと誤解しているような人に良い石だと思います。

より「雅やか」を実践的に成していこうと(もしくはその状態であることが望ましい状況に置かれているというか、「自分が寛容になれる」ことで世界が変わることをわかっている、もうそうならざるを得ない状態であったり)いう状況の方などにもそうですし、また、本人自身のヒーリングを助ける組み合わせ。メディテーション時にもいいと思いますよ。

アメシストの意味等、ご参考にどうぞ。→「石の意味のリスト」


◆使用素材◆ 

ブレスレット「1」~「7」はポリウレタンゴム1ミリを使用しています。
ブレスレット「8」は7ストランドワイヤー、シルバー925製パーツを使用しています。

ネックレスは7ストランドワイヤー、シルバー925製パーツを使用しています。センティエントワイヤーラップはシルバー925ワイヤーを使用して制作しています。


■クォリティと鉱物説明■

文中にもありますが、フォスフォシデライトは燐を含む鉱物でバリサイト(グリーン)グループの石だそうです。
アメリカ産で、鮮やかなピンクパープルが美しい石です。上質。
うちでも最初にお取り扱いしたのは何年前くらいでしょうか…6,7年前、いやもっと以前なのかもしれませんが、過去にフォスフォシデライトを使ってみたことのあるカップリングは、いまいちどうも動きが芳しくない(笑)結果に終わっている印象を感じる経験が多いため(笑)、まぁ、それは単に私が作るカップリングの配色センスがひどかっただけの話なのかもしれませんが^^、に、しても触手が伸びる人が少なかった印象がありました。そういう何度かの経験上、作る私もあまり使いどころの決め手がない石なんだよな…と、ちょっと苦手に思っていたところが多少ありまして。
この石、どっか「高貴」というのか近寄りがたい雰囲気があることはあるんですよ^^確かに。スギライトなんかとも近いですね。だからなのか、この石に苦手感がある人は苦手感あるんじゃないのかなという気もします。
でも今回、そんな過去の売れなかったトラウマもありつつ(笑)フォスフォシデライトにほんとうにひさしぶりにトライしてみましたけれど…「雅に生きる」ためには(笑)ひじょうによろしい石なんじゃないでしょうか、ということを再発見した気がします。
たぶん、過去にダメだったのは、私自身も”雅”からは程遠い人間だったから、っていうのもある気がします(笑)。
今近づいたのか、っていうと、そうですね、昔よりは(笑)生まれ育ちからの囚われはそこになくなっている感じがしますから、ようやくそういう領域を受け入れ理解しつつあるんじゃないでしょうか^^。

カップリングは、高品質なアメシスト、ピンクアメジスト、アメグリーン、チャロアイト。
アメグリーンは、以前、スピリチュアリズムというカップリングにも使っていましたが、南ア産の希少アメジスト。シリウスアメジストのエネルギーを持ったアメジストでもあり、お薦めです。

リースにはスギライトも入ります。
このリースの方をだいぶ以前に作っていて、その時にはなんとなく合わせたフォスフォシデライトだったんですが、こういう石だったんだ~と(笑)年末に来てそのエネルギーに関心している感じです^^。
やはり私の場合、これが売り物となるとご説明しなきゃいけないということがあるので、けっこう真剣味が(笑)出てくるところがあるのかもしれないと(汗)いう気がしました^^。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page