カテゴリ
石の意味  の記事のリスト

石の意味~トルマリン~

2019年01月15日 (火) 00 : 00
トルマリンは「電気を発生させる、誘電体という性質」を持っていることで、和名を電気石と言います。
(誘電体=電場の中に置くと電気分極を生じ表面に電荷が現れる物質)
トルマリンじたいに、電気分解する能力があるということで「天然唯一の発電機」と言えるんだそうです。

トルマリン1_convert_20190114194516

こういった特性を持っているトルマリンの作用として、
「マイナス電子の吸着作用、電極による放電作用、水の電気分解、水の界面活性、水質調整(弱アルカリ化)、ミネラルの溶質作用」というものがあるそうです。
主にブラックトルマリン(一番多く産出するため)がそういった特性を生かされ、身の回りなどの生活用品として産業利用されているのはご存知の方も多いと思います。

トルマリン3_convert_20190114194726

パワストがどうこう、って話よりも(笑)ある種”科学的”に様々に有用性が認められている石なんです。
なにしろ、発生する電圧は大変微弱で「マイナス空気イオンだけを放出する石」であったり、水道水に含まれる塩素の毒性を消したりの石です。(確か、通産省でしたか、どこの省庁がこういうの認可するんだったか忘れましたが、そういう”お堅い”ところからもトルマリンが人体や環境に及ぼす影響、効果的なものは認められていたと思います)

トルマリン4_convert_20190114194821

天然石市場においては、トルマリンの場合は、こういった人体への効果的なところからのニーズというよりは、透明度の高い高品質トルマリンの美しさは他に類のないタイプの石であるため、人気になっているところがあります。
高品質なジェムクォリティがやはり綺麗ですので、当たり前に(笑)そういったタイプのトルマリンが好まれますが、トルマリンも品質の良いものや、大きいサイズのものは希少でかなり高額な石です。

トルマリン9_convert_20190114195124


透明度がやや落ちるタイプ、発色レベルがやや落ちるタイプのほうがビーズの流通量としては圧倒的に多い石なのですが、これは以前にお伝えしていたことがあるのですが、”石の品質差(要するにそこと釣り合ってくる値段の差もそうです)がそのままエネルギー差なのかといえば、必ずしも釣り合ってるというわけでもなく…とお伝えしていた話がありますが、その好事例なところのある石とも言えるような気もします。
(透明度が高くて発色品質最上級のジェムクラスとかでなくても、その価格差ほどの差がランク落ちるものと比べて、値段の差レベルでエネルギー的にものすごく差があるかというとそうでもないということ…ただ、そういったジェムクォリティは今や本当に希少トルマリンですので、その希少品を手にする満足感を満たす、という点ではやはりジェムクラスにはかなわないところがありますから、そういう特別感のある石でないと満足できない性質の方は、無理してでも最高品質を持っていただくのがいいと思います)

トルマリン8_convert_20190114195047

「石の意味~ピンクトルマリン~」ということで、以前、ピンクトルマリンに特化してお伝えしていたことがあるのですが、トルマリンはピンクやブラックだけではなく、多色展開の石です。

主にイエロー、グリーン、ピンク、ブルー、ブラウン、等々がありますが、パープルやグレー、レッド・ピンク、無色など、さまざまに色展開している石で、そのカラータイプにより、若干伝えられる”効果”のようなものは違っておりますが、持っている「特性」的なものは共通しておりまして。

上述のような、自然界の天然石の中でも唯一と言える特性を持っている石ですので、共通して言えるのが「リラックス効果が非常に高い石」ということが言えるように思います。

トルマリン7_convert_20190114195008

毒を吸着し放電して消滅させる、その特性がそのまま、我々が発生させがちな(笑)マイナスエネルギーの電気分解作用としてはたらくのかもしれませんが、トルマリンを身に着けていると、ネガティブ感情などを”貯め込む”度合いが減るように感じます。
(発生したそばから”消していく”のかもしれませんね(笑)…だから「SPEED」には絶対に必要な石(笑)なのかもしれません)

ただ悪い要素を消していくだけではなく、「人体にとってよい状態(弱アルカリ性)」にしていくわけなので、人間の身体は7割水でできていますから、トルマリンの影響の出方はもちろん個人差はありますが(どのレベルのネガティビティ蓄積度合いなのか、とか、保持する要素が人間ひとりひとり違うわけだから、その作用効果にも個人差あって当然)トルマリンという石は、このストレスの多い現代人にとっては、「地球が、未来の人間にいずれ必要になることを最初からわかっていて作っておいてくれた救世主石」のようなところがあると思います。

トルマリン3_convert_20190114194726

ピンク、グリーンは、ハートチャクラにはたらきかける石で、ハートの癒やし、ハートのエネルギー活性化にはたらきます。
レッドピンクのトルマリンはルーベライトと呼ばれます。
感情がフリーズしてしまっているような状態で、ハートの活力がどこからもでてこないような状態の人でさえもを活気づけられるのはこの石くらいかも、と思うこともありますね。

トルマリン5_convert_20190114194904

グリーントルマリン(ベルデライト)は、とくに肉体レベルでのハートの癒やしに強力にはたらく石です(この肉体レベルというのは肉体をとりまくフィールドレベルのこと)。
非常に実利的にヒーリングを実感できるタイプのグリーンストーンです。心臓弱いタイプの人、感情的ストレスの自家発生量がはんぱないようなタイプの方には必携的にお薦めなトルマリンですね。

トルマリン2_convert_20190114194647

イエローゴールドのトルマリンは、色エネルギーのままとも言えますが、第三チャクラにはたらきかける石。自信喪失状態、不安、恐れなどを取り去り、「自分自身に集中すること」を助ける石です。

トルマリン6_convert_20190114194933

ブラウントルマリンはドラバイトと呼ばれる、ルートチャクラの石。
持ち主さんに根気強さなどの持久力、生命力をサポートします。
個人的には、ブラックトルマリン(ショール)よりも、ドラバイトのほうが、そういった体力に直に繋がる”力”的な意味でのエネルギーの強さを感じます。ブラウンカラーで見た目は黒いし(笑)地味な石なんですけれど、日常に忙殺されていて、やる気の出ない人や、本当にいつも疲れまくっているような”エネルギー枯渇”している人にとって、非常に効果的なトルマリンですよ。

トルマリン10_convert_20190114195201

ブルートルマリンはインディゴライトと呼ばれています。ブルーカラーはトルマリンの中では希少カラーで、あまり産出は多くありません。(なのでミックストルマリンビーズなどでも、ブルーが入っていることは稀だったりしますし、まず入っていないと思います)
石のエネルギーは色タイプのままで(笑)サードアイ活性化の石です。
サードアイが活性化されるって何? みたいな人であっても、かなりの確率でサードアイが開かれる経験ができる石、だそうですよ(笑)。フェナカイトみたいな話ですが^^(私もそこに惹かれて(笑)このたび希少ブルーのみのビーズを入手してみました)。

トルマリン11_convert_20190114195235

まぁでも、トルマリンの色石って、実はそれぞれがそういう感じでハイレベルなのです。
この世界にはあらゆる色石というものがございますでしょ。
で、だいたい、その石が呈している色のチャクラ対応していたり、エネルギーも呈している色の持つパワー的なものを持っていたりすることが多いわけなんですが、たとえばブラウン系のグラウンディングと生命エネルギー活性化のストーンなどは、この世界において種類も多いのですが、おそらくドラバイトの活性力というのが、そういった地球上にあまたあるブラウン石の中でダントツのような気がします…というレベルのハイレベル度合いのことです。

昔からお伝えしている話ですが、「身体に効く」と言われているタイプの石は、メタフィジカル的ヒーリング力も強いのです。
心と身体は繋がっていますから。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~テクタイト~

2019年01月14日 (月) 00 : 00
テクタイト1_convert_20190113185912

黒のインパクトガラス、テクタイトです。

テクタイト2_convert_20190113185942

昔々、地球が今のかたちを活発に形成している時代に、数々の隕石衝突がございました。
隕石が地球に衝突した際に発生する莫大な熱エネルギー等によって、地球が保持していたケイ素その他の物質とでコラボ形成された天然ガラス…それらは、テクタイト、インパクトガラスと呼ばれます。

主に黒色~光に透かすと茶褐色のタイプが総称でテクタイトと呼ばれますが、産地により、様々な呼び名のテクタイトがあります。
インドネシア産テクタイトはジャワナイト、インドシナイトと呼ばれたり、チベット産はチベットナイト、オーストラリア産テクタイトはダーウィングラス、など、ありますが、主なテクタイトはインドネシア、中国のものが大半です。

みなさんもご存知かと思いますが、このテクタイトの中で緑色のテクタイトはモルダバイト、そして、イエローゴールドのものがリビアングラス(リビアンゴールドテクタイト)と言われ、テクタイトの中でも希少性が高く人気で、もともと希少性が高いぶん年々価格高騰中です。

テクタイト8_convert_20190113190534

テクタイトの一般的に言われる意味は、
「宇宙からのポジティブエネルギーを受け取り、さまざまな願望を成就する」
「自然の理念に基づいた思考を促し、霊性をより高度にする」
「血液の流れをスムーズにして、細胞の活性化を促す、循環器系組織の不調を改善する」
などがあります。

地球外生命体(ET)とのコミュニケーションやチャネリングなどもできるようになる石、としても言われていますし、サイキックチャンネルを開く石として、透視透聴的な能力の開花や感受性をサポートし、シンクロニシティを増大させる石とも言われます。

(モルダバイトやリビアングラスも、同じテクタイト仲間ですので、こういった同様の要素があります)

テクタイト3_convert_20190113190010

わりとぱっと見いいことづくしな感じのする意味合いがある石で、「幸運の石」として実際に古代から珍重されてきた面があるテクタイト。

但しこういうのも、「宇宙からの」とか^^そのあたりに萌え感ない人にとってはまぁ…「だから何」の世界でもありますのと。
(なので石を素直にワクワクで持つというか、素直に受け取れることって大事というか^^…宇宙の話ってさ、自分が凄い! って思えても、人には「ふ~ん」になっちゃう(笑)ことってあるのよね…無理に興味持つ必要はないんですけど、ほんとに関心のない人にとってはとことんない(笑)ことだったりするからね…それは目に見えない世界の話、スピリチュアル系の話にしかり、なのですけれど)

一言で「幸運」と言いましても、地球次元におけるその人の目先の幸運と、あちら側から見た幸運って…ちょっと方向性とかレベルが違っていることがありますので(笑)そこの解釈次第で、簡単に「不運→幸運」にひっくりかえることってありますからね(その逆もしかり)。

テクタイト4_convert_20190113190044

ただまぁ、「ほんとうに宇宙と同調しているよ」という場合…つまりその人の高次の魂との同調の世界を生きるようになると、実際には、仮に困難であっても、困難ロードから困難が祓われて、なぜか開通していく…なぜかスムーズになっていく…のような七不思議は実際にあります。
(なのでテクタイトは「SPEED」などのカップリングにとっては、要石と言えます)

肉体エネルギーの活性化という点においても、チャクラ同士の連携をし、尾ていから背骨を通って頭頂へ繋がるエネルギーの通りを良くする石でもあります。

人に寄っては「テクタイトのエネルギーの強さ」に慣れるのに時間がかかる場合もあったり、苦手な石に感じられたりする場合もあるようです。

テクタイト5_convert_20190113190111

私個人の場合は、とくに”初期の頃のパワーストーンワークス”にとって、私自身が「こりゃ、ありえない幸運」だとか「ありえないシンクロ」だとか(笑)そういうものをがんがん体験しないことには(笑)始まらない…ということもあったんだと思いますが、最初にSPEEDを開発した時には、その無情の夢が叶ったかのような(笑)「なんかとんでもないものをこの世に送り出した」かのような^^グッジョブ感があったのは実際のところですが。

そして実際に、SPEEDを身に着けていて起こることは、「幸運」と解釈できることは多々ありましたし、なによりも「思考が現実を生み出している」こと、「問いの答えが異常に早い」など(笑)、現象としてさまざまなシンクロ経験が発生します。
(これは、「そう解釈できる思考力が育っていったから」とも言えますので、”近眼では不運なシンクロ”なんかも経験することも(笑)実際あります…これはキツイです…キツイですけどその意味があります…それはのちにわかってきます)

ただ、現実的にはとくに見た目は大きくは変わっていないというか(笑)SPEEDが叶えていった世界はいつも「眼の前の案件」のひとつひとつ、で…「私の運命がこのブレスで大きく軌道が変わった」…のかもしれないのですが、一瞬で人生変わったとか、宝くじに大当たりして人生変わっただとかの「一般的に人が欲するタイプの楽そうな幸運、願っていること欲していることが恐ろしいまでにすべて現実化していく」…のような、そんなわけではないです^^。

PSWブログを始めた最初の三年は、外では会社員、こちらでは石の伝道師という^^二足わらじで仕事する、考えてみれば、ごく一般的な、とくに際立って何かものすごく幸運だったというわけでもないような(汗)レベルじたいは、そこが変化するためには、「時間も経験も」積み重ねが必要でしたし、石ブレス一本で運命が大きく好転!!…と宣伝したいところなんですが(笑)そういうわけではありませんでしたけれど、結果として、14年目です(笑)。

…という、テクタイトの石の意味のご説明になぜかSPEEDの話をしておりますが、まぁ、実際にテクタイトは基本、要なところありますので。

人によっては、まさに180度大きく変容する(ことを高次に促されている)ジャストタイミングに、SPEEDに出会ってゲットした、みたいな場合は、現実が猛スピードで大きく変容することはあるようです。

テクタイト6_convert_20190113190137

ただシンプルに、「純粋なハートの願いは「叶う」ことが当たり前」ということを教えてくれている、ハートの世界を生きることがもっともスムーズであることを学べる体験としてのシンクロ経験ができるのが、テクタイト。

「シンクロが当たり前に起こること」そのものに慣れていくことを促してくれている石がテクタイト、と言えます。

なので起こるシンクロの様相により、「選択の方向性」が合ってるかそうでないか、の判断が肌感覚でわかってきます。ここがいいんですよ、インパクトガラス系って。

(みなさんはどちらかというと「先に正しい解答を知って行動したい」のかもしれませんし、インスピレーションとか宇宙とのつながりにそこをお求めになられるのかもしれませんが(笑。私だって同じですよ)、これってね…どんだけクレアが発達したような、多次元世界が理解できるような能力者な人であっても…「みずからの運命運び」については、本当に最初から確証持って「正」だけを選択して行動していってるケースは少ないですよ…そのへん、実際には「度胸もいる」ことだったり、今までの慣習を綺麗にぶち壊さないと進めなかったりすることも多々だから、実際の現実は「肌感覚でなんとなく」を少しずつ勇気で経験していくところでだんだんに身についてきて、現実展開するという感じですね。石が魔法のように一瞬でなにもかもいいようにしてくれるとありがたいんだけど(笑)そこが「パワスト」の誤解されてるところかもね)

テクタイト7_convert_20190113190207

モルダバイト、リビアングラス含め、隕石の衝突という莫大なエネルギーから生まれたインパクトガラス、テクタイト。
テクタイトは、変容を促す石であり、変容を助けるシンクロを持ち主に経験させます。

「パワストが運命変える」を(笑)人間側にものすごく期待されているし、誰でもそうですが、まさか運命変えるにしても、「良く変わりたい」と当たり前に思って、そういう石を探したりするのでしょうけれど(笑)、トータルで見ると、「宇宙と繋がる」ことは人間にとってお得です(ただし見た目のお得感は薄い場合も多いので、それを期待していると、最初は肩透かしを食らうこともありますが)。
変容を怖がらず、また、欲する結果ばかりを急かさず。
テクタイトにゆだねる石ライフを楽しみましょう。(「ゆだねる練習」としても、イケるタイプのエネルギーなのが、インパクトガラスたちなので)


注:文中に出てくる「SPEED」とは、パワーストーンワークスが10年以上ご提供してきたカップリングの名称です。主に、インパクトガラス(モルダバイト、リビアングラス、テクタイト)、メテオライト(ギベオン、ムオニナルスタ等)、トルマリン、ペリドット、レモンクォーツ(オウロヴェルデ)、パイライト、ウランガラス、その他メタフィジカルストーン(ロシアンフェナカイト、センティエントプラズマクリスタル、2012クリスタル、アゼツライトなど)などで構成されるカップリング。都度都度、新しい石を取り入れたりなど進化しておりますが、ベーシック部分の石組みは上述の石たちで構成されております)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~タイガーアイファミリー~

2019年01月08日 (火) 21 : 26
タイガーアイです。和名を虎目石と言います。
金運、仕事運の石として知られるタイガーアイは、おそらく天然石を知っている人であればまず知らない人はいないであろう、ありふれていると言えばありふれている石ですが、実際のところは”ザ・パワーストーン”の代表格とも言える、非常に「実利的」な石で、且つ、この世を生きている人であれば「持つ人を選ばない」と言えるタイプの、持つ人万人に恩恵をもたらす石ではないかと言えると思います。

タイガーアイ2_convert_20190108204006

そのくらいパワストとしては個人的には「オシ」と言えるタイガーアイファミリーなのですが、タイガーアイ側では持つ人を選んでないんだけど、持つ側が選ばない人は選ばない(笑)まず選ばないタイプの石の代表格かもしれません。

タイガーアイ1_convert_20190108203934

その理由はおそらくこのぱっと見の「どう見てもタイガーアイ」とわかる(笑)存在感、目立ち方もあるでしょう。
タイガーアイはタイガーアイを身に着けていることが自分でもわかりますが、”他人の目”からもわかりますので、そこに臆してしまう自分の目がこの石を”苦手石”としてしまいやすいところもあるような気がします。

タイガーアイ3_convert_20190108204048

実際に身に着けていただくと、この石ほど”仕事ヘルパー”な石もないところがありますので、なんらかのノルマ達成や数字的な目標、達成しなければいけないこと、ごく当たり前に成功していなければならない仕事などに、日々常に直面しているようなタイプの仕事の方もそうですし、独立して事業を営んでいるような方やこれからそれをやろうとしている方、日々新しいアイディアを形にしていくことを生業とされているようなクリエイティビティを必要とされる方などなど、”みずからがポジティブな状態をキープしていてこそ”成り立つ世界を構築しているような方にお薦めな石です。

ホークアイ_convert_20190108204253

そしてこちらは青の石、ホークアイ。和名を鷹目石と言います。
タイガーアイというのは、このブルーのホークアイが酸化してイエローゴールドとなった石で、”もともとの酸化していない色目”とも言えるのがこちらのホークアイになります。

ホークアイ1_convert_20190108204328

タイガーアイじたいは産出量の多い石なのですが、それでも年々、高品質な「虎目」「鷹目」と言える美しいキャッツアイタイプの原石は減少しつつあり、このホークアイも、もともとがタイガーアイに比べて産出量が多くなかったところもあり、高品質ホークアイは現在日に日に価格高騰中の石となっている感もあります。

ホークアイ2_convert_20190108204410

虎目石が野を駆ける虎のように狙った獲物を捉えて逃さないタイガーとすると、この鷹目石は「上空の高い視座から全体を見渡しつつ一点狙いを定める鷹の目」という命名どおりの「鷹の目」のエネルギータイプの石。
より「内なる目」を使う状態を必要とする、方向性の転換などを要する時や、なんらかの決断時など、大事な局面における直感力、洞察力を高めるはたらきをします。
タイガーアイ同様に、仕事石でもありますが(この世ではとかく仕事においてそういう場面を経験する場合が多いと思われますので)たぶん、色合いが許せるからなのか(笑)タイガーアイファミリーの中では、希少性も相まって市場価値が高まっているホークアイが一番人氣があるように感じられます。

レッドタイガーアイ1_convert_20190108204600

次にこちらはレッドタイガーアイ。
レッドタイガーアイは天然色レッドカラー原石はごく限られており、ビーズとして市場に出回るレッドタイガーアイのほとんどがタイガーアイ原石から加熱処理されているタイプだそうです。

レッドタイガーアイ2_convert_20190108204632

レッドタイガーアイはイエロータイガーアイの要素に加えて、「赤」のエネルギー要素が強く出る石で、元気になれないポジティブになれない行動するのが億劫、のような(笑)根本的にこの世では目標達成とか仕事の成功以前に、そもそも”本人にやる気がないと成り立たない世界”というものがありますので、そういう点をてこ入れする石としては、タイガーアイよりもこのレッドタイガーアイのほうが、より向きだと思います。
(個人的には、通常のタイガーアイよりもどちらかというとこのレッドのほうが”強い”という意味では強いんじゃないかな…と感じる場合もあるのかもしれないなと思いますね)

ブラックタイガーアイ1_convert_20190108204141

そしてこちらは一見ホークアイのようにも見えるのですが、近年市場に登場してきた、ブラックタイガーアイ。
地色が真っ黒でタイガーアイ特有のシャトヤンシー効果が見られます。

ブラックタイガーアイ2_convert_20190108204213

タイガーアイといえば、定番色は、「赤、黄、青」の上述の3色だったのですが、「黒」があるとは、の世界です。
もしかするとこのタイプが、オールタイガーアイファミリーの元祖とも言える「モト」の石なのかもしれません(そのわりには石市場に出てきたのは近年なのですが)。
エネルギー的には、この三色タイガーアイよりも”もの静か”ですので、タイガーアイ系にどこか苦手感がある場合は、このブラックタイガーアイから入っていく、というのもいいかもしれないな、と感じます。

ゴールデンタイガーアイ1_convert_20190108204446

最後にこちらも近年、タイガーアイ加工技術の真骨頂的に登場してきたゴールデンタイガーアイ。
なんと「タイガーアイを脱色処理」することで、タイガーアイ特有の美しい虎目効果はそのままにツヤツヤ透明感のあるイエローゴールドカラーが生まれます。
この石はこの脱色処理をするためのもともとのタイガーアイ原石の状態にも仕上がりが左右されるのだと思いますが、実は高品質品が非常に少ない石です。

ゴールデンタイガーアイ2_convert_20190108204530

エネルギー的には”現世利益的タイガーアイ効果”としては、もともとの脱色前のタイガーアイよりも弱めです(笑)。まぁ、脱色ってそういうことかもしれません。
ただ、そういった実利実現を遠からず助ける的はたらきをする点で、タイガーアイから遠く離れたベツモノの石となってしまった、というわけでもありません。
タイガーアイの「アクが抜けた」感じの石なので、走り続けてきてとりあえず今のところは一丁上がりの一段落を迎えてるような段階にいるかな、という人が、また次なる目標を見出していくような、「助走、ウォーミングアップ」的にはこのゴールデンタイガーアイの感じのエネルギーが良いかな、という気がします。

タイガーアイ4_convert_20190108204836

タイガーアイファミリーは他にも、ピンクやグリーン、オレンジ、紫など、この10年くらいのあいだでしょうか、あらゆる色に染色されたビーズが天然石市場に出回り流通しております。
石綿と石英が結びついた石で、いわばタイガーアイも広い意味ではSiO2ファミリーの石ですので、染色しやすいというのもあり、染色タイガーアイも流通しておりますが、加熱のレッドタイガーアイと脱色のゴールデンタイガーアイまでを一応タイガーアイファミリーということでご紹介しました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page