代官山アルテスタさんへ行ってきました

2019年10月19日 (土) 02 : 05
昨日は 月一度のわんちゃんトリミングday。
代官山にある ギャラリーアルテスタさんへ 行ってきました。

本当は 先週 台風19号到来の日に予定していたのですが、予約延期してもらっておりました。
天気予報では雨マークで あれま延期してもやっぱり雨なんだ~というところだったんですけれど、外移動中はずっと曇り空。降られずに良かった良かった。




トリミングサロン ギャラリーアルテスタ オーナーさん であり、『カリスマトリマー』の 威名を持つ 菊池さんです。

うちの仔のカットをしていただいております。


カリスマトリマーって(笑) そんなのが この世にはあるんですの? って話ですが
あるんですよ どんな業界にも 神ポジションな人は いらっしゃいます。

その トリミング技術の高さで トリミング業界においての その立ち位置でいらっしゃるわけで
なので トリマーさんに 技術指導されたり 海外のテレビ番組に出演したり(オーストラリア? だったかな、そういったわんこトリミングコンテストのようなテレビ番組のようなものがあるらしく その審査員として呼ばれたりなど)日本でも そうなんですよ、あの あたしが「マツコに宣伝して欲しい…」って 月初にボヤいていた あのマツコさんの(笑)「マツコの知らない世界」などにも お出になられたりなど たぶん 「トリマーさんなら 誰でも知ってる」という有名な方 そんな感じなのかな? と拝察されます

(きっと トリミング業界なんかよりも さらに 極狭ニッチ市場な(笑)一般的な人々の関心のない世界 メタフィジカルストーン業界においての H&E社のロバート・シモンズ氏ですとか A.メロディ女史ですとか あ、あと われらの(笑)ディビット・ガイガー氏ですとか まぁ そんなようなポジションなのではないでしょうか… って この世においての ヲタクが集合する メタ石業界にたとえるのも なんか違うかも… でもまぁ、あれなんですよ、石ヲタ領域へ行くと それはかなり絞られるんですけれど、この世の人々が ぜんぜん天然石を知らない、ってわけじゃなくて、隠れ石好きとか 石ブレス好きは、わりといるんですよね。どこまで 詳しいか、っていう その違いはあれど。それは たぶんトリミング業界も同じで、犬猫飼い人口 これだけいるんだから、トリミングというものじたいは みんな知ってるんだけど、それが「手掛ける人によって ぜんぜん違うもの」というところまでは、知らない人のほうがずっと多いのよ。石が 提供者 扱う人や 産地で 違うだとか そういうように。そういう部分は 近いかな~)




私のところは 「カリスマトリマーさんだ~」ということで 探し当てて アルテスタさんにたどり着いたわけではなく
(テレビ見ませんし みなさまご存知のように 私は 世事情にそもそもが疎いですから…「マツコ」とか「マツコの知らない世界」とか 今はなんとか 存じ上げておりますが 数年前くらいまで 「誰 マツコって」という^^ ほんとに 今のジャニタレとかだって知りませんし たまにテレビ見ると 「知らない星に来たような感覚」が味わえるレベルで(笑) 知らん人ばっか の世界でしたし今もまぁそれに近いですね… 今でも コアな人々はわかりませんが マツコさんレベルで有名であってくれれば なんとか顔は知ってます、と言えるでしょうか… つまり「人に顔が知られている超有名人」というのは そういうことなのですよ… 死後も人のミェフというのは「その人のことを憶えている人がこの地上から一人もいなくなるまで」残るそうなので ある意味 なんでしょうかね… 人の記憶に残る ということは 自分由来のミェフが生き続けちゃうという話でもあり …って なんの話してるんでしたっけ^^)

ヨーキー特集のわんこのヘアカタログ本を入手し そこに掲載されていた ヨーキーのカットの上手な「イイね」な感じ それがお写真で伝わってくる それをいくつかセレクトし それがみんなアルテスタさんスタイリストによるものだったので、巻末だったか、お店所在地を確認して、「あ~ まぁ、代官山だったら ギリ行けるかな」というところで もう何年もご縁をいただいて 通っている… というところです。
(この ギリ行けるかな の直感は正しく(笑)以前記事にもしたかと思うのですが 「うちから2.5キロ範囲」でないと 私はその場所に「定期的に通う」ことができない体質となっているという話… そうなんですよ、グーグルマップで測ると それがよ~くわかります…まさにジャストの2.5キロ ほんと 狭い範囲で生きてるというか…)

なので カリスマトリマーさん とか そういうことも、通ううちに なんとなく「そうなんだ~ なんか凄いね~」と 知った話ではあります

アルテスタさんには新幹線使って定期的にやってくる(笑)お客様なども いらっしゃるみたいですよ…
凄いですよね
おそらく飼い主さんの地元に「ここ!」という満足感が感じられるサロンが不在なんだろうなと思われますが(それわかりますよ…実際のところ トリミングって ソレ的なところありますからね…)そういう方はおそらく ほうぼう探したあげくたどり着いてるんじゃないかと思われますから 新幹線代払おうと時間かかろうと もう「理想を実際に現実にしてくれるサロンがあることを知っちゃってる」ので 妥協しないのだろうと思います(そのへんも わからないでもない お気持ちですね… 人のヘアサロンなんかもそうだけど ヘアカットのスタイリストさん誰でもみんな同じじゃないから 御用達見つけちゃったらもうほかへいけない…ってなる そういう人も多いはず)



(PSW石ブレスをしていただきました~)


当たり前ですが 現代のカリスマは 暴君ではありませんので(笑)

威張ってふんぞり返っていらっしゃるのではなく みずから 現場で トリミングを手掛けていらっしゃいます

それと並行して トリミング業界への寄与もそうですが、ペット産業 というか 
ペットと 人と 社会とのかかわり もそうですし

そこに寄与するトリマーさんという職業 
誰もができるわけではない 神業を持つお仕事のトリマーさん全体の底上げですとか

色々 理想 視野を 高いところにおかれて 

且つ 日々 ご自身のサロン ギャラリーアルテスタが ペット主さんに貢献し サロンを発展させていくことにも 尽力されていらっしゃいます

(おっきい方と(身長だけじゃなく^^)お話すると 自分が ちっさい人間だな… と思うことも(笑)しばしばありますが まぁ、たぶんですね 使命も当然そうだけど 生まれ持った「星」が違うんですよ^^要するに… 何かで有名になるとか 人を導くポジションとなる方 というのは そういうバックボーンが あるのです)



(店内 一時待機場所 兼 インスタ映え写真撮影にうってつけ^^Place 私はインスタやってませんけど^^)


トリミングが ただ できる というのは、まぁ、自分ちの仔ならと テキトーに(笑)できたりもしますし(先代の時は 自分でやってたって話^^してますよね)

「テキトウでいいや」でも まぁ それが本心なら いいのかもしれませんけれど

わりとブログでも言ってますけど 「他の それができる プロにお願いすること」って、自分が テキトーと言いつつ わりとそこに四苦八苦している 時間もそうだし そこに費やすエネルギーもそうだし メンタル部分の「見える部分だけじゃない」プラス要素が すごく多いし 大きいです。
(自分でうまくできるんなら それでこそ必ず満足な状態が得られると言えるなら それでいいんですけど 時に「面倒くさいな~」って思っちゃうこともね 私は先代の時に あったんですよ でも 毛がこんもり伸び放題だから そろそろやらないと 的に…先代を「カワイイ」って 毎日思っていたことは事実なんですけれど 時にその 面倒くさい感は 正直なところ 持っていましたよ…先代のことは 今でも^^大好きなことは変わらないです でも そういうダメ飼い主であった時代でもありますよ… ケアを 大変だな面倒くさいな というネガティブ感持ちながら 自分でするより だから、ずっと それが上手いそれがお仕事であるプロにお願いするほうがいいんだ…と 感じるわけです… とは言っても、今の仔も シャンプーだけなら 自分でも^^できますしやりますけどね いずれにせよ ケアしない放置みたいなのはNGですよ)

「何もかも 自分でやらなくても 人にお願いしていいんだ感覚」

私は これ 自分に足らない要素でもありましたし プロにお願いするほうが 自分がやるより ずっと素晴らしい結果を得られる(笑)ことが得心できましたし^^



(アルテスタさんでは トリミングごとに毎回 こういうポストカードサイズのお写真をいただけます…シャンプー風景とかハーブパック状態とか 仕上がり写真… これは嬉しい主さんも 多いハズ)


私は スピリチュアル目線で(笑) 見てしまう性質なので スピ目線からしか 言えませんが

トリマーさんというのは 確実に 遠い過去生において

神の使いのお世話 メンテやケアをする そういった内容の 特殊任務を経験している人々が多いんじゃないのかな~と(笑)

喋らない 言葉を話さない わんこや にゃんこ それぞれの個性を 把握する

自分ちの仔なら もちろんわかる そういう主さんは多いのは当たり前かもしれませんけど

どんな仔相手でもできるのかというと 普通はできませんよね

それができる って凄いことなのです

アニマルコミュニケーションのお仕事にも 通じることですけれど

動物相手のお仕事で 動物への愛情や なんらかの情熱や使命感が喚起される感があって なさっている方は きっと そうなんじゃないかなと

(金儲け動機だけでペット産業にかかわる 色々な業態も あるのですけどね…悪徳なんとかとか 言われますけどね… そういうのもあるから ペット関係は ひとくくりにされるであろう 大迷惑だろうな~感もあるのですが 関わる人の 意識の階層 凄い差が ある世界だと思いますね それは 人間社会同様ですよ 飼い主さんの意識だってそうだし とりまく業態の人々の 意識も 差はあると思いますけど、でも なんとなく思うのは 動物病院もそうですが、「ケア側」のほうの意識は 高い方々が多いのだけど 動物、っていう視点で ニンゲンより下、動物が下、という意識が 一般的な人間社会の側に わりと、いや、かなりあるので、なんでしょうね、万人理解は なかなか進まない そういう感じはあるんじゃないかな… まぁ、スピリチュアル、石なんかも、そこは(笑)似てるのかもね)

(ここで言う「神の使い」(笑) 実際に、「ペット」はみんな 「高次の使い」ですから… 人にとって すごく偉大な存在です 霊的に見れば 彼らは彼らの本質を 嘘偽りなく 生きている「人間よりもずっと上等」な存在 でもあったりする^^ 時々 人を癒やす「エンジェル」と表現されたりすることもあったりしますけど 誇張ではないですよ ペット飼う主さんの多くに わかってほしいところだけど そして わかっている方も多いと思いますけれど 本当にあなたのガイドのような、あなたをまるごと認める あなたのまるごと味方でもある そういう存在ですからね 人間の中に^^なかなかいないでしょ^^そんな存在って だいたいにおいて 「自分がそこまで自分をまるごと認める」なんてことが できてませんよね… ちなみにですね、無知ゆえにや 現実的な面で泣く泣く「ペットを大事にできなかったことが 囚われになっている」主さん もいらっしゃるかもしれないですが 彼らは そこさえ 認めてくれてる存在だったりしますよ…それさえも織り込み済みなのです… だからって じゃあいいや と大事にしない、というのはやめてくださいね! まぁそれ聞いて じゃあ大事にしなくていいや、って思えちゃうような人は そもそも大事にできなかったことを後悔などしないと思いますから その心配は杞憂だと思いますが)



うちは 石ブログなので 「カットの上手な とっておきトリミングサロン ないんだろうか」って お探しの読者さんが どのくらいいらっしゃるかどうかは不明ですけど(笑)
代官山 ギャラリーアルテスタさんの ご紹介でした
 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

水玉サーペンティン

2019年10月17日 (木) 20 : 41
新作です

フラッシュたけちゃってるお写真と






室内での フラッシュなしと






フラッシュありのほうが 水玉サーペンティンの実際の見た目感が 出ている気がしますね
(フラッシュなしだと 暗めの色に見えますが ここまで暗め緑ではなく また フラッシュありのほうまでの 奇抜な感じもありません 色石はお伝えするのが難しい)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ご感想をいただきました87

2019年10月16日 (水) 17 : 15
2019年9月の「心のままに」「インテグラル・ヒーラー」2019年8月の「願望実現」2019年7月の「神功皇后」、等々、ご購入いただきましたお客様のご感想、掲載のご許可をいただきましたので、掲載させていただきます。




(お写真は、2019年9月末新作の、「心のままに」ブレスです)


(「お客様のメール」転載ここから)


神崎様


いつも大変お世話になっております。
昨日、品物を受け取りました。

インテグラル・ヒーラー、まず、軽い!!にびっくりし、レインボークォーツのキラキラの虹に癒されました!
ありがとうございますm(_ _)m
前回いただきました「願望実現」と一緒にするととってもしっくりします。
私、ウッド系はあんまり好きではないのですが、先月の「願望実現」の時から少し見方が変わり、今回のインテグラルで、だいぶ変わりました。ウッド系は、数珠のイメージが強くてあまり好きではなかったのですが、願望実現もそうですが、ウッド系ですが、ウッドウッドしてないのが、とってもいいですね!!軽さにもびっくりしでした。

そして、「心のままに」はピンクが好きな私の好みで、かつ 大玉でよいですね!!
「神功皇后」のブレスも大好きで、普通の服でピンクを着るのは難しくても、ブレスだと撮って心のブレーキがなくなります。心置きなくピンクを堪能しています。ありがとうございます!

いつもいつもご配慮いただきまして、ありがとうございます!
これからも楽しみにしています!!


(「お客様のメール」転載ここまで)




(お写真は、2019年9月末新作の、「インテグラル・ヒーラー」ブレスです)

(「お客様のメール」転載ここから)


神崎様

いつも大変お世話になっております。
ブログ掲載の件、私はかまいませんので、どうぞどうぞという感じです。よろしくお願いいたします(^^)


今はピンクにあまり抵抗感がありませんが、昔はダーク系の服が多かったように思います。
今はその反動が少しあって真っ黒はあまり着ないようになりましたが、それでもネイビーとかカーキとの色が多いです。
濃い目のピンクの服を着ることもありますが、周りの人の方が「結構いい発色の色ですね」と褒めてるのかよくわからないお言葉をいただいたことがありましたf^_^;
ピンクって一般的に目を引く色なんだなぁと思ったことがちょっと前にありました。

でも、ブレスやネックレスとか、そういうワンポイントなら、ピンクやオレンジはとっても差し色としてもよいと思いますし、ダーク系の服装の中にブレスやネックレスでの明るい色があると雰囲気がまた変わるのではと私は思ってます。



(「お客様のメール」転載ここまで)




(お写真は、2019年8月末新作の、「願望実現」ブレスです)


10年以上前から始まり 今もなお なんとな~く継続中の 天然石の業界というのでしょうか、一般人の多くを巻き込んだ スピリチュアルブーム(テレビ的な)は去っても、石フリークの人たちはそこそこ 残ったというのか(笑)なんとな~く すたれずに、石業界は 続いている感がありますが。

『ピンクは 石なら 抵抗ない』

そういうお嬢さんがたが 日本には多いのか(笑) 
石は 全般的に この10年 値上がり顕著な中、それでもピンクストーンの需要も ず~っとありつづけているため さらに価格高騰は続いている状態ではあります。

なんだかんだいって、そうなんです、ピンクの石は 多くの女性が 顕在意識においても 潜在的にも 求めているところ、あるんですよ(笑)。

「ピンクが好き」

女子は それでいい(笑)というか そこに正直な人は幸運って 私は思います^^

なにか ピンクの入るものを 自分に取り入れる 身につける… という点でも、お客様がおっしゃられるように、石ブレスは とても良いんじゃないかと思います。

もちろんですが、

「服のピンク」でも(笑) いいんですよ!! 私は 時々着てますよ(笑)

女性をキレイに見せるピンクは ビビッドな明るすぎないんだけどくすんでいないタイプの 濃いピンク なのかな~
と感じます(トップスがそのカラーだと 顔色良く見えますよ)

派手なんじゃないかな~ とか 職場とかではちょっと無理 とか あると思うので、いつもいつもは無理かもしれませんけれど。
グレーとかベージュとか白とか、ピンク以外の色合わせをそのあたりでまとめておくと(他にあんまりド派手な色を持ってこないようにすると) そんなに 派手! という感じにならないですので、お試しを。

…って、石じゃない話をしておりますが(笑)。






(お写真は、2019年7月末新作の、「神功皇后」ブレスです)


その昔、昔 昔にさかのぼると、

私自身は 最初は ピンクの石そのものが好き嫌い という話より、「ピンク石を身につけること」そのものへの 抵抗感があったというのか^^(ピンク石じたいは 好きというか 美しいピンク石には やっぱり ノックアウトされますよね…)
身につけることへの抵抗感は なんとな~く ローズクォーツや。
ローズクォーツは恋愛石定番にされちゃってましたし、「ピンク=オトコ受け オトコGET」という この世では 何かと 愛といえばそういう 男女の恋愛、方程式のようなものへの 嫌悪感 でしょうかね~。
恋愛がうまくいくために 石、って なんなんだよ(笑)みたいな^^

でも よく考えてみると、どうせするなら いい恋愛 にしたくて 当たり前ですよね(笑)
今こうして 自分が 石のご提供をする立場になってみると、そりゃまぁ、結婚していたり 恋愛中だったり、パートナーがいらっしゃる人でしたら「必須」レベルで、ピンク石はオシますし、そういう存在がとくにいらっしゃらないとしても、これから出会うかもしれないわけなので、よい出会いにするためにも、やっぱりオシですよね(笑)。

そういう 意味不明な 抵抗感覚 昔は ちょっとありましたね。
もの欲しそうな感じがなんか嫌、のような… 要するに 「ハートを開くこと」への 抵抗感というのが そういうかたちで 自分の感情に上ってきていたわけですよ。
なにか こじれているものがある、癒やされていないまだ手を付けたくないもの、そういう時には、無理して ピンク石は身につけようとしても 身に付けられないんですけどね。

私はこれは 実は「オレンジ」という色のほうが 昔は もっとそうだったんです。
オレンジは 自己肯定感 や いわゆるセクシャリティなどもそうなんですけれど、肉体を持って存在している 自分を認める…
そのために もう絶対に必要でしょう、と言える 第2チャクラカラーなのですが、
オレンジ色って な~んか 昔から 大嫌いでしたからね~
服のオレンジとか 絶対に 好んで着ることもありませんでしたし

なので、石を好きにならなかったら オレンジという色自体を 一生好きにならなかったんじゃないでしょうか(笑)
これは 昔の過去記事にもあると思いますけれど^^
「オレンジの石というのが 天然石の中に あったから」オレンジが好きになれたんです(笑)
そして今は オレンジという色そのものが 大好き(笑)なんです^^
ピーチカラーも オレンジピンクも バーガンディー入るオレンジ系も 茶系オレンジも あらゆるタイプの オレンジ イケます^^
人間は ほんとうに 変われば変わるもの なのですよ


そして今は 私は 「ピンク 大好き」です(笑)

人生の 早い段階で 「ピンク 大好き」に なっていただいたほうが、
きっと いいと 思いますよ。

でも 遅くても(笑) 大丈夫です^^

究極、「生きてるうちに」でも いいかと 思いますが、でもまぁ、できればですけれど、

本人の 「意志創造を起こす 自分が形成する 形成することができる 世界」という、

その実感値 それが感じられる 生きている状態であるうちに… だと、やっぱり、人生お得だと思いますよ(笑)


モルガナイトや透明ローズクォーツは ハートチャクラ および ハイハートチャクラ の活性化や

ロードナイトやルビーなど ピンク・レッド系の石は 生命力 グラウンディングも助けますので

ロードクロサイトが 薔薇色の人生の石 というのは、きっとそういうこと(笑)ハートのちからと生命力の石ですから
人生謳歌するのに これがあったほうが そりゃ当たり前に いいですからね


「生きてることが 嬉しい」みたいな感覚 

なにか 特別なことがあるから っていう 外付けの理由で嬉しくなる 満たされる ということじゃなく

自分のハートの内側から そういうエネルギーが湧いてくる感じ とか 安心感とか希望とか

これを 引き出してくれる 助けるのはハートのチャクラカラーである グリーンの石が多いのだけど、

ピンクの石は 「それが あなたと一体である」ということを、認め、自覚させてくれる そういう エネルギーの石が 多いですので


今の時代

「花の命は 短くて」でした時代 江戸時代や もっと遡ると 平安時代 戦国時代 などなど

そこからすると とんでもレベルで ひと一人の 寿命長いですよね

「自分のことを 自分が 嫌っている」場合では(笑)ないのですよ

人生100年時代 みんながみんな 今これからそうなるわけではないですが、イメージとしては 50,60程度は ぜんぜん中盤ですよね 30,40は 若者だと(笑)思いますよ^^

これも 寿命が長かったっぽい レムリア(縄文)への そのまさに時代切り替え時の 影響なのかもしれませんけど
これから先 生まれてくる人々は 100年寿命が当たり前に なっていくんじゃないでしょうか

正直 いったんこの世に生を受ければ 飽きそうなレベルで 自分という個性と 長いつきあい しなくてはなりませんから

ずっと 生きている限り 花咲かせる意識でいる 

つまり「可能性を感じて 行動している 夢を持っている」それでいいんじゃないかと感じますよ


私は、ピンクの石は 大人の女性にこそ 身につけ こなれ感 発揮していただける そのように思います 


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page