言葉巧みなお説教

2020年08月10日 (月) 00 : 00
この「言葉巧みなお説教」というのは、お客様メールの中にあった、ワンフレーズです。

「ほほう。私も気をつけなくてはな」と(笑)思いながら

時々、自分も人に対してやってしまっているかもな、とも思います

そう感じてしまう方がいらっしゃいましたらごめんなさい



基本は、ほとんどの人が、他者からのお説教なんてされたくない、って思っているんだな…

というのは、ネット社会になってみて、はっきりわかることとなったような気がします

とにかく嫌いますよね

「上から目線」とか「マウント」とか、昔にはなかった感じのワードが、「人のホンネ」として溢れているし、人間同士のいざこざというのは…ほぼほぼ、たいてい、

プライド、尊厳というのでしょうか

多くの人は、自分に自信がない、と言いつつ、今のご自身を信じているのです

今のご自身のそのままでいたいから、自分の信じている今の世界を壊されたくないから、「上や下に感じる世界」に触れることがストレスで不快感極まりないのだろうと思います



「他人の自慢話」なんて聞きたくない、という人が多いですよね

私も聞きたくないですね(笑)でも、聞きたい時もあるんですよね…どちらかというと、そうですね~、自慢話をする人のほうが、この世はずっと少ないような気もするので、もっともっと、多種多様な成功例とか自慢話を聞きたいと思いますね、どちらかというと

私はそういう感覚で、いろんな世界を、観ています
うちのお客様がたも、圧倒的に、自慢話をしてくださらない、謙虚な方が多いので(笑)
人の自慢話は、「自分で取りに行かないと」なかなか触れる機会が日常にありませんからねw
そうやって観ていると、どんなジャンルにも、優れた人がたくさんいらっしゃるって感じます

だけど、そっちに関しては「遠慮しちゃう」「本当のことを言ってくれない」人も、世の中まだまだ、きっと多いんですよね
うちのお客様がた同様(笑)
みなさん、自分の手柄自慢をw ほんと、なさらないですよね

近年は、「本当のことは、有料化」という(笑)付加価値スタイルも顕著になってきています
それも、私は運用方法としては、間違っていないありかたかなとも感じます

不特定多数の多様な価値観を持つ人々を、いっぺんにアセンションさせることって、それだけ難しいんです
「炎上」とか(笑)人氣領域でのすったもんだに巻き込まれるライトワーカーもいますしね

「みんないっぺんに」って難しいんですよ
一対一でも難しいですよね…カンタンではないことです

相手からすると、その人を貶めたつもり、否定したつもりはなくても、過剰反応で受け取る人もいるし、「スピリチュアルリテラシー」は、現実世界同様に、人によってぜんぜん違いますので

コミュニケーションは年々大変かもしれないですw

私自身、過剰反応することもあるし(笑)

「なんか特定の人にだけ腹が立つ」とかw ありますよね、確かに



みなさん、わかっているのです、実は肌感覚で

「自分で気づきたい、自分で発見したい、自分で経験し、自分で理解したい」

なので、カンタンに教えてもらっちゃう世界に、実は抵抗感を持ちつつ接している…

「ほんと?」って思いながら

目の前の現象を観ていると思います

答えを教えるのはやめて~~~~「少なくとも、オマエからは聞きたくない、オマエには言われたくない」とか(笑)そんな感じ

情報漁りしつつ、避けつつ

「現実世界」をそういう態度で生きている人は多いんじゃないかな、という気がします



「自分で気づきたい、自分で発見したい、自分で経験し、自分で理解したい」

この態度でオッケーです

人がほんとうに得心できることは、本人みずからつかみ取ることでリアルになりますので

それは「他人から聞いても」同じです

なのでどれだけ開眼した人や観える人やリーディング出来る人から何かを言葉で伝えられても

「そうなのかな」ってどこかで半信半疑だったりします

当然なのです

生きている本人が、いくつも自分で失敗し、いくつも自分で成功し、発見していく、そのプロセスが、高次ガイドが導く道です

だけど「この人はとりあえず信じられる、というか、抵抗感もないわけじゃないけれど、でもそうなのかな…」と感じている、波長が合う人が、何かを伝えているとしたら、

それくらいは(笑)「人の言うこと」も信じてもいいんじゃないでしょうか、とは思います

高次は直接会話ができませんので、とくにメッセージに関しては、「人間を使う」ことをしますので

周囲の嫌な奴の(笑)クチから出てくることだってあったりしますし

もしくは、あなたが共感できる人の、クチを使うこともあります

色々です

人間は「自分が好ましいと感じる人」の言葉なら、理解したい…と表面上は思っていますが、実際は、そういう言葉の意図のとおりには行動したりしないです(笑)

自分の進みたいように進み、自分の現実を創造していきます
(と思っていても、実際は、運命って決まってます…好きなように進んだつもりでもw 大枠は決まってるんですよwww)



私もまるの日さんにいくつもガイドイラストをいただいているのですが

「自分で観えたガイド」

自分で観えると、やっぱり、存在感(笑)がより感じられますw

「え~、そうなのか…この人が漫画にすると、ああなるんだ…」という(笑)漫画って言っちゃうとアレなんですがw

まるの日さんの、なんかアニメっぽい絵の感じ

「ではない」

ということが、実際に観えるとわかるのです

但し、ほんとにしっかり特徴を捉えられて描いておられますので、「絵のまま」ではないですけれどw 観えて描いてるんだな、ということがわかりますよ

(いずれ、美大を出たお嬢さんが(笑)しっかりデッサン力と写実性を持った画力で、多次元世界を表現される道へと進むのではないでしょうか。親の仕事の手伝いというか、二世として、引き継いでいくのだろうと思いますね。子供というのは、そうやって、親そっくりになっていくwのです)



今、8月月末新作お休み期間ということで

またゲートウェイをちまちま再開中です

彼岸には、なにやらF21あたりは、混雑するのかもしれないみたいですね
(霊界とのアクセスをする人間が多くなる時期なので、回線が混雑する…という話を以前されていたような。F21はようするに三途の川でもあるようなので、混みそうですね。霊界とのアクセスをする人が多い、というのは「霊界に意識を向ける人が多い」ということです。人間はもっとも多次元存在なので、霊界にアクセスしながら現実世界を同時に生きることも可能ですし、過去、未来とともに生きることも可能な存在。意識の上で、「もっとも自由度の高い立場」が、今、生きているあいだなのです。なので、有意義な人生、有意義な毎日を、誰もが本当は望んでいる…というのは、「それが当たり前にできていい権利を持っている」からとも言えます…但しコレも優先されるのは「高次視点の有意義」なのでw人間目線の喜怒哀楽レベルを超えていますから。どちらかというと、そこを一見「こちらが合わせないといけない義務」でもあるかのような感じ、それが人を縛る宗教スタイルの歴史wなんだけどwwwでもね、高次ロードは本来そういう無理がない、ライト感覚でいられるロードなんですよ…なので近年スピは「あなたの好きなことをしろ」という路線をおすすめするわけなんだけど、これも、表面的ないろんな囚われにまみれた「自我の喜怒哀楽ではない」わけなんです…こういうものを祓っていくと観えてくる、出てくる世界とも言えます)



ゲートウェイ、実はここ1,2ヶ月は少し足踏み状態だったのですが

昨日、「ナトロライト」を戦力に(笑)加えたところ

先へ進むためのヒントがしっかり「直感」にて知らされました

「ここがどうも苦手なんだよな…」というライトボディ活動と肉体感覚での知覚活動がどうも切り離せないところがあって

そこで足踏みしていたのですが

「こういうことなんだよ」というガイドメッセージに気付かされました

電球マークが灯る

「なるほど、そういうことなのか!」ってわかること

それが高次ガイドからの直感をとおしたヒント、メッセージです

「直接の答え」はもらえません

なので、自分の電球マークを、自分の直感を、愚直に素直に受け止めて、常に「実行する、次に活かす」しかないのです

多次元存在である自分を信じること(マジで)

これができないとやっぱり観ることはなかなかできないなと

つくづく思います



「ほんとうに観えている人々」の「方法」も、時に参考になります

だけど、学校の勉強もそうなんですが、先生が教えた子どもたちが、そのとおりにやって、10割先生と同様の秀才となるわけでもないので(笑)

観えない世界に関しては、スクールもありなんだけど、「学校へ行っただけ」で開花するのかというと、たぶん違いますねw
これは「本を読むこと」なんかも同じです
(でもこの世での学びに関しては「ひとつも無駄がない」というのが実相だと感じますので、学ぶことそのものはいいことだと思います…これはこの世で生かされる職業訓練、スキルも同様です…そして、学んだら、できれば仕事にすることをおすすめします…仕事にする、仕事に活かすことが、実は、「より理解と学びを深めていくこと」にもっとも役立つ道なところがあるからです…そして「自分の仕事には、直接は関係ないな」という学びであっても、本人が興味があって、そこになんとなくわくわく感があって学んでいることは、その人の実際の仕事にリンクして役立つことも、けっこうあるので)

リアルの現実世界にあるもの

風景とか、自分自身もそうですが、人間、動物、石…

物質存在として、かたちがあると、多くの人が、「観て、あると、認識できる」

そのレベルには(笑)

多次元領域がほんとうに「ある」と理解されるに至るには

まだまだ時間がかかると思います

人間ほぼ全員が観えるようになれば(笑)しっかりこの世で、「それはあることになる」のかもしれませんw

そういう意味では、ひとりの人間が一生のうちに観ているものなんて、それじたい、知れていると言えば知れているわけなので

「あなたが信じていない世界」だって、本当はあるかもしれないし

「あなたが信じていないあなた」が、あなたに想像できなかった現実世界を、この先に、今よりもずっとアセンションして構築していることは、その可能性は、ぜんぜんないわけじゃないのです



ちなみに、高次ガイドは、「言葉巧みなお説教」はしませんよ(笑)

でも、実際に、目覚めて、目覚めロードを進んでくると、思うのですが

「もっともっと早い段階でがっつりお説教してくれても良かったのに」レベルでw

なんで長年自分はああだったんだろうか(笑)ってね…思わないでもないのですが

だけどさ、人間て

絶対に、お説教なんて通じないじゃない?w

だから、実体験で、「骨身に染みるように」そして「本人みずから気づくために」

嫌な思いも失敗も回り道もする、その必要もあるわけですよ

高次ガイドはそういう道も用意します(まるの日さんとかはこれを「ガイドの落とし穴」と表現していらっしゃいますねw)

この世において、もっとも「子育て上手」

それが、高次のガイド達だと(笑)感じる次第




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

NEWパソ

2020年08月09日 (日) 10 : 46
臨時パソコンができましたw



自分パソコン使いだしてから一度もデスクトップ使ったことがなくて(狭くて置けないという理由)ずっとノートだったんですが、デスクトップいいなぁ



でもこちらは修理に出してるあいだの臨時の予定です




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

あなたが神です

2020年08月08日 (土) 00 : 00
3連休の前日、昨日金曜日は、いつもの”空いてる”代々Parkでした





恒例の夏の芝刈り、なんかくっきり半分だけ(笑)

残り半分は来週でしょうか





うちの仔の背丈よりも伸びてる草のほうが背が高いのでw

芝刈りしていただけるのは助かります



ひまわりも咲いてます





ラン内、夕刻少し涼しくなってくると、わんこも人もちょっと増えてきます





帰りに原宿に寄って

外席は暑いため、人がいませんでした





そうそう、とほかみえみためについて

これは「歴代天皇が唱えていた」っていう、その天皇家が(笑)…正直、実際どうよ? って話もありますよね
私はその、実際どうよ? が事実として正しいのだろうと思ってます

陰謀論とも言われますけれど(笑)いや、冷静に見れば事実なのでしょう(大金持ちで隠し財産持ってるっていうのも本当じゃないでしょうか)

なので、別に、明治前までの歴代天皇が唱えていたから、そんなご立派な立場の人だけが知っていた祝詞だから、それを庶民がありがたく使わせていただく、みたいな意味合いではないですよ

それだと(笑)天皇マンセー現人神の、戦前のメンタルといっしょですってば

そうじゃないです

これを広げようとしているのは、白川伯王家の残党、最後の継承者の方が率いるロゴストロンさんの会社が発祥で、とほかみえみため教を(笑)「この祝詞を”普通に”使ってもらおう」と広げていらっしゃる最中です

とほかみサロンとか、そういうのもやっている様子なので、ご興味ある方は、動画もばんばん上げてる最中みたいだから、探して観てみてくださいね

私は「この教えを広めなきゃ」という盲信信徒のような(笑)宗教信者じゃないし、教えを請おうと、サロンなどにも入会したりなどの、出入りをしておりません

そもそも、天皇崇拝者でもありませんし
(そんなに特にありがたがってもいませんが、自分の想像以上に(笑)わりと無条件にありがたがっている人も、スピ方面や石方面にもいたりはしますので、またそれが日本人メンタリティだと思ってる風味でもあることに驚くことはオドロキます。「皇居に奉納した」が宣伝文句になっていたりね(笑)。まぁね、スピ方面石方面もそういった「権威的人氣エネルギー好き」な人々がこの世とだいたい同配分程度にはあるかな傾向も、あるにはあるので。)

昭和の戦争責任をうやむやにしたまま、で、平成天皇もそのへんうやむやにしたまま、なんとな~く天皇家の存続コマーシャル、マーケティングに上手に成功し(笑)日本を守るために頑張ってきてくれた神道の代表っぽく、国民からの「敬意」を上手に集めることに成功したのが平成天皇の代…そんな感じなんだろうな、というところは、事実としてありますからね

ただ実際に、皇居を中心につくられた風水都市である東京が、スクラップビルドの祓い都市、という位置づけで変化し成長してきたのであろう、必然の歴史、とも言えた部分は、人間の感情はともかく、高次意図はあるのだろうとは思っています。
東京は、民間人戦争犠牲者が、日本の歴史上においてもおそらく世界的に見ても、知られていないだけの話で人類史的にも最大級(笑)関東大震災もそうですが、凄まじいスクラップビルド展開を遂げてきた都市です。
死人の数から言ったら、うらめしや~な幽霊だらけの「古戦場最大級」のはずなのに、そうではありません。
なにか意図を感じざるを得ないところはあるにはあります。

なので、とくに、白川伯王家が明治時代に締め出されるまで、歴代天皇に神道の奥義を教えてきた、という「天皇という権威」そのものの威力でこれは素晴らしい、ホンモノとかニセモノとか(笑)っていうことではなく、
この祝詞じたい、それと、概念は「今の時代の、今の時点で、使えるホンモノ」だな、と感じたからです

決して、今の神道や今の天皇家、そこらへんの盲信者ということでもありませんので
(今現在の神社庁というのも…やりかたはやくざの集金といっしょ(笑)みたいな話も、腐敗した内部事情、のような話もありますしね。だからといって、「神社なんて」と足蹴にしているわけじゃなく、自分の住まいの地域の氏神様は、ちゃんと大事に贔屓にしていますよw それとこれとは、ちゃんと分けてるというか。)

今の時代は…

どこかの神とか偉い人をありがたがって、依存して、守ってもらう…

そうではなくて

「あなたが直接、繋がっている神」と、直々に繋がる(ハイヤーセルフとも高次の自己とも言いますが)

もっと言うと

「あなたが神」であること、現実創造をしていることに、気がつく時代です

その視点から、モノを観よう考えようとするほうが、開けます

「繋がってるっぽい権威を持つ人は凄くて、繋がっていない人は、繋がってる人に救ってもらう助けてもらう、何もできない弱者(被害者、犠牲者)」とかではないわけです

私は個人的には、あなたの高次ガイダンスと繋がった、内なる神性発揮の現実創造を、そういう点で、ずっとご推奨してきていますけれど(笑)

この世にはそもそも「本質が人間目線でのそっち(善とか、正しいとか)というわけじゃない人」もいますので
神とは、人間の願望としては、正しく、善き存在であってほしい…わけですが、そうじゃない(笑)ということがあるわけです。

(笑。極悪の限りを尽くすことが「本質」という人も、いるのですよ。心の底から、躊躇なく後悔なくそれができる人にとっては、それがその人の「道」でもあるので、そこに正論とか正義とか愛とか人間の心とか、もろもろぶつけても無駄なんですw でもそういう人でも、極悪の限りをその人が精一杯つくした先には、結局、光への帰還が待っていたりで、裁かれることはなく、それも実際は最終的に繋がるところは高次だったりするみたいですよ。「そんなのずるい!」って思う? 酷いこといっぱいした人が、裁かれないなんて! おかしい!! って思いますよね。それをずるいって思っちゃうのが、人間の感情なんですよ。その、やったりやられたり、あいつは許せん! ずるい!! 平等じゃない!! みたいなのが、この世のカルマで、昨日お話したような、恐れ、不安もそうですが、それらが綿々と次世代に受け継がれ現実創造していきますから)

そういうものを、個人個人が祓って、ひとりひとりが自立し進んでいくしかないのです、今のところ
(そこを団結させよう、させたい、のが宗教というスタイルなんですけれどね…ず~っと先、100年、200年先くらいには、きっとそういう部分においても、もっともっとスマートなやりかたが構築されているんじゃないかなと思いますけどね…)

まぁ、地球上は、まだまだ、不平等で理不尽で、おかしなところでもありますけれど

自分の中の、光でも闇でも、どっちでも良いですが、否定をしない、観ないようにして、それこそ、ごまかして「光のフリ」「闇のフリ」をするのではなく、洗脳されっぱなしのまま、被害者のまま(もしくは加害者のまま)自分じゃないものになることはやめときましょう

という話です




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page