啓蒙劇場

2024年02月26日 (月) 00 : 00

「白帽子」と呼ばれる国々

トップの方々も、それぞれに計算があります

それは、やはりまず「自国民ファースト」ですから

あえて「ヴァカの見本」を見せて啓蒙する

その点では、バイデンは、最高のお人形と言えますからね


今のところの「西側諸国」の頼みの綱は、この人

そういう劇場に仕上がってきております

「早くして欲しいな」と言い続けて、大統領選の年を迎えております(笑)

あとは「残党処理」は、ほんとうにこの人が実際に実権を持たない限りは、仮にカバル人員が「ゴム」なのだとしてもですよ

「ゲイツが、ザッカーバーグが、資産の持ち株すべて売却しました」だとか(笑)そういうことは、「公には」できていることになっているわけですから

生きて行動できている、それが「公認識」であるあいだは、何も進みませんので


今の私たちにできること

まぁ、パンピーは「元気で生き延びていましょう」ということがwww第一でしょうかね、やはり

そのために、コロナプランデミック以降に、さまざまな「今までの日本における社会毒」を知った方も多いとは思いますが

陰謀論ではなくwすさまじいまでの社会陰謀ではありますのでw

引き続き

知ったことで、対策できることは、していきましょう、ということです


自分は、もう一昨年の話になりますが、11月に、盲腸で人生初の(笑)2週間入院を経験しましたがw

確かに、国民皆保険、これが、西洋医療依存にさせる罠(笑)と言えると思います

窓口支払そのものが安く済んでしまう

搾取とは気づかないと思いますし

お金のことだけではなくて、「集客メカニズム」がそこにあることに気づかないまま、いい「お客さん」になってきたのが、日本人ではあるのですが

それは「病気は治せる」という、知識もないことや

「病気にならないようにできる」と、思っていないこともそうですし

そういう自分自身、社会毒を知り、食毒への対応をそれまでゆるゆる化していた部分を改めて、有機無農薬、良い食品をそれまで以上に心がけるようになり、ワクチンシェディングにもとても遠いと言えば遠いはずでしたけれども
(毎日通勤もしてなければ、周囲にコロワク打ちもいませんし。かなりな安全地帯にいたと言えるのですが)

コロナワクチンが始まって以降、盲腸患者も増えている、と言われていた時期にwww

打ってないのに、虫垂炎かい????!!!! だったりの経験もしていましたからねwww

「こ、これは・・・自分では治せない」と、結局は、「急患で入院」になっちゃいましたし、特に国保をありがたいと思えるほどの「保険診療」ではありませんでしたけどw
(入院費のほとんどは、差額ベット代でしたしwww)

それでもですね・・・退院後に、「なんだ・・・盲腸って、自分で治せたんかい」という自然療法の方法を見つけました(笑)

なので、「ほとんどの人が再発する」と言われているそうで(これは「再発するように」してるんじゃないか? って気もしますw)

実際に、いつ頃だっけ? あ、これはその再発なのかな? という鈍い痛みが少し出てきた時に

その「自然療法」を試してみたところ、ほんとうに、おさまりました

以後、症状は出てきていません



「健康」「健康寿命」

たぶんですが、これが、いちばん「自分ではままならないもの」として

私たち人間は、「思い込んでいる」そう「思わされてきている」と思います

とくに日本人の(笑)西洋医療への「間口」「門戸」は大きく開かれ続けてきた数十年

街には「ドラッグストア」があることが、当たり前の風景

「薬」が「化学物質」が、あまりにも身近であり、そこに抵抗感がある人間のほうが、ずっと僅かだったのが日本人です

ですから、「ワクチン=身体への異物」だと思っていないと言うか、「ワクチンは良い薬」であるとwwwそういう感覚ですよね

医療が、薬が、私たちに提供されているものが「悪いものであるはずがない」という、洗脳、思い込み

こういう「思いのチカラ」が、実際には、それも現実化(笑)じたいはしてしまうところがあるため

猛毒対応ができてきたのが、日本人だったんだ・・・

と、私は認識しています



私自身、コロナプランデミック前にですね(もう5年くらい前の話になってしまうかも)

いつ頃だっけ? 人生初の「ダニ刺され」を経験しwwwもう、「ええええええ???!!!」びっくり仰天でした

でもこういうアレルギーって一度発症するとなかなか治らないと言われますよね?

しかし、コロナのおかげで、自分が気づいたこと

日本の「食毒」の酷さの認識がゆるくなっていた部分を改めて、食を引き締めたら、治ったというか

ダニ刺されアレルギーが発症しない肉体に戻ることができています

私にとっては、こういう部分も、敵のプラン(笑)を知るため、むしろ「本当の彼らの正体を知る」

そのうえで、「できることが見つかる」つまり、より、「対処療法ではない、根本に近づく治癒」を見つけられる

それが「可能」なんだという発見の期間でもありました

この、ダニ刺されの時に、当時の自分はやはり「知識がなく」やはり最初に飛び込んだ場所は「ドラッグストア」でした

「ダニよけ」と言われている商品の物色ですね

でもその時、気づいたのです

棚のほとんどが「売り切れ」ていて・・・つまり、人はあんまり「言わない」けれど、このダニ刺されにあってる人って・・・けっこう、存在してるんじゃない??? ということ(笑)

私は、わんちゃんがいますので、いわゆる、猛毒タイプの(笑)害虫対策、ダニ対策はできませんから
(自分に、っていうよりも(笑)常に常にw気を使ってるのはそこですwww)
どのみち、私が希望するタイプの、”安全な”ダニ除け商品は、ドラッグストアの棚にはなかったんですけどね

まだそういう時期は、このカバル社会構造への洞察視点じたいは、あまり持ってはいなかったです
ただそれでも、ドラッグストアで売っている商品に「安全」を求めることは難しいことは(笑)まぁ、わかってはいました
(ものすごく中途半端な陰謀論物知り(笑)程度だったとwww「まさかここまでとは」と、私自身もこの数年で知ったことも多々なのです。お恥ずかしいですね・・・)



私自身、子供時代から20代にかけて、決して「身体が強い子」の部類ではありませんでしたので

そういう意味でも、生きてて楽しい(笑)とwww常に常に思っている部類ではなかったしね

ですから、「自分は長生きはしない」とwwwもう、10台未満から(笑)思っていたくらいなんです

一桁の幼い年の頃から、そもそもの、肉体維持の自信がないという(笑)そのくらいでしたから

みなさんが、「健康維持」を「ままならないもの」と感じる、それもわかります

ですが

「ほんとうは」肉体というのは、「健康」なんです

そういう「つくり」になっているのです

その機能を活かしていないというか・・・肉体をいただいている「中身」が無知でそれを知らないだけ

ダメなのだと思い込まされているだけ、とは言えます
(その大きな要因を形成しているマーケティング軍勢に、西洋医療に関係する治療者患者、相互の人々の、集団的な現実形成世界が存在するだけ、とは言えます)

但しそういう「精神面の呪縛」だけでは治せないものを、「肉体内に仕込まれている」その毒の許容量を超えている場合には

精神論では(笑)治りませんので

しかるべき、食対応、解毒対応、できる限りの身の回りの住環境対応をしていってくださいね



これは当然ネガティブに言われているコロナワクチン話ですけどね(笑)

ネーミングがルシフェラーゼ(笑)ですからねぇ

物質的肉体は確かに普通は発光していない、蛍光していませんが

エーテル以上では、光っております(笑)というのがまぁ、真実と言うか、本体は光です、結局

だから人間の肉体内に蛍光物質を取り込ませていい、という話にはなりませんけれどwww

私は彼らの行った施策をすべて恐れる必要はないんじゃないかなと思っているところはあります

放射線、蛍光物質、光ることを恐れていますが

人間じたい、もともと放射線を(笑)発していますから(ほんとうに光っているのですw実態というか本体は)

(その、「マインド(思考)」「ハート(感情)」とセットで生まれる「意志」のエネルギーまで(笑)「現実化能力」をカバルに常に「社会洗脳」により、利用されてきただけとは言えますから)

これは私の推論ですが

おそらくこのコロナワクチンを打った人間の身体を蛍光させる、これがカバルにとっての、「電磁放射性」のシェディング拡散戦法でもあったのかな? という気がします

「シェディングは、放射能被爆と同じ」って言われていましたよね

ですから、打った人も打っていない人も、放射能対策(笑)で「自分の振動数を変える」ことで対応できるとは言えるかな

良い放射線(電磁エネルギー)の影響下にあること

良い放射線(電磁エネルギー)つまりそれが、高次エネルギー、自分の本質エネルギーですけれど

糸電話一本(笑)レベルでも

つながっていることが、良いと感じています

打っていない人や、「気がついている」人々は、今でも(笑)コロナワクチン話題への食いつきがいい(笑)

打った人々よりも、ずっと博識化じたいは進んだのですが

少しやはり、囚われてしまっている傾向もあるにはありますので

つまり、打った人たちよりも(笑)延々と、コロナワクチンエネルギー地帯にコミットし続けとどまり続けているとも言える

その点が気になります(笑)

もうあの人達の薄汚さについては、掘り下げ続けていてもw彼ら自身は絶対に変わりませんからね(それが本質ですから。本質は変わらないので)

私自身も、盲腸になった時期というのは、もう、コロナワクチンに関しては「怒りの沸点」レベルにwww世界に対して、怒りと失望と無力感と

ネガティブの限りの負の電磁波世界に、寝ても覚めてもいるような、そういう頃でした

それも「執着」なんですよね

こういうものを手放した時に、周波数は、上がっていくことも実際の話ですから(笑)

ほんっとうに、うまい戦争を仕掛けられたものだとwww感じます

(私は、盲腸で入院させられるハメになってみてw当時は、そこに気が付きました。結局、あの人達のやることを話題にすることで、羊国では(笑)「陰謀論者」なんですからwwwそれだけではなく、やはりね、自分の周波数をいいものにできていない、そのための人生時間を奪われている、それはそれでカバル術中の世界にハマっていることでもあったわけです。あの当時ではwww気がついている人たちが何を言おうと(笑)むしろこちらがほんとうに大真面目に「非国民扱い」だったみたいですからねwwwそれもあんまりよく知らなくて良かったです。テレビを見ない私でさえ、そんなネガティブ周波数に影響されていたわけですから、実際に面と向かって会社や家庭の中などで、なんとな~く非国民扱いされていた、非接種者は、ほんとうに・・・毎日どんな思いだったのかな・・・と、そりゃね・・・今でも、コロナワクチン話題には「目を光らせて」いても当然は当然かな、とは思いますけれどね。)

日本は今でも「表立っては」対立構造にはなってはいません

ここはたぶん、「羊とは言え、さすが日本人」というところなのかもしれないですけどね
(まぁ、うわっつらでおあいそで人付き合いができる、「ただ正直じゃないだけ」とも言えるんですがw)

このカバルによって仕掛けられたコロナワクチン劇場において、打たない人間が非国民扱いであったらしき「濡れ衣」が(笑)晴らされる日は近いとw私は信じております




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

さすがロシアンフェナカイトの国(笑)

2024年02月25日 (日) 00 : 00

さすが、ロシアンフェナカイトの国(←そこかとwww)

この前、お見せしていた歌舞伎町のこれが・・・どれだけちゃっちいか(笑)おわかりいただけるだろうか







NYがどのくらい威張れないか(笑)渋谷ごときがw何が世界の渋谷だと(渋谷区長が何年か前に(コロナ前に)たわけたことをw言ってたのよね・・・NY、PARIS、LONDON、MIRANO、あとまぁ何箇所かあるじゃない・・・なんかよく並べられるカバル世界都市・・・そこに、「TOKYO」じゃなくて「SHIBUYA」にしたいとか(笑)くだらない冗談を。。。さすがLGBTをムーブメントにするため先がけて「パートナーシップ条例」を作っただけのことはあるわよね(笑)。あたしはこれも騙されていましたwその後の「ホモドラマ」ですよ。わかるでしょう? カバル戦略の「じわじわ攻める」やり方がw)

もちろんですが、TOKYOもど田舎です(笑)
ただ高層ビルとタワマンがいっぱいありそう、みたいな、それだけの話ですよ

(うちのほうはね、一応、高さ規制というか、景観規制があるというのか。明治神宮あるからかな。あとそもそも「地面がない」んですよねwww大規模物件なんか建てられるような大きな空き地が。おかげで、タワマンはうちのほうにはありません。せいぜい10階12階建てくらいまでですかね。それだって代々木では背の高い部類なのです。超高層ビル密集地域は西新宿だけです。超高層物件は「強風のモト」になるので、実際にはものすごく迷惑物件なんですよね。そういう話も、昔の人は知っていたんだろうけど、今の人は知らないから、タワマンとかに憧れるのです。強風状態の時などは、タワマンの建物じたいが常に気づかないレベルでも微振動して揺れているので、神経やられるというような話もあるんですよ。超高層階は窓も開けられないし(笑)。超高層ビルほど屈強なつくりでもないですしね。)



ロシアンフェナカイトの国は、鉱石の開発(爆笑)も進んでいます

テラヘルツ、グリーンクォーツ、おそろしあ発祥(笑)の技術です

カップリングのモリオンも、ロシアンモリオンを使っています

ひさびさの新作に、ちょうど萌えになっていたところで、いい動画を見つけましたのでご紹介しましたw

もともと「ロシアラブ」だったというわけでもないのですが、そうとは気づかずに「ロシア石ラブ」の(笑)傾向を持っていた

PSWならではの新作です(笑)



さすがロシアンフェナカイトの国、っていうのは

もう過去にブログでも、何度もお話していますけれど(石好きは知ってる話かと思うけど)

これは、「フェナカイトじたい、トクベツな石」っていう、その宣伝以上に

ロシアンフェナカイトが、とりわけ、トクベツだという(笑)まぁ、特別っていうよりも、フェナカイトはフェナカイトなんですよ、どこの産地であろうと、高波動、そこは同じなんですが

ロシアンフェナカイトはエネルギーが強い、というこのパワーワードがw

強いから、「どれだけ石のエネルギーがよくわかんないんですよね」という人にも、「これならわかるだろう」って(笑)

まぁ、そういうヘブンとかの宣伝効果(笑)だったり、ディビットがロシアンフェナカイト買い占めてたり(笑)

そういう、大御所さんたちの、「宣伝」の効果で

羊たちは、フェナカイト=ロシア、その先入観になっちゃって(笑)

昔はね、ロシアンフェナカイトしか売れない、みたいなwなんか他の産地のフェナカイトだとがっかりされてるようなw

PSWでさえもがですねwそういう風味の「人氣」現象(肌感覚です)あったんです(5年前くらいまでは完全にそうだったんじゃないかなぁ)

いつもそういう「人氣(という操作の先入観)を超えてください」という話をしているのに(笑)

それでも、だいたいの人間は左右されてるんですよ(その集合意識が「人氣」となって現実をつくるんですよ・・・)



今は、世間の羊たちは、ようやく、産地ではなく、「フェナカイトであること」に群がっています(笑)

ロシアンフェナカイトを見つけることじたいが困難だからというのもありますけど

(もともと、最初から、少なかったですからね)

まぁ、相変わらず、どの産地のフェナカイトでも、お値段べらぼうな石です

これは人気操作というよりは、ほんとうに希少石だからです(カバル的なダイヤモンドの操作価格とは違います)

(結局、数年前よりも、今はさらに値段があがっています。「安く見つけよう」ってのが、もう無理な石ですので。もし、お安いフェナカイトを見つけたなら、買っておいたほうがいいですよ。10ミリルース以上のサイズであれば、うちは業界最安値だとか言ってるような石屋でも、透明度がクリアでないものでも宝石カットされたものは50万円、透明度があれば100万円超えで、当たり前に売っていますので)

PSWには、一応、そのロシアンフェナカイトの、最終ロットの原石ビーズ、原石なら、まだあることはありますが

それでさえ、在庫僅少にはなっております
(あんなにあったのに・・・まぁ、それだけ、「買ってくれる人がいたから」というありがたい話でもあるのですがwヘブンの最終ロット、丸玉でさえない(笑)原石穴あけロシアンフェナカイトビーズの仕入れだけで(笑)いったいいくら使ったのか・・・みたいな(笑)ものすごく懐かしい話ですねwこれはね~、当時、私の「金銭感覚のレンジを拡大する」ことへの貢献度、あったんですよ。「いいものは値が高い」という(笑)いたしかたなさね。やっぱね~~~、そこはね、しょうがないんですよ。どれだけ言っても、「愛とか人間の本質とか」綺麗事を言ってても(笑)そこしか、振り分け基準はなかったんだよね、この世界というのは。だから、そこで、自分の持てるエネルギーを「ふりしぼれない、がんばれない、突っ走れない」でいれば、「そのまま」なわけ(笑)。昭和から生きてる人間も、大変だったんだよ、カバルマネー基準の世界では。そこは、30年かけて没落国化してるらしい日本で今30代くらいの人々にはwよくわかんないところあるかと思うので。もどかしいよねw)

これも私は、おっさんたちの(笑)その宣伝効果もあるよなぁとは思っていたのですが
(私には、ロシアンフェナカイトも、ブラジル産フェナカイトも、同等の性質のエネルギーに感じられるからです)

ロシアンフェナカイトのエネルギーが、とりわけ強いのであれば

それは、ロシアという立地(笑)の、ロシアの石だから(爆笑)だったんだ!!!!!!! ということが

この、コロナプランデミック以降に(笑)気付いた、仕入れた知識により(笑)

「改変」「進化」しました





PSWのお店のこれとかwww今や、ちょう、超お買い得価格になっていますwww

こちらはブラジル産のフェナカイト原石ですが

こんなサイズで(45×23×15ミリ、フェナカイト原石としては「特大」部類です)ちょい透明感もあるフェナカイトが、10万円台でっていうのは・・・今はもう超お買い得の極みですので
(いつお出ししてたのかは忘れましたが・・・何年くらい前だろう・・・5年くらいは軽く前かと思います。これはお出しした頃の当時価格のままですから。当時であっても決して高すぎる~ってw値段じゃなかったと思います。あたしも「ブラジル産フェナカイトだし・・・」っていう^^少しお得感のある価格(笑)にしておかないと売れないかな、って(笑)そういう価格設定にしてるよねwこれ^^)

しかも、もっとレアストーンのヘルデライトつき、モルダバイトつきで、センティエントポイント、ゴールドフィルドワイヤーですし(ゴールドフィルドワイヤーも、今値段が3割くらい上がってるんだよなぁ)

激安です(笑)

価格を^^付け直ししたい・・・そのレベルなんですが、まぁ、そんな面倒くさいことはいたしません

欲しい方がいらっしゃいましたら(これが安いと思える方は)ご検討ください

(よくカバルブランド品の話を引き合いにしていますけれど。石がどれだけ安いか、わかるでしょ? 比べるのが安い服とかユニクロとかの話じゃないから。服飾とかもカバルブランドは10万くらいなんて、けっこう当たり前じゃない? 素材じたいの原価は、安い服とそんなに違うかって言えば、そうでもないわけ。でも、そういうブランド品っていうのは、見る人が見ればわかるから、高い服着てる~高いバッグ持ってる~って「人にそう見られるための値段」っていう意味ならあるのよ。でも、石の場合は、そこじゃないの。ほんとうに、その物の付加価値につけられている値段であることが多い、もちろん、人気が左右する面も多少はあるけれど、そこだけじゃないの。「品質」「希少であること」がベースですからね。だから、この世のあらゆるものの中で、石って安くないか? って、自分は常々思ってきたし、お伝えもしてきたことなのよ。「エア」マネーのおかげで、日本には、世界中のあらゆる石が「廉価」で入ってきました。昭和の時代では考えられないレベルの、世界中のあらゆる石が、本人がそう望めば、手元に、手にすることができるようになった。ここには「意味」があると思いますよ。人に見えてるもので、「高いもの身につけてるね~」って羨ましがられたい(なんか、人間にはその欲求があるみたいなんだな)そういう自己満足を満たすなら、「ブランドロゴ満載のブランド品」なんですよ(笑)。「ブランドのミニバッグをアクセサリがわりに身に着けて安い服を格上げ!」とか「教えてる」でしょう?(笑)この欲求を満たしたいなら、そりゃw17万円使うなら、ブランド品のほうが満たします。「みんなが共通してだいたいの価格を知ってる常識化」があるからね。どうしても他人に石自慢したい場合は、「宝石(しかもデカい)」ならまぁ、他人の「目を引く」ことはできるでしょう(ですがブランド品以上に、宝石の場合は極上品はお高いよ)。石の世界は、そういう無数に存在する一般人タイプの常識は通用しませんから。「高いもの身につけてる持ってる自慢」は、誰にもできませんが、「心ひそかなエネルギー自慢、レア自慢」くらいなら(笑)可能ですw「心密か」というのがミソで(笑)おそらく、一生、コロナ脳タイプの羊たちには、まったく通用しないタイプのエネルギーですが^^。天然石の世界というのは、この無駄な見栄っ張り欲求、これを超越できるってところもいいのです。そもそものこの「他人の目を操作したい欲求」というのも、過剰なソレは、広い意味では黒魔術に繋がっていくものでもあると思うよ。表面的な他人の目、ではなくて、高い光のエネルギーで変えられるなら他人を変えてあげるというか、影響を及ぼしていく、癒やしていけるならいいとは思うけどね。高振動ストーンの仕事もまぁ、そういうことですから)


こんな話も出てきていますから・・・
(ああ、その羊たちがつっこんでいる大暴落予定マネーで、いったいどれだけの石をゲットできるのか・・・とwバク上がりのモルダバイト丸玉、フェナカイト丸玉ブレス、いったいいくつ買えるのか・・・)

まぁ、いずれにせよ、「国のオススメNISA」とか(笑)そんなことやってる羊たちにはそもそも、石がわかりませんからね(笑)言ってもしょうがない話ですw


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

聖徳太子~諭吉のエア歴史

2024年02月24日 (土) 00 : 00
これは、「新しい地球をめざそう」さんの「DSによる金融破綻のシナリオが見えた!」に残してきたコメント

次の新札切り替えっていつでしたっけ? 今年だったよね(2024年7月からですね)

がらがらぽんは、今度はどうやるつもりなんだろう???

ちなみに、戦後の新円切り替えの意味が、今頃わかったのよ(笑)

昔は・・・1円は銀貨、10円は金貨だったんですね!!!

ゴールドバック、シルバーバック・・・っていうよりも、「そのもの」だったのです(笑)

これ(笑)なんで今まで知らなかったんだろうwww


あ~、だから昔は、サラリーマンのひと月給料が百円単位だったんですね!!
(そこまで安かったかどうかはうろ覚え。でもそういう単位でしたよねw)
だから、戦後、新円切り替えで、額面だけ見れば、裕福になったような「エア」を掴まされて(笑)いたということなんですねwww
なるほど~。

でも、エアなのに。
すっごく使いでがあったな~、って(笑)ありがたかったな~って、自分は思っています。
石屋やってて、いつも思っていました。
世界の石。レアストーン。お金と交換できたわけですから。

石の産出国、世界へ天然石を提供してきた国々は、要するに、資源国。BRICS国がほとんどです。
世界へ、廉価で今まで多くの宝物を提供してくれました。
いつもありがたいな、と思っていました。
毎年、何百万単位で(笑)仕入れしてきましたけれどwww
そういうお金の使い方ができて。幸せでした。

紙のお金の世界は終了していくかもしれませんが。
カバルがいなくなり、公正な循環が起こる、ネサラゲサラの世界を、心待ちにしています。
(その前にあるかもしれない、がらがらぽん劇場(笑)それも、楽しみにしていますwww)


自分はこれ聞いてね

つくづくですが・・・

確かに私たちって盗まれてきたのかもしれない、カバルに貢がされてきたのかもしれない

奴隷扱いだったのかもしれないんだけど

「カバル支配国」生まれの「信じられないメリット」も、や~っぱり、享受してきたんだな、って

「エア」なのに

こんなに(笑)石、山盛り・・・毎年毎年ね

すっごいお金使って(笑)

仕入れさせてもらってきた

もしその、1円、10円の時代であったなら

ぜ~~~~~~ったいに。こんな石まみれになんか(笑)そうなってなかったと思うのね



これは前にも言ってたよね

新しい時代に、公正な時代になったら

石の値段って(笑)絶対にこんなはずじゃないwwwもっと高いはずってwww

もちろん、今の私達にでさえ、たっかいな~~~~っていう石はいっぱいあるよ

値段がどんどん上がってる(特にここ近年は凄まじい)のは事実なんだけど

それでも

まぁ、ほとんどの石は貴金属、特にゴールドよりは圧倒的に安い(「通貨」としての価値はないので)とは言える

正しい評価、というのであれば、「天然」という部分、そして食べ物じゃないから、種まいて増やすことはできないし

(レプリケーターの世界になると、どうなるのかはわかりませんけれどね)

最初に、ネサラゲサラの話を聞いたときも思ってたんですけどね

(私たちがこういう風に石を手にすることができるのは、鉱山ではたらく鉱夫の人々のおかげ。そういう人々がその仕事をしたくてやってるのかどうかはわからない。今までずっと、彼らも資源をタダ同然で掠め取られてきたわけですしね。)



私なんて・・・

これは別に自己卑下じゃないのよ(笑)でもさ、この世的には、みなさんがお嫌いな低学歴(笑)高卒上がりwwwですよ?

あたし、子どもの時は神童だったのよ~、偏差値高かったのよ~、だとか(笑)自己申告したってさwww

まぁ、たいした経歴じゃないし

中途半端な普通科高校を出て(笑)大企業で安くこき使われて(と言っても、たぶん、今現在のお若いみなさんよりは、相当マシ)

一念発起して飛び込んだカバル音楽業界で(笑)撃沈してwww(しかもそれが30代だからねwww)

まぁ、紆余曲折の末に、たどり着いたのが、石の仕事でしたけれど

きっと普通の人から見れば、完全に「負け組」だったのよ

(でも私は、「自分の価値観」「当社比」において、ですがwww「完全に勝ってる」と、過去の自分にね。ず~~~っと、感謝してきました)



石にお金使ってきたのも、仕入額だけ聞いちゃうと凄い!! って思う人は思うのかもしれないし

すっげ~儲けてたんだなコイツ、って、何も知らなければ思うでしょう

普通は、「仕入れて、儲け分の値付けして、横流し」石屋ってそんなイメージだろうからね

仕入れた石をもし、全部(笑)「そのまま」売ってたなら(売れてたなら)そりゃ、もっと手元にお金がないと変(笑)なんだけど

そういうわけじゃないからwww

長い道中のあいだには

あたしも、世間のみなさんのような「財テク」しないと、この仕事だけでは無理な時が来るかもなぁ、だとかwww

つまり「仕入れのいらないカネの増やし方」ってやつね(笑)

コロナ前の世界の時は、ちらっとそうも思ったりもしていたのwww

だけど、良かったな、って思うわ

本業以外に、へんなことに走らなくて
(笑。どうしても、どうしても、「興味が湧かない」「やりたくない」というねw自分の心に正直に問えば、どうもそういうカネ増やす「投資」みたいな世界には、人生通してまったくワクワクしなかったんですよね~~~。でも、「金」「銀」「銅」は、ワクワクしてますよ(笑)。石とも親和性あるからね。じゃなきゃやっぱり、絶対に、触手は伸びなかったなぁ、ただ「上がる」とかそういう話だけなら)



「エア」のおかげで生きてきた

「エア」のおかげで、唯一無二の宝物に出会ってきた

まぁ、カバル支配国の人たちは、多かれ少なかれ、全員、その部分はあるかもね

次のガラガラポンも、ほうっておいても、もう目の前ですね

諭吉(DS)から、ケケ中(DS)の血筋のおっさんの絵柄へ(笑)

これ実現してほしくはないですがwww

まぁ、今年は、さすがに「動き」はあるはずです



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page