コロナ脳に観えていないもの

2021年06月21日 (月) 00 : 28
昨日の記事、「医師が教える新型コロナワ○チンの正体」が、アマゾンで発禁となった件について

「うつみん先生の公式見解」をリンクしておきます

うつみんは、FBのメインアカウントも停止中(笑)ということで

ほんと、闘う医師でございますなぁ

(昨日あたし、紀伊国屋とかでもストップしてる~って言っちゃいましたが、うつみん先生によると「他のネット書店は単に在庫切れ」というのが正しいみたいでした。失礼しました。でも足並み揃えて販売停止しているかのようにw見えてしまうよねwww)



さて、「緊急事態宣言中じゃないと、人体に使用できない2023年1月31日まで治験中の枠チソ」なんですが

その緊急事態って(笑)いつまでなん?

と調べましたところ

『新型コロナウイルス対策で、東京、大阪、兵庫、京都、福岡、愛知、北海道、岡山、広島、沖縄の10都道府県に出されている緊急事態宣言について、政府は沖縄を除く9都道府県について期限の6月20日で解除し、このうち東京や大阪など7都道府県は、まん延防止等重点措置に移行することを決定しました。 』

とありました。

「マンボウ」=「緊急事態発動状態」と言えるのかどうか知りませんが

7月11日までが、「日本人に、大量に、団体で摂取させる」ことができるかできないかの、ひとつの山場のようですかね



NHKの6月20日のニュースでは、こんなことも言ってますが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西村経済再生担当大臣は、NHKの「日曜討論」で、東京など首都圏では新型コロナウイルスの感染が再拡大するおそれがあるとして、東京オリンピック・パラリンピックを見据え、必要な場合は、ちゅうちょなく緊急事態宣言を出す考えを示しました。

10都道府県に出されている緊急事態宣言は、沖縄を除く9都道府県で、6月20日をもって解除され、東京や大阪など7都道府県では、6月21日から「まん延防止等重点措置」に移行されます。

西村経済再生担当大臣は、東京など首都圏の状況について、「人流が増えているので、必ず新規陽性者の数は増える。厳しい措置を継続していくことになっているので、引き続き、感染防止策の徹底をお願いしたい」と呼びかけました。

そのうえで、東京オリンピック・パラリンピックを見据えた対応について、「感染者が増えるシミュレーションがあるが、ワクチン接種である程度、重症者は抑えられるというシミュレーションもある。『緊急事態宣言』は医療の状況を見ながら、国民の命を守るために必要となれば、ちゅうちょなく機動的に発動する」と述べました。

また、6月21日から本格化するワクチンの職域接種について、「東京や福岡の商工会議所では、飲食店、宿泊業など、厳しい状況で、かつ接客をする方々に、優先的に接種しようという取り組みもある。そういう取り組みを応援し、医師や看護師のあっせんなども含めて対応していきたい」と述べました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…いやもう、恐ろしい限りでございますわ(今後、「飲食店利用」する際に、「ヲタク枠打ってますか~」っていちいち確認しなきゃな話になるってこと?^^



ちなみに、航空会社やら鉄道会社やら(笑)それらも大規模接種ご予定されてますし
運送会社、コンビニ、大手スーパーなんかもやるそうですからね~

「接種者の、運転中の、脳フリーズ事故」なども、場合によっては、想定されてきますので(これはメリケンなどではすでに発生しています)

みなさんを脅かしたいわけではありませんが、そういった二次災害の発生が頻発していくという、その可能性もないわけではありませんので

今後は

「直感」

それが命綱(笑)

という世界が、いよいよ始まりまっせ~

みたいな話とも言えるのかなぁ…と思います

日本の『唯一の取り柄』とも言えた、電車の正確性や無事故安全神話や、航空機の安全神話など…年々減少傾向にあった交通事故など…

こういったものが今後は増える、その「種まき」を「追い込み漁」で急いでる、ってことですわ

(こういうのが、「コロナ脳には、まったく観えていない」わけなんですよ…つか、テレビでは「コロワク不妊はデマ」って(笑)もうね、堂々と枠チソ担当大臣とかが「ウソ八百」を並べてるみたいなのでwwwそういうのしか目に入っていない人々もね、一応は脳内に知識として、そういう話は入っていくんですよね、「デマ」としてね。これがほんとの「戦時中」ってやつですわ…それテレビで聞いた人々は、どんどん工作員化し、「真実を伝える人々」を邪魔するようになりますのでね)



こういう話をしなきゃいけなくなるから、いやがられるんですわ~、このテのネタってね

ところで、こんな話をしておきながらなんですが

その反面

これらがくつがえる可能性、動きも、まだまだございますからね

まだまだまだ、タイムラインを、「とんでもね~未来想定」のほうへ、諦める必要はありません

「山梨県では、マスクは健康な人がするものではない」ということが、行政に正式に認められ、6月10日からノーマスクに、子どもたちへのマスク強制(虐待)が廃止決定となっているようです

また、矢澤真さんという方が

「厚生労働省による新型コロナワクチン接種の仮差し止めを東京地裁に申請して受理された」

というFB投稿のニュースが、拡散されています

「新型コロナワクチン接種中止」の請願書に、340名の医師、歯科医師、政治家の連名の署名があつまり、厚労省に提出、その後6月24日に記者会見予定がされている

というニュースもあり

すでに、徳島大学の生物・免疫学権威の名誉教授である大橋眞先生と、座間市の三岬氏も、内閣総理大臣へ、新型コロナワクチン差止め請求の請願書を、直接、内閣府内閣総理大臣へ提出されております

(座間市の三岬氏が刑事告訴した「間違った行政指導」告訴は、受理されているそうです)

なんかあれかな

名前に「真」という「まこと」がつく方は(笑)真の生き方を選択されるのでしょうか^^



われわれ一般人ができることは

「珍コロ枠、そもそも、自分はうっちませ~ん」という、当たり前をつらぬくこと

もしこれが、「当たり前」と思えていない場合には
(日本人には「ワク洗脳」は生まれた時から始まっているので。そういう点では、うつみんの本はおそらくオススメなのかもしれない)

そういうあなたが、なんで、今、こんなブログを読んでいるのか? について、考察してみてくださいね(笑)

コロナ脳の焚き付けは無視すること
(つかもうそれって、バカバカしくて、時間の無駄)

そして、こういうふうに、具体的に行動してくださっている日本人のかたを支援する、応援する気持ち、ご無事を祈る気持ちと(実際、身を呈してるところありますよ。みなさん、ご自分の時間を削って、公のために動いてくださっていますので)

なによりも「それをやっちゃう自分」を、恐れない(笑)こと

(コロナ脳は工作員なので(笑)こういう、「少数の国士である、行動する人々」を否定し、けなしますので。「その少数派を応援し、支持する自分が、おかしいのかな…」という、「みんなが、言っていない」からという、常にそっちへひっぱられますし、「反発心」という挑発感を刺激して、喧嘩をふっかけるのも上手いからね。「どちらかを言い負かす」ことが目的なのではなくて、「どっちもいい感じ」へ持っていこうということが大事なのだけどね。だいたい、過去の日本の薬害事件はみんなそうですが、「みんなが言い出したら、その時は、遅い」ということなのよ)

そして…

こういうおっかね~想定される未来の可能性、それはそれで、「このままだとそうなるよね~」と想定しておきながら、ですが

「恐れない」

ってことが大事です~

「慎重になる」ということと「恐れて、身動きがとれなくなる」ということは、ベツモノですのでね

そして、慎重に、「未来のタイムラインを変更していく」ことができる、そのために

私たちひとりひとりに、そのちからがゆだねられているのですから

次回は

こういうことへの「恐れ」が生み出すネガティブエネルギーについて、記事にします



p.s.

それと~

ここがあたしの世間知らずな弱点でソーリー!!

自分、電車乗らないから(笑)ぜんぜん知らなかったわ

昨日、東京の山手線、全線止まっちゃったみたいですね~

なんでも「変電所の不具合」が原因だそうです

(これ、「Q」の文字の感じにも読めるような停電だったみたいですよ…山手線&埼京線の停電箇所が「Q」の文字)

これを、「緊急放送」間近の、その前の「ブラックアウト間近~!」ととらえることも確かにできなくないです

言われているのは、大規模停電です

ネットもつながらなくなりますので

ちょっと困ったことにもなってしまいますけれど

この大規模停電も「あるある詐欺」のように(笑)言われ続けておりますが

あるといいね、なんですが、電気は使えなくなりますので、一応、「備え」はテキトーにされておいてみてください

ご自宅の「電気で動く」系統のものが使えなくなるので、中にはトイレが使えないなどの事態が発生するような場合もあるかもなので。もしかすると「水道」も止まる可能性もあるかも

それがあれば、この「追い込み漁」は回避可能
(冷蔵庫電源喪失で、国内コロ枠はすべて腐り使えなくなりますね^^)

その路線があるといいな~~~と、祈りますが(笑)

これはこれで、大変な大混乱で、その理由がわかっていなければ、多くの人々は大パニックとなるでしょうから

なかな~か「強引なやりかたでのQFS移行」というのが行われることがないのだろうと思います

(東京都心は、東日本大震災の時でも停電ありませんでしたので。自分でもこうお伝えしながらwそれが大停電になったら、どうなるのか…とは思います)




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

追い込み漁に必死

2021年06月20日 (日) 00 : 00
うつみん先生の本が、アマゾン始めとする、ネット系の本屋のすべてで「本が買えなくなっている(入荷せず)」
という事態になっているようです

アマゾンでは本の表紙画像まで、NO IMAGEで消されていますね
(表紙を憶えて探させないようにするためですかね)

アマゾンBOOKネットショップ第一位の売れ行きなんですが(笑)

そしてうつみん先生も、「本がないから入荷しない」わけではないことをツィートしてました(増刷されたばかりで、山ほどあると)

「医師が教える新型コロナワ○チンの正体」という本です

これは売れて売れて増刷が間に合っていないのではなく、あの虎選挙の時にあったことと同じ

「企業によるあからさまな言論統制」ですね

しかもなんと、日本の他のネット書店まで(笑)足並みを揃えています(アマゾンだけじゃないです。紀伊国屋などでも買えません)

とりあえずはネットの書店では、今買えないプレミア本となっていますよ^^

これ、やっぱり何ヶ月前かに「とんでも本」とも言われていたし、私も読みまして手放しでマンセーと言い続けているわけでもないのですが、あのホワイトハットの話を書いた、佐野美代子さんの本の時も、やはりそうでした

アマゾンでは売ってなくて、私も確か定価以上で買いました
定価で買えるようになったのは、売電政権が決定して誕生してから(笑)だったようなwww

ただまぁ、本買って読まなくても、このうつみん先生の本が伝えている内容は

珍コロが珍コロだとちゃんと気づいている人たちにとっては、目新しい内容ではないはずなので(あたしも読んでませんし)

そういう人に今必ず読んでください、というものではありませんけれど

珍コロ枠を迷っている人が、すぐにまとまった情報源にたどりつくには、ネットで探すよりも「本一冊」まず読むほうが、時短で情報を手に入れられるわけですが

その迷い道をしっかりと塞いできてるようですね(笑)

(ちなみに、こういう状況を、電撃コロナ脳ですと、「デマ流す医者の本だからだ」と捉え(笑)、「真実にしっかり目覚めている脳」は、「言論統制で、真実を語るものを規制している、戦時体制の危機的な状況だ」と気が付きますwww真逆のとらえかたをするわけですよ。ちなみにですね、な~んで戦時体制、これは「戦争」なんだ、って話なのか。それは枠に自衛隊も絡んでいることでもわかります。モデ○ナ枠などは防衛省管轄の枠なのだそうで。なんで医療のための枠なのに防衛省? なのです。コロナ脳は、「表に大々的にニュースで流されていないことはウソ」「情報規制されている側、世の中の少ない人数の人が言っていることはデマ」と考える(笑)昭和の太平洋戦争の時と、まったく同じ思考構造、シナプス回路が出来上がっていますので(笑)もう、かかわるだけエネルギー奪われますから、とにかくなるべく関わらないという策を講じることができる方は、そうしてください)



さて、どうして彼らカバールがこんなことをやるのかと言いますと

それは、日本は、パンピーに枠打たせたい、その「追い込み漁」真っ最中だからでございます

お客様から教えていただいたのですが、東京だけではなく、そして大企業だけではなく

いよいよ「企業すべて(中小でも1000人規模企業など)」が(笑)がっつり足並み揃えて動き出しているようですね

以下、転載です



> 職場とか大学をちらっと見たんですけど、東京だけじゃなくて全国的にやるみたいです…こんなに早いと思いませんでした…(´・ω・`)

急いでいるのは「国家の緊急事態中」じゃないと、治験中ワクチソは人体には
使ってはいけないという、国際的な法律というか取り決めがあるからです。

だからもう、最後の「追い込み漁」に、必死なのでしょう(笑)
7月以降とか^^ノンビリしてられないんじゃないでしょうか。

周囲に枠打った人々が、日本全国、あふれかえる世界が始まりますけれど
キャストライトに守られましょう^^

黄金時代がやってくることを知っている人にとっては、踏ん張り時ですね



私なんかも、隠語をなるべく使わずに、時々「もろ出しフルネーム」でお伝えしていますんで(笑)
しかもかなりつっこんで書いています
こんな「濃い内容」は、ほんとうはほんとうは、絶対ヤバイはずなんですwww

それをわかっているお客様には、「勇気がある」と言ってもらえるんですけど^^

いつ言論統制にあっても、ぜんぜんおかしくないわけなのですが(笑)

でも大丈夫な理由は…

「有名ブログじゃないから」(笑)この、一言に、つきます

FC2は、実は、もともと昔から(笑)グーグルさんに、さいっこうに嫌われているのでwww

「FC2ブログというだけで、検索上位表示されない(検索エンジンロボットにはじかれる)」という、憂き目にあうことは

もう何年も何年も何年も前から知っていました

理由は、「エロサイトも扱っているいかがわしいウェブサービス会社だから」ということなんですが(笑)

なにかほかにも、理由ありそうですね

そんなわけで、「FC2を選んでいる時点で、ブロガーとしての”花道”を外れている」ということは、ネット常識です

それは要するに

「人が見つけてくれない」「人が集まってくれない」「ネット上の有名人にはなれない」ということを、意味します



なので私も、FC2、どうしようかな~、って思ってた時期もありました

読者数が増えない、人に知ってもらえない、検索で見つけてもらえない、というのは、商売をやっている人間にとって、ぜんぜんなんのメリットもなく(笑)

ただただ人に知ってもらいたいことの情報提供をしたくてブログを書いている人にとっても、致命的(笑)です

「人に知ってもらう見つけてもらう、そして買ってもらってなんぼ」の仕事をしているような人もそうなんですが、何よりも「人に知ってもらいたいことがあるから」が動機でブログを書きたい、情報提供したい、その場合は、検索で見つけてもらえないことが確定的ですから、提供側にとって実りもメリットも薄いので、ブログを書くその労力がまったく報われないため(笑)、書く側のマインドとしても絶対に選ばない、イメージ悪いらしい「グーグルが言うところの、いかがわしいFC2」なので

また読者側も「ネットリテラシー、私あるのよ」って、「操作されている人」だと(これ、操作ですよねw今思うと)

そんなグーグルに酷い扱いを受けるFC2ブログ、というのは、格下、いかがわしい、という「中身を知る以前に」自分がネットリテラシー高いと自負する人は、そういうイメージを持つそうなんですよ
(笑。昔はそこまで気づいてなかったけれど…こういう「印象操作」の世界…これ、ほんっと凄い威力だったんですね…つまり、本当に「テレビだけじゃなくて」ビッグテックというカバル手下、この世界はほんと彼らの「意のまま」「包囲網」だったんだな、と)

じゃあそういう人はいったいブログは何を見るのかと言うと、はい、それは「芸能人ブログ」の多いアメーバブログなど
「人がいっぱい集まっている」わかりやす~いところへ(笑)流れます
(それが「ネットリテラシーなのかよ」と思いますけどねwwwカンタンに言えばこの世では「リテラシーある」を自負するパターンも色々で、「人氣エネルギー情報網リテラシー」に強い人、そして「神氣エネルギー情報網リテラシー」に強い人、のように分かれると思います…「人氣エネルギー」ほぼほぼカバルメディア操作の世界、って思ってるくらいでちょうどいいのかもね…但し、そういうアメブロなどに、ちゃんとした一般人ブログ(笑)がないわけではありませんので。全部ダメ、というのではないですよwww)

今思えばですが、「ビッグテックに嫌われてるいかがわしいFC2」にとどまっていて良かったです(笑)

「G-グルさんからノーマーク、相手にされていない、いかがわしい存在扱いで、検索上位にしてもらえない」
だからこそ、伝えたいこと好きなことが、正直に思い切り忖度なくお茶を濁さずに書けます

アメーバブログのようなマンモス的な仕掛け方、人の集め方はできませんが、「なにかの偶然(これがその方の高次ガイダンスです)で、PSWに出会い(天文学的確率です。検索で出てきませんので)」そこから、なんとなく気になって(これがその方の「直感」の指示です)「しっかり読んでくれる、腑におとしてくれる方」が、少人数いれば、私はそれでいいと思います

(そもそも、うちは、長文ですので。短文しか読むことができない、脳の連携シナプス動かない短絡脳、読解力、思考力のない人は、「書いてあることの理解ができない」ため、読むのが苦痛で、最初からスルーします。「日本人はバカになった」ってよく言われてるけど、これは本当だと思いますよ。まぁそれが年月かけて仕掛けてきた「食毒山盛り」などなどの神経やられる毒提供日本社会の功績だったり、もろもろの日本人削減策の成果、そうやって国民の大多数の脳を破壊し、生命力を弱らせ、おバカにしてきた最期の総仕上げ、それがコロ枠殺ですから。このへん、自分も見事に洗脳されてきたことを素直に認めたくない人だと厳しいのよ。だから、「ちょっぴり自分はこの世で勝ち組、ハイソ側」くらいの身分に喜びを心底感じているようなタイプの人とか、どっぷり公僕みたいな人たちは(笑)もう無理なのよw)



みなさん、ツィッターや、よそのブログなどでこのテの情報を探すと、PSWのようには書かれてはいないと思うので、「PSWの人ってちょっと変」そして「どうして他の人もこのくらい詳しく言わないんだろう」と思うかもしれませんが(笑)

ツィッターは文字数制限ありますし、ブログは、上述のように、「詳しく書きたくても書けない(規制される可能性あるから)」という、ぎりぎりのところで、気を使いながら言葉を選びながらやんわり情報提供をしている方々も多いと思われます

そのへん、汲み取りながら、情報に触れてみてください

そして、なによりも「あなた自身が、今までこの世で出会ってきた、カバールや工作員」が必ずいるはず(笑)思い当たるはずなんですからwww

(この”工作員”ですが、「コロナ脳の人々」は工作員です。本人は自分を工作員だとは思ってはいないと思います。しかし、この工作員というスタッフは、よく宗教に洗脳されてその指示で動く人々のことをそう表現します。コロナ脳の人も、知らず知らずのうちに、周囲へのそういう思考影響を与える行動をしていますでしょ。なので洗脳された脳で動いている工作員なのです。あたしがYoyoparkで出会った枠うちおっさんなんかも(笑)まさにそんな感じでしたもの。一見、理路整然とソフト物腰で話す、ソコソコ説得力あるインテリっぽい話し方で、バカじゃなさそうなので、なんにも知らなければ、「そうなのかな~」って思わされちゃう人は思わされちゃうと思いますよ。私がだまされないのは、昨日の記事でも書いたとおり、「東大卒まみれの世界」を生きてきた経験から(笑)です。勉強ができる頭のいいはずの人達が、必ずしも、人間として正しい思考形態でモノを言ったり考えたり行動したり、人を指導しているわけではない、ということを経験として知ってきているからです)

ご自身で、ご自身を、さぐってみてください



今、こういうふうに情報発信できているPSWでさえもが、それができなくなる可能性もゼロではありませんから(笑)

うちあたりにまで、情報規制がかかってきたりしたらwほんと、いよいよ「この国もお終い」ですよ
(ただしそれは、「今までの日本がお終い」ってこと。黄金時代幕開けがむしろ近いってことだと思います。まだ言えてるうちは、この国は、ほんとうの修羅場は迎えていないと思います)

その時は、察してください

今までのように「言わなくなっちゃう(言えなくなっちゃう)日」もくるかもしれませんがw

言わなくなっても私のスタンスは変わりませんので



私は将来メドベッドが登場するらしき未来も、フリーエネルギーやゲサラもやってくる未来、それを疑ってはおりません

虎は「もう勝っている」のが…事実なんだと確信できたからです(笑)

「TRUMP WON」です

写真見た方もいらっしゃるかもしれないのですが

売電とプーティン大統領が会談したそうで、二人が握手している写真を見て、確信しましたwww

売電のゴムマスクをかぶっている、その人は…なんと! …虎です(笑)

いつものジム・キャリーではありません

体格と、背の高さと、横顔の厚み、輪郭と、耳…それはまさしく虎さんですよ

プーティンも、半笑いで(笑)握手してました

黄金時代は必ずやってきます(世界は今までの常識とは変わります)

もう少し時間はかかると思いますけれど

場合によっては、枠うちの人々がしばらく経ってこの世からいなくなる、その阿鼻叫喚図を超える目処がたってきてから…なんてこともあるかもしれませんので、まだしばらく辛抱と対策が必要なのかも
今の情勢だと、ほぼほぼ、かなりの割合の日本人が、打ってしまいそうな感じがありますよね

(「誰が、どのロットナンバーの枠を打っているか」これを国はすべて掌握していますので、将来的には、そこで今とは別の意味で「選別」される可能性もあると思います。前にお話しましたでしょ。狂牛病の話。狂牛病が発生した牛舎の牛はすべて殺処分しますよね。それと同じことを人間に対してやるかどうかまではわかりませんけれど、将来的隔離策とか、「絶対にない、そんなこと」とは言い切れないと思いますので。ほんとうに一人一人ちゃんと考えて「打たないことを選択する」人であっていただきたいです)

ただ、「枠接種会場ドタキャン多し」という現象も、事実ですから

「個人レベル」では、わかってきている(周りで人が死んでいたり、重篤な副反応の人がいたりで、気がついた)そういう人々も増えてきていそうなのも、事実ですので

最後は、「個人の選択」です(どれだけ、会社や周りに、はっぱをかけられてもです)

メドベッドは、遺伝子改変された、mRNA仕込み済みの枠打ち肉体は治せないそうなので、「メドベットがなんでも治してくれる」と思わないほうが^^いいですよ
というか、メドベッド待ってないで^^、「今」あなた自身の健康な肉体を、心身良好状態をゲットしていく、そこをスタートを遅らせないようにしていてください

(メドベットはその人の元々のDNA情報から治療するのだそうです。なので、元の肉体のDNA情報がなくなってしまった人の治療はできないみたいです。ですが「枠を打って変わった状態のDNA情報」へは戻せるそうなので、病気の進行の緩和ならできるのかもしれませんが、期待は薄そうだし、そもそもそれ以前に枠打ちの人がメドベットにたどり着くことじたいがないような気もします(もう生きてないでしょう、その時は))

私たちは、私たちの先祖から受け継がれてきた、神がつくった、神からいただいた「パーフェクト情報の隠されている日本人DNA」の鎖を、しっかり守りましょう



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

偏差値が高いはずなのに(笑)

2021年06月19日 (土) 00 : 00
昨日の記事では、大企業の「職場接種」「職域接種」らしきものが始まるようだね、ということを記事にしておりました

私自身、大企業勤めという経験は、お伝えしていましたけれど、通算で18年くらい

中小企業は1年だけです
(派遣の人員整理で一年で終了。本当は「優秀な人だから」という誇大広告打って(笑)私が継続してそこの会社に残れるように経営陣にかけあってくれた猛烈社員さんもいたのですが、私自身が「別にもうやめてもいいかな。実のところはどうしてもこの会社にいたい、ってほどでもないし。失業保険もクビなら待機期間ナシですぐ出るし」って自堕落奴隷ってことで(笑)心に正直にそのまま辞めました。なんか面倒くさくなっちゃってwww)

除外してましたけど(忘れてた)クビになった自称ベンチャー企業(のちに詐欺会社としてお縄になったことを辞めたあとに知った)の経験は、試用期間の3ヶ月www

私が「大企業を好んでいた」というわけじゃなくてですね(笑)、むしろ…大企業経験しかほとんどないため、「中小企業やベンチャー企業にはトライしても受からなかった、続かなかった」っていうのが正しい感じがしますwww

「縁」っていうのはたぶんそういうものなんだろうという気もします



大企業の社員というのは、私が過去にいたそれらの話ですが

めっちゃ「学歴の高い人達」が山盛りいました(笑)

東大卒しかいない…みたいな感じなんですwww(主にそれは男性ですが)

ほんとうに、そういう感じなんですよ

なので私には「東大卒だから凄い人なんだ」という方程式は…むしろないのです(笑)

まわりが全部それになってみてください…ぜんぜん、凄くもなんともないですし、「日本ではこういうのをエリートっていうのか…」と、興ざめするはずです

(それは、遠い遠い娘時代の過去に、「官僚の人たちとの合コン」でも(笑)思いました…若かったのもあるけれど、あまりの面白くなさに、時間が過ぎるのが長く感じられ、苦痛でしたwww)

で、彼らは、確かに「勉強ができる人たち」なわけなので、ある意味で「なんでもできる」人たちです

会社の中の部署異動や配置転換とか、色々、都度都度、覚えなきゃいけない新しい知識なんかがたくさんあるわけなのですが、そういうことの対応はものすごく早いし、「難しいことを覚えること」や「難しいことをこねくりまわすこと」に関しては、図抜けています

そこはもう、どうひっくりかえっても、自分は太刀打ちできぬ、と思いますし、「人となり」という意味では、表面的には、みなさん「いい人」というのでしょうか(笑)

こいつ…ほんと~に嫌な性格だな…みたいな人や、むしろ、「癖のある人」というのが(笑)ほぼいない、一見は、「リベラル」で、知的水準という意味では、「高い」人たちだと思いますし、当然のごとくに、妻を子供を養う一家の大黒柱として、いわゆる「世間モデルとして、こういうのを幸福っていうんだろうな」っぽい(笑)ご家庭を持つ、家族のために働くお父さん、っていう「典型的人生すごろく」に「順調に乗る」ご自身を維持していくために、時に、いわゆる「社畜」ともw表現されますけれど、「会社の決めた方針」という、絶対の法律を守ること、それが彼らにとっての「善」である、という、生き方になっていくのです

そういう人とご結婚される「妻」のほうも、そのご主人の社会的役割の維持を「善」としますので、当然のごとく、そのご主人の所属する世界の法律に、異を唱えるなどという、破天荒な妻は、おそらくほとんど存在しません
というか(笑)きっと「できない」でしょうから、表面上は、否定などしないのだろうと思います

…という人たちなので(笑)

まぁ、ほとんどが打つんだろうね~、ということが、想定されるのです



自分の会社が頂上ではカバールにつながってる、などど、微塵も思うわけもありませんし

だいたいの人がそんなこと考えたこともない、その人単体ならば、まぁまぁ表面上は波風立てない善人です

ですが、「おたくカバル企業だよ」なんて教えてあげたら(笑)そりゃもう、大変な、天地がひっくり返る、彼らの今まで維持してきた「プライドがズタズタ」な話ですから

そりゃまぁ…「全力で否定」されますでしょうし、へたしたら、こちらが生きられなくされる(笑)くらいの攻撃をされる、そんな「凶暴性」を相手に持たせてしまう、その可能性も、示唆されます

(まぁ、そういうところが要するに、組織に属していると、組織のエネルギーである「カバール性」にちょっと感化されとるというか、知らずしらずに持ってしまっていることに、気づけていない…であろうところなんですが)

そして、昨日お話していた、西洋医療の人々も同じで

「カバールの手先となってはたらいている」と思ってワクチソ打ってる医者も、実際にはそんなにいないかもしれません

ただ、「その注射をする医療行為がものすごくカネになっている」ことそのものは、たぶん、ご存知なんじゃないかと思うので

そこで「なんかある」と思える医者と

カネになるからほくほくできる(病院にカネが入らないと、自分の収入も上がりませんので)医者と

まぁ、そんな程度の違いなんじゃないかと思います

大企業のおっさんたちも、その家族も

会社に滅私奉公していれば、生活の安泰が保証されますし、一般的な世間の年収水準、そういうものよりも、自分たちの年収や、もろもろ社会保障などが高水準であることは知っているのでしょうから

そういうものとバーターに「なんでも上の決めた方針にはさからわない」という態度は、「自動的にそう動く心理」として、癖付けされていきますから(10年20年30年…やってりゃもう、人間、そうそう変われないでしょう)

いわゆる、「気づいている人たち」が、当然のごとくに、気づいてしまう(笑)

そして、「気づいている人たちにナビされて、気づけてしまう」そういう、連鎖の中に入ることもできず

疑問も、観察力も、見抜く目も、なにも「育たない」し、「興味ない」そういう感じになっていくわけですよ
(まさに「奴隷」そのもの(笑)なんだけどね、そういうところがね)



私は大企業にいる時は、

「アタマの良いはずの人たち」「なんでもできる人たち」が、なんでこんなことやってるんだろう? という仕事が多いというのか

その頭の良さが、宝の持ち腐れだよねとは言いませんけれど、せっかく「ものすごく勉強ができる脳の構造」があるのに、それを活かしていると言い難いような

「その人らしさ」を抑えながら生きているような感じとか、そもそも、そこに気づいている、という「感覚」を持っている感じの人がいないような

でも、「根っこは、人に対して優しくて親切で、人や社会のために役立つことをしたい、仲間意識や規律、人に合わせるタイプの”和”を尊重する善人」とも言えるような人もいなくもないのと

まぁまぁ立派だな、とも言えるのは、「会社の命令でも、”それが自分の仕事”となれば、一生懸命、生真面目に取り組む人がほとんど」という(笑)その凄さが、日本人DNAというのか

(これはほんと、「教育の賜物」なんでしょうかね。一定以上の偏差値があると日本人はそっちへ向かうように(笑)ベルトコンベアで運ばれてるんですよ。なので、「サボる人」を恐ろしいまでに嫌悪しますよね。でもソコソコ愛嬌があったりするとそれも人により赦されたりね。私は、若い頃の前期の大企業生活でこの「ソコソコ愛嬌路線」を踏めなかった(笑)タイプだったのでw後期の大企業生活では、フルにこれを発揮し(芝居ですが)「かわいがられる、好かれると、得」っていうなるべく敵をつくらない、周りに好かれる奴隷路線をやっておきました(笑)。これは自分でわかってやっているので「戦略」です。楽したがる癖サボり癖はありましたが、別に周囲に依存はしていなかったので、「辞める」と決めた時も、誰にもなんの恨みもなく、最後は仕事も楽しかったし同僚のみなさんにも惜しんでいただいて、その世界との別れも寂しかったんだけど、辞めました。カネが溜まって「2年は無職で生活可能、ぷーになれる」その楽しみを優先し味わいたい欲望がピークでしたから。これ「まっとうな社会人としては失格、最低」の選択…ですよね? 何か夢や希望があったわけでもなく、一般的には「次のアテもなく辞める、もっともやっちゃいけない会社のやめ方」みたいに言われるのですが、私が人生において会社勤めというのを辞めてきた理由はそればっかり(笑)ですよ、考えてみると。こういう人間でも、生きられるし、大丈夫なんです。むしろ、その小休止を都度都度挟まなかったほうが、生きるの嫌で死んでたかもしれませんし。で、その選択が、のちに「石との出会い」へつながっていくのです)

そこはまぁ、偉いというか、それはそれで、なかなかできることでもないと思いますから

「人間、それはそれでいいのかな。私がとやかく言う話でもないしな」という、なんかつまんない物足りないアウェイ感

その「なんでか変な感じよね」としか思ってない自分のほうが、ちょっとおかしいんだろう…そういう感じは持っていました

「地位」「権威」「ネームバリュー」とか「自分たちの知らない世界」的な(笑)そういうのは、なんかお好きそうでしたけどねwww

(私が30越えていくつからでしたか、丸5年勤めた不動産会社も大手でしたが、なんであたしが受かったのか、っていうと、「大企業オーエル」→「作詞家」っていう(笑)突飛な経歴とかwwwで、やったこともない(やったけど3ヶ月でクビになった)、ど素人のくせに、「不動産金融商品営業マン」に申し込んできた、そのへんが「珍しくておもしろかったから」っていう、シャレみたいなノリで採用されたんだそうです。経験者という意味でなら、もっと他にも”優秀な、知識のある、金融経験者”はたくさん面接に来ていたことは知っていましたので、私は、「これは受からないな」と、集団面接中に思っていたのですが。でもこの会社では、仕事はそれなりに大変でしたけど、そのぶん給料が高かったし、おそらく、大手じゃないと不動産の世界ってもっと大変なんだろうと思うから、そういう意味では「看板あるって楽」の意味はわかりましたよ。そしてこの世の多くの人々が、そういうものをわりと信頼してるんだ、ということも知りました。それまでは企業勤めでは海外向けの仕事しか知らずでしたので、考えてみると、初のドメスティック向けの仕事でしたね)

ちなみに、こう言っていますけれども

私も(笑)「それが”自分の仕事”となれば、一生懸命、生真面目に取り組む」ってのはwww同じなんです^^

違いがあるとしたら、「それを、自分で見つけたか、自分じゃない存在からあてがわれたのか」の違い、それだけです

なので、その「PSWとかけもちの最後の3年間」の時は、その当時に勤めた会社の仕事も、一生懸命やっていましたよ
(それは、「PSWを維持するために必要なこと」という、それもひっくるめて「自分の仕事と思えた」のと、ようやく「自分を活かす世界」を見つけたからでもあります。3年間のPSWとの両立の馬車馬生活(笑)は派遣営業マンでしたけど、大手商社系列小会社で会社自体は中小なんだけど「社名」がその商社名でしたから、まぁ、正確には大手ではないんだけど業界では「大手看板扱い」な感じでしたし、社員もそっちからの出向と生え抜きと半々って感じでしたね)



働きアリたちは、悪い人たちじゃないんですよね

この地球上で展開されてきた、カバール社会の、ピラミッド構造の底辺

そこに、「ほとんどの人類」が所属しています

日本人も「ほとんどの日本人」がそこに所属しています

同胞ですし、たいした「差」もないんです
(自分がエリートだと思ってる(笑)ような、大企業社員とかは、「他の人との差を意識している」のかもしれませんがwww残念ながら、カバール上のほうから見れば、全員、ゴイムですってwwwそこをわかれよ、と思う)

極悪人なんていませんのに

それだけに、今後の予想される展開が、とても悲しいですが

でも、だからと、「お・し・え・て・あ・げ・る」と…

「カルト呼ばわりされちゃうだけ」「危険人物扱いされて、疎まれるだけ」

って、もうわかりましたのでwww

そんなお節介はもうできないけれど

そちら側から、こんなぁゃしいPSWを(笑)見つけてもらえない限りは、無理ですね(笑)

残念なのは、そういう大企業の、正社員とかならまだしも

正社員でもない、ほんとうは「さっさと逃げられるのが唯一の特権」とも言えるのに、使い捨ての兵隊レベル(笑)の人でさえも、その「滅私奉公の洗脳」に、すっかり取り込まれていることでしょうか

ちんけなその「なんの保証もないバリュー」にしがみついている、そこがなんともなのです

日本は、非正規雇用が増えたことを嘆く向きもいるんだけど、これね、そりゃ悪い面ばかりが言われるんですが、私はこういう、これからの時代がやってくること見越した「高次側面」でもあると思ってるんですよ

ほとんどの人が一度正社員なんぞになってしまうと、怖くて(笑)辞めないんですwwwおいしい生活保証を手放せなくなるんです
なので、日本人5割非正規雇用っていうのは、派遣社会を定着させたカバールのパソナのケケ中あたりがよく悪くも言われてますけど(笑)「自立しろ」への高次導きの流れでもね、あるといえばあったっていうか
昔の「江戸モデル」なんですが、職業の種類が今より多かったのよ(笑)
なんでもその人の得意なことがそのまま職業、って感じ。そのくらいの「独創性」と「アレンジ能力」が「個人に」あるのが日本人です。

今、こんなことを言ってる私だってですね、最初の大企業には11年も!! いたんですよ。11年ですよ…好きじゃない、なんの愛着もない、馴染めない…とは心で知りつつも、ですよ。それは、入ってくる安定した給料や、社会的な身分、保証…そういうものを手放すのも、やっぱり恐ろしかったからです(今思うと、「たいした保証でもなかった」のに(笑)笑えますけれどね)

人間って、そういう恐怖心を安心させることが「安定」だと勘違いしてるんですが、実はそれ、違うんですよ。
それが「奴隷思考」そのもので、奴隷思考のループの中であり続ける人をつくるんです

だからなんとなくですが、昔の日本よりも自主独立系の人も増えているような感じはあるでしょう?
ネットの恩恵も大きいけれど、個人で独立できている人も、そこそこ多くなっているし、それはそれで「珍しくない」ものになってきています。

そして、「気づきやすくなる」アンテナを持つ人となりやすくなります。
開業医全部じゃないけど、独立したお医者さんは、「しがらみがない」「自分の責任」で仕事をしていらっしゃいますから、「発生すること」への責任感や、学習能力も、より増すので、病院勤務の雇われ医者よりも、もっともっと情報に敏感で勉強熱心です。

そして今、気づいている人も多いのも、「なんで日本人が大事にされてない社会なのか」という渦中を過ごしたことがある、それを見てきている、だから、医療利権であることや国が必ずしも国民のことなんて思っていないこととか、普通に理解ができるし、「常識のウソ」を見破ることが、カンタンにできるわけ。

「大丈夫だって、やめちゃえよ、そんな会社」って(笑)ほんと、思うのよ

私も(笑)過去にそうやって、「クソ、やめてやる!!」って、「感情で」辞めてきた経験者だからwww

(都度、そりゃ当然、カネはなくなるんですが、なんとかなります。なるんですよ。「ガマンし続けて病気になる」のであれば、さくっとやめるほうが、あとあと考えれば、絶対にいいはずなんですよ。特に今回なんて、「翌日とか数日後に死ぬかも知れないロシアンルーレット」ですよ(笑)。まじ、命かけて続けたいまでの仕事かどうか、再考されたほうがいいですよ。ワクうつの迷ってるんならね。「2年後なら死んでもいいや」の場合でも、2年かけてどんどん身体が蝕まれていく(笑)ひどい経験を経ての死ですから。ちょっと考えりゃわかるでしょうに。いずれにせよ、あなたの大好きなw滅私奉公したいその会社はやめることになるんです。働けない身体になっていくのですから。そうなってから、「会社に裏切られた…」とか後悔したり言い出しても遅いしね。ツイッターとか見てても、「けっこう死んでそうだな」っていう、誰ソレが死んだ、っていうつぶやきは多いんだけど、「因果関係はない」って医者にきっと断言されるんでしょうから、すっごい「弱腰」なかぼそい発言^^なのよ、身内や知り合い亡くしたみなさん。なのでこれは、日本人はこれからまだまだ死ぬ予定なんだけど、10万人、100万人死んでも、今のままだと同じ。かぼそい声で大事な家族が死んじゃった。。。ってつぶやくだけの人になる日本人ばっかになってしまう、危機感があります)

誰もがナカムラクリニックの先生や座間市の美崎さんや徳島大学名誉教授の大橋先生のような、ものすごいIQを持ってそうな超ド級の賢さ、頭の良さと、それを表現できる能力を持ってる日本人、というわけではないと思うけれど
頭脳明晰な優秀さは「日本人ならこうやって他者のためにはたらかせる」の、見本のような人たちだと感じます。
頭のいい人達は「連携」はするけれども、「団体」をつくってそこに依存する人々をつくろうとはしません。
中村先生は地政への「出馬要請」も(笑)あったみたいなんだけど、それを断っているよね。どこまでも賢い方だな、と思います。
でも、あの(笑)船瀬俊介氏とのコラボで出版予定も決まっている、これも「連携プレー」ですよね。
(「あの」っていうのは、記事にもしたことありますが、昔、厚化粧の「絶対に素顔を人に見せられね」だった私に化粧をやめさせ(笑)せっけん生活への切り替えを決意させた、「あぶないシリーズ」の著者のジャーナリストさんです。確かに、なんでこの人が殺されていないんだろう? くらいに、けっこうヤバめの企業悪を暴露し続けて何十年なのですが、「決定的な黒幕」についてはたどり着いていない言及していないから? なのかもしれません)

同じ同胞を守りたいという日本人のハートを持っている人なら、もともと識字率が高く、頭のいい民族、それが、日本人なので。
頭使える人間になれます。あなたが自分で決意をすれば。
皆が互いに学び合い知恵を出し合い尊重し合いお互いを高めるために存在する、誰かが誰かに依存しない従属しない、独立個人が、協力して連携していく社会、それが、未来の日本です。



あとはまぁ、そういった

どれだけ警告を鳴らしても、それが届かずに、「気づかなかった人々」が、これから先、大量にこの世からいなくなっていくことになるわけですが

彼らが「囚われ領域」に捕まる霊魂とならないように

という意味においては、このまま知らないほうがいいのかもしれないのですが

ただ、これは話が逆で

そういった犠牲者のように観える人々のことを、「犠牲者として、囚われ領域にとどめてしまう」のは、実際は、生きているこちらがわの人間の「感情」です

「まだ若いのに悔しかっただろうな」とか「殺されて気の毒」とか「騙されてかわいそう」とか「気づけなかったなんて頭が悪かったんだね」とか(笑)

それら人間の感情が「うかばれない幽霊」をつくるので(笑)さっさと成仏させてあげましょう

たとえば、大企業の社員とか、ほんとうにご自身がそれを誇りに思っていたのなら

今回の珍コロで死ぬのは戦死、余命2年の予定の人になるのも戦争に出かけた兵隊の後遺症、ということですから

「死」はその人その人にとってのベストのタイミングで、「高次マター」のため

珍コロワクで死ぬ人は、それが実際の地球を去るタイミング、寿命ではある、というのも、高次視点においてはそうなので

「戦争の戦死者」と同じ構造です

まぁ、今回の珍コロワクの集団接種…これはマスクに始まり…戦時中と同じ、今は「戦争そのもの」ですから

かわいそうだとか、そういう話ではありません

(但し、だからといって、西洋医療の医者が、「因果関係ありません」と抜かしていい理由、と言ってるわけではありませんからね(怒)。この世的には、犯罪行為に近い所業だと思いますから。今は「合法的」と言えますが、法律がくるっと変われば、今回の珍コロワクを患者に打った医者は、将来、殺人罪の重罪として裁判にかけられる可能性も、一応、あるんですよ。その時、「私は上に言われた仕事をやっただけです」と言い逃れができない、そういう仕組みもあるのだそうです。なので、気づいている”心ある”お医者さんは、自分に正直になって行動してくださいね。お願いしますよ。そもそもすでに「このロットの人が多く死んでるっぽいな」というデータじたいが出回ってきている時点で、「治験中」だというのであれば、その成果も集まりつつあり、「知らなかった」では済まされない可能性じたいはあるよね、っていうのを、「一般人でさえ知ること可能」になってきているのですから。そこで気づいて欲しいですわ。ワク打ち医者はすっごい高時給で募集されていますけれど、それが将来「罪をおっかぶされる罠」だと気づいていないのだろうと思います。その前倒しのささやかな悪魔からのボーナス(笑)なのよ。注射打つだけで月額報酬1,800万円で将来ムショ行きw人生台無しのね。安いよね。ほんと、医者になれるなら偏差値高いでしょうに、気づいてくれよ

私は、「正義感でかっかしないで」(笑)

これから先、死んでいく人たちが、「お迎えのガイドさんたちに気づけるように」

霊界という、「あたらしいヒエラルキーの扉」に(笑)彼らがスムーズに向かえるように(ほんもののブルーアイランドですからね)

祈ることにします

この世にこのままいても(笑)ブルーアイランド経験ならこれからできますからwww

これからの地球を生きるみなさんは、ご自身の世界を、ブルーアイランド化してくださいね

ブルーアイランドって、何?

それは、「自分の興味のあること、自分の好きなこと得意なことができる、自分に正直に生きられる世界」のことです

それが、自分だけではなく、他者のための仕事、ともなっていく世界です

もうこれをすでに「自分の心に正直に」その人の仕事としてやっている人たちも、大勢います(私もその一人です)

カバール支配の社会では、「カバール傘下にいる人々がそれをやれる(アーティスト、ミュージシャン、タレントなど芸能人、等々)特権がある」かのような、芝居がかった世界、社会的に成功しないとそれができないかのように、まるでそれが現実世界のようにも見せられてきましたので

凡人は、今までは、霊界に行かないと、身体を脱がないと、「自分に正直になる世界」それができない人も多かったんですが

これから、黄金時代の到来で、平等に、その人の選択でできるようになることは、それですからね

(だから地球のアセンション、人類のアセンション、とも言えるのです)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page