今日は土用丑

2018年07月20日 (金) 20 : 27


…って(笑)石ブログじゃなくて^^これはふつうの日記ですが。

新宿登亭でさきほど、うなぎ弁当を買って帰ってきたところです。
たぶん新宿で30年以上は営業しているうなぎ屋さん…私の憶えている限りではとにかくずっとあります^^。
昔からここでよくうなぎ弁当は買っているんですが、うなぎはほんと高くなりましたよね~。
うちには約一名わりかしうなぎ好きな人がいるので、今でもまぁ、時々は買います。
今日が土用丑というのも、約一名からの進言で知りましたし。
別に「土用丑だからうなぎを食べましょう」というよりは(笑)「うなぎ食べたい理由」に土用丑なんだよね…と言い出すあたりが面白いです。

しかしそんなうなぎ好き約一名も、しばらくは、うなぎが食べられない時期がありました。
私も一生うなぎを見るたびに涙するんじゃないだろうかと思っていた、うなぎには、そういう思い出がありまして。

うちの先代ワンコが慢性腎不全の闘病生活の最後の2ヶ月~3ヶ月くらいだろうか…ずっと毎日食べ続けた食材が、うなぎだったのです。
実はこれは、ヘミシンクの動物と話そうというCDで、「なになら食べられる?」と質問をした時に得られたヒントから、そのあと、ぼ~っとスーパーへ先代の食事メニューをどうしようかと出かけました…その頃にはもう彼女には食べられるものがなく…お医者さまにも匙を投げられているのかのような状態で…とにかく必死でした。
わらにもすがる、のわらが(笑)そのヘミシンクCDでの質問から得たヒントでした。

うねうねっとした、映像。
何かはわからない。
そして、そのヘミシンク体験のあと出かけ、ぼ~っと食品売り場の棚を見ながら歩いていて…
「うなぎ」を見つけた時に、「ぴぴぴぴぴ~~~~ん」と、電光石火のように、これだ!!!!! とわかったのです。

知識として、うなぎが慢性腎不全に良い食材ということは、その時は知りませんでしたが、あとから調べてみると、実際に腎臓病の人にも良い食材でしたね。それまで盲点でした。
結果、毎日うなぎなら食べてくれるようになって、もっと早くこれを見つけたかった…と思ったのは言うまでもないです。

実際に先代のBUN数値も、点滴通いやその他の輸血などの措置も多々ありますし、クリスタルのちからも(笑)多少あったかもしれませんけれど、実際にBUN数値がもう何をやっても下がらなくなってきた…お手上げかもしれない…となっていた状態から、よもや治ってしまったんじゃないかレベルまで下がったのは、”毎日うなぎ”…やっぱりこれだったのかな~と思います。

あと過去記事にしたことがありますが、これも意図したわけじゃありませんが、神田神社(神田明神)さんと(笑)。
私は神頼みはしていませんよ。
ただ、もうずっと泣いてました。泣いて参拝とかにならない、そういう感じだったんですが、当時はわりと定期的に神田神社さんへは行っていた頃でしたので。
このビミョーな奇跡のようだった3ヶ月もの命の延長期間に(笑)ここがまったく無関係ではなかったな…ということを、ずいぶん時間がたってから知ることになり…たいへんビミョウな気持ちになり、その後しばらく神田神社に足を運ぶことはなくなりました(笑)。(普通は、ここの神社のご神力は凄いとか^^きっと宣伝しちゃうのでしょうけれど。私はちょっと神様に腹がたったのでした(笑)。でももう、神様とは和解しております。ただ以前のように定期的に足を運ぶことはなくなっています)

しばらくは私たちは、うなぎを見ると先代を思い出してしまう、そして、つらくなるため、うなぎは食べられませんでした。
そして、うちのうなぎ好きの人も、うなぎが食べたいと本人が言うようになるまで…もしかすると5年くらい^^かかったかもしれません…たぶんようやく昨年あたりから、またちょくちょく登亭のお弁当を買うようになった…のでした。



さて、石アクセサリ制作も、大詰めになっています。

うなぎ食べて、もうひとがんばりします^^。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~フローライト~

2018年07月20日 (金) 03 : 54
フローライトの登場です。
フローライトは和名を蛍石と言います。
蛍石の名前の由来は、火にくべると蛍光を発して飛び交う石で、その様子がホタルのようだから…というのが由来だそうです。
(鉄鉱石から製鉄する溶鉱炉の溶剤の原料としてフローライトは使われています…今でもそうなのかな? そのへんは不明)
紫外線で蛍光するフローライトもあります。

フローライトは多色展開の石で、紫、緑、無色、水色、黄色、藍色、ピンク色、等々があり、これらの色彩が相乗にグラデーションするものなどもあります。

フローライト1_convert_20180720032057

フローライトを一言で表現すると、気分転換の石。
モヤモヤとした気分を一層して、リフレッシュしたい時の、瞬時のスッキリ感のサイキッククリーナーと言えます。
一般的には「天才の石」「学習の石」等々言われておりまして、「頭が冴える」「頭の回転が良くなる」的な、基本、「頭脳派」の石と言えそうです。

フローライト2_convert_20180720032135

メタフィジカル的には、「意識を高次元に導く石」という感じでも言われています。
また、サイキックアタック除けの石、と言われているのも見たことがありますが、おそらくこれはフローライトの”オーラのお掃除機能”プラス、言うなればその持ち主さんの意識レベルを上げるサポートなどから、低周波と波長が合わない人になることをヘルプしてくれる部分が、結果、その”サイキックアタックをスルーできる人”になれるんじゃないかね? 的な感じでそうとも言えるのかな、という気がします。

フローライト3_convert_20180720033413

ここのところ、何年も夏が”すごい猛暑”だった記憶があまりなかったんですが、さすがにこれだけの暑い夏となると(前回は2010年が猛暑だったそうですけれど)「いやこれは石でなんとかならんかな」の世界が(笑)久々に私の触手を動かしまして。
近年あまりフローライトは出てきてなかったでしたが、「フローライトの出番」という感じですね(笑)。

フローライト4_convert_20180720033441

集中力を上げる石なので、瞑想される方でしたら、瞑想向きでもあります(紫系が向きですね)。
思考があちこち散漫になりやすい人を集中させてくれますので、そういう点が学習の石と言われる所以かと思います。

フローライト5_convert_20180720033513

ブログの記事にもしていましたが、私にとっては「安眠ブレス」として(笑)活躍してくれているフローライトカップリングというのがありますが、基本フローライトはアタマを冴えさせる側の石なので、フローライトを身に着けたら眠たくなってしまうのか? という心配は杞憂でございます。
(今その安眠ブレスを身に着けてタイプしていますが、眠くなるよりも、文章を書くことのほうに意識がいってます)

フローライト6_convert_20180720033547

色特性として、それぞれのチャクラカラーに対応するエネルギー周波数を持っている石です(このあたりはトルマリンに近い。個人的に昔から言ってることなんですけれど、多色展開の石って優秀で有用な石が多いんです^^)。
やりたいことがあるのに意識が散漫になりやすい時や、集中力が欠如していてもたもたしてしまうような時は、意志と創造の後押しエネルギーを持つイエローフローライト。
緊張感、ストレスの緩和、ハートの癒やしのエネルギー、グリーンフローライト。
集中力、記憶力、思考力や理解力のアップなどのサポートにはブルーフローライト。文章表現や会話など、喉のチャクラにかかわる分野のサポートをします。
ハイハートを活性化すると言われるのがピンクフローライトで、ピンクはレアカラーなんですけれど…たしかに…ウォータメロントルマリン的な(どうもトルマリン比較基準になりますが^^)「寛大な人」に(笑)なってしまいそうな感覚はありますね。
上述にもありますが、瞑想など、気を落ち着かせたい時や、高次的理解度を上げる、場合によってはシックスセンスがひらく(笑)なんてこともないわけでもないパープルフローライト…等々、色ごとにサポートの得意分野があるのですが、フローライトは非常にそれが”わかりやすい”部類の石だと思います。

フローライト7_convert_20180720033615

石のエネルギーがわかるわからない、そういったことはとくにお気になさらずに、まず、心惹かれるフローライトに出会えたら、それが貴方のフローライト。ということだと思います。
もっとも”人を子供にする”いわゆる無邪気な状態を呼び起こす石でもあると思います。
邪気払いする石だから(笑)素直にそうなるのです。
石好きの人でフローライトが嫌い、苦手、という人はまず見ないですね。

フローライト8_convert_20180720033649

モース高度が4なので(水晶系が7)固い石ではないため、落としたりぶつけたりなどのアクシデントに弱い割れ欠けするリスクは若干他の石よりもありますけれど、通常の石ブレスなどで身につけたりでは損傷することはほとんどありません(たとえば私などは石ブレス重ね付け当たり前の人間ですが、それでフローライトだけ割れちゃった、みたいな経験はありませんです、というレベル)。
放り投げるとか(笑)あと、身につけて激しい運動をするなどは、やめておいたほうがいいかもしれません。
(フローライトに限らずですが。石アクセサリ全般に言えますけれど、一応、やさしくゆるふわっと扱ってあげたほうが長持ちすると思いますよ)

フローライト9_convert_20180720033720


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

仕入れ石お写真です。

2018年07月17日 (火) 21 : 50


この前仕入れてきたキラキラ水晶フェアリークォーツです~うちのカメラマンに(笑)撮り直してもらいました~



やはりすばらしいキラキラっぷりだと思います



フェアリーか…(笑)妖精も日本の夏は暑いんじゃないだろうか…だいたいアフリカの人が暑くて死にそうって言ってる日本の湿度の高い夏は、これはもう生きてるだけで修行かもね



昔ね、満員電車に乗って会社員やっていた頃は「会社へ行くだけで、それだけで、もう給料ぶんの仕事をしている」って思っていたくらい、満員電車に乗ることそのものが私のハードルだった時代があるの(そう言いながらO.L11年はやってたんだから^^「絶対に無理」というんではなかったんだけど、本当にしんどかったよねあれは)



だから私の夢は「電車に乗らなくていい自由な仕事で生きていける」というのがぼんやりあったのよね(のちにだから長時間電車に乗りたくないから都心居住になった、というもともとの経緯もあるんですよ)。なんかこう、何やって生計立ててるんだかよくわからない人だけど、なんか生きてるよね? っていう人になりたかったのよ^^0.Lの頃。だからその夢は叶いました。



みなさんも「ぼんやり」思っているご自身の理想像というのがあるかもしれませんが。否定しなくていいと思いますよ。無理よね~…って言って”現状維持”していればそりゃ延々と理想に近づくことはないかもしれませんが、なんとな~く行動しているうちに(もちろんですがそのなんとなくに肯定感は多少持って。不安からの行動ではそっちへ行くことにならないから)なんとな~く、ハマりどころが出てくるものだと思います。



…って、ピンクオーラクラスターとコバルトカルサイトをすっとばしましたが、こちらはセレスタイトクラスター。
セレスタイトって、ほぼほぼ100中99くらいは”母岩つき”でセレスタイト結晶オンリーのはなかなかないんですよ。
私が選んだ中でも、これだけでした。
すっごい発色と透明度でやばいです。これは、首からぶら下げるにあたり、なんとかほぼギリギリいけそうな重量サイズだったのもあって、仕入れてきました。今月出てくるかどうかはわかりませんが、いずれどかんとワイヤーラップになると思われます。



こちらはね~、卸さんに「コロンビア産のテクタイトが入ったよ!(←私のツボを知っている^^)」ってことで、本当はこれ目的で、卸さんまではるばる暑い中行ってきたわけなんですが。
ビミョウに、テクタイトではなく、オブシディアンなんですよね~。見た目はもろダーウィングラスとかそういうテクタイトの感じなんだけど、こちらは天然ガラス。天然オブシディアンですね。こうして拡大写真にしてみると、あ、これはテクタイトではないな~…ということがわかりますが、コロンビアナイトという名称のこの天然ガラスじたいは、ちょっとしたレアストーンです。
なんでコロンビア産のテクタイトにときめいたのかというと、そりゃもう、センティエントとのカップリングですよ(笑)。今まで産地コロンビアのテクタイトって聞いたことないよね?! ってことで、わっくわくで全部買い占めるつもりで見に行きましたが(笑)テクタイトじゃないんなら、ふたつくらいにしとこ、って感じで^^せっかくなので仕入れてきました的仕入れです。



さて最後は。
以前にも一度だけご案内したことがありますが。
”いまさらロシアンレムリアン”ですよ(笑)。
以前ご案内した時もお伝えしていたけれど、ロシレム、卸元には”大物なら”まだあることはあるんですよ。
去年、なんとか20万円とかそのへんでギリご提供できるサイズ感の…ってことでセレクトしてきたんですが、今はもうそのクラスはないのと、ロシレム、でかければデカいほどロシレムって感じで(笑)やっぱ萌えだなこの石、って思って、仕入れました。



こいつはなんと両剣ロシレムでごわす。
虹もお写真ではわかりづらいんですが、ぎらりん、と出ています。
販売する気まんまんというよりは、前回(去年)仕入れたロシレムの時もそうだったんだけど、売れちゃうとなくなるじゃないですか(当たり前)。だから、ご自宅用(笑)でもいいかしら~やっぱロシレムいっこは大物欲しいかな…レムリアの時代を生きるに当たり、そう人に推奨しているわけだし^^ということで再度連れてきました。
結局、石に繋がって高次に繋がってどこ行くんだ、っていうとそっちなのよ。レムリア的生き方。
人間本来の…というよりは、そっちのほうが、実際に生きてる当事者にとって無理のない路線で結果的に楽だったりするわけ。満員電車でせっかくの20代にエネルギーロスしていた(笑)O.L経験者としては^^そういうアトランティス的社会経験もあるから、わかるし言えるのよ。



売価は30万円超になりますので(え~と、計算すると、消費税込で332,100円ですね)よっぽどのモノ好きさん以外は(笑)水晶ポイントいっこに諭吉33枚とかふざけるな、って話だと思うので、無理にはお薦めしません。
ただ、ロシレムが欲しかった、って方がいらっしゃって、このロシレムをゲットしたい!! という方がいらっしゃいましたら、メールフォームからお申し込みください。
あ、サイズは、120×60×70ミリ程度で、重さは488グラムです。
手のひらサイズではあるけど重量感ありますんで、持ち歩きとか^^そういうのは無理ですし、重いから、ず~っと持ってる系ではないです。ほんと、マスター水晶サイズですね。



どなたからもとくにお問い合わせがなかったら、ひっそりあとから記事のここのご案内は消して、うちのご自宅用ロシレムに(笑)しちゃうつもりです。
ちなみに、ロシアンレムリアンというのは、ガイガーミネラル社の登録商標のネーミングであり、こちらはそのロシアのウラルレムリアン水晶なんですが、のちに大量ロシレム放出のストッカーが(ディビットがすべてロシレムは買い上げたはずが^^まぁ…がめていたというか隠し持っていたというのか。ディビットも今現在日本の卸店がそれを大量一括仕入れして販売する話になったことはご存知ですよ。卸店のシャチョーはちゃんとデイビットにご挨拶して許可というわけではないけれど販売させてもらいます~ということは伝えていてディビットのほうもまぁ「まいっか」風味に和解しているそうなので^^。時代は進んでいてディビットのほうは今センティエントプラズマクリスタルが主力でもあるわけですしね。だからネーミングは卸店さんとしてはロシアンレムリアンは使えないので、マスターウラルレムリアンクォーツという名称となっております。)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page