カテゴリ
2008 (No Image)  の記事のリスト

日はまた昇る  ネックレス

2008年12月29日 (月) 23 : 46

今回、ネックレスが登場。
これ、写真では伝わりづらいのですが、ド綺麗です^^。

クォンタム・クアトロ・シリカって、近年お目見えの新種の複合石で、スーパーセブンなどと共に、「スピリチュアル色」の濃い紹介のされかたをする石ですが、地味に人気がある石です。なんとなく。
この石を必要とする方は、たぶん、「ぱっと、その見た目に、否応なしに惹かれて」というケースがほとんどなんじゃないかな。
必要のない方にとっては、ある意味ただの地味な石ですね。


当時の文章は、以下のとおり。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


「明日があるさ」と同義語みたいな言葉ですが、ちょっと違うのは、「明日があるさ」には、どことなく意図的な先延ばしの匂いも漂い、ともすると、今日やるべきことまで明日明日、とどんどん先延ばしにしているうちに、明日は来ない、になりそうな感じもあるのですが、「日はまた昇る」には、そういう自己の作為はなく、これは宇宙の法則です。

この当たり前のことが見えなくなり、絶望的な気持ちになったり、もうずっとこのままなんではなかろうか・・・の諦めに陥ったり。なにかしらの「トラウマ」で身動きができなくなっていて、真新しい一日が、日が昇るように、上昇気流でやってくることがにわかに信じられないような重傷患者(?)に、このクォンタムクアトロシリカは、よい石だと思います。

「日はまた昇る」を、素直に受け入れる気持ちになれるサポート系の石組み。
こちらは、とにかく、気持ちが早めに元気になる必要に迫られているヒトに、向きかも。


  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑


トラウマという「言葉」が、トラウマを作っている・・・(病名を付与される、認識することで、その病気を手放せなくなるように)ということもなきにしもあらずですが、それでも、まぁ、抱えないってことは大事です。生きていく上で。
彼らは、その「抱えてしまう、魂の癖」を是正する手助けをする石たち。

「強く生きよう」なんて思うヒトほど、強くない自分を知っている、無意識に、強くない自分への嫌悪を抱いてしまうんですよね。まるごと、現状の自分を、どうしてもいったんは認めていかなければ、当たり前に日が昇る美しさ、ありがたさ、にはなかなか気づけないものです。

その、当たり前のありがたさ、存在することへの感謝を、彼らは教えてくれているように思います。



使用石は
「クォンタムクアトロシリカ10×10×10ミリダイス型タンブル、6ミリ丸玉」「ラブラドライト10ミリ丸玉、7~8ミリロンデル、14×10×6ミリオーバルカット」「スモーキークォーツ24×15×15ミリタンブルカット、10×8×8ミリ6面ライスカット」「アクアマリン12ミリ丸玉、約10~8×8×6~8ミリタンブルカット、7~8ミリロンデル」「シルバーオーラ10ミリ64面カット丸玉、8ミリ64面カット丸玉」「レモンイエロークォーツ10ミリ128面カット丸玉」「レモンクォーツ6ミリボタンカット」



ビーズ状態は、良好。
アクアマリンはグリーン~ブルーの発色の綺麗な丸玉。若干、表面研磨の荒い部分もあります。タンブルカット、ロンデルは共に、綺麗なブルーの発色。グレード良しです。
ラブラドライトはレッセンスが綺麗にでているグレー母体のビーズ。ラブラドライトもグレードがピンキリの石ですが、こちらは、この大きさとしてはかなりグレード良しの部類。オーバルカット、ロンデルも共に、綺麗なビーズです。
クォンタムクアトロシリカのタンブルと丸玉は、クリソコラの緑味が強いビーズと、スモーキークォーツの色味でグレーがかった渋いグリーンになっているビーズ。
レモンイエロークォーツ、というのは、シトリンなのかもしれないのですが、おそらく天然色ではないだろう、ということで、そのような名前の表記にしました。仕入れ元は、シトリンって言ってましたけれど、こういう色のレモンクォーツもありますし、その二種の色合いの境界線って、非常にビミョウで曖昧です。一般的には、この色合いは「レモンクォーツ」として販売されています。ボタンカットのほうは、レモンクォーツという色合いのレモンカラー。
今新宿高島屋の隣の東急ハンズで、ジェニュインさんという石ビーズのお店がビーズ販売していますが(昨年も、年末にやっていましたね)この多面カット丸玉とまったくの同タイプのビーズが「レモンクォーツ」の名称で販売されておりました。すっごく高くてびっくりしました^^。



ネックレス長さ57センチ。
ナイロンコートワイヤー、ロジウムメッキパーツを使用しています。


SoldOut


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

日はまた昇る ブレスレット4

2008年12月29日 (月) 23 : 40

こちらも半年前ですね。
これも、今回に限らずご希望が多い、隠れファンの多い石組みです。
クォンタム・クアトロ・シリカって、近年お目見えの新種の複合石で、スーパーセブンなどと共に、「スピリチュアル色」の濃い紹介のされかたをする石ですが、地味に人気がある石です。なんとなく。
この石を必要とする方は、たぶん、「ぱっと、その見た目に、否応なしに惹かれて」というケースがほとんどなんじゃないかな。
必要のない方にとっては、ある意味ただの地味な石ですね。


1、2が既発ですので、「4」ということで。
当時の文章は、以下のとおり。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


「明日があるさ」と同義語みたいな言葉ですが、ちょっと違うのは、「明日があるさ」には、どことなく意図的な先延ばしの匂いも漂い、ともすると、今日やるべきことまで明日明日、とどんどん先延ばしにしているうちに、明日は来ない、になりそうな感じもあるのですが、「日はまた昇る」には、そういう自己の作為はなく、これは宇宙の法則です。

この当たり前のことが見えなくなり、絶望的な気持ちになったり、もうずっとこのままなんではなかろうか・・・の諦めに陥ったり。なにかしらの「トラウマ」で身動きができなくなっていて、真新しい一日が、日が昇るように、上昇気流でやってくることがにわかに信じられないような重傷患者(?)に、このクォンタムクアトロシリカは、よい石だと思います。

「日はまた昇る」を、素直に受け入れる気持ちになれるサポート系の石組み。
こちらは、とにかく、気持ちが早めに元気になる必要に迫られているヒトに、向きかも。


  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑


トラウマという「言葉」が、トラウマを作っている・・・(病名を付与される、認識することで、その病気を手放せなくなるように)ということもなきにしもあらずですが、それでも、まぁ、抱えないってことは大事です。生きていく上で。
彼らは、その「抱えてしまう、魂の癖」を是正する手助けをする石たち。

「強く生きよう」なんて思うヒトほど、強くない自分を知っている、無意識に、強くない自分への嫌悪を抱いてしまうんですよね。まるごと、現状の自分を、どうしてもいったんは認めていかなければ、当たり前に日が昇る美しさ、ありがたさ、にはなかなか気づけないものです。

その、当たり前のありがたさ、存在することへの感謝を、彼らは教えてくれているように思います。



使用石は
「クォンタムクアトロシリカ10×10×10ミリダイス型タンブル」「ラブラドライト10ミリ丸玉」「スモーキークォーツ9ミリボタンカット」「アクアマリン12ミリ丸玉」「シルバーオーラ10ミリ64面カット丸玉」「レモンイエロークォーツ10ミリ128面カット丸玉」



ビーズ状態は、良好。
アクアマリンはグリーン~ブルーの発色の綺麗な丸玉。若干、表面研磨の荒い部分もあります。
ラブラドライトはレッセンスが綺麗にでているグレー母体のビーズ。ラブラドライトもグレードがピンキリの石ですが、こちらは、この大きさとしてはかなりグレード良しの部類。
クォンタムクアトロシリカのタンブルは、クリソコラの緑味が強いビーズと、スモーキークォーツの色味でグレーがかった渋いグリーンになっているビーズ。
レモンイエロークォーツ、というのは、シトリンなのかもしれないのですが、おそらく天然色ではないだろう、ということで、そのような名前の表記にしました。仕入れ元は、シトリンって言ってましたけれど、こういう色のレモンクォーツもありますし、その二種の色合いの境界線って、非常にビミョウで曖昧です。一般的には、この色合いは「レモンクォーツ」として販売されています。今新宿高島屋の隣の東急ハンズで、ジェニュインさんという石ビーズのお店がビーズ販売していますが(昨年も、年末にやっていましたね)これとまったくの同タイプのビーズが「レモンクォーツ」の名称で販売されておりました。すっごく高くてびっくりしました^^。



ブレスレットのサイズは、内寸15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


SoldOut

(こちらは、現品限りです)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

日はまた昇る ブレスレット3

2008年12月29日 (月) 23 : 32

こちらも半年前ですね。
これも、今回に限らずご希望が多い、隠れファンの多い石組みです。
クォンタム・クアトロ・シリカって、近年お目見えの新種の複合石で、スーパーセブンなどと共に、「スピリチュアル色」の濃い紹介のされかたをする石ですが、地味に人気がある石です。なんとなく。
この石を必要とする方は、たぶん、「ぱっと、その見た目に、否応なしに惹かれて」というケースがほとんどなんじゃないかな。
必要のない方にとっては、ある意味ただの地味な石ですね。


1、2が既発ですので、「4」ということで。
当時の文章は、以下のとおり。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


「明日があるさ」と同義語みたいな言葉ですが、ちょっと違うのは、「明日があるさ」には、どことなく意図的な先延ばしの匂いも漂い、ともすると、今日やるべきことまで明日明日、とどんどん先延ばしにしているうちに、明日は来ない、になりそうな感じもあるのですが、「日はまた昇る」には、そういう自己の作為はなく、これは宇宙の法則です。

この当たり前のことが見えなくなり、絶望的な気持ちになったり、もうずっとこのままなんではなかろうか・・・の諦めに陥ったり。なにかしらの「トラウマ」で身動きができなくなっていて、真新しい一日が、日が昇るように、上昇気流でやってくることがにわかに信じられないような重傷患者(?)に、このクォンタムクアトロシリカは、よい石だと思います。

「日はまた昇る」を、素直に受け入れる気持ちになれるサポート系の石組み。
こちらは、とにかく、気持ちが早めに元気になる必要に迫られているヒトに、向きかも。


  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑


こちらは、ほぼ、以前のものと同デザインを復元。

トラウマという「言葉」が、トラウマを作っている・・・(病名を付与される、認識することで、その病気を手放せなくなるように)ということもなきにしもあらずですが、それでも、まぁ、抱えないってことは大事です。生きていく上で。
彼らは、その「抱えてしまう、魂の癖」を是正する手助けをする石たち。

「強く生きよう」なんて思うヒトほど、強くない自分を知っている、無意識に、強くない自分への嫌悪を抱いてしまうんですよね。まるごと、現状の自分を、どうしてもいったんは認めていかなければ、当たり前に日が昇る美しさ、ありがたさ、にはなかなか気づけないものです。

その、当たり前のありがたさ、存在することへの感謝を、彼らは教えてくれているように思います。



使用石は
「クォンタムクアトロシリカ8ミリ丸玉」「ラブラドライト6ミリボタンカット」「スモーキークォーツ7ミリ丸玉」「アクアマリン6ミリロンデル」「シルバーオーラ8ミリ丸玉」「シトリン7ミリ丸玉」



ビーズ状態は、良好。
アクアマリンは透明感、発色の綺麗なロンデル。ラブラドライトもレッセンスは薄目ですが綺麗なグレー母体のビーズ。シトリンは薄いレモンカラー。クォンタムクアトロシリカ丸玉は、クリソコラの緑味が強いビーズと、スモーキークォーツの色味でグレーがかった渋いグリーンになっているビーズ。


ブレスレットのサイズは、内寸16センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


SoldOut


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page