行動の勝利者へ。サンストーン

2006年04月16日 (日) 00 : 10
サンストーンをGoogleイメージで検索


何種類もの石アクセなんてしていると、「ひぇ?」というようなコトが起こった時に、「いったいどの石が起こしたコトなのか?」見当がつかなくなります。
つまり、かなりラッキーな結果というのか、実力以上の結果を手にした時にですね、どれだろーどれだろー、という検証が大変難しくなるんですね…。
でも、たぶん「どれ」っていう問題ではないのだと思います。
どの石にも感謝ですね。

しかし、それでもしつこいまでの検証の結果として、最近、ほとんど見につける出番のなかった「サンストーン」あたりなのかなぁ…というところまで、なんとか当たりはつけました。久々に、「サンストーン」をラインナップに加えた結果なので。

サンストーンという石は、「行動の勝利者」へ導く石として、有名です。
なので、パワストとして石を役立てようとなさる方が引きもきらない昨今では、なかなかの人気石です。

この石は、長石のお仲間で、日長石という、紅色のフェルドスパーで、きらきらとしたアベンチュリンレッセンスのある石。よく同じ長石の「ムーンストーン」とは対の存在として言われます。
サンストーンが男性性であれば、ムーンストーンは女性性。
サンストーンは太陽の象徴で、ムーンストーンは月の象徴。陽と陰。
(ラブラドライトは、この中間色の強い石。両性具有というか、中性というか、そんな感じです)

だから、表立って目立つのはサンストーンのほうです。
つまり、「現象化」「具体化」という意味で、謳われている効果が「結果として目に見えやすいもの」で現れるケースが多いようです。
まぁ、
「あらゆる行動の勝利者」という意味が、どういう意味を持つのか、その辺りは自分の胸に手を当てて、自分がどんな行動をしているのかを問わなければなりませんけれど、私的にはイメージとして、「文句のひとつも言いたいところだけど、それをぐっと飲み込んで、明るく楽しく我道をこつこつと黙って歩いている姿」に、天がその部分で味方をしてくれる、それがサンストーンがもたらす結果なのかな、と感じました。

人間、誰しも「うまくやりたい」し、「自分にとって良い結果」を欲しますよね。
だからサンストーンは、そのチカラにあやかれそうな石として人気がある。

サンストーンは確かに、そういう仕事をする石です。
でもきっとそれは、自分の中の「太陽」と共鳴する部分、前進する心、惜しみなく光を与える心、それが生み出すもので、サンストーンを身につけると、そういう感覚に誘導しやすくしてくれるんじゃないのかな、という気がします。
「結果」というものは、「心が作り出す」ことを、わかりやすく教えてくれる、聖石じゃないでしょうか。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  才能発見stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page