今回の反省点ーー。。

2010年03月27日 (土) 21 : 42
早くも^^。


いつも印象としては、あれれ~な感じで、私を驚かせてくださる、「売れ行き」の傾向というものです。
みなさまがどうゆうものを求めていらっしゃるのか、「おまえは学習しとらんな~」と、頭をがつんとやられる、心臓に悪い^^出品後です。
こういった仕事を生業としている人間にとっては、これは普遍的共通の楽しみであり、かつ成長の糧をいつもみなさまにいただいていることになります。
なので、これから書く文章は、こういう石アクセサリなどを、販売されていらっしゃる方などにも、参考にしていただけると思います。


だいたい傾向としては、自分が記事に書いたレシピなどは、人気があるようです^^。
人柱ではありませんが、自分も身につけますので、うちのアクセサリは、「自分の場合は、こういうことがありましたよ~」という事例は、非常にダイレクトに伝わりやすい傾向にあるためか、先に予備知識があるから、実際のものを見たときに、ぴぴぴ、と伝わりやすいのかもしれませんね。
こういう場合の注意点があるとしたら、「私という人間においての経験の傾向」というひとつの例にすぎない面がありますので、同じ石レシピがもたらす「実際の現実の現象」は、必ずしも、私が感じたようなことに繋がっていくのかどうかは、未知数、ということかもしれません。


人生における課題、立場、それぞれにみなさん違っていらっしゃる。
その中には、究極的には「共通」といえる部分はありながらも、「選択(道)」は無数であり、「これでなくては」というのは、あっていい場合もあるし、なくていい場合もある。
一本気なところが、長所にも短所にもなりえる、人間の性格・・・というこの、面白さ。
石というのは、簡単に言うと「人間の長所を引き出す」存在なのですが、どちらかというとこの「長所というものへの思い込み」を、変容させる、という面が強い石が多いような気がいたします。


ところで、そういう意味で、今回の反省点^^なんですけれどね、
「あれれ~~~~、アクエリアス・ストーン、不人気だわ~~~~。どうして???」という現時点での傾向を目の当たりにして、軽いショックを受けた自分なのですが^^、よくよく文章を読み返してみると、「あ、これって「チャネリングというもの」はこういうものらしいよ、ってことしか、書いてないじゃん^^。ぜんぜん、アクエリアス・ストーンの説明じゃなかったな」ということに気がつきました。
これじゃ、まるで、彼らが「チャネラーを迷走へと誘導する石」かのような印象持っちゃうじゃない、と。


実際には、「その真逆」だからこそ、今回、意気揚々とお出しした経緯があるというのに、これじゃつたわりっこないな、ということを発見。


ここに付け加える内容があるとしたら、
彼らは、いわばそういった目に見えない世界における、ナビゲート・ストーンとして、持ち主の魂にとって安全で益のある道へ導く石たちである、ということです^^。
魑魅魍魎の跋扈する現実世界、それは、要するに、目に見えない世界と、相対しています。
目に見えない世界の魑魅魍魎と、相対していかない人格形成、そういうものを助ける石組み・・・それが、アクエリアス・ストーン、「コンタクティ」です。
ただ単にそういったチャネリングなどの本人にとっての自覚の世界にとどまらず、私たち人間は、必ず、「霊的な意志を持つ存在」に基本的には、感受された、発想、ものの考え方、そういうものを、誰もが持っています。
そういう意味では、「自分個人の、オリジナルの発想」などというものは、存在しない、とも言えます。
霊の関与なく存在している人間は、ひとりもいないです。


なにかと、「魔よけ」とか、人は邪なものに関与することを避けたい傾向にあります。
しかし、それを「表層の部分だけで」捉えた「魔」、つまり、マイナスな現象を引き起こす存在が、都合の悪い存在を、「魔」としがちですが、実際には、本当はそうではないことも、数多いです。
そもそもの、その「魔」なるものとはいったい何なのか? を知らずに、「魔とは、自分にとって災いと見られる問題を引き起こすもの」として捉えている傾向が強いため、実際には「魔」に魅入られているにもかかわらず、災いがないことで、気づかないケースも往々にしてあると思われます。


アクエリアス・ストーンのコンビネーションの傾向としては、「魂の利益」に関与する傾向があるため、この世での「実利益」が即座に顕現されますよ~、という種の「効果・効用」ではありませんが^^、そういうものを、もともと謳いづらい面があるな、って思います。
(アクエリアス・ストーンに限らず、そもそも「石が実利益を・・・」なんてことは、ありえないっちゃありえないのですが)


「魂の利益」それは、「精神的成長」であり、実際にはこれをなくしては、現実面での幸福や実利益のようなものだけ追いかけ続けても、片手落ちになりがちです。
「コンタクティ」とは、自分ひとりで生きているわけではない、魂のサポート的存在とのコネクションを持つための、コンセントの役割をしてくれる、たとえばそれが、「実感」として感じられようと感じられまいと、感謝体質^^ではありませんが、ものごとの本質部分への希求を、つまらないこととは思わなくなるような、サポートをしますので、
「私にとっては」ですが^^、「コンシャス・チャネルのベースになっていった石組みだったんだな・・・」と感じられます。



反省点は、「コンタクティ」の説明文に限らずなのですが^^、とりあえず、長くなりますので、今日はこれだけにしときます♪



ということで、
現在、お求めいただける、石アクセサリです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2010 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page