人のためは人のためじゃない

2018年10月09日 (火) 20 : 18
昨日の巨大葡萄の話の続きじゃありませんが(笑)

たいていの…”人に喜んでもらいたい”的なこともそうだし、人に良かれ…という発想の行動の目的は…

「自分のため」「自分が喜ぶため」であることが多いですね。
(実家の母は…「子供に食べさせる」ということが…あの人の幸福なのです(笑)。ごはん作って食べさせることが大好きだと言ってましたから。筋金入りの日本の母とも言えます。離れていると、日常的にそれができない相手には、より、そうしたくなるところがあるんじゃないでしょうかね…。だから先に、”食べたいものがあればそれを相手に聞く”という…ほんの、ひと手間を…サボらないでくれれば^^いいわけなんですよ。私が思うのは、そこですね…)





もちろんですが、この”人に喜んでもらいたい”が、人間の行動の原動力であることじたいは間違いではないです。
こういうのがなければ、「思いやり」も生まれませんし、人間のアイディアや創作活動やらが実を結ぶルートも見つけられません。
そもそも”単品で生きられない”ようになっているのがこの世なので(笑)。
人のために…って思える、って素晴らしいことだと思います。

ただそれは、「自分のため」「自分が喜ぶため」であったり「自分が救われるため」であったり…であることを、否定していなければ。
わかっていれば良いのだと、思います。





どれだけ「人のために」とか「社会貢献」とか「国とか世界のため」とかはては「地球のため高次のため宇宙存続のため」とか(笑)言っても…自分を蔑ろにしたり、自分自身が喜んでいることや、自分もそこに含まれることを認めていなかったり、ちょっと自己犠牲が入っちゃってるような「こんなにしてあげてる」ですとか、相手がそれを望んでいるかどうかわからない”相手のため”というのは…帰ってくるものは、ケース・バイ・ケースです。

自分自身の反応が(笑)そもそも物語ってますよね^^それを。

でも「自分のため」「自分が喜ぶため」であるなら…
返ってくるものへの反応が…仮に自分の望むものではなくても、「不満、不服」には、なりようがないんですよね。

相手がそれを喜ばないのであるなら…どこかに、ワンクッション、自分側に抜けがあるとか、要因があるし。
僅かのことなんですけど。
(でもその”僅か”を嫌がってしまったり、面倒臭がってしまうのも人間…たいていの人は、仮に「気づいていても先延ばしする、認めたくない」という…これは人間の習性なんですよ。爬虫類脳の(笑))

それを、相手が喜んでくれるであろうものに精進していく、”人が進んでそうしたくなる”ような、そういう変化のサポートをすることが、きっと”この世でやる課題”のひとつ…なんでしょうね…。
(そしてそういう場合、現実的、実際的にそういう人は”豊か”にもなっていくということもあります)

あ、これって、「特定の人」だけの話ではないですよ。生きてる人、みんなに共通してると思います(笑)。





「あなたに良かれ」の取扱いは難しいな、って思いました。
(まぁ、たいてい、人はそれをそう受け取らないものだし)

そんな母の血を引く私は…
今日も、余計なお世話かもしれない、「あなたに良かれ」を…ついさきほど、人様にご提案してしまったところ。

経営にかかわる話ですけれどね。

もっともっと余裕のよし子になってもらったほうが、「私も嬉しい」から(笑)です。
(三次元世界のコンサル業かお前は…)

そして私は、うちの石アクセサリを身に着けてくださるみなさんにも、当然ですが、同様の感じを持っております。

みなさまが、より良くなっていただけることが、私が嬉しいからです。





でもこれもですね、

それをプレッシャーと思う(笑)…。…。…。そんな方もいらっしゃるわけです。。。

私は、こういうことへの気遣い足りなかったと思います。

「より良くなっているかどうかはわからないけど、パワーストーンワークスの石アクセサリが好きなので欲しいんですが…こんな私は買ってはダメでしょうか」

なんて言われると、胸を鷲掴みにされたような気持ちになります(笑)。

あの、、、別にですね、より良くなってる実感とか、現実が良くなったとか、そういうこともとくにないのに(笑)それでも好き♪ 欲しい♪ …だなんて…
そして実際に、お金出して、買っていただけるなんて…

めっちゃ…「あなたは天使ですか?」…の、天使認定な話なんですよ、私にとって。

そうやって、私ばっかり幸せにしなくてもいいんですよ…
ぜひ、お客様ご自身、もっともっと、貪欲に(笑)「ご自身にとっての幸福」をがっつり追求してくださいね。。。

(っていう台詞が^^きっと「不要」なんだろうな^^。石はちゃんと、黙っててもその人その人にカスタマイズされていくのだから)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page