石の意味~K2(K2ストーン、K2ジャスパー)~

2018年04月21日 (土) 00 : 00
K2はパキスタン、インド、中国の国境に位置するカラコルム山脈K2峰から近年発見された石です。
ベース部分はグラナイト、青い水玉模様はアズライトです。
グラナイトとは火成岩の一種である花崗岩のことで、主に石英とフェルドスパーからなる混合石。懐疑的でネガティブな傾向を消し去る石だそうです。
アズライトは代表的なサードアイ活性化の頭脳の石で、洞察力やビジョンの石として知られています(たしかエドガー・ケイシー氏ご推奨の石だったか)。
K2ストーンはアズライトとグラナイトのエネルギーを併せ持つグランドフォーメイションストーン。

K2 1_convert_20180420155551

K2については、なんといっても、こちらのH&E社のR.シモンズ氏の解説でしょう(笑)。
実は私はこのK2に関しては、この見た目の可愛さに、実物見るなり完全にノックアウトされまして、どういう石とかそういう事前情報まったく知らずに入手しまして。
ニューストーンとして登場した当時はビーズなんてまったく出回っていなかった石で、市場にもほとんど見かけることのなかったレアストーンでした。

K2 2_convert_20180420155623

で、なんでロバ氏解説押しなのかというと、まったく、まったく、このまんまの経験を(笑)K2を手にしてすぐに、半覚醒状態の時に「ぬわんじゃごりゃぁあああ」経験をしてしまったからです。
そのあと、大慌てで、このK2について調べましたら、ロバ氏解説発見しまして。
「ほんとうに、このままだ…」と感じ入りました次第。

以下、H&E社R.シモンズ氏のK2解説を転載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロバート・シモンズ:

「K2は、驚くべき、驚くべき石です!サードアイチャクラとクラウンチャクラのハイレベルの活性化を提供します。」

この石はボディのエネルギーセンター(チャクラ)のどんなの振動でも増大させて、高めることができて、それは人間の精神の悟りを刺激する程のレベルである。
また、K2は深い洞察の石であり、一生の出来事や不思議なことなどすべての潜在的な意味に侵入して人の意識を刺激する。
現実の根底にある出来事を見て理解しているので、人の能力を増大させます。
私たちが活力と意味の下にある層を認め始めるならば、人はネイチャーマインドを呼び生命の素晴らしい冒険を受け入れて、人生への情熱は再燃することでしょう

K2のアズライトの構成要素が精神能力のその強化の原因となることであると確信すると、私は感じます。しかし、人は、これらの石の主成分を作る水晶、フェルドスパー、バイオタイトの組合せを見落してはいけません。

内面の次元認識と星の旅行さえ容易にして、K2は、覚醒した状態に、ライトボディを持ってくることができます。
K2は過去世を思いだすのための優れた石です。そして、スピリチュアル能力を強化して、友人やパートナーの間でテレパシーが通いあう時を増やして、精神的な理解を促進します。
また、これは、健康、富と独立のための石です。  

自然治癒するスピリチュアル領域では、K2は脳、心臓と神経系を波動的にサポートします。感情面には、自立と品格の強さを刺激します。
K2は、さまざまなアゼツライトと最高に調和します。単独で用いるよりもアゼツライトとの併用をお勧めします。ニルヴァーナクォーツ、フェナカイト、ムーンストーン、ガーネット、アズマーとヘルデライトと共鳴します。自然治癒するアプリケーションについては、K2をヒーラーライトとセラフィナイトとを合わせることが理想的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というヘブンさん解説の、この一行目の「K2は、驚くべき、驚くべき石です!サードアイチャクラとクラウンチャクラのハイレベルの活性化を提供します。」を、実体験してびっくりしたんですよ。
本当に、「驚くべき×2」と、驚くを2度繰り返してしまう現象でしたん。だから、この表現で正しいぞ! と、この解説見つけた時に、さらに実感しました。(H&E社のロバさんは解説読んでるとわかるのですが、おそらくエーテル階層アストラル階層のエネルギーやそこのエネルギー存在がかな~り正確にわかる方なのだろうと拝察されます)
K2持って、うとうと半分寝ちゃってた時にそれは起こりました。
ハイレベルの活性化。
もう、そのまま(笑)そのとおり、でした。
ほんとうに、脳天からポコポコもぐらたたきのように(笑)エネルギーが注入され、眉間はおそらく今まで私が実際に覚えている限りで、最高にぐるんぐるん状態でした。
ほんと、なにこれ状態。自分に何が起こっているのかと。
「いったいどうなってしまうのか?!」の世界でしたが、決して怖いとかそんなんじゃなかったの。
あと、脳天からの高次エネルギー注入もぐらたたき現象は、そういうのがある、ってサイキックスピ系の人に聞いて知ってたから、「これか!!!」という感動のほうが大きかったでした(笑)。

K2 3_convert_20180420155650

ただまぁ、よく考えてみると、それだけっちゃそれだけの話(笑)なんですけどね。
しかも、結局この時以降に、顕著にその状態を再現できたことはないので、再現性のない話で今や思い出話のように何度もこれを語るのもどうか? っていうところもあるんですけれど(笑)。

ただあの半覚醒状態でのあそこまでの感触は今は得てはいないのだけれど、それは自分が肉体レベルの体感でそこまで感じてないだけの話で、わからなくてもあのレベルのエーテル体の活性化のはたらきかけがある石であることは実際のところだと思います。
だから、日常から、エーテル体をずっと体感しながら生きてるような(笑)超敏感肌の世界の人(現実を生きづらそうとも言える)には、きっと、ずっと頭頂ポコポコエネルギー注入、眉間はげしく渦巻きが通常レベルに感じられる石かも。
(そう考えるとね…わりと多くの人が”体感できちゃう系のハイオクターブストーン”って、どれだけ凄いのか…ってことでもあるんですよ。フェナカイトとかダイヤモンドとかセンティエントとか。K2もそのレベルだとは思うんだけど、ベースが肉体寄りの石なので、「強っっ」みたいな、ハイオクターブ系とは違うかな)

あらためてヘブンさん解説を読んでみると、私がほんとうに驚いて実感したのは「一行目」だけで(笑)そういえば、それ以降に書かれているような部分についてはどうなんだろう? というところはあったのですが(笑)ただね…それも、あらためて、あらためて、よ~く考えて振り返ってみると、「K2以降」は「フェナカイト以降」なんかとも(笑)かぶっちゃう(相乗効果と呼べばいいのかしら)ところはあるんですけど、人生そのものは以前とは違う、前に進んだ感はあります。そういえば。

K2 4_convert_20180420155715

PSW的には、K2は、人生を確実に良き方向へ前進させる石、と思います。
単に、上位チャクラ活性化のサイキッカー養成のための石(笑)ということでなく、人生を充実させる素養をサポートしてくれる石だと思います。
”サードアイチャクラとクラウンチャクラのハイレベルの活性化”…(笑)もちろんこれだけじゃ人生成り立たないです。
ですが、ここがしっかり稼働していることは、大事なファクターであることは確実です。
(自律しようにも、自分のない人っていうか、依存心の生まれる発露はこのあたりのチャクラの不活性もあるかもしれませんし。自分を生きるアイディアとからしさとかにも必要ではありますね。どこまで行っても人生は自己責任ですから)
なので、肉体ベースのエネルギーセンターすべてにわたる活性化の石であるところが、今この変容の時代「アセンションの役割持った石」と言えると。グラナイトに入ってるアズライトというところがミソなんですよ。アズライト単品だとアズライトに反応しなかった人が(笑)目を向けるでしょ? カワイイから。
この石を見ていて、なんか嫌な気持ちになる人って少ないんじゃないかな? 苦手感はある人にはあるかもしれないけれど、おそらく、色んな色石の中でこのかわいさから(笑)「手にしてみたい」と思わされる石なのではないかな、と思いますし。

K2 5_convert_20180420155745

そのくらい、「高次は門を開いて待ってる」今はもう、誰でもサイキッカーといえばサイキッカーになれる、そういう世界なんだよ…っていうことを、こういう、近年発見される珍しい石たちはそのメッセージを伝えてもいるのです。
私自身、K2に最初に出会ったのは今から2年前? いや、3年前くらいになるのかもしれませんが、それ以降もずっとシゴトのパートナー石としても活躍してもらっているところがありますので。
K2と一緒のメディテーションも時々してますし、あの脳天もぐらたたき再来を(笑)夢見て、今も枕元にK2置いていたりします。


石の意味~K2(K2ストーン、K2ジャスパー)~ 
補足記事①
「ミカエルさんに叱られた…」



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page