石の意味~ロードクロサイト(インカローズ)~

2018年04月17日 (火) 00 : 19
ロードクロサイト1_convert_20180416235757

今やもう、一躍、ザ・パワーストーンのような存在とも言えましょう、ロードクロサイト。
この石に広まる意味がやたらに「恋愛テーマ」や異性との愛、愛、的にプッシュされている点などを度外視しても、この魅惑的なピンクの発色、ロードクロサイトという石の持つ魅力そのものに惹かれてこの石を手にされることも多いのではないかと思います。

一般的にロードクロサイトに伝わる意味は、
・過去のトラウマの癒やし(恋愛、異性に対し臆病になっている状態から脱して自分に自信を持てるようにする)
・ソウルメイトとの出会い
・情熱を呼び覚ます

などなどで、独身女性であれば、最愛のパートナーとの出会いや結婚への導き、マンネリカップル(既婚、未婚双方に)には出会った頃の初な(笑)ハートを取り戻す、消えかけた情熱の再燃…といったような効果を促す…と言われております。

ロードクロサイト2_convert_20180416235839

というわけで、ロードクロサイトは、そういった”意味”じたいも有名なので、何気にそういう感じの願望を持っているような人に好まれる傾向じたいはあるようです。
なんとなく、うちでも長年見ていて、全部が全部じゃないけれど、そんなような感じの場合もあるかな? とは思えます。
愛する対象がいること、それが異性に向いてる傾向一辺倒ではありませんが、基本、”自分ひとりの世界”を率先して望んではいないような傾向がある方が好む石かな、というところはあります。

ロードクロサイト3_convert_20180416235908

それで実際になんか具体的に効果がありましたん? という話になると、「あった、って聞いてるパターン」も、これだけ長年やっていますから(笑)そこそこありますが、買ってくださいました方全員がその手合いについて、逐一こちらへ「こんなことがありました」ってご報告されるというわけでもないので、実際的にどのくらいの確率で上記のような話につながっているのかについては、未だ未知数なところ、あります。

未知数なところあるんですが、ロードクロサイトについては、この10年以上継続して続いてきた天然石ブームの過程で、そういう「恋愛石」としての集合意識のエネルギーが実際に10年以上前よりもさらに色濃くなって根付いてきているヒストリーがあるため、好む好まないにかかわらず、そういう石としてロードクロサイトを取り扱う人にとっては、そういう薬効(クスリではないですが)もあるんではないかい? な石になっているんじゃないかという気がします。

ロードクロサイト4_convert_20180416235942

PSW的には、ロードクロサイトは、「愛の代表的な石のひとつ」として、抑え込んでいる情熱とか、自信のなさだとか、ご自身をそういうふうな状態にしていたい人ならそれはそれでもう、そのままでもいいと思うし、とくに無理にお薦めしないのですが、そういう自分の中に閉じ込めてしまっている”生命エネルギー””情熱エネルギー”を、現実的に活用していってくださいね、というようなタイプのカップリングに使うことが多い石です。

なので、私が感じるロードクロサイトは、”寂しがり屋さんにパートナーをあてがう石”というわけではなく、その寂しがり屋さんを、立派なひとりのオトナの女性へと一本立ちさせる石…という位置づけです。

ロードクロサイト5_convert_20180417000018

で、とくに男女間の愛だ恋だの世界を展開することだけに、その情熱をそそぐ必要はありませんけれど、アレなんですよ、好む好まないにかかわらず、もうなんだかパートナーがいてしまっている…って言ったらあれですけどね(笑)そういう場合、別にパートナー無関係に、自分の世界ってものがあったり、それを構築したい場合なんかもあるじゃないですか。
で、そういう時って、つい、パートナーがうざい(笑)とか^^まぁ、人間あったりするんですよ。
でも”物理的にいる”場合はね…もうそれは邪険にはできないの。
そして、邪険にしないほうが、とりたててラブラブとかそういうわけでもなくてもいいけど、”関係性良好”であるほうがね、実際のところ、自分にとっても相手にとっても、総じてほかの色々な面においても、結局スムーズだったりします。
仕事、金銭、健康、いろいろすべてが繋がってますからね。
そういう面倒くさいことも(笑)パートナーというのはいたらいたであるんだけど、ロードクロサイトは、そういうことが面倒くさいな、って思うような人にとっても、ギスギスしない険悪な状態を作らないための有効な仕事をしてくれる石だなと思います。
個人的所感です。なので私にとっては仕事運石でもあるという感じかも(笑)。
(だからロードクロサイトに言われるような情熱の再燃、的な感じというよりは、当たり前なんだけど「自分も相手も大事にする」感じの考え方、方法、それをかったるいとか(笑)思わないでできるようになるというか。あ、それが^^消えかけた情熱の再燃、と言えばまぁそうなのか^^)

ロードクロサイト6_convert_20180417000045

この世を生きている関係上、男女が出会いパートナーシップを組んでいく、ということは、わざわざ回避しなくても(笑)そしてとくに切望しなくても、そうなる時はそうなりますし。必要ない時はそうなりませんし。
…ってことで、私はロードクロサイトを、あんまりそういう相手の愛をクレクレ的に身につけるのはどうなのかしら? と思わないでもないのですけれど(クレクレ思っている時は、恋愛依存だったり、むしろ出会わなくていい時である場合もあるので)ただね、上記の、「自信のなさ」ですとか、ご自身を抑え込んでいるものを解放する、その部分において、どっかでふっきらなきゃ生きていけない、過ぎた過去の失敗のように感じられるものですとかをね、むしろ、貴重な自分にしかできなかった尊い体験としてバネにするような意味でのロードクロサイトのはたらきかけであるなら、そのハートのアセンションは大いに迎え入れてあげてね、って思いますね。そういう石だから。

ロードクロサイト7_convert_20180417000114

美化でも過大評価でも過小評価でもなく、自分を向上させていく過程においては、誰もが強者となりヒロインになってみてもいいのよ。
あと、こういうことにおいて、「善悪」の感情を持ち出しちゃう方などにも、良い石かなと思いますね。
恋愛もそうだし、そういった人間同士の好きだ嫌いだの感情が絡むものって、善悪超えた世界ありますから。そこを理解するのにも、役立つ石かしらと思います。

ロードクロサイト8_convert_20180417000141



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page