「レムリア・エネジー」ブレスレット「1」「2」「3」「4」

2018年02月28日 (水) 20 : 23
「レムリア・エネジー」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石 「レムリアンシードクリスタル14ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット」「アゾゼオアゼツライト14ミリ丸玉」「レムリアンアクアティンカルサイト12ミリ丸玉」「レムリアンゴールデンオパール12ミリ丸玉」「ローゾフィア16ミリ丸玉」「モルガナイト12ミリ丸玉」





「レムリア・エネジー」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ

「パワーストーン・ワークスのお店」に移動しました。
http://shop.powerstone-works.com/?pid=129007771

◆使用石 「レムリアンシードクリスタル14ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル14ミリ多面カット」「アゾゼオアゼツライト14ミリ丸玉」「レムリアンアクアティンカルサイト12ミリ丸玉」「レムリアンゴールデンオパール12ミリ丸玉」「ローゾフィア16ミリ丸玉」「モルガナイト12ミリ丸玉」





「レムリア・エネジー」ブレスレット「3」
◆スペック 内寸約15センチ
◇soldout
◆使用石 「レムリアンシードクリスタル8ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ多面カット」「アゾゼオアゼツライト16ミリ丸玉」「レムリアンアクアティンカルサイト8ミリ丸玉」「レムリアンゴールデンオパール12ミリ丸玉」「イエローオパール8×4ミリロンデル」「ローゾフィア13ミリ丸玉」「モルガナイト8×4ミリロンデル、19×13×12ミリタンブルカット」






「レムリア・エネジー」ブレスレット「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ弱
◇soldout
◆使用石 「レムリアンシードクリスタル8ミリ丸玉」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ多面カット」「アゾゼオアゼツライト16ミリ丸玉」「レムリアンアクアティンカルサイト8ミリ丸玉」「レムリアンゴールデンオパール12ミリ丸玉」「イエローオパール8×4ミリロンデル」「ローゾフィア13ミリ丸玉」「モルガナイト8×4ミリロンデル、20×13×12ミリタンブルカット」



________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

石の世界に出会わなかったら、間違いなく、今でもたぶん知らなかっただろう、幻のレムリア大陸の話。
メタフィジカルストーン業界では、このレムリアの話がよくされています。
地球史、そして、人類の歴史において、今現在を生きる私たちには知らされていない、お伽話のようなレムリア、そしてアトランティス大陸の歴史の話。
このレムリア文明とアトランティス文明の興亡の延長線上にある地球上の今の世界において、かの2012年アセンション説というのは、今までアトランティス的なエネルギー中心であった世界から、レムリア的エネルギーへと時代が切り替わっていく節目の時…ということだったのですね。

レムリア云々にかかわらず、心の時代、精神性の時代、そちらへと舵を切られていることも実際で、霊的洗練の世界の到来…それがアセンション、と私は思っていたのですけれど、そのアセンションのためには、今まで「人間が”それがふつー”として持ち続けてきた誤解のようなもの」これが、「カルマ」と云われていたり、「囚われ」とも呼ばれていたり、「霊的鬱滞」とも云われたり、色々な呼び方がされますが、その手のお荷物をなるべ~くなるべ~く軽くしていって、解放していって、「ひとりひとりが、その人の魂の本質状態で生きる」そういう人がどんどん増えていった時に、実際の世の中も、なんだかものすごく変わってきたのでは??? という、「気付けば、みんながネオ・レムリアの世界を自分らしく自分らしさを発揮して生きているっぽい」感じの世の中になるのではないかな~~~ということを、個人的に(笑)期待しておりました。
(そういう中にいたいな、そういう中で生きたいな、というのもありますし)

ことはそこまで単純でもなく、なかなかそのような世界は見た目には実現していないようにも見えますが(笑)。世界全体で見ると、そりゃそうですわな。
それでも、自分の周囲、少なくとも自分に関わる範囲…というレベルだけでも、自分のハートに嘘をつかないで生きる…というコミュニケーションのしかた、自分自身がそういう生き方をしていくうちに、「あれ、なんかちょっと変わったぞ」と、少しずつ少しずつなんですけれど。とりあえず、”自分の周りは”というレベルですが、実際に関わる世界そのものが変化していくことも事実です。

ちなみにレムリアってどんなだったの? って話でよくピックアップされるのが「争いのない社会」という、ちょっと考えられんな、的な社会で、日本でしたら縄文時代がそれだった的に言われますが、レムリア崩壊後に地球上に散らばったネイティブアメリカンなどもレムリア的流れを持つ人々として言われますね。
「調和こそもっともパワフル」であることを、そこに生きる人々が心身通じてわかっていたタイプの文明というのかな。

私も、実際のレムリアは、自分がそこにいた過去生をまざまざと思い出したとか(笑)そういうわけでもありませんので、この石ブレスをして、レムリア時代を観れるかなと、ヘミシンクの過去生が観えるらしきCDを聞いてみたんですが。
そしたら、まさに「あら~。私インディアンだったことがあるんだぁ…」という^^、なんていうのかしら、判で押したような過去生映像が。いかにもレムリアといえばそうなんですが、実際の初代レムリア大陸の記憶には及ばずではありましたが(よく考えてみるとそうなんですよ。ヘミシンクで観れる範囲というのは「肉体持った人間であった過去生」なので。レムリアは半非物質状態だそうなので^^ヘミではそこへは行けないのね)。
なんか…その過去生でも、アクセサリというのかしら、装身具を作っている人間だった様子で(笑)ちょっと笑ってしまいました^^。自他を活かすことと感謝に溢れた人生…そんなふうに観えて、涙しました(こういう穢れのない時もあったのね、と^^)。

まぁ、たしかに、「レムリア的なエネルギーを思い出す、レムリアに繋がる」という意味では合格ブレスなのかな、ということで。

ちなみにレムリアの時代においては、私たちが超能力とかサイキックとかなんだか凄いと思っているようなタイプの能力は、通常能力であったのです。以心伝心のテレパシーの世界ですね。
縄文時代などは高次存在と繋がるための道具に「石」使っていたようですしね(笑)。
(以前そういえば、東京体育館でお散歩中に出会った石好きの方が、「われわれ石が好きな人は、縄文時代のそれをただ思い出しているに過ぎない」とおっしゃっておられたんですが。ほんと、そうだな、と)
今で言うところの「もっとも神に近い」そこと密接に世界を形成していた時代、それがレムリア文明の世界であったと感じます。

ただこれは単なるお伽話ではなく、これから先の未来では、「自分を知り他者を活かす」ことで調和を創造する自立自律した個人であることが実際にもっとも生きやすい世界になっていくのも自明ではないかな、と感じます。
ぜひ「自他と戦わないパワフルさ」と繋がって、貴方様の魂本来を思い出してそれを現実に活かしていくサポートアイテムとして使っていただけましたらと思います。


◆使用素材◆ 

ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

レムリアンアクアティンカルサイトについては、今月「石の意味」でお伝えしている内容をご興味いただけるようでしたら、ご一読くださいね。
「石の意味~カルサイト~」

レムリアンアクアティンカルサイト、レムリアンゴールデンオパールというのはH&E社命名のネーミングで、アルゼンチン産のブルーカルサイト、マダガスカル産のイエローオパールのことです。
レムリアンアクアティンカルサイトは独特のブルーカラー、透明感があり、高品質ビーズです。
レムリアンゴールデンオパールは、要するにイエローコモンオパールなのですが、”マダガスカルの”ということなので(笑)、マダガスカル産ではないタイプのほうはイエローオパールと表記しております。

今月やたらにカルサイトビーズを使ったラインナップが増えてしまったところがあるのですが、その原因はこのレムリアンアクアティンカルサイトでございまして。
アトランティス的な側面の色濃い社会に育った人間にとって、豊かな感情というものそのものを抑える傾向にある人などにとって、おそらくこのカルサイトのヒーリング力は相当お助けマンになるんじゃないかしら、と思えます。
エーテリックな海のエネルギーというのかしら。
このカップリングを作ってみて、で、いいな~この石、と思って色々久々に他のカルサイトもひっぱりだしてきてみたら、なんか私はカルサイトを今まで見くびっていたかもしれない…と(笑)気がつきまして。
で、今月はカルサイトを使ったものが増えてしまいました。

「3」「4」のアゾゼオアゼツライトの16ミリ大玉は、いずれも若干へこみがあるものを使用しています。
アゾゼオアゼツライト、ローゾフィアは、H&E社のギャランティカードコピーをおつけします。
センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りBusiness cardのコピーをおつけさせていただきます。
レムリアンシードクリスタルは卸元のギャランティカードコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page