高次ガイドのガイダンスを知る感覚

2017年10月18日 (水) 00 : 00


「ガイドさんの感覚を人から見て教わりたい!」という場合。

そういう場合、「そういうことを教えている人」のところに、お金をつっこんだらいいと思いますよ(笑)。
セミナーですとか。
ほうぼうでみなさん、やっていらっしゃいますよね?
そういうのって、けっこう高額ですけどね。30万とか普通に見かけますよね。
そういうものはだいたい、特定の場所に足を運び、段階的に、集中してある一定期間、学ぶようにできていますよね。
高いけど、そこには、主催側にも諸々経費がかかっていますから。セミナー主催側も、生きていかなければなりませんからね(笑)。だから、無料で教える、というのはできないんですよね。

でもなかなかまとまったお金をそういうことに使える人ばかりではありませんから。
とくに、「学び」という、先にその結果じたいは見えていないものに関しては、まぁ、気が引けちゃう人が多いと思いますね。

今は、動画などを使った、通信教育の方法で、教える側が高額なセミナーを少人数向けに開催するに相当するような売上を得られることで、メソッド伝授薄利多売(笑)に挑戦して、頑張っているような方もいらっしゃいます。
この場合、直接学ぶより若干どうしても距離感があったり、自分のペースでとなると、結局、ずるずるそこに時間をさくのが億劫になってできないような人には、通信教育は不向きで、結局は身につかないケースもあるかもしれないけれど。
(それは「通い」も^^その時だけ、に終わっちゃう人もいるから、同じと言えば同じなんだけど。そもそも、学びそのものよりも「実践」なんですよ、結局。ここでは、ソレについては別の話なので、またそれは後日)

これ、高い値段設定の人だから悪、安い奉仕価格の人は善、ということでもないです。
いずれにせよ、「自分の知らなかったことの指導を受ける」という点では共通ですし、その「質」も、大事ですから。
安けりゃ良心的、と思われやすい(とくにスピリチュアル方面では)面があるかもしれないけれど。
こういうのは、ソレ系セミナー手がける人々にとっては、悩みどころなんだろうな~って思いますね。

まぁ、いずれにせよ、教わる、って早道ですよ。

私がよくブログ記事でお伝えしていることのある、まるの日圭さんも、各テーマ決めて、ほぼ毎月ワークショップを開催されていらっしゃいますが、ワークショップに出られた方々全員がその後どうなっているのかまでは逐一知りませんけれど、少なくとも、私に関しては、その時教わったことに関しては、その時もその後も全部できるようになっていますよ。
彼のワークショップは、そういうつくりになっています。


こういう「人から教わる」直接教わるのではなく、自分で感じ取って気付いていきたいことをどうしてもしたい、のであれば、それをやっていそうな人、「高次ガイダンス的な生き方している」ような人のブログや本などを読んでいるだけでも多少違ってくるのかもしれないけれど、これも、受け取る側の読み手であるその人の今持っているセンス、能力に左右されると思います。
そして必ず、「自分のフィルター」がそこにはあります。
これは、どこまでいってもありますから(少なくしていくこともできますけれど。それでも、ゼロにはならんです、生きている限り)自分がどういうフィルターを持っていて、どういう特性があるか、は知っておくといいですね。

たとえば、うちのブログ記事を熟読していただいていれば、どういう時、どうやって、私が高次ガイダンスに気付いているか、わかってくるセンスが磨かれると思います。
私は、そういうことに気付いて欲しいな~という、書き方をしている(笑)つもりではおりまして(汗)。

ただ、「箇条書き」とか「ここがポイント」とか、それを教える仕事がメインではありませんので、そういう親切な書き方はしておりませんので、そういうものは、だいたいの人間が読み流してしまいます。

多くの人間が日常の中に埋没され、ふつうは読み流すことに気づけるのが、ご自身の高次ガイドを感じる近道ですよ。

でもそういうのが得意でないなら、「そういうことを教えます」の人のセミナー受けるとか。
「教えられる」って自分で宣言して、お金をそれで受け取っている仕事をなさっている人から教わるのが確実だと思います。
エネルギー交換的にもその道はいいと感じるし、無駄ではないと思いますね。


いやでも、人に学ぶのはどうも抵抗が、な場合もまぁ、あるかもしれませんが。
そういう人は、学ばなくても、自分自身がもう気付いていることに、ただ「抵抗している」人だったり、自分で気付いていくからこそ意味がある人の場合は、そうかもしれません。

でもそれでも、「他者というスクリーン」をそこにお借りしたり、全部自分の力ではできませんよ。

あとは、うまくいってるっぽい人も、うまくいってないっぽい人も、いずれも、どうしてそうなのか、も、見せてくれていたりしますよね。
これは、「ガイダンスとつながって生きてる」ような感じの人が、なにをどうしているのか、というのを観察していると、なんとなくわかってくる、ああなるほど、そういうことか、と伝わるものがあったり、人のことなんだけど「自分へのメッセージ」だと、感じられることも多々ありますよ。
そういうのは、高次ガイダンスなの。

そういうものも参考にして、自分なりのセンスというものができてくることがあります。
(ここに個々の目的のマテリアルだけを持ち込むと、見えなくなることがあります。自分はこうなりたい、ということが、限定的で、直接的に自分の問題への答えになっていない、とマテリアルだけ見て判断しちゃう人は、そういう「伝わってくる」はずのものを、シャットアウトしている自分自身に気付いていないので)

ただ、スピリチュアル業界には、そういうメソッドができて理解はしていても、その本人がそのガイダンスを活かした生き方をしていない人も、大勢いらっしゃいます(笑)。

習うのであれば、そう言ってる本人が、単にそのメソッドができる、というだけではなく、パーフェクトではなくてもそういう生き方をしていて、なんとなくうまくいっていて、その教えている人自身が自分に満足なその人なりの豊かさを顕現する生き方をしている人から学ぶのがいいですね。
(これ、昔よく小耳にしていたけれど、運のいいうまくいっている人と縁を持つようにする、運の悪そうな^^人と付き合わない、だとかの、なんだかな~な自分のためだけの「私利私欲実現のための運気上昇法則」のよ~なものとビミョウに近いといえば近いところはあるんですが。ちょっと、ビミョウな違いがそこにはあって。これも、自分のほうからな~んにも提供せずに「運のいい人にただ擦り寄ってお近づきになってそのご相伴にあずかろう、その人を利用しよう」っていうのは無理だしムシがいいのよ。それだとただ人を利用するだけのクレクレエネルギーバイパイアになっちゃうの(笑)。いつまでたっても、クレクレなだけになっちゃう。そうじゃなくてね、「自分が変わっていくタイミングと同時」っていうか、相乗的な感じの、それを提供してくれる運がいい人との縁、というのがいいのでございます。なので、「この人になんとかしてもらおう」的なソレじゃなく、「自分をなんとかしたいなんとかできる、成長できるから、この人にちょうど自分は出会ってるんだ!!」っていう感じ? わかるかな~。それがいいんだよね。それが高次ガイダンスだし。私はガイガーミネラル社の石とかに(笑)はね、昔出会った時にそれを感じてたのよ。単に「ディビットがメタ石業界で有名人だから利用してやれ」っていうわけじゃないのよ(笑))


で、人を薦めていないで(笑)そういうオマエは、セミナーとかやらんのか?
という声が、僅かに聞こえてきますが(笑)。

「クリスタルを使って、高次ガイドに繋がろう」とか(笑)そういうワークショップ、とか?

だから、あたくしはね。そういうものを、売っているじゃないですか(笑)。

で、みなさん、けっこうちゃんと、イケてたりするじゃないですか。それで。

メソッドごと、販売しているようなものなんですよ。

石ブレスじっと見つめていても、講師の気味悪い声は(笑)別に聞こえてこないと思うから^^安心してください。
そこには、あたくしの、我欲とか、あたくし流独断の高次との繋がり方とか、もしくはあたくし流にしか繋がれないとか(笑)、みたいな、そういう「雑」なものは入っておりませんから。

ただ、直接的に安直に問題解決や、目先の欲望叶えることに、役立つ場合も約立たない場合もあるかもしれませんけれど、その方にとっての高次ガイダンスロードに気づけるような、そういう感じではあると思いますよ。

なので、それを「スマホ」に「お守り」に「ヒーリング」の道具にと、色々に使っていただいて。
みなさん独自の、みなさんそれぞれの「高次ガイドのガイダンスを知る感覚」を養っていかれる、そういうための、ツール提供。

まぁ、そっちのほうが、なんか「あたしらしさ」という感じがするというのか。
こういうのは「陰ながら舞台袖で応援しています系」スピリチュアル(笑)っていうことですよ。


まぁ、習うにしても、ツール使うにしても。
すべては、結局、それをどうするか? は、結局どこまでも「あなた次第ですよ」という話なのです。

でも、そこにかけた金銭エネルギーは、回収、っていうとなんかごうつくばりな言い方なんだけど、しっかりそれは、高次ガイダンスロードに乗っかっていくと、回収できてくるようにできていますよ。
たっぷりかければ、かけたなりに。
自分がかけた以上の何倍返しを最初からもくろんでると(笑)戻りはしょぼいですが、そこを、当てにしないで。当てにしちゃだめね。
だから、好きなことやりたいこと、自分がこうしようって思うことを、地道に自分に正直にやっている重要性は、ここなんですよ。
そうじゃない場合ってね、無意識に、「学び(時間、お金含めて)を取り戻そう、人生に何が何でも活かそう」みたいな、どっかで過剰な見返りを期待するから^^。
(その反対に、それを自分の人生に活かそうとすること、には、学んだことじたいへの後悔はないんだけれど「自分を良くしていくために使う」ことにはなぜかブロック持つ。そういう人も多いんだけど。これは、自己愛足りてない人に多い傾向ありますね)


直接的にそういうことにお金かけてなくたって、別のことで世界のためにエネルギー費やしているでしょうから、必ずしも、お金や時間かけるばかりが能じゃない、というのもありますし。
但し、ひとつ言えるのは、単に金銭、というのではなく、出し惜しみ的な発想、損得勘定だけで、モノゴトやるやらない、は決めないほうがいいですね。
高次ガイドと繋がるのがおトクな^^楽な生き方っぽいぞ、という今ある苦からの脱却、全面逃避なだけだと、それは宗教にすがる信者さん風味になっちゃう、そういう場合もあるかもしれませんし。
スピリチュアルな講師も、この人人気がありそう、人がそう言ってるみたいだし、有名な人みたいだし、もそうですが、安くて良心的、のような価格比較だとか(笑)だけで判断し決めるのではなく^^。
なんとなく、興味が湧いた、というご自身の中からのワクワク感、志向、合う合わない、の、なんとなくの感じが、その時のあなた様の最適を決めていきますから(これも、石選びと^^同じなんですよ。「根拠は自分の中にある。それが何なのかはわからないけどなんとなく」…という、これですがな)。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page