「青のマスター」ブレスレット「1」「2」

2016年10月31日 (月) 20 : 25
「青のマスター」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸15.5センチ弱 ◇パワーストーンワークスのお店のお店にリプレイス

「青のマスター」ブレスレット「1」 - パワーストーン・ワークスのお店
http://shop.powerstone-works.com/?pid=109328350

◆使用石 「ブルーエンジェルラダークォーツ14ミリ」「ブルーサファイア8ミリ」「キャッツアイアイオライト13ミリ」「ブルーカイアナイト12ミリ」「ギベオン8ミリ」「アースシードライト12×10×12ミリ」




「青のマスター」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸15.5センチ弱 ◆soldout
◆使用石 「ブルーエンジェルラダークォーツ14ミリ」「ブルーサファイア8ミリ」「キャッツアイアイオライト13ミリ」「ブルーカイアナイト12ミリ」「ギベオン8ミリ」「アースシードライト12×10×12ミリ」



__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

青のマスタークラスのストーンたちですね。

知性、インテリジェンス。そのはたらきをサポートするのが青の石でもあります。
論理的思考、ロジックの組み立て、自分を俯瞰図目線、他者を観るように観ること。
などなど。

石の凄いところは、そこと並行しての、直観部分への踏み込みがあるところ。
(インテリジェンスはもちろん、石身につけて座してそのままでいれば身につくものではありません^^。経験、知見、向学心、洞察力、それら日常の積み重ねの延長上にあることですから)

感覚人間=大雑把、おおらか、と思いがちですが。
実はもしかするとこのへんがちょっと苦手な項目なだけなのを、それを言い訳にしていたり、カモフラージュして「あたし感覚人間だしぃ」とか言ってる^^可能性もあるかも。

感覚を最大限活かす、そのために、思考とのコラボが必要でして。
その先に行動も伴って…と連動していくには、思考部分が混乱していれば、現実も混乱したものを創造します。

「なんとなく」の先は、この世界においてはファジーではなく。
実際には、テキトーにおまかせ、というわけでもありません。
具現化は、適当に、こんなところで、まぁまぁ、なぁなぁ、と頭の中の展開だけでいられないのが現実世界。

自己の真実と現実社会での習慣的思考との見分け。着地点を見つけられるように。
知的活動、そして意志の力と行動をサポート。
このカップリングは、「アイディアは考えるだけ思いつくだけで行動しない」方にとっての^^最強アイテムともなります。

そして、意を決してすでに何かを始めている方、何かを継続して取り組んできている方にとっては、軌道修正があればその必要性を、方向性が正しければその大きな感触を見せてくれるカップリングだと感じます。

◆使用素材◆ ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

ブルーサファイア丸玉は、ジェム品質の透明感のある、高品質ブルーサファイアです。
サファイアは天然石ビーズは不透明タイプが主流で、透明なものは基本宝石ルースですので、透明サファイアでこういったビーズの丸玉は非常に流通が少なく希少ですので、高品質ブルーサファイアを探していた方がいらっしゃれば。
アイオライトはキャッツアイの見られる濃いインクブルータイプ。
ブルーカイアナイトは最高品質カイアナイトで濃いブルーの発色とキャッツアイが美しいです。
ブルーエンジェルラダークォーツは、ぱっと見は、どうということのない普通の水晶です。
それが、強い光を当てるとこのように、ブルーの内包物が浮かび上がります。天使の羽に見えたり、聖書の中にある「ヤコブの梯子」ならぬ、梯子状のものだったり。そこから、ブルーエンジェルラダークォーツと呼ばれています。
通常エンジェルラダークォーツは、浮かび上がるブルーの光線が入っている磨きのポイントで流通するものがほとんどなのですが、このブルーが出る部分を厳選して丸玉ビーズとなっているものは、非常にレアな原石ですので、流通も少なく高額です。
この青色光線を楽しみたいっっという方にもちろんお薦めですが、このカップリングの要石にばっちり^^なので、このカップリングじたいがお薦めですが。
アースシードライトもレアストーンです。チャームは取り外しが可能です。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2016年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page