「聖なる石、ケオン」ワイヤーラップペンダント&ネックレス「1」「2」

2016年09月30日 (金) 20 : 29
「聖なる石、ケオン」ワイヤーラップペンダント&ネックレス「1」
◆スペック ペンダントトップ全長10センチ ネックレス長さ68センチ ◇パワーストーンワークスのお店のお店にリプレイス 

「聖なる石、ケオン」ワイヤーラップペンダント&ネックレス「1」 - パワーストーン・ワークスのお店
http://shop.powerstone-works.com/?pid=108032696

◇ペンダントトップ 「ケオン18×20×13ミリ」「センティエントプラズマクリスタル55×20×13ミリ」
◇ネックレス 「タンザナイト12×9×6ミリ、7×7×6ミリタンブル」「モルガナイト16×11×9ミリ、13×10×8ミリタンブルカット」「ゴールデンラブラドライト12×8×6ミリ、10×8×6ミリ、7×7×5ミリタンブルカット」「レインボームーンストーン10ミリ、8ミリ、6ミリ丸玉、5×3ミリロンデル」「ブルートパーズ8.5ミリ丸玉、11×8×8ミリタンブル」「クロムダイオプサイド4×2ミリロンデル」「アイオライト10×8×7ミリ、8×6×5ミリタンブルカット」「アメシスト10ミリ丸玉」「クィーンロードナイト6ミリ丸玉」「水晶8ミリ丸玉、8ミリ128面カット、10ミリスターカット、10ミリ20面カット、14×14×6ミリハートカット、20×10×10ミリ三角柱カット」「糸魚川翡翠8ミリ丸玉」「2012クリスタル16×12×12ミリタンブルカット」「けしパール20×12×8ミリ、約13×10×6ミリ、約8×6×6ミリ、コインパール15×15×2ミリ」





「聖なる石、ケオン」ワイヤーラップペンダント&ネックレス「2」
◆スペック ペンダントトップ全長10センチ ネックレス長さ55センチ ◇パワーストーンワークスのお店のお店にリプレイス 

「聖なる石、ケオン」ワイヤーラップペンダント&ネックレス「2」 - パワーストーン・ワークスのお店
http://shop.powerstone-works.com/?pid=108122872

◇ペンダントトップ 「ケオン18×11×11ミリ」「フェナカイト(ブラジル産)10×8×7ミリ」「2012クリスタル38×12×12ミリ」
◇ネックレス 「ゴールドルチルクォーツ5ミリ丸玉」「シルバーオーラ8ミリ64面カット、6ミリ丸玉、4×3ミリボタンカット」「淡水パール6ミリ、5ミリラウンド、5×4ミリライス、4×3ミリロンデル、18×8ミリツインパール」





__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

聖なる石、ケオンについては、今月9月2日、9月3日のふつか間にまたがって、記事でお伝えしておりましたが。

この石は実際にインドネシアでは今でもシャーマン的なお仕事をされているようなタイプの方が有する、持つ人を選ぶ石、のような要素があるようで、そういう方面の人物でもなかなか手に入れることができないお宝石ではあるようです。
そんな特別な石が日本のとある石屋さん一店舗にどっさり仕入れされている^^、そして「一般の方に向けて普通に販売されている」っていうことじたいがなんだか凄い話ではあります。
物理的に、ケオンが生成される条件(もとは貝です。それが珪化して化石化しているので、モース硬度は水晶と同じ7くらいあるそうです)と、それから、それが採掘できる条件(サンゴ礁の偶発的自然な崩壊という限られた条件だそうで)があるため、実際に採れる数が少ないレアストーンということで、お値段が高いですし、きらきら宝石ってわけでもないですので、多少は石に心得のある人にしか、結局は触手が伸びない石でもあるかと思います。(これは、フェナカイトなんかも同じかもしれませんね。価値がわかる人には超萌え石なんだけど、これのどこが? の見た目からは、他人様に向けての持ち物自慢はとくにできない点も^^)

ブログを読んでミネラルマルシェに行かれたらしきうちのお客様は、ケオンの実物を見た感想として「たしかにヒーラーさんとか、石の仕事をされる方とか、そういう方が持つべき波動の石だと思った」とおっしゃられていて、自分のようなそういう仕事ではない人間にはムリムリ風なことを言われるのですが、そういうことをおっしゃられるような方に限って、ご自分が神様の使い走りにご用命されていたりなどの^^事実を、いやそんなまさか的に否定されたりですね…ご自身のスピリチュアルに開かれて求められている能力を、「これが???」と受け入れようとなさらなかったりするんですよ。

「神様の使い走り」というのはですね、エネルギーの運び屋です。これを自覚して喜々として全国神社めぐりなさっているような方もいらっしゃれば、まったく無自覚でソレやっている方、さまざまですが。
お住いの地元の氏神様がね、ちょっとあそこまで行って、エネルギーもらってきてくんないかな、うちの土地の地盤強化したいんだよねっていう際に、適任として選ばれた人は、へい!! という感じでね、地方の神社になぜか行くことになったりするんだそうですよ。心当たりのある方もいらっしゃるかもしれませんが。軟弱地盤の土地の神様とか新しい埋立地の土地の神様とかね、受け持ちの土地の地盤をエネルギー的に強化したいから、常に他所からエネルギーもらってきてくれる運び屋ご用命のリクルートの目を光らせていたりするんじゃないでしょうか。

個人的には、この手のストーンが、なにもヒーラーとかスピ仕事している人だけに必要…とは私は思っていないです。ただ、そういう系統の仕事の人は、エネルギー的にたしかに純化されている、ということが望ましかったりという意味では、できればまぁ、お持ちになるのは、強い味方を得るという意味で、いいのかなと思う程度ですね。
丸腰で生きるのは^^ただでさえ厳しいところのある三次元世界ですから(笑)。

ただ生きてるというだけでも、実際にわれわれ人間、スピリチュアルな意味では、誰もがその人なりの役目はたしているところがあるわけで、その誰が持つべきとかの「線引」が心にある必要があるかな? という感じかな。

なんでかスピ系に関しては、「私は違うんじゃないかなぁ」みたいなこと言う方ほど、実は適任であることも多いですしね。
あ、これはなにも「現実世界でスピっぽい仕事している」ことがそうとは限りませんからね。
神社の神様の使い走りの^^エネルギーの運び屋には、三次元的な見た目では、なんも仕事要素ありませんし。でも違う次元からみたら、凄い仕事しているわけです。大勢の人が住んでる土地全体を守る神様がじかに行けない場所に行ってくる、その代理だったりするわけですから。人間が「動く、活動する」ことには、そういう意味もあるわけですよ。

東京の山手線と中央線なんかもよく太極図そのものの配置って言われますが、そこに大勢の人間が乗ってエネルギー循環させていることに意味があるんだろうなとは思ってましたが。だから東京の満員電車っていうのは絶対に改善されない高次的側面の役割があるのかもと^^。
私も過去に、東日本震災のあとに東京の北斗七星神社七社巡りを一年間毎月定期的にしていましたが、あれも今思うと連携して東京を守護する神様同士の、東京のエネルギー強化のための神様の使い走りだったのではないかの疑いが(笑)ありますね。今は特にご用命も感じませんし、東京にはそういう人いっぱいいると思うから定期巡回していませんが。(あ…こういう人様任せなことを言ってると、そのうち「呼ばれる」とかの羽目^^になるのかも(汗)。いやそれはちょっと^^。)

私がこういう「ただ行くだけの巡回」に仕事的意味があると感じるのは、自分が実際に、営業マンでただ行くだけの巡回仕事をしていた経験から、というのもありますね。
ほんとに^^ただ行くだけなんですけれど、巡回することで顔つなぎする、それが会社に何らかの利をもたらしていることもあるのだろうというつもりでやっていましたし、実際によその同業の会社の営業の方に、最後派遣契約が終了する時にご挨拶した時に「神崎さんを辞めさせてしまうのは○○社さんには凄い損失だと思いますね~」っておっしゃっていただきましたし(笑)。外から見ている方が、実際よくわかることもあるんだよね、というよくある話ですね。(いやでもあたし派遣切りに遭って良かった♪ と思っているので辞めさせてもらって良かったんですけれど^^)

ということで、これが^^はたして説明文として成り立っているのか? 謎なところですが。
とくにヒーラーデビューを予定しているからとか、世のため人のためにこの我が身をお使いください、とか、崇高に構えなくても^^何気なく自分が好きでしていることが、実は天からのご指名でやっているスピ仕事な場合もあるんですよ、の一例をお知らせしました。

持つ人を選ぶ、っていう触れ込みに臆さずに、「心惹かれる」要素がおありな方に、お薦めします。
ケオンは、運命が好転していく、その変化変容が始まる、などなどの実際例もとても多い石だそうですよ。
(こういうところもフェナカイトに^^似てますよね)

「1」は、センティエントプラズマクリスタルをカップリングしています。ネックレスには、ケオンとセンティエント両者のその高い歩留まりでエネルギー安定させられそうなタイプの石をセレクトしました。
「2」は、ブラジル産のフェナカイト、2012クリスタルをカップリング。ネックレスにはゴールドルチルとシルバーオーラ、パール、ということで、ただでさえ^^エネルギー強いケオンにそれを増強してどうするのだ的カップリングですが。

いやもう、どっちも、眩しいまばゆいカップリングですよ。

◆使用素材◆ 

「1」

ペンダントトップはシルバー925ワイヤーを使用しています。
ネックレスはスーパーフレックスワイヤー、シルバー925製パーツを使用しています。

「2」

ペンダントトップはアーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー、ゴールド)を使用しています。
ネックレスは7ストランドワイヤー、シルバー925製パーツを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

「1」は、ネックレスに使用しているストーンは、すべて発色透明感等が素晴らしい、ジェム品質、高品質ストーンを使用しています。けしパールも照り良く高品質パールです。「1」のケオンは、ちょうどケオンをブツ切り輪切り状態にした部分のケオンの中身、中心の状態がよく見える磨きルースです。ぐるぐるがわかりますでしょ? これ、いわゆる高次の魂のエネルギー図の状態を視覚化した感じなんかに類似しておりますね。
センティエントプラズマクリスタルは説明不要に美しい透明度バツグンのクリスタルポイントです。

「2」はゴールドルチルと淡水パールが主ですが、透明度の高いルチルに、高品質ラウンドパールを使用しています。「2」のケオンはブツ切りの側面部分の磨きで、ケオンの貝のぐるぐる模様状態がよくわかります。床屋さんの玄関先にあるぐるぐるしたアレ(って言ってわかりますかね^^)っぽいですね、なんとなく。ぐるぐる渦巻きっていうのはエネルギー発生装置そのものなんですね。
こちらの2012クリスタルのポイントも、センティエントに劣らずの透明度、内傷もほぼなしの形状バランスも良い高品質水晶ポイントです。

「1」のセンティエントプラズマクリスタルはとくにガイガーミネラル社でのギャランティペイパーの用意はありませんので、ディビッドとパトリシアのサイン入りのお名刺をおつけします。2012クリスタルは、ギャランティペイパーのコピーをおつけします。
「2」の2012クリスタルは、ガイガーミネラル社のディビッドの直筆サイン入りのギャランティペイパーをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2016年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page