「宇宙カプセル」ブレスレット「1」「2」

2016年09月30日 (金) 19 : 05
「宇宙カプセル」ブレスレット「1」
◆スペック 内寸約15.5センチ ◇パワーストーンワークスのお店のお店にリプレイス

「宇宙カプセル」ブレスレット「1」 - パワーストーン・ワークスのお店
http://shop.powerstone-works.com/?pid=108535376

「アストロフィライト10×4ミリラウンドルース」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)14×9×7ミリ」「モルダバイト14×10×5ミリ」「アゾゼオアゼツライト18ミリ」「ブラックアゼツライト16ミリ」「シュンガイト16ミリ」「テクタイト14ミリ、10ミリ」「ブルークォーツ10ミリ」「アクアオーラ10ミリ、8×6ミリボタンカット」「コスモオーラ10ミリ20面カット、8×6ミリボタンカット」「ゴールデンオーラ12ミリ、12ミリ64面カット、8×6ミリボタンカット」「ブラックアクアオーラ12ミリ128面カット」




「宇宙カプセル」ブレスレット「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ弱 
「アストロフィライト10×4ミリラウンドルース」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)14×7×5ミリ」「モルダバイト13×11×5ミリ」「アゾゼオアゼツライト18ミリ」「ブラックアゼツライト16ミリ」「シュンガイト16ミリ」「テクタイト14ミリ、10ミリ」「ブルークォーツ10ミリ」「アクアオーラ10ミリ、8×6ミリボタンカット」「コスモオーラ10ミリ20面カット、8×6ミリボタンカット」「ゴールデンオーラ12ミリ、12ミリ64面カット、8×6ミリボタンカット」「ブラックアクアオーラ12ミリ128面カット」



__________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

「宇宙カプセルの中で仕事ができるんだよな、これ」とか言っていたカップリングです。
こちらは、過去にお作りしたことのある「チャネリング」というタイトルの組み合わせがベースになっています。
チャネリングができるようになりますよ、というわけではないですが^^。
閃きというのか、実用アイディアがでてきやすいカップリングです。
そういう回路を開いてくれる体制づくりをしてくれるのではないかしらと思います。

「余計なことを考えてしまう」ことをおそらく一般的に雑念と呼ぶのかもしれませんが、思考そのものは大事ですよね。
思考しない、ノーマインドになることで、閃きやらが生まれる、なので瞑想の薦め、みたいな世界もありますが、無理に「考えないように」って思うと、つまり静かにしようしようと思えば思うほど、余計な思考って出てきやすいものでもあると思うのですが、閃きとかアイディアやワクワクとしたこれが楽しそう♪ のような予感だとか、そういうものというのも、結局上ってきたものをいったんは「思考への落とし込みの理解」がないと三次元では何も出来ませんので。

思考することが悪^^マインドが悪^^のように曲解というか、愚直にエゴとマインドを混同して、思考することそのものを過剰位置づけにしてしまうと、社会生活が成り立たなくなりますし、むしろ^^どこへも進めなくなります。
常に何も考えないようにしたほうがいい、というのではなく、「何を思うのか、思考するのか」の思考コントロールが大事というか。
こちらは、いわゆる雑念雑音をわずらわしいものと感じることのないレベルに沈静化させ、実りのある思考活動を活性化させたいクリエイターさんから、想像そのものがシュミのような方まで、自分の脳内活動でわくわくできるタイプの方の脳内活動を活発化させてくれるカップリングなのではないかと思います。
かんたんに言うと、創作とかクリエイティブ活動に集中できますよ、みたいな話です。

◆使用素材◆ ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

アストロフィライトは、ロシア産のレア石です。ビーズとして出回るものの多くはアストロフィライトではなく雲母(バイオタイト)であることが多いです(キラキラしているので確かに似ているっちゃ似ているけど区別つかないくらい似ているレベルではないので普通にわかります)。
多次元知覚、認識に有益にはたらく石で、ネガティブエネルギーからのプロテクションの力が強く、たしか有害放射線からの影響も軽減する石だったんじゃなかったかな、と思います。
ルースを枠に取り付けてチャームにしています。ブレスレットからのお取り外しも可能です。
ブルークォーツは人口水晶です。シベリアンブルークォーツという人口石がありますが、あの感じと同質ですね。
H&E社の石は、ギャランティカードのコピーをおつけします。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2016年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page