「チャンス到来」ブレスレットVol.2「1」「2」「3」

2016年05月31日 (火) 19 : 12






◆スペック◆
各ブレスレット内寸約15センチ強。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。
__________________________

もう、迷っている時間はまったくないわ。っていう方を、バンジージャンプを決意させシャキシャキ行動させる^^そういうカップリングかな。
「こんな自分は今まで見たことない」そういうチャレンジ…それが自分の居場所をワンダーランド化させる魔法、チャンス到来のための魔法です。と言っても、実際にはそんな大げさな話でもないのですけれど。ほんの少しの「意識の変更」だったり、行動の意識的な変更、そういうものです。
チャンス、って意識しただけで^^ものすごく構えてしまうような方にも、オススメですね。

私たちがこの次元でやればいいことなんて、けっこう知れてるものですよ。
本当に本気で決意して実行していれば、実は「宇宙(高次元)が勝手に実現してくれる」…という図式がありますので。
心に嘘をついていない行動をしていれば、お膳立て、結果、すべて信頼して委ねていれば、だいたい「これで良かった」というような現実を受け取っていることに、必ず気がつくことになりますから。

神様は(神様、というか、貴方様の神領域の魂の本質は)「成功すること」をとくに^^期待してはおりませんが、「チャレンジすること」に関しては期待している…と思います。
近眼ではいっとき成功しても失敗しても、高次領域から見れば、それじたいは等価値というか。どちらにしても魂にとって得るものがあるからです。
一足飛びに結果は出てこないことのほうが、この世では多いです。なので他人から見れば、成功ではないね、という「結果」に見えていることであっても、当の本人が「心で得るものがあったこと」の実感が、たとえカタチとしてない場合でも得ることができるようになれば、次第に、カタチとして、結果としても現実に得ることができるような軌道へと、必ず入っていくことにもなります。

このカップリングは、そういう次元を超えた、受け取る結果への見えない背景的なことへのリテラシー的な感覚も、サポートをしてくれると思います。
実際には、観えないリテラシー能力、って^^大上段に構えて言うほどのものでもないんですがね。
言わば…「自分が本当に掛け値無しに(計算、目論見、結果への期待なしに)ワクワクしているか」というような^^程度のことではあります。心に嘘ついてるか、嘘ついてないか、それだけ。
アマゾナイト、カイヤナイト、アパタイト、こういう石は持ち主がそのへん見極める助力に長けた石。

決意しないと、どんなにちっぽけなことであろうと自分で決めて行動して変化の風を起こそうとしないと、この次元では、脳内の思いだけでは絵空事のまま…残留し漂うだけの願い、それがいずれは不満へと変容するかもしれないものが、ただ行き場なく浮遊し、その変わらない現実の形成と継続の燃料になるだけです。

決意して行動すること。
この部分は、三次元のわれわれ人間のいちばん「自由度」のある、使い出のある領分です。
これをやる楽しみ。チャンスに出会ったり、真新しいワクワクに出会ったり、変化していく楽しさ。
それが生の目的の一つ…と言っても過言ではないかもしれません。

■使用石■

「アゾゼオアゼツライト14ミリ」「ロシアンアマゾナイト(2color)12ミリ、9ミリ」「ブルーアパタイト(フロスト)12ミリ、(透明)6ミリ」「ブルーカイヤナイト8×3ミリ、8ミリ」「グリーンカイヤナイト8×5ミリ」「ロードクロサイト6ミリ、5×2ミリ」「ウランガラス16×5ミリフラワーロンデル、10ミリ、8ミリ多面カット、9×6ミリ、32×15×15ミリ」

■クォリティと鉱物説明■

ホープストーンの名にふさわしい高品質エメラルドグリーンのロシアンアマゾナイトと相性のいいアパタイト、カイヤナイト、そこにイケイケピンクの代表格ロードクロサイトを加えて、プラス、ウランガラスでエネルギー代謝アップ、みたいなカップリングですね。
ロシアンアマゾナイトは2Colorなのですが、このクリソプレーズのような鮮やかエメラルドグリーンのタイプもロシア産だそうです。2月にお出ししたロシア産のエメラルドという石がありましたが、正直、見た目だけだとほとんどあのエメラルドとほとんど遜色ないお色でして。でもアマゾナイトなぶん、エメラルドまでのお値段じゃないところが^^大変喜ばしいところ。近年、アマゾナイトはかなりバラエティに富んだ高品質品が出てきていますね。
ブルーアパタイトは透明ブルーグリーンタイプと、フロストタイプのブルー丸玉。原石のインクルが少しあるのですが、フロストビーズなので気にならない感じの模様みたいな感じでわりといいですね。
カイヤナイトは「1」「2」ロンデルはブラジル産、「3」「4」はケニアのブルーグリーンのロンデル、丸玉は共にケニア産です。カイヤナイトもやはりお値段が上がっている石です。(というか、基本、値段が上がってない石ビーズってほとんどないですね。色目の綺麗なタイプの天然石はすべて過去よりも価格高騰しているのが現状でして)
ロードクロサイトはペルー産。透明感のある高品質玉です。
ウランガラス各種も綺麗ですよ。好みもあるとは思われますが、紫外線で蛍光しますので紫外線強い時はちょっと曇りでも蛍光していることもあったりで、色変が楽しめるウランガラスは面白いです。
この大きなタンブルはイエローオパルセントという名称の色目で、いわゆる高品質のオパールに確かに似ているので、昔、石屋さんの店員さんに「ホンモノのオパールだと思いました…」と言われたビーズなんですよ^^。「なわけないじゃないすか、もしこれマジ、プレシャスオパールだったらいったいいくらになるんだか」とこたえましたが、こんな大きさのプレシャスオパールがビーズになることじたいないですね^^。一般的な装飾品、ジェムクラスでもまずないサイズではないかと思われます。そうそう、京都オパールでさえ、人工石ですが、もしこのサイズのプレシャスオパールビーズが京都オパールで実現するとしても、粒あたり何万円単位のフェナカイトやモルダバイト的な高額ビーズになるんじゃないかなっていう気がします。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2016年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page