2016年5月のチラ見♪(予告)です。其の三(ローゾフィア、ディープローズクォーツ、ピンクオパール、クリソコラ)

2016年05月26日 (木) 00 : 55


今月の「驚きの石」は、チラ見其の一のブラックアゼツライトだけではなくて、実はこの「ローゾフィア」にも驚愕しておりました、私、神崎詞音です。
ハートにはたらきかける石はあまたありますが…正直言って、ローゾフィアの凄さをここまでとは^^知らなかったかもしれません。いち押しのハートストーンですね。



パワーストーンワークスの石アクセサリの商品化としては、今までそんなにローゾフィアってメイン的に使ったことがなかったのですが、昨年から始めているリーディングブレスレットでは、実はけっこう組み入れ頻度が高い石になっていまして。



なぜなら、ほんとうに、われわれにとってはハートの活性化が大事すぎるからなんですが、実は今まで、そこまで作っている自分自身もよくわかっていませんでしたけれど、無意識に、「ローゾフィアのハートの石としての最高峰っぷり」を^^感じていたからなのかもしれないです。
知ると手放せない感のある、いわゆる「高次エリアの安心感、心地よさ、無条件の愛」のエネルギーをそのまんま持つ石なんですよ。



先般、真名圭史さんのワークショップでの顛末についての記事で、やたらに「クレアボヤンス、当社比、過去最高レベル」って^^、フェナやモルダバイトや、いわゆる、高次に繋がる系の石の仕事の凄さに触れていましたが、私たちが高次ガイダンスや高次エネルギーを感じようとする際に何よりも必要なことは、「ハートが開いていること」そして、「ハートに流れるエネルギーが活性化していること」。これが大事です。



ハートが活性化していないと、実はそれは受け取れないし、繋がりづらい、回線が弱くなるのです。
なので人生、ハートがすべてです。
と言い切ってしまってもいいくらい^^、ハートが大事です。



ローゾフィアがここまで正しくハートを開かせる、しかも単なる見た目の見せかけのオープンハートではなく、「内なる自己」と呼ばれる、いわゆる魂の自分へ向けてのオープンハートを促す石であったとは…ということに、自分自身もまじめに実は驚いてました。



22日のワークショップの当日には身につけていませんでしたが(もう山ほど腕にブレスいっぱいのキ印ちゃんに^^なってしまうので)今月ほとんど毎日私がずっと身につけていたのは、このローゾフィアを使ったブレスでした。
なので、それこそ、22日までのあいだに「ハートの強化の下準備期間」を手伝っていてくれたのが、まさにこのローゾフィアのブレス。



自分て自分が思うほど^^たいして今までハートって開いてなかったのでわ? と思っちゃうくらいに^^ローゾフィア身に着けていると、内側の自分が外側に無理なく出てくる感じがします。



単なる女性性アップ♪ みたいな^^カップリングではないですよ~。(カップリング的にはもちろん、女性性パワーアップ系ですが)
自分を知る、自分の中の本当の自分を知り、その神聖さをリキむことなく正直に素直に現実世界に顕していくためのカップリングですね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  チラ見♪
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page