「地球の女神~Higher Earthバージョン~」ペンダントVol.2「1」「2」「3」

2016年03月31日 (木) 19 : 51






「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
__________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

ペンダントトップ全長「1」9センチ「2」7.8センチ「3」7センチ。
アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー)を使用しています。
お写真にはありませんが、合皮コードネックレスをおつけします。

♪♪♪セット割引♪♪♪

お揃いのブレスレットといっしょにご購入の場合は、1,000円割引のお取扱いとさせていただきます。

__________________________

「緑色の石になぜに地球と繋がる石が多いのか」の謎に電球マークが点った今月、マントルの色が、上部マントルがグリーンで下へいくほど濃いブルー…というグラデーションになっている…の話を、偶然知る直前、この深い透明グリーンに心惹かれ仕入れたこのグリーンの透明サーペンティン。こちらが主役のカップリングです。

スピ路線へ足を踏み入れる時。人によってさまざまな動機があると思うけれど。
高い確率かどうかはわからないけれど、「自分はこれでいいんだろうか」っていうのが多かれ少なかれ、根底にあって。
そこから、石に興味を持つ人もいらっしゃるのではないかしら。

自分がこれでいいかどうか。
この世に生きる自分以外の他人すべてにですよ、もしそれを認めてもらっても。本人がそれを心底から認められなければゼロに等しい「これでいい」になってしまう場合もあるんですよね~。そのくらい、けっこう、ままならないものでもあったりしますね。「自分」という個体の存在は。
「みんな」が認めてくれている、という根拠に頼らずに、自分が自分にそう言える人生、自分の存在を本当に認められた時、同様に無条件に他存在すべてを認め愛せる境地、宇宙的境地にもなれるのだと思う。

地球もね。同じ気持ちになる時、あったのかもしれない。過去にはね。
でももうそこを大きく超えてきた、偉大な存在。それが地球だと感じます。
畏怖と尊敬、言葉で表現するにはちょっと足りなすぎて、ボキャブラリーなさすぎて表現しきれませんが。
足元の、緑と青を、思ってみて、想像してみて。
あなたが切ない時。地球が経験してきた切なさも理解できるかもしれない。あなたが嬉しい時。当然。地球も喜んでいる。
…こういうような感じ^^。こういうファンタジックな感じが、気恥ずかしいというか、「思っちゃいけない、言っちゃいけない」ような気が、自分はしていたけれど。

こちらは、地球の意識をちゃんと知って、その上で、その懐で生かされていること、そこに繋がろうとする意識の心地よさをですね…知ってしまえるカップリングかもしれませんね。
それのどこに必要性とイイコトがあるんですの? って思う人が^^大半かもしれませんけれど。
繋がってみてください。
もちろん、「恩恵先にありき」を期待しないほうがいいですが。
知ると知らないでは、段違いの世界があること。
安心して進んでいける世界。地球がちゃんと応援してくれていることを感じられるのは、なんとも心強いものです。

ますますのご発展に。軌道修正に。
みなさんが自信を持って自ら決してご自身の人生においての航海士として行動していくことをサポートしてくれるカップリングかと思います。

■使用石■

「1」

「エメラルド40×10ミリ六角柱」「グリーンアポフィライト30×20×15ミリクラスター」

「2」

「エメラルド40×10ミリ六角柱」「グリーンアポフィライト60×20×15~30ミリクラスター」

「3」

「エメラルド8ミリ丸玉、8×6×5ミリタンブル」「グリーンアポフィライト53×26×15ミリクラスター」「スワロフスキー15ミリ(オパックグリーン)6ミリ(グリーンオパール)」

■クォリティと鉱物説明■

グリーンアポフィライト、大変美しい濃いグリーンで高品質なクラスターです。
エメラルドはブラジル産で、「1」「2」の六角柱は4センチサイズで、エメラルドとしては大きな原石で希少です。

「1」「2」8,800yen 「3」6,800yen


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2016年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page