「夢見る頃を過ぎてもDreamer」ネックレス

2015年11月30日 (月) 20 : 56








その昔、Dreamerのネーミングでお出しした、最初のモーシッシのカップリングの時に書いた文章。以下、引用させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人生など、短い夢のようなものよ。」と言いながら、この組み合わせは、つい、深い深遠な意味ばかりを期待してしまう、「人生の意味」、その人にとっての・・・を、感覚的に理解させてくれると思います。 そして、「今在る」ことを、責めもせず、嘆きもせず、淡々と受け入れるココロがぐぅ~んと広域に拡大していく様を、おそらく感じることができるのではないでしょうか。
達観、というほど、大それた言葉ではないかもしれないけれど、少なくとも、それに近い「諦めること」も容易にできるんじゃないかと思います。人間、諦めることも肝心ですから。そして、不幸な状態(と思っていたこと)を諦めて受け入れてみると、意外に物事が好転していく様を経験でき、そして、永遠に形を失わないものはないのだ・・・というこの宇宙(なのかどうかはわからないですが。全体像は実際に見たこともないですが、神の懐、とでも言い換えましょうか。)その機微とだんだん同調できるようになるんじゃないか、と。
なんだか、そんなムズカシイことを言ってますね、この石たちは。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこの当時、自分自身の明日、来月、来年…自分が何をしているか、ちゃんと生きることができているのか、について、客観的に見ればですが、とてもあやうい現実世界の中にいたと思います(でも今もよく考えてみるとソレは^^同じです)。
石たちはたしかに凄い、本当に彼らはこの世界で生きることの物心両面において手伝ってくれていることをわかって尚、それでもその時点での現実というものがあって、自分だって結局は、派遣の会社員やらないと生きていけない、やっぱりそういう世界にいるんだよな…これからだってあくせく働かないと生きていけないんだろうな~…という現実があることは、自分でもわかっていました。

わかっていたんだけど、なぜか私は、その石に出会い、その石といっしょにいて、妙に幸福である自分もわかっていました。
それが、モーシッシ。
自分の気持ちをごまかさずに、幸福だな、自分は。と思える状態でいることは、実は人生の中では…そう度々あることでもなかったと思います。というか、心の底から湧いてくる幸福感、「なにもその原因が思い当たることがなくても」湧いてくるこれは^^、Dreamerの肝とも言えた独特の濃いグリーンカラーのモーシッシと美しい透明アクアマリンとのカップリングで、ハートチャクラが相当活性化されていたからなのかもしれませんね。

そんなDreamerを踏襲して、再現させてみました。
このカップリングが言うところの「諦め」というのは、狭い視野で見た現実世界においての諦めではありません。
「自分であることを、自分の人生を、そろそろ、受け入れてみたら?」という、提案とも言えますかね。
(私にとっては…それは^^昔は実は「諦め」のニュアンスが満載だったのです。だから、当時は「諦め」って表現をしていたんじゃないかと思います。)

生きていれば自分でもどうにもなりそうにないことに遭遇することは、ままあると思います。だからって、やっぱり心の何処かで諦めていないですよね。でもその「心の何処かが諦めていないこと」は、現実を自分の思い通りにデザインする、首尾よく格好良く楽に生きていきたい、というマインドでの願いの思いではなく…「自分の心が喜ぶ状態であること」でいること。今、そうしていること、なのです。
結果的に…その状態でいてこそ、三次元の世界で懸案だったはずの、その現実のほうも、「喜べる現実」に変わっていきます。
心が喜ぶにはどうすりゃいいのか^^って、だから、ハートが大事なんです(汗)。ハートを開くしかない、っていうか^^。

今回は、Dreamerを越えて、「夢見る頃を過ぎてもDreamer」というネーミングをおつけすることにしました。
やっぱり、「ハートを開く」ことがなんといっても^^いいことです。リクツじゃないですね。
どのような人生であっても価値のあるものである、という精神世界のいうお題目は、悔しいけれど^^本当です。それを自分が認めていないだけです。宇宙はあなたを認めています。でもあなたがあなたを認めないと、それがわかりません…なぜなら「宇宙はあなただからです」のような気取ったことを^^ちょっと言ってみたくなるような、宇宙を受け入れるハートを開くカップリングですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(後日追記)

ちなみに…モーシッシは、風水系パワスト屋さんでは、金運財運翡翠の最高峰バージョンアップ翡翠、かなんか^^言われてもおるようです…(汗)。なんとなく今調べたら、そんな感じで販売なさっている風水系パワスト屋さんのサイトを見つけてしまった…。
そうなのか。いいこと聞いた(と言えるんだろうか…^^)。
Dreamerは、、、まぁ、そういう意味でのバックアップもしていてくれるのかもしれませんね。

たしかに、「ハートを開く」って宇宙に繋がることで、宇宙はたしかに必要なものは必要な時に必ず用意してくれるから、まぁそんなに欲張らなくても^^当たり前のことをちゃんとしていれば(「していればだよ」と^^うちのガイドの平安貴族さんの声が^^したような気が)普通に金運財運良好ですっ言えるありがたいルートに人は乗っていけるんじゃないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■使用石■


「マウシットシット(モーシッシ、コスモクロア)約8~21×9~12×5~8ミリタンブルカット」「アクアマリン15~20×7~9×6~8ミリクレオ」「ホワイトファントム水晶9ミリ、8ミリ丸玉」「グリーンアメシスト21~24×6~9×6~9ミリクレオカット」「ゴールドルチルクォーツ5ミリ丸玉」「シルバールチルクォーツ13ミリ、10ミリ、9ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■

こちらのモーシッシのタンブルカットは、丸玉よりも発色が鮮やかでハイクォリティです。
ちなみにモーシッシはコスモクロアという美しい名前も持ちますが、由来は、過去にメキシコのトルーカというところに落下した隕石の内包物から発見された「コスモクロア」を主に含むため、コスモクロアの名で呼ばれることもある…ということでして。
カップリングのアクアマリン、美しすぎな発色良しの、透明ジェム品質で、非常に綺麗です。
グリーンアメシストも、ジェム品質。内傷も見られず、カットも上質です。
ホワイトファントムは、クリア水晶に綺麗なファントムが入る高品質玉です。
シルバールチルクォーツは母体水晶の透明度が高いタイプで、細かい銀針が入る良品と思います。
ゴールドルチルクォーツも母体透明度の高い、綺麗な金針の入る良品質ですね。
かなりこちらご満足いただける品質だと思いますが、両方ともにですね、ルチルクォーツは上を見ればキリがなく^^、お値段もキリがなくの世界展開をする石なので、ルチルに相当こだわりがあって、とにかくもろもろハイクォリティじゃないと気が済まないレベルのルチル品質をお求めの方にはちょっと無理かな~という気がしますが、このカップリングではこの感じが合っているというか、十分な美しさかなと思います。
アクアマリンとグリーンアメシストは、一粒で主役級タイプの、たいてい、一粒単位でピアスなどのアクセサリにされているようなジェムタイプのものでして。それをせっかくなので惜しみなくたくさん使ってみました。石のアクセサリで二万円超えると、高い、って思う方は思うのかもしれませんけれど、高品質アクアマリンは今本当に高いですし、グリーンアメシストなどもお高い石ですので、使っているストーン的には正直これは格安です。お値打ちですよ。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page