「マジック~face the 2016 wave~」ネックレスVol.2「1」「2」

2015年10月31日 (土) 22 : 09














「マジック」は調べてみると、2007年が最初で、その後になんどか再販してましたね。自分でも忘却しておりました。
今回お作りしたのは、その始めの頃に手がけたタイプのマジックに使っていた石をベースに、アゼツ系と2012クリスタルを入れて。強化版というか進化版ですね。
なんといっても、今はすでに2015年でそれももうあと2ヶ月で終わろうとしています。実は2007年当時あたりとは、、、現実のこの次元じたいが格段に違ってきているのです。2012年を超えてからも段階を経て、どんどん変わってきています。

当時、こんなふうに書いていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このレシピは、非常に抽象的ですが、「マジック」ってことを意識的に表現してみたらこうなった、というレシピです。
「マジック」とはこの場合、魔法とか、奇跡とか、その手合いの言葉に限定されるような奇抜なものも含め、日常の空気の中に実は「取り出せるところにある」のだけど、私たちが手を伸ばそうとしていないだけなんだろうと思います。
そこへ、手を伸ばすことをサポートしてくれるレシピかと思います。
これを手にされた方は、私も含め、なんらかの「これは、魔法?」みたいな目にあっていたりするのですが、「計算外のハッピー」だったりしますんで、なにかを目論んでもムダかも^^です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを読んで自分が感じたことは、、、「あ、もうこの時の自分ではない、、、」ということでした。
「これは魔法?」なんだけど「計算外のハッピーだから、目論んでもムリムリ」っていう苦虫を噛み潰したような^^マジック。。。じゃないのよね~~~~~、今はそうじゃないのよね~~~~~、という。

この当時は、私自身が、「表層の自我の欲望と魂の望みを、履き違えてしまうかもしれない願望実現には気をつけなくてはいけない」という、自制心抑制心を常に持ちつつ、それでいて、願望が実現していくサポートをしてくれる石たち、、、というものを扱う自分、そういう自分が、石をご紹介するにあたって、石を知らない人たちに勘違いさせてはいけない、石を単に持つだけで思い通りのことが発生するマジック、のような手軽でさもカンタンな感覚で、もしくは努力逃れのための免罪符のように、思わせてはいけない、、、だけど実際に、石を持ったんだから大丈夫なんだよなぁ、ちゃんと石たちはそのようにはたらくことを認められれば、そのとおりになる世界がそこにあるだけなんだよな~、という部分も肯定しているからやっているんだけど、、、このへんの伝え方ってどうすれば真意というのが伝わるのかと、そしてものすごく、人に対してミスリードになってしまう可能性があることを、恐れていたんだな、というのがわかります。
だから、「計算外のハッピー」というところに^^ちょっと牽制が見えますね。

今はね、望んでいることを遠回しに遠回しにしていかなくても、望んで大丈夫。むしろ、どんどん、心からの望みは望んでいいと思います。
あれはいい、これはよくないと遠慮して、精神修行しているうちに、人生が終わったら^^寂しいですよね。
しかしながらもちろんですが、人生が修行の側面を見せている時、それを心から自分に必要なことだと感じられるのであれば^^、それもオッケーです。

こういうふうに言うとね、え、じゃあ、好き勝手に何でも実現するんだ? と、それでいいのか、と、自分の思いがなんでも叶うそんなワガママ放題の勝手な願望が叶うマジックでいいのかと^^思われるかもしれませんが。
このマジックは、そもそもが、仮に「自分の都合のいいことしか望んでいない好き勝手」的な願望を抱いている自分がもしいるのだとしたら、その時点で、その願望を抱く自分に違和感をもたらす^^盤石レシピだと思います。
たとえば誰かを陥れるのが何よりの願望、誰かの不幸な顔を見るのが最大の自分の幸福、みたいな願望でしたら、それを叶えようとすることになんの意味があるのか、考えられるようになりますよ。

結局、マジックって^^いい人になっちゃうことなのぉぉおおお???!!! みたいな^^感じですけど。
いや、「無理してなろうとするいい人」はつらいですが。
カンタンに言うと、そもそも、「努力目標」としなくていい、望む世界を実現するのがマジックだと思います。「そうありたい」とかではなく、そうあって当然、必然、自分も、人も幸福になれるであろう状態、方法、行動。自分にとってそれはなんなのか? その願望を知ることと、実現がセットになってプレゼントされそうな、そういうカップリングかなと思います。


■使用石■

「1」

「ミスティッククォーツ20×15×8ミリ(ルースサイズ)」「ピンクトパーズ8×4ミリボタンカット」「ブラックプレシャスオパール約8×5×3ミリオーバルタンブル」「インペリアルトパーズ約8ミリタンブル」「ブルートパーズ10×8ミリタンブルカット、5×3ミリボタンカット」「グリーンクォーツ8ミリ、6ミリ64面カット丸玉」「シトリン約16×13×12ミリ、12×8×8ミリタンブルカット」「ゴールドタイチンルチルクォーツ12ミリ、7ミリ、6ミリ丸玉」「ブラックマトリクスオパール8ミリ、4ミリ丸玉」「アメシスト14×8ミリタンブル、12×8ミリタンブルカット」「ペリドット10×6ミリタンブルカット、8ミリ弱、4ミリ丸玉」「ゴールデンオーラ12ミリ、8ミリ丸玉、8ミリ64面カット丸玉」「ブラックアクアオーラ18×13×5ミリレクタングルカット、20×8ミリ三面カット、10ミリ64面カット」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」「アゾゼオヒマラヤゴールドアゼツライト10ミリ丸玉」「アゾゼオブラックアゼツライト6ミリ丸玉」

「2」

「ミスティッククォーツ12×8×8ミリ、13×8×8ミリ(3ルースサイズ)」「ピンクトパーズ8×4ミリボタンカット」「ブラックプレシャスオパール約8×5×3ミリオーバルタンブル」「インペリアルトパーズ約8ミリタンブル」「ブルートパーズ6ミリ(ペンダントトップルースサイズ)、10×8ミリタンブルカット、5×3ミリボタンカット」「グリーンクォーツ8ミリ、6ミリ64面カット丸玉」「シトリン約16×13×12ミリ、12×8×8ミリタンブルカット」「ゴールドタイチンルチルクォーツ12ミリ、7ミリ、6ミリ丸玉」「ブラックマトリクスオパール8ミリ、4ミリ丸玉」「アメシスト14×8ミリタンブル、12×8ミリタンブルカット」「ペリドット6ミリ(ペンダントトップルースサイズ)10×6ミリタンブルカット、8ミリ弱、4ミリ丸玉」「ゴールデンオーラ12ミリ、8ミリ丸玉、8ミリ64面カット丸玉」「ブラックアクアオーラ18×13×5ミリレクタングルカット、20×8ミリ三面カット、10ミリ64面カット」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」「アゾゼオヒマラヤゴールドアゼツライト10ミリ丸玉」「アゾゼオブラックアゼツライト6ミリ丸玉」



■クォリティと鉱物説明■

大ぶりストーンがたっぷり、且つ、ハイクォリティビーズが満載の超豪華ネックレスです。、、、すごいお金かかっています。。。
ミスティッククォーツのペンダントトップ、超豪華です。大きいです。実はこのペントップオンリーでもそこそこのお値段です。なので、ゴージャスな石ビーズを組み合わせてネックレスはどうかと、採算考えず、正直、道楽というか趣味で作りましたので、材料費を^^どうかよろしくお願いします、なお値段にさせていただきました。実物の美しさにびっくりしていただけると思いますので、心惹かれて気に入っていただけた場合には、ラッキーかなと思います。
石のクォリティ的には、ゴールドタイチンルチル、シトリン、ペリドット、プレシャスブラックオパール、ブルートパーズ、ピンクトパーズ、インペリアルトパーズがハイクォリティなビーズ(つまりほとんど全部)、アメシストも発色よくて綺麗ですが超宝石質まではいかないビーズ、ブラックマトリクスオパールはキラキラのラメは入りますが少しビーズによって差があるかなというクォリティです。
アゾゼオアゼツライト、アゾゼオブラックアゼツライト、ヒマラヤゴールドアゼツライトは、H&E社のギャランティーカードのコピーをおつけします。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page