たまげた石、K2(アズライトイングラナイト)。

2015年10月22日 (木) 22 : 21


ようやく、K2。
ごめんなさいね~、書こう書こうとおもっているうちに、なんだかもう月末準備期間ですよ!! ほんと早いですね。今年も2ヶ月とちょっとですもんね~。

K2はパキスタンのカラコルム山脈K2マウンテンから最近発見された石で、ベースの部分はグラナイト、青いドットはアズライトだそうで。通称K2、K2ブルー、などの名称で呼ばれているようです。鉱物名は「Azrite in Granite」、藍銅鉱入りの花崗岩です。

とにもかくにも、この見た目。いやこれはもうどうしても欲しいっっっの、トキメキ石でした。
ネット上で検索すると、「なんかけっこう高いよね、、、アズライトは入ってるけど母岩グラナイトなんだけどな」という感じで、きっとコアな石マニア以外は、手出しはしていないのかもしれませんが、それでもけっこう売り切れてますね。
だって、意味がどうとか以前に、、、可愛すぎじゃないですか???^^

というわけで、10月のミネラルショーでならきっと出会えるだろう、と、狙っていましたが、案の定、メタフィジカル系ストーンにお強い国内業者さんにて、無事発見♪ ていうか、ここのお店ならきっとあるはずだ、、、って最初から思ってましたけどね。でもミネショ回ってみて、ここともう一軒(レムリアの太陽さん。ここはメタ石でないものはほとんどない石屋さんですから^^)しか取り扱いなかったでしたから、やはり流通量そのものは少ない気がします。
パワーストーンワークス的には、「ぜひに、K2ビーズが欲しいんだが、、、」といったところですが、今後この石の丸玉ビーズやらが出回ることは、まずないでしょう、と思います~。


さて、本題の、たまげた話。

K2の、タンブルやら、ルースやら、丸玉、それからハート型の握り石やら、各種形状取り揃えて買い込んできた自分でしたが、考えてみると、とくになにか「石の意味」みたいなものについては、詳しくは調べてなかったんですよね。
ただまぁ、単純に、アズライトだし。それに、ヒマラヤのK2マウンテンで発見された、その特殊性から、もう十分に、何らかのサイキック系^^、そして、なんといっても、このブルー。第三の目でしょう、って、素人でもわかりそうなわかりやすさでもありますしね^^。

てなわけで、K2入手してきたその日に、寝る時に、両手でK2包み込むように持ってたんですが、そのまま寝ちゃったんです。

で、「なんじゃこりゃぁああああ」の、額に集中する、かつて経験したことのないようなエネルギーボルテックスの体感に、夜中に、はっと目が覚めて。
ほんとにすごかったです。だから、目が醒めたんだ~、ってはっきり分かるレベル。「ちょっと眉間のあたりがムズムズするのよね」みたいな^^第6チャクラ反応じゃなかったのよ。

凄いのは、第6チャクラだけではありませんでした。
脳天のチャクラ。頭頂の第7チャクラと呼ばれる場所が。蓮の花がどんびらき、そうなんですよ、あのね、「漏斗」みたいな感じでね、「ズン、ズン」って、エネルギーが注入されているのが、はっきり体感でわかったんです。
これね、頭ひっぱたかれるみたいな感じでエネルギー注入されてる、っていう話って、ちょうど2012年超えて2013年頃かな~、以前聞いたことがあって、「え~なにそれ、わかんない、自分、、、」って、その感覚がわからない寂しさ(あたしはアセンションできていない、五次元知覚ができていないんだ、的な^^寂しさ)を感じていたものだったんですが。

「これか!!!!!」でしたよ。
あのゲーセンにあるモグラたたきのトンカチみたいなの? で、ポコン、ポコン、と確かに、ソフトに叩かれてるような感じで(決して「ひっぱたかれる」ではなく^^)エネルギーが頭頂からどんどん押し込まれてるの。

身体感覚的には、ちょうど、「あ、このまま体外離脱できそうな感じ」だったので、それを意図していたんだけどね、、、その眉間のボルテックスあんど頭頂モグラたたき、だけなら良かったんですけれど、、、なんかね、あれ、なんか聞いたことのない「声」が聴こえる、、、って気がついちゃって。
「嬉しいね、楽しいね」。。。耳元で。そう聴こえるの、その繰り返しが。

これで出てきちゃったんです、はい。「キョーフ感」というやつが。
だってあまりにも、はっきりそう聴こえるんですもん(泣)。
でも、恐怖感が多次元知覚のブロックになることは知ってますんで、即、いんや、怖くないぞ!! と、そのまま身を任せる体勢でいたんですが、やはり、一瞬でも「こわっっ」の感覚持っちゃうと、ダメなんですよね~。

そこで、半覚醒状態から、三次元の夜中のベッドの上で、K2両手でがっつり握る自分の身体感覚へと戻ってくることになりましたね。

腕にしていたブレスは、高次コンセント、クレア解禁、セレンディピティ、棚ボタ、、、でしたね。ネックレスは、オーラライトと経デンバーガイト、アゼツ、シナゼツのリアル・フィーリングでした(「このカップリングはそういった究極の難題のようなどうにも「頭やリクツの世界では答えが出そうもない」無理難題をどうにかクリア前進できるのかもしれない「答えの片鱗」に繋がるシゴトを好んでいるようなところがあります。」ってご説明を以前にしていたんですけれど、けっこうこの手の未経験ゾーンの遭遇率が高いかもなカップリングなんですよね)。

まぁ、これだけ高次繋がり系カップリング身につけてれば^^、っていう話でもあるのかもしれないんですけれど、具体的にこれだけ体感として、眉間と頭のてっぺんからの圧を感じる体験は、今までにはありませんでしたね。

その後は、K2持ってメディテーションしたり寝たりしてますが、ここまでの体感の経験の再来はありませんけれど。
ただまぁ、いつもお伝えしているけれど、三次元の身体的に体感とか感覚では感じられなくてもね、「実際にそのようになっている」というのが、実情です。こういう、エネルギーの世界って。
実際にリアルに経験したほうが、そりゃ、自分的信憑性が生まれるので、体感できなくてもそうなんだろうな、って思えるようにはなるので、一回二回、体感できるのは悪く無い話ではあるのですが。


H&E社さんでも、K2は、例のワイヤーラップのペンダントで発売されているようでした。
以下は、ロバートシモンズ氏の、K2解説です。ご参考に。
(ちなみにこの一行目の「驚くべき、驚くべき石です!」の記述を、自分は、まんま体験した、、、ということです^^。ほんとに、実際、驚いたもん^^)


K2は、驚くべき、驚くべき石です!サードアイとクラウンチャクラのハイレベルの活性化を提供します。

この石はボディのエネルギーセンターのどんなの振動でも増大させて、高めることができて、それは人間の精神の悟りを刺激する程のレベルである。 また、K2は深い洞察の石であり、一生の出来事や不思議なことなどすべての潜在的な意味に侵入して人の意識を刺激する。現実の根底にある出来事を見て理解しているので、人の能力を増大させます。
私たちが活力と意味の下にある層を認め始めるならば、人はネイチャーマインドを呼び生命の素晴らしい冒険を受け入れて、人生への情熱は再燃することでしょう
K2のアズライトの構成要素が精神能力のその強化の原因となることであると確信すると、私は感じます。しかし、人は、これらの石の主成分を作る水晶/フェルドスパー/バイオタイトの組合せを見落してはいけません。
内面の次元認識と星の旅行さえ容易にして、K2は、覚醒した状態に、ライトボディを持ってくることができます。K2は過去世を思いだすのための優れた石です。そしてスピリチュアル能力を強化して、友人やパートナーの間でテレパシーが通いあう時を増やして、精神的な理解を促進します。また、これは、健康、富と独立のための石です。  

自然治癒するスピリチュアル領域では、K2は脳、心臓と神経系を波動的にサポートします。感情面には、自立と品格の強さを刺激します。
K2は、さまざまなアゼツライトと最高に調和します。単独で用いるよりもアゼツライトとの併用をお勧めします。ニルヴァーナクォーツ、フェナカイト、ムーンストーン、ガーネット、アズマー、ヘルデライトと共鳴します。自然治癒するアプリケーションについては、K2をヒーラーライトとセラフィナイトとを合わせることが理想的です。


個人的に私が感じるのは、K2は、私のような感じの仕事をしている方には、必携の石かな、と思いますね。
はい、つまり、三次元マターじゃない領域にクビ突っ込んでいる人には、大変お薦めです^^。
三次元マターじゃない仕事、、、その世界には、もう戻り道はございませんので。どれだけコドクだろうが理解者がいなかろうが、前進あるのみですので。そのお供に、今までにない「経験」の^^増産をしてくれて、勇気とか信心とかの空想的な領域レベル以上のものをもたらしてくれるタイプの石だと思います。
(10月18日記事の「多元的自己を認識する波動体験会」は、K2を入手する前から、予定していたけれど。流れというのがね、あるんだな、と感じられますね)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page