「シャーマンGUIDE ~Multi-dimension Support~」ブレスレットVol.1「1」「2」

2015年09月30日 (水) 21 : 37










2ヶ月ほど前にお出ししました、クレア解禁ブレスでしたが、その後、「こんなことがっっ」というご意見と、「う~ん、、、」なご意見と、そりゃまぁ、じゅうぶんに想定はできていたことなんですが、一筋縄ではいかぬ、クレアでございまして。
「う~ん、、、」な方に関しても、その後に、そうそう!! それでいいのよ!! いい調子!! な段階に移行されていらっしゃるケースもあるので、「う~ん、、、」で諦めないで^^みてください。

そもそも、見えるとか聞こえるとかの、五感レベルの当たり前にわかる感じに慣れすぎている私たちは、相当にわかりやすいレベルで、そういう能力が開花するものだと誤解があることは、ブログでもご説明したとおりなのと、私たちって、自分が想像している以上に、固定観念や、自分が習慣的に慣れ親しんでいる範囲での思考内の理解でものを考えているところがあると思います。

受け取ることができている気がしなくても、受け取ろうという素直な意図を持って心を開いている人に、ガイダンス側は、そこまで冷たくはありません。あの手この手で、メッセージは山程届けられているのでして。
「気のせいよね」と言いたくなるような、ほんの小さな見逃せば見逃せてしまうようなことの中にですね、投げた質問に対してのアンサーは、必ず提示されるのです。(これも自分が「投げた」ことを忘れている、または自覚がない場合が大ありです。なので「投げた質問に答えが返ってくる」ことへの執着じたいが必要ないです。必ず来ますので^^。そこに執着していて見逃すわけですよ、つまり)

あとですね。「連想」という現象。これもメッセージです。
なにかの雑談とか、ふとした話題から、それがきっかけとなって、そこと関連性があるようなないような、全然別のことが思い起こされてくる、そういう場合。これは普段私たちが当たり前のようにやっていることでもあるのですが、そこにね、なにか自分の中に電球マークが灯るような、小さな発見があったとしましょう。
自分で考えた、自分の思考や知識が導き出しているように見えるので、あんまり我々はそういうものは普段重要視しません。ですが、これも、ガイドメッセージです。
これを「感じる、感じ取る」能力は、あまりに当たり前にできそうに自分では思えることなので、「そんなものが?」って見方をしてしまうんですけれどね。
(実はこれも、、、「そういうことが本当にあまりできないかも」な人もね、世の中に存在するのは、わかりますよね? なんでわかんないかな~、って^^思っちゃったりすることもあったり、伝えてもぴんと来ていなかったり、「それがどうしたの」反応で^^がっかりしたり、なんてこともありませんかね。私はこれ作詞家時代の頃ね、よく感じていたのですよ。伝わらない寂しさ。でもいいのですよ、気づいた本人にちゃんとピンと来ていることがそもそもいちばん大事なんですから。ここに他者の同意をせっかちに求めようとしたりしているうちに、自分で消化できないものになっていったり、自信のないものになっていったり、が始まります)

ということで、前置きが長くなりましたが、今回は、「シャーマンGUIDE」のこちらは、マルチディメンションサポート、つまり、多次元サポートです。
まぁ、難しく考えなくても^^「思考の視野が広がる、一段上がる」くらいの感じで捉えていただければと思います。
あんまりクレアがどうこう言ってしまうと、なんだか、ものすごく大袈裟でご大層な、そしてなんだかとても良さそうな^^サイキック能力を期待するほうにばかり目が向けられてしまい、本質が置き去りにされてしまうところがあるな、と感じました。

あとですね、これは、「基本の基本」な話で、私はみなさんはわかっていらっしゃるとばかり思っていたんですが。
「この現実からどうにかして自分が逃げたい」がゆえの、サイキック能力というのは、開きません。また、開かないことが本人のためですので、むしろ、開かないことが感謝すべきことなのです。別の言い方をすれば「タイミングじゃない」ということ。ここはとても大事です。
すべてが良い塩梅なんだな、と自分の現実を受け入れることがいったんできた時。今までと違う見方を自らができる状態を作れた時。それが、シフトのチャンスですから。

もともとクレアが開けておられる実感のある方には、こちらはそういった今までの自己の視点の範囲を超えた拡がりのある「メッセージ性」のあるチャネリング能力のアップに寄与してくれるカップリングではないかと思います。(この実感も、人により自己基準は千差万別ですので、くれぐれもなんだか凄そうに見える人のモデルケースと比較しての優劣で、自分ができるできないのジャッジをなさらないでください。それをしているあいだは足踏み状態になりますので)
自分にも、人にも、タイムリーに有用なメッセージ。これは「言葉」だけとは限りません。
そういったメッセンジャーとなることは、なにもヒーラーさんやリーディングをされている方だけに必要なのではなく、三次元で人を指導する立場におられる方や、説得性のある文章力を必要とするような職業の方、個性あふれる創造性が要のアーティストの方、人様になんらかのプレゼンテーションをする営業マン、患者に病状を説明するお医者さん、子供の素朴な質問にいつもアンサーしなくちゃならないお母さんにだって^^必要な要素だと思います。


■使用石■


「アゾゼオアマゼツ18ミリ丸玉」「シリウスアメジスト12ミリ丸玉」「アクアオーラ8×5ミリボタンカット」「ターコイス12ミリ丸玉」「マスターシャーマナイト14ミリ丸玉」「アゾゼオサチャロカアゼツライト12ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト14ミリ」「プラチナルチルクォーツ(ブルッカイトinクォーツ)16ミリ、10ミリ丸玉」「ヒマラヤアイスクリスタル12ミリ丸玉」「カコクセナイトinクォーツ12ミリ丸玉」「ゲーサイトinクォーツ14ミリ丸玉」「2012クリスタル14ミリ多面カット丸玉」「モルダバイト5×3ミリロンデル」


■クォリティと鉱物説明■

メタフィジカルストーンがてんこ盛りなカップリング。まぁ、宇宙意識、という過去に何度かやってきたことのあるカップリングの要素に、チャネリング要素の強化策が加わった感が強いカップリングと言えましょう。
これは実際自分ではどうなのかな~というお試し感で使ってみたところが、今月の「ちょっとだけよ」の感じですかね。ぜんぜん、ちょっとだけよじゃなくなってるわ~^^って思いました。ああでも、このくらい、具体的に話せばさすがわかってもらえるかな、って気がしました。
(まぁ、それでも「ソレが何か?」って^^場合、それはそれでもう、私の範囲ではないのだろうと思います)
私はこういうわけのわからないモノをわけがわかるようにお伝えしなくてはならない使命があると思っていますので。実はそれは非常に難しいことなのでして。三次元の方は「具体例」を好みます。事実やノウハウが大好きです。なので、私は常々、宇宙にリクエストしています。おいらに具体的現実を!! ってね。

石の品質は、良いですよ~。インクルージョン系クォーツのブルッカイトとゲーサイト玉は少しクラウディなところもありますが、しっかり内包物入り水晶玉。ちなみにカコクセナイトとゲーサイトというのは同じ基本構造を持った鉱物で、同じものなんですよね。物質としての顕れ方が少し違う、という鉱物。鉱物の世界にはよくあることです。
ダイヤモンドとシャーマナイトが同じ炭素鉱物と言って、誰が信じるでしょうか。そのくらいこの地上での顕れ方は違うのです。

H&E社のアゾゼオアマゼツ、アゾゼオアゼツライト、アゾゼオサチャロカアゼツライト、マスターシャーマナイトはH&E社のギャランティカードのコピーをおつけします。
2012クリスタルはガイガーミネラル社のギャランティコピー、日本語説明文コピーを、シリウスアメジストはガイガーミネラル社の英語説明文コピーをおつけします。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page