「Mellow Elements」ブレスレットVol.1

2015年07月31日 (金) 21 : 36








こちらが、2015年7月23日のお客様の声の記事中にも、再販させていただきますよ~なぜならば・・・の、お客様のご経験&私の経験のコラボレーション、すっごいエピソード満載の、メロウ・エレメントです。
(ご面倒かもしれませんが、もしお読みになられていない場合には、たぶん2015年7月23日記事を読んだほうが話が通じますので、ぜひお読みになっていただけましたらと思います~。)


先月には、みなさまに以下のように「丸投げ」させていただいておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Next Doorはもう開いていて、私はまだ「これだ!!」というものをはっきりと見つけたわけではありませんが^^そんなふうに徐々にではありますが、移行中。
このカップリングを手にしてくださった方には、その方にとってのガイダンスがあるカップリングだと思います。(「えっ?」かもしれませんけれど^^、私がその範囲を限定することはできません~^^^^自分で見つけられます^^必ず)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


でも、よくよく読みなおしてみたら、ちゃんと、以下のように、書いてありました~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一分の疑いもなく、Beingであることを肯定できる境地であることが、何よりも大事なのね。
石のことを肯定できる感覚で自分自身を肯定すること。
私が私宛にこのカップリングからもらったメッセージは、そういう感じでしょうかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そのために必要なこと。。。
そこまで^^お膳立てを手伝ってくれるカップリングだったんですね~。


「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」
見事なものでした。


私にとってだけでなく、だれにとってもそうですが、自分で作っている垣根はやはり、取っぱらうほうが、もう段違いに、そもそも自分がとても生きやすく、心地良い状態、エネルギーマックスハイパワー状態で、結局、幸福になれるんです☆
「自分らしく、どうやったら、うまくやれるのか」を画策するよりも、さっさと手放すべきいらないものを、手放せれば。そうできる。
だって、宇宙エネルギーの支援範囲、テリトリー範囲が、拡大するわけですから。
これは大きいですよ。自分の力でリキまなくても、勝手にすいすいコトが運ぶ・・・宇宙の叡智です。


でも、それができないんですよねぇ。そう、やすやすとは・・・。
なんですよね。ふつうはね。


しかし、私だけではなく「カップリング効果の丸投げ」ながらも^^先月このカップリングをゲットしてくださいましたお客様も、しっかり、その「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」エネルギーに動かされ、ご自分らしさを表現できる、自然体でいられることの凄さを、味わっていただいております♪
私のケースなんぞは、そもそも、潜在的に自分にそれがある、っていう自覚すら^^ないところで、それが行われたわけですから。
だから、お客様にいただいた「声」がなければ、「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」が自分に行われたことに気が付かなかった^^可能性もありますね。
そうなってみて、あとから、「あ~、自分は、どっかで垣根をこさえていたんだな」の感じが、わかりましたから。


あ~そっか。
先月、あたくしは実は、本音として、「そろそろ、(自分の)証明のいらない世界を展開したいんですよねぇ」って言ってたから、それを証明してくれる方が、顕れたんだ~~~!! って^^今、気が付きました。
あ、ありがとうございました!!!


いや~。楽しいですね~。現実創造って、こうやってできていくものなのかもしれませんね。
これ全部、まさに「ほんとうの」現実に起こった話なんですから。
ならば、「愛と光の世界」だって。創造するのは、やっぱり、思っているほど難しくないものなんじゃないか、って。思えてきました。


「ハートどんびらき且つ垣根ぶちこわし」実はそれが、前代未聞の能力展開をしていける、自由度の高い状態になれる、「強力な個」でいることが可能になる・・・宇宙の法則を、絵に描いたような、後押しの力を受け取ることができるメソッドです。
こんな途方も無いことを・・・難なく^^できるようにサポートするんだから、彼らは凄い。
経験してみたい方は、ぜひどうぞ、な、イチオシものです♪♪♪



■使用石■


「タンザナイト12ミリ丸玉」「ロードクロサイト(ペルー)12ミリ丸玉」「ゴッシェナイト12ミリ丸玉」「アクアマリン12ミリ、10ミリ丸玉」「ディープ・ブルーアクアマリン10ミリ丸玉」「モルガナイト12ミリ丸玉」「ゴールデンダンビュライト10ミリ丸玉」「タイチンゴールドルチルクォーツ10ミリ強丸玉」「シルバールチルクォーツ11ミリ丸玉」「デュモルチライトinクォーツ5ミリ丸玉」「レムリアンシードクリスタル10ミリ丸玉」「AZOZEOアゼツライト10ミリ丸玉」「カレンシルバー9×10ミリ」


■クォリティと鉱物説明■


すべてハイクオリティ!! オール高品質、発色がとんでもなくオッケー、すべてスケスケの「透明」玉という、おそるべき品質の^^大玉ブレスです~。
こういうのをやってみたかったんですよねぇ。
欲深いでしょうか^^。
ないんならまぁ、できませんけれど、こういう石もまぁ、この世にはあるにはあるわけで。ただ、こういう品質はビーズでは非常に限られますし。もちろんお値段はりますし。それにベリル系も今この品質はたとえ探してもこんな大玉ではなかなかない品質なのでして。ホントウよ~^^。いずれ・・・って思っていると、天然石の世界は待っててくれません~。

ゴッシェナイトは、「高次コンセント」のところでもご説明してましたが、再度のご説明。
不純物がなく、このように非常に透明度が高い高品質な原石は宝石として流通するため、ビーズでは大変珍しいため、こちらは稀に見るレアビーズです。という^^レベルです。
実は・・・当然ですが、やはりお高いので^^、大玉は・・・と少し考えましたが、どうしてもデカ石好きの血が騒ぎまして^^、採算とか売れなかったら困るとか^^そういうけちな考えは捨てることにしました。
そもそも見た目には無色透明なため、水晶や他の無色透明な石と、ぱっと見の違いはぜんぜんわからないわけですが、ベリルですので、水晶系のストーンとは質感がまったく違います。
とはいえ見た目は無色透明の丸玉ですので、これこそ、モノ好きにしかわからないレア度満載系とも言えますので、まったく一般的ではありません。
・・・一般的ではありませんが、透明無色ベリル・・・エネルギー的に^^太鼓判かも。

このタンザナイト12ミリは紫色なんです~。透明で、紫色。青みがほとんどない藤色という感じの色で、大玉。ものすごく綺麗ですよ。
ロードクロサイトはペルー産でトマトのような色で、透明。

金ルチルも美しい金色太針、タイチンぎらぎら、シルバールチルも針の入りが綺麗、母体水晶透明度高い、ハイクォリティルチル。

水晶はレムリアンシードクリスタルの丸玉を使っていますが、この丸玉、そういうメタフィジカルがどうこうっていうこと抜きにしてもですね、通常の水晶と比べても、いわゆる5A以上のGAX級、というタイプの最高品質なので、美しい他の石がより映えるんですよね~。
(先々月、レムリアンビーズ使った作品お出しした時に、それをお伝えし忘れてました~。透明度が抜群なんですよ、このレムリアン。買ってくださった方、気づいていただけましたでしょうか^^。まだ少し6ミリ8ミリが残っていて、14ミリ大玉はまた大玉仕入れておきましたので^^来月またなんらかのレムリアンものはできるかな~と思います~。)

せっかくなので美しいデュモルチライトinクォーツも入れてみたところ、これがまた^^超マッチしてるんですよ。大玉の中に一粒だけちっこい丸玉、なのにバランスいいんです。

お写真、ライト当ててるので、なんだか人口石並に^^どぎつく鮮やかに映っちゃってますが、実際、発色がすばらしいので、ライト当てるとよりそれが強調されちゃうというか^^こうなっちゃうんです~。実物はもっとソフトですがくすんではおらずクリアです。
実物のお色目がわかりづらいかもなのですが、高品質石ブレスに目がない方には、たぶん相当リーズナブル価格で太鼓判ですよ。
また「お安すぎるのでは?」って^^あたしは言われちゃうのかな^^。
使っている石考えるともっとお高くするべきなのかもしれないんですが、まぁ、買っていただきたいわけなので^^。
考えてみると、これ制作するためのオールコストという点では、たしかにぜんぜん採算性はない^^儲からない仕事のしかたをしている私ですね。だれか儲かる仕事のしかたを教えてください^^。
(・・・と6月末に言っていた自分は、卸元さんに教えてもらいました。「安く売り過ぎです」^^。そりゃ儲かりません。でも・・・自分が儲かるのもいいけど、実際に手にしてもらって石に仕事してもらえる機会が増えるのには・・・やっぱり、なるべく手にしていただきやすい価格のほうがね、いいと思うんですよ~、あたしはね)

AZOZEOアゼツライトはH&E社のギャランティカードコピー、レムリアンシードクリスタルは、卸元のギャランティカードコピーをおつけします。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page