「SPEED☆2015年6月バージョン」ネックレス

2015年06月30日 (火) 20 : 55






「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ネックレス長さ68センチ。
ナイロンコートワイヤー、シルバー925パーツ、シルバー925製フックを使用しています。
トップ部分の全長は9センチ。
ペンダントはアーティスティックワイヤー(ノンターニッシュブラス)を使用しています。
ペンダントはネックレスからお取り外しいただくことが可能です。


__________________________


予告しておりました、SPEEDです。
過去にも、なんだかんだ言って4回くらい再販している? ためか、長年に渡ってパワーストーン・ワークスをご覧いただく皆様には、見慣れたカップリングなのかもしれませんね。
そろそろこのSPEEDというタイトルもどうなのかという気もしないでもないですが^^、まぁ、名前変えても混乱を起こされるかもしれないので、この名称のままで。


何度もお伝えしてきていることなのですが。
「ラーメンが食べたいな。」→「へい! お待ち!!」並に、即効、こうしたいなと思ったことが現実化するカップリングであることが、こちらの再三の売り文句であったわけなのですが、2012年を超えて以降は、特別SPEEDがなくても、宇宙へのオーダーの現実化そのものは非常に早いです。驚くほど早くなっています。
なのでとうとう時代が、このカップリングに追いついてきてしまった状態・・・とも言えるので、現実化の早さをもう体感しておられる方にとっては、その部分の目新しさはとくに感じられないかもしれませんが、思考が現実化しているのが早くなっているとはとても思えない、そもそも、「思考が現実化している気がまったくしないんだけど」という方には、それが「ホントウだ」と認識していただけるんじゃないかな、と思います。


思考が現実化していない、っていう固定観念をお持ちだと、思考が現実化しない現実^^を作り出すのかもしれない可能性があるなぁ・・・と、ふと思ったのですが、それでも、なんらかの思考が現実化しているはずなんですよね。。。
また、思考が現実化なんてするわけがないよ? だいたい、それほど望んでることばっかりが起きるわけでもないし。。。っていう思考だと、それほど望んでいないと感じるような現実の経験の中にずっといることにはなるんですよね。
実はそれを選んでいるわけなのです。


なので、SPEEDを身につけて頂いて、ちょっと経験したい現実を起こす訓練をしてみていただくのも、いいかもしれません。
まずは、「しようと思えば現実化できそう」と思える範囲から、初めてみてください。
宝くじが当たるとかそういうのではなくて^^(まぁ、それでもかまいませんが)自分が行動を起こせば、それもアリかもな・・・レベルの問いを宇宙相手にしていただくと、わかりやすいアンサーが発生することが、だんだんわかってくるし、疑問に思い問いかけることの答えは、それがわかりづらい三次元であっても、なんらかのシンボリックなかたちなどで必ず提示されますので、宇宙の親切さを、ご堪能いただけると思います。
そして「必要なことが起こっている」ことへの気づき度が高くなるので、現実化が無理なく発生してくるのです。
これは裏を返せば、現実化できること以外への無駄な関心がなくなる・・・ということもあります。
望みが、あさっての方向や、未来の方向ばかりを向かなくなる、あれもこれもと、欲望の限りに^^振り回されなくなる、そして今、できることがなんなのかわかってくるんですね。


こういう時、天邪鬼さんは、「自分ができそうなことを予想して行動したんだから、その結果が出て当たり前」と^^思考が現実化したことを、がんとして認めなかったりするわけなのですが、それまでいつ何時も、行動と望む現実化が結びついていたかどうか、それも検証していただくと気がつけるのではないかな、と思います。


実に私達は、その人その人にとって、本人がリクエストしたオーダーメイドの現実を創りあげている・・・ということが、わかってきますし、本当に自分しだいなんだな・・・ってわかってくると、まず、誰のせいにもしなくなれます^^。環境の変化のせいにもできなくなります。というか、だんだん、「発想そのもの」が、そういう感じじゃなくなってくるんですよね。
SPEEDの石たちがサポートしていることは、結局、望んだことが現実化できることが目的というより、使っていなかった感覚的な思考力のほうをサポートする、その結果そういうことが生じてくるのです。


あ、そうそう、こちらのカップリングの石たちの「振動数」などの詳しいことはわかりませんけれど^^、結局、SPEEDじたいの振動数が高いんだろうと思いますよ。
石を身に付けると、人間じたいが水の惑星みたいな構造(人体の70%は水)なので、そこに引っ張られるんですよね。
その方の状態にもよるかもしれませんが、こういう隕石系、インパクトガラス系には、石酔いする方もいらっしゃるかもしれませんが、慣れますので、徐々に慣らしていってください。



■使用石■


「モルダバイト15×9×5ミリ原石タンブル、約8~10×6×2~4ミリチップ」「リビアングラス15×8×5ミリタンブルカット、6×5×2~4ミリチップ」「ギベオン8ミリ丸玉、7×4ミリロンデル」「テクタイト約10~14×9×5ミリ原石スライスタンブル、6ミリ丸玉」「トルマリン約7ミリ結晶タンブル、5ミリ丸玉」「ペリドット約9×8×8ミリタンブルカット、6ミリ丸玉」「パイライト4ミリ多面カット丸玉」「レモンクォーツ約10~12×9~10×6ミリタンブル」「アゼツライト約7×5×4ミリチップ」「ウランガラス8ミリ、5ミリ多面カット丸玉、10×6ミリスクリュー型、8×5ミリボタンカット」「パイライト・サン65×55×5ミリ」


■クォリティと鉱物説明■

こちらは、原石タンブル、チップ、丸玉などで構成されています。わりと贅沢に使っています^^。
ペリドットの大きめタンブルカットなどはなかなかの大粒サイズ、ペリとしてはお値打ちなタイプ。
トルマリンはタンブルですが、透明感、発色の良い高品質トルマリン。
石ビーズはとにかく大きくて高品質な丸玉だと、今はどのストーンもめちゃ高騰しておりまして。
とくにモルダバイトを代表とした隕石系ビーズやトルマリン、ペリドットなんかも、数年前に比べても、気軽な天然石っていう範囲を超えてきております。テクタイトでさえ、って言ったらあれなんですが^^大きなものは丸玉ではほとんどなくて流通量減ってきてますしね。
なんだかスピードのラインナップの^^石ばかりですね。
まぁ・・・人が必要としているんでしょうか^^。どうなんだろう。
こちらはウランガラスと、高品質な発色すばらしいレモンクォーツをベースに使っております。
アゼツライトもチップですが、H&E社のギャランティのコピーおつけします。

トップの「パイライト・サン」は希少石。
ガイガーミネラル社さんからの仕入れです。
大きいしパイライトなので、ものすごく重たくなっちゃうかしらと思っていたのですが、ネックレスを通すカンをワイヤーで作る際に、少し工夫してみました。この感じだと一点にトップの重量がかからないので、重量感は軽減されていますね。
模様はまさに太陽光。キラキラですごく綺麗ですよ。
非常に個性的なネックレスで、まさにSPEED^^な感じがしますね~。パイライト・サンはもし重かったら取り外しできますので。ネックレスのみでもかわいいですよ。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page