ブレスレットのご感想をいただきました36

2015年05月16日 (土) 17 : 24
「Joy Heart」「引き寄せ for ジャパニーズ」「Happy&Lucky」のご感想をいただき、掲載のご了承をいただきましたので、以下、掲載させていただきます。


(「お客様のメール」転載ここから)

こんにちは、○○です。
先日は素晴らしいアクセサリをありがとうございました。
お礼が遅くなりまして申し訳ありません(汗

今回のjoyシリーズ(^^)は、購入までにちょっと悩んでおりました。
実はアクセサリの説明分が、今の私の状況そのまんまだったんですよね。
週末に行っているバイトなんですが、一年ほど前に新しく入ってきた方と一緒になることが多く、その方がものすごく苦手(…というよりむしろ嫌い(^^;)で…朝から夕方までずっと一緒にいることが、もう苦痛以外の何物でもなく(^^;;;
(仕事そのものはすごく好きだし、今までほとんど一人だったので、楽しくやれていたんですけどね(^^;;;)
自分なりにいろいろ考えて、なるべくネガティブにならないようにと努力している(つもり)でしたが、どーやってもまるでダメで(笑)
仕事が終わっても「解放感」よりも、ずっと「どよょょ~ん」な気持ちを引きずったまま、家に帰っても悶々鬱々、次回の仕事もまた一緒かと思うと、もうバイトやめようかな…とさえ思ってしまう始末。

そんなウジウジしていた時、まさに今の状況にドンピシャなアクセサリたち。
いつもなら、石たちの働き(?)に関しては参考程度でしたが、あまりにも見透かされたような一文に「これだ!」とは思ったものの、実はさんご&ピンクオパールの組み合わせは、すでに手元にあったもので…神崎様がアクセサリ販売を始めた頃の「joyと幸福感を守る三点セット」だったかな?(懐)
でも、この大振りなデザインはメッチャ可愛いし~、三点セットはストロベリークォーツだったけど、今回はカーネリアンだし~、なんかカーネリアンいいかも!
…と、コッソリ悩んでいたのに(笑)、旦那の「もう買いなよ(^^; どーせ ”買うまで悩む” んでしょ(笑)」の後押しもあり、購入させていただきました。

…で、久しぶりに以前の三点セット(…てか、もう9年前のですね)のブレスと、さらに「淡水パールバロック、さんご4カラー、菩提樹seed」のブレスを身に着けていたのですが…やっぱりすごいですね、さんごって。(もちろん他の石たちもですが(^^))
どんな時でも、四六時中ずっと悶々とした状態だったのが、フと気が付くとぜんぜんネガティブじゃなくなっていたのです。
「あれ?私ってもっとブルーだったよね」と、むしろ、そのいやな気持ちを思い出そうとするも(←わざわざするなよ(^^;;;)、それさえもできない…「なにクヨクヨしてんの?」状態(笑)
「今の私はとても幸せ~!」というテンションの高さとは全く違う、心の奥底に沈殿しているネガティブ感情を静かに消し去って、「幸せってこういうことなんだ」とじわっと染み入るような幸福感。
まさに「joy」という言葉がピッタリですね(^^)
さんご系のアクセサリには、ほとんどといっていいほど「joy」という言葉を使われてきた神崎様もすごいです。

今回の大振りアクセサリはさすがに迫力ありますね(嬉)
さんごはもちろんですが、カーネリアンも素晴らしいです。
最初見たときは「あ、血みたい」と思いました(←いい意味での「血」です(^^))
Vol.1の方は赤一色ということもあり、「joy」よりもむしろ「生命力」でしょうか、そんな力強いパワーを感じますね。
なので、こちらは心もそうですが、思いっきり身体にも効きそうな感じです。
ネックレスともども、とにかく存在感ありすぎで、もうそれだけでワクワクです(笑)
(前回購入させていただいた「Happy&Luckyブレス」の18mmモルガナイトバージョンのブレスでさえ、普通サイズに見えてきます(^^;)
ホントはこういう大振りアクセをするには厳しいトシではありますが…やっぱり好きだから着けてしまいます(笑)

まだ仕事につけていく機会はないですが、服の下にこっそり着けていくつもりです。
ただでさえ、バイト先の方々に「○○さんの数珠(笑)とかペンダントって最近デッカくなってるよね」と言われているので(笑)
ちなみに男性陣には大きい石は今イチ受けがよろしくないようで(^^;
ただ、旦那は石の価値が分からない&まったく興味がないので私がどんな石をつけていようが何も言いませんが…(口を出さずに黙って理解してくれるって、本当にありがたいです)

そうそう、さんごの良さ(笑)に気が付く前、前回の「Happy&Luckyブレス」と「引き寄せ」のブレス&ネックレスを着けていたある日、ちょっとしたクジを引いて思いがけず豪華賞品が当たったことがありました。
その時は「ラッキー♪」としか思わなかったのですが、しばらくしてからフと気が付いたこと…その賞品は私よりも旦那が以前から欲しがっていた物であったこと、ひょっとして例のバイトの件でいつも悶々イライラしていて旦那も少なからず心配していたにもかかわらず、その旦那の優しさに甘えて八つ当たり的なことばかりしていたので…これはひょっとすると「優しくしてもらっているんだからアンタも少しは優しくしてやらんかい」と、超鈍感な私に対して、石たちがものすごく具体的な幸運を運んで教えてくれたのでは、と。

悲しいかな、私には石がしてくれたことに対して即座に「ああ、こーいうことなんだ」と気が付かなくて、時間が経ってから「あれ、ひょっとしてあの時のことは…」と気が付くことが多いので…もしかすると石がしてくれたシゴトの本質に気が付いていないことが多いかもしれません(^^;;;
それでも石が好きなことには変わりがないので、凝りもせずまた神崎様がお作りになるアクセサリを楽しみにさせて頂きます。
(でもしばらくはさんごにハマりそう(笑))

ついつい長々と書いてしまいましたが、いつも素晴らしい石やお心遣いをありがとうございます。
寒暖の差が激しいですが、どうかお体にご自愛ください。
ブログの更新も楽しみにしております。(あ゛、もちろん御自分のペースでなさってくださいね(^^))

(「お客様のメール」転載ここまで)


(「お客様のメール」転載ここから)

こんばんは、○○です。

ホント、神崎様がアクセサリ販売をはじめられて10年なんですね。
こちらこそ、長くお付き合いいただいてありがとうございます。
石たちにも随分と気づきや成長のきっかけをもらっています(^^)
(でも自分自身はまだまだ未熟モノですけど(^^;)

そうそう、そして今日また「引き寄せブレス」のおかげで、自分のチカラではどーにもならないことが無事に解決できました。
もともとは私たちが「まず先にすべきこと」を後回しにし、あるコトを早まって先に決断してしまったことが原因ではありましたが、私の心のどこかで「取りあえず今決めとけば後はなんとかなる」という根拠のない自信(笑)がありまして。
ところが案の定、かなり切羽詰った状況になってしまい、これは早くなんとかしないと、と、すがる思いで「引き寄せブレス」を身に着けて出かけたところ、本当にあっけないほど簡単に、しかも短時間のうちに「本来なら先にすべきだったこと」が解決してしまったという・・・

「果報は寝て待て」ばかりではなく、自らが動けば、意外にもすぐ近くに解決の糸口はある、そんなことを教えてくれた出来事でした。
その結果、私よりも喜んでいたのは旦那の方で、今回も私のため…というか、優先してくれていたことが、巡り巡って彼に返ってきたんだな、と。
・・・なので案外、旦那のように石に興味がないのは、逆に考えると石の助けを必要としなくても、他人に愛を与えられる人なのかもしれない(もちろん全ての人がそうだとは限らないでしょうが)・・・などと漠然と考えたり。
(決してノロケではないですよ(^^;;;)
すぐそばにこんなに素晴らしい人がいるというのに、肝心の私自身ときたら・・・ホント、まだまだ精進しなきゃ、と反省させられます。

このような私ではありますが(笑)、これからも変わらずお付き合いいただければ幸いです。
・今後もどうかよろしくお願いいたします。
(10周年記念も楽しみにしております(^^))

(「お客様のメール」転載ここまで)


そうなんですよぉ。
足掛け10年。


こちらのお客様は・・・・・・うふふ、なんとですね・・・・・・「パワーストーン・ワークスのお客様第一号」の方でいらっしゃいましてね。文中にご主人様のことが出てきますが、当時は彼女は独身。彼女がなんと独身時代からのお付き合いなのですよ~^^。
本当にありがたいです。
ありがとうございます!!


たしかご結婚された当時、私はこんなふうに言っていたような記憶が。
「そうかぁ、ケッコン!! おめでとうございますぅ!! でもケッコンとかするとやっぱり今までのように、お給料全部自分の!! みたいな自由度が高い独身とは違うし、好きに石買ったりとは難しいかもですね~(←てめーの石アクセを買ってもらえなくなっちゃうなぁ、みたいな自己中なことしか^^考えていない)。とくにオトコは、石とか理解できない、そんななんの役にも立たないものに無駄金使いやがって風味に感じるような人も多いかもしれんしね~。もしそういう感じであれば、どうぞご無理のないように、それでもなにかこれからもピンとくるものがあれば、またよろしくお願いします~」
というふうに。


お客様からは、「結婚する相手は、自分が好きな石のことも理解してくれてるので大丈夫です~」と^^お伝えいただいていましたが、年月を経て・・・・・・ホントウに^^そうでしたね♪
あのケッコン直前の当時も、「あれ、なんかいつもと、好みの傾向が変わったぞ^^・・・」のよ~な、女子ブレスを^^持っていかれていた時期があって~。
あとから、ケッコンすることになりましたぁ。とお伺いして「なるほど~」と。
当たり♪ のご主人。さすがです。
それがもう、引き寄せのすべて^^とも言えます。
石アクセが蛇足に^^見えます(←あ、パワーストーンを売り物にするあたしが^^こう言っちゃ駄目ね。ここで「石ブレスのおかげだね!!」って言わなきゃ^^)。


「すぐそばにこんなに素晴らしい人がいるというのに、肝心の私自身ときたら・・・ホント、まだまだ精進しなきゃ、と反省させられます。」・・・っておっしゃられますが、「反省」は^^不要なのではないでしょうか~。
どこにも反省要因ないですよぉ。
時々ですが~、私にはもったいない、とか、これは人相手やモノ相手、状況相手、自己を取り巻く世界への、謙遜の感覚、ソレに比べて自分は・・・の「ちょい自分下げ」の否定感覚というのでしょうか~、それを表現される方はいらっしゃいますが。
それ、不要だと思いますよ~。
「もし、ご主人が無条件に愛あふれる人なのであれば、それは自分自身がそうなれているから、相手もそうなのだ」という部分を、お認めになられても良いと思います。
少なくとも、私にはそう見えます^^。
(まぁ、パワーストーンを売り物にするあたしが^^ここで言うべき台詞は、直接的には、ご主人様はとくに石そのものにご興味があるわけではなく石にコミットはしていませんが、石にコミットしているお客様と相対しているわけなので。で、そのコミットしているお客様を受け入れてるわけなので。だから、間接的には^^石の仕事はそちらにもしっかり影響は及ぼされているのです・・・。取ってつけたような^^こじつけ話に見えるかもしれませんけれど。われわれは、物質的カラダの状態では、個別のもの同士・・・ですが、霊的な部分では自身にとって密接な間柄であればあるほど、まったく無関係ではいられない現象がおこる理由は、そういうこと)


あ、そうそう、こういうふうに「当たり♪」って言っちゃうと、結婚相手というものには「ハズレ」もあるのか、って^^話になっちゃうけど、そうじゃないからね~。
こういう話はとても繊細な話でもあり、そもそも、当たり、外れ、の2極で表現できるものではないのです~。
(極論を言ってしまうと、「相手をアタリにするのも、ハズレにするのも、結局、自分次第」です☆)


石好き女子のみなさん・・・・・・しかしながら、このへんは・・・ほんとに、まじ、ポイントだと思いますよ(汗)。
「自分が好きなモノを、家族に理解してもらえない寂しさ」
って、まじめに、半端ない悲しみというか。
理解してもらえなくてもね、「ああ、それがほんとに好きなんだね~」ということを、「受け入れてもらえている、認めてもらえている」というのって、なにも他にしてもらえなくても、すでにそれだけで「愛を与えてもらってる」ことと同義の要素があるんですよね。


だからね~、まじ、ケッコンとかするのであれば、ですけれど・・・お相手は・・・。
相手の経済力やら将来の安定とか^^そういうことじゃなくてね、なにをおいても「お互いに、認め合える度合いがほどよく釣り合っている」というのが、この過酷な^^地球上においては・・・いちばんベストに近いんじゃないでしょうか。
これは、女子側からだけはなく、男子のみなさんもそうですよ~。
そりゃまぁ、見た目がかわいい綺麗、カラダが好み^^、優しくておもいやりがある、料理が上手、人あたりがいい、とかね~、色々な女性性的なものを満たしている人のほうがね、魅力的ではあると思いますし、それらがあるに越したことはないと思います~。
しかしこの「お互いに、認め合える度合いがほどよく釣り合っている」状態でないと、相手の優しさでさえ、うっとおしい束縛になりかねないものに変容してしまうこともあるわけです。
(あ、もちろん、スピリチュアル女子がお好みの「ツインソウル」とか^^もう、そういうのは^^どうでも良い話ですから。結果的にそうであるなら、それに越したことはない、そういうものであり、求めるものではないと私は思いますね~)


ケッコンとかするとね~。
「自分の好きなものばっかり買っちゃ相手に悪い気がするから買えない」とか、「自分は好きなものも買わないで我慢してるのに、相手は無駄遣いばっかりしている」とか、けっこうですね、いわゆる、金銭感覚、お金を通じてのすれ違いのようなこととかね、経験するものですよ。
「生活のために働いてやってるのに、オマエ(たち)のために、嫌な仕事もしてるのに」とか^^これもそうね。
自分の苦労とかストレスの因を、いっしょに暮らしている人のせいにしてしまうようなことを、言ったり思ったり、ってのも。
相手にこういうものをぶつけなくても、「ケッコンしてるんだから仕方ない」っていう、独房みたいな^^自分で自分に縄つけて身動きできない状態にしてしまって、金銭的な不満は全部そのせいにしてみたり。
こういうふうに、「不満」として顕れてはいなくても、「結婚したら、家族のために、それが常識」っていう常識論を、自分だけではなく、相手にも知らず知らずに押し付けてしまうこともあったり。


・・・というようなケッコンのネガティブ面は^^多方面で宣伝されているので、独身男女増殖中の日本ですが、あのね・・・こういうのもね、耳年増になっちゃうっていうか、自分が経験もしていないのに経験したつもりになっちゃって、怖がらせちゃう、避けちゃう、要因にも繋がる話でもあるので気をつけなきゃなんですよね~。
ケッコンという制度そのものは無関係に、「愛し合える他人と生計をともに暮らす日々」・・・そのものは、実はけっして「悪いもんじゃないな」というのが、今現在の私の感想です。
自分ひとりの世界では、まず経験することのなかった面白い世界が展開します。
その人そのひとによって、みんな違うのよ。


だから、他の人が経験しているような世界そのものが、当てはまるわけではない、オリジナルな自分にしか形成できない世界を楽しめば良いし、また実際、それしかできないっていうのか。
スピリチュアルな手法は、あくまで、そのサポートですね。
ネガティブに見えるような現象もひっくるめて、その「オリジナルな自分がそれをどう味付けしていくか」を発見してポジティブ変容させていく創造主になる経験のための演出なんですよね。


私自身、「ケッコンとかほんとろくなもんじゃないな」風な^^刷り込みの世界を、大昔は生きていましたから。まぁ、子供の頃から「将来、花嫁さんになりたい」のようなお花畑な妄想描いたことがない可愛げのない醒めた子どもでしたし~。
オトコなんて信用ならんな、のような^^。
いったい、なにをもってそう思うようになったのかは、今となっては不明なんですが。
実はこのブロックだけは、あたしには今はもうないんですよね~。
たぶん・・・それが同じ男子と20年超えていっしょにいる成果^^なんじゃないでしょうか。それでもうじゅうぶんですね^^。



そうそう、10周年。
こちらのお客様だけではなく。
うちは10年に渡り・・・・・・実はあまりお客様層が変わっておりません(汗)。
それがなぜなのかは、私にもわかりませんが、本当に、ありがたいことだと自覚しております。


ちろっと、「個展とかそういうのも、そろそろいい加減に、やるべきなんだろうか」だとか思ったり。
みなさまに喜んでもらえて、私自身も楽しく喜べることをしたいかな~、と思っています~。
とりあえずは、全員のみなさまに喜んでいただけるのかどうかは定かではないのですが、「石アクセ3点セット」なんかも^^またやるか~、と思っています☆
(まぁ、これは好き好きでいらっしゃる典型・・・ではあると思いますけれど。以前、3点セットばっかり余っちゃう現象が続いたので、「たしかに、ネックレス、ブレス、ピアス、全部なんて・・・いらないよね。」という認識にいたり、作る側のあたしの押し付け感満載な^^お得セット、ぽさを売りにしたコレはやめたわけなんですけど。ただまぁ、中には、少ないですけれど^^3点セットファンの方もいらっしゃたりもしましたのでね。)
こういうことをやって欲しい~、みたいなことがございましたら、すべてのリクエストにお応えできるかどうかは未知数ではありますが、ご意見をお寄せくださいませ。



<追記>


そうそう、思い出した~。
上述のね、


(まぁ、パワーストーンを売り物にするあたしが^^ここで言うべき台詞は、直接的には、ご主人様はとくに石そのものにご興味があるわけではなく石にコミットはしていませんが、石にコミットしているお客様と相対しているわけなので。で、そのコミットしているお客様を受け入れてるわけなので。だから、間接的には^^石の仕事はそちらにもしっかり影響は及ぼされているのです・・・。取ってつけたような^^こじつけ話に見えるかもしれませんけれど。われわれは、物質的カラダの状態では、個別のもの同士・・・ですが、霊的な部分では自身にとって密接な間柄であればあるほど、まったく無関係ではいられない現象がおこる理由は、そういうこと)


のような話、
そういえば、他でもお伺いしていますね~。
やはり、なぜかご主人に^^石が効いてるぅ~、実際的に、っていうことが起こるの。
このケースもね、ご主人様そのものは、「石のチカラとか、そもそも、石そのものにはとくに興味はナッシング」ではあるのだけど、石がど、どぁああい好きで、石まみれになっている^^そういう妻をね、否定していない、受け入れている方なのよ。
「そんなに石ばっか買ってどうすんの」とかそういう^^自分に理解できないものを否定するタイプの方じゃなくて。
だから、妻はだぁい好きな石たちを、遠慮なく大好きなままでいられる。
で、こんなにいいものなんだから、あなたにも好きになってほしい、みたいに、別に相手に押し付けなくても^^ちゃんとご主人様にも効いちゃってる^^というサプライズが起こるんですよね。


ちゃんと愛し合って信頼関係にあれば、自分自身が心から喜んでいると、そういうことになるんですね~。
つまり伝わる、ということですね。
スピリチュアルでいう「自分を大事に」が結局は「人のため」でもあるのは、エネルギー場ではとくにハートの部分で親しい人たちとは繋がっているから、喜びには喜びの振動が共振するようになるし、っていう、ものすごく単純な法則があるからなんだろうな、って。
だから、身近な相手を「心配」してあげるようなことが起こってきた時にも、もちろん心配だから心配するわけなんですが^^、「こうしたらいいのに、ああしたらいいのに」の「改善策」まで相手に押し付けることはしなくてもいいし、それよりもやはり、どのような状態であっても、「相手を受け入れる」ことと「自分を受け入れること」の比重がどちらかに偏らない自然体でいられること、そして、自他を信用すること・・・って大切ですよね。


そんな話を聞いてるなら、それをお客様の声に掲載お願いすればいいのに、って^^話なんですが、いやまぁ、そういうの、やりとりの中で細切れに^^お伺いしたりしているもので。
思い出したので、追記させていただきました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  お客様の声
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page