「スパ効果」ピアス

2015年04月30日 (木) 20 : 25




「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

石部分全長2センチ。
アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー)、シルバー925フックを使用しています。
(イヤリングへの変更可能です。ご注文時にお申し付けください)


♪♪♪セット割引♪♪♪

お揃いのブレスレットといっしょにご購入の場合は、1000円割引のお取扱いとさせていただきます。

__________________________


行ったこともないし、海外旅行マニアというわけでもないし、温泉マニアでもないのに、イメージとしては、海辺のスパ。
なんとなく、海っぽい感じがするのはなぜなのか、よくわかりませんが、浮かんできたのは「スパ」で、それ以上出てこないので^^、こんなタイトルになってますが、温泉に入ったような効果がありますよ、という^^ことではありません。
(いや、あるのかもしれないけれど、確約はできません)
ヨーロピアンビーズを使っているからなのか、そっちのほうの海かな~、という感じでしょうか(でも、そういうところにスパなんてないですかね)。
陽光が眩しくて眩しくて目をあけていられないような、そういう海の感じがしますね~。


たぶん、スパに連想されるのは、リラックス。
ゆったりのんびり、気持ちもほぐれて、自然、明るい気持ちになってくる、よく温泉入ったり、なにかそういう身体にとってすっきり心地良い状態を経ると、まぁ、老廃物とか毒素が出て行って、「生き返る~」っていうような表現しますけれど、それってあながち間違いでもないのでしょうね。


物理的に身体の中のできちゃった毒素を外に出すことまでは、この石アクセに期待してただ身につけてるだけでいるのであれば、実際的にプチ断食ですとか、白湯を飲むとか、実際行動していただくほうが、ちゃんと出て行くかな、という気がしますが^^、こちらで使っている、アンバーはメタフィジカル的な意味での「気」の毒を、よりポジティブなエネルギーへと変容させてくれる力に、とても優れています。
今回、サンダーベイアメトリン、つまりレッドアメシストの中のアメトリン~シトリン部分のビーズ、ブルーアパタイト、クロムダイオプサイドとカップリングしているんですけれど、アンバーの保護プラス、ハイヤーセルフ、ガイドさんとの、見えない世界とのパイプ、みたいな「はげまし効果」っていうんでしょうか^^。
そういう、あたたかさを、感じていただけるんじゃないかな、と思います。


よく、「大丈夫だよ」みたいな励ましはね、仮に誰かにどれだけ言ってもらっていても、人に千回そう言われたとしても、それでも、自分が「大丈夫」って本当に思えないと、実際に大丈夫にはならないこともあったりするものなのですけれど(←これはホント)、彼らみたいなタイプの石たちがそばにいれば、だいたいの人は^^自然にポジティブになれるというか、楽観的になれるんじゃないのかな~。
「根拠はないけど大丈夫な気がする」みたいなことって、ありますよね? 仮に、どうなるかわからない類のことなんかで。
そんなようなエネルギーですね。


心配していたり、不安になっていたり、なんらかの心労、抑圧感、そういうものがあると、身体が緊張していっちゃうんで、それでまぁ、疲れちゃうっていうメカニズムがありますんで。
それらを取り除く、排除する、というのではなくて。「大丈夫」へ気持ち変換できれば、自然に大丈夫に変化していきますので。
(「大丈夫効果」っていう^^タイトルでも良かったんかな?^^)


■使用石■

「アンバー10ミリ丸玉」「グリーンアンバー5ミリ64面カット丸玉」「レッドアンバー5ミリ、3ミリ丸玉」「サンダーベイアメトリン6ミリ丸玉」「ブルーグリーンアパタイト5×2ミリロンデル」「クロムダイオプサイド6×3ミリロンデル」「チェコグラス4ミリ」

■クォリティと鉱物説明■


美しいビーズたちです。
こちらは高品質な、アンバーづくし。豪華です。
左右に一粒ずつだけミリチェコ使っています。
とても美しいのでおすすめ。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page