「次元間通信」ブレスレット「1」「2」「3」「4」「5」

2015年04月30日 (木) 19 : 33














「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸「1」「2」「3」約15.5センチ弱。「4」「5」約17.5センチ
「1」「2」「3」は、ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。
「4」「5」はナイロンコートワイヤー、ロジウムメッキ真鍮製パーツ、マグネットフックを使用しています。

__________________________


こちらの組み合わせは、「次元間通信」、特に、今この三次元を離れて、離れ離れになっている、縁ある愛する魂との再会、通信をヘルプする組み合わせ。・・・だそうです。H&EのR.シモンズさんによるとですが。
だそうです、というのはですね、「マーリナイト(メルリナイト)」とのシナジー効果のあるカップリングとして紹介されていた、そのままの石の組み合わせを使って作ってみたので、これはあたしのオリジナル発想のカップリングというわけではないです。
無精すんなよ、って言われそうですが^^、そもそも、ニューメキシコのデンドリティックオパールにマーリナイトって名前つけた、この石の魔法力の発見者が言っている組み合わせなわけですので。
せっかくマーリナイトを入手しているわけですから、それにトライする価値はありますよね。


もちろん、あたくし自身もですね、その意図を持って・・・実は今月記事にもしていた「動物たちと仲良くしよう」セミナー受講の時に・・・身につけてはいなかったんだけど、帯同していましたぁぁあああ。ははは~。
内緒(?)にしてたけど、そうなの。隠し持っていたのだ^^。
それでも、その時、心ひそかにコミュニケーションできるかもとお目当てにしていた存在が「そばに来てくれていたこと」にあたし自身がそこで気がついてなかったんだから、意味ないんじゃないか、とも言えなくもないのですが^^。
それはたぶん、ちゃんと隣にそれに気がついてくださる能力のあるアニマルコミュニケーターのお方が座っていた^^わけなので。
むしろそれで良かったのかな、と思います。
(その時にあたしにそれを伝えることを、彼女は躊躇しちゃった、なにか遠慮が入ってしまったそうなのですが^^、あとからお伺いしても、時間関係なく、嬉しかったです。どうしてその時に言ってくれないの~、とはぜんぜん思いませんでした。そもそもですね・・・他界している存在・・・という時点で、その時だろうがあの時だろうが、いつも「今」っていうのだろうか。。。私にはそう思えます)


そんな特殊な目的、意図ではありますし。
作った本人が、なにかを目で見たり(誘導瞑想の想像の中にはもちろん、ちゃんと登場してくれましたが)、いつでしたか、しっかり感触として、私の膝の上に会いにやって来てくれた時のような、はっきりとした重量感などを伴う質感があった、などの経験を、このブレスによるものとして、まだしたわけではありませんし、その必ずできるよ会えるよ感じられるよの確約はできないのですが、おそらく、そういう次元感を超えて他界した愛する存在との通信をしたいという意図をお持ちの方には、ヘルプツールになってくれると思います。
私の場合、「ソレに気がついてくれた人が、たまたま隣にいた」という時点で^^その目的達成、という手応えは感じさせていただきました。

ヘミシンクでも同じなんですけれど、「想像できる」「ふと思い出す、思いつく」時点で、じつはそれもコミュニケーションだったり、テレパシーだったりメッセージだったりします☆
霊的世界においては、あらゆるものすべてを総動員した「意識」から「意識」へはたらきかける、その作用が現実を動かしていると思います。それは三次元でも同じというか、むしろこちらの世界のほうが霊的世界のマトリクスなので、こちらがそれを望むのであれば、その意図へのレスポンスは必ずどこかへ返されるという感覚が、自分にはあります。
このへんは、私自身もいつもパーフェクトにそこに気づいているか? といえば微妙な時もあって^^修行を要するところなんですけれどね。必ずしも、相手そのものが、いつも目の前にいることだけが、コミュニケーションではないと思います。
大事なことは、そこなのではないかしら。いる、いない、は関係なく。
(まぁ、そう言いつつも^^感情では、ここには姿としてもう一緒にいるわけではないのだということはやっぱり寂しいし、もう会えないのにまた会いたい、というのはないわけではないですけれどね。そして、それでいいんだと思います~)


みなさまもお気づきかと思いますが、心が通じあっていない愛し合ってはいない同士では、たとえどんなに物理的に肉体としてそばにいようと、何光年も遠く離れたすれ違い感覚があるはずですし、「次元の違い」という言葉で無意識に表現しちゃったりもしていますよね。
逆を返すとそのくらい・・・愛の結びつきというものは、それが掛け値なしのものである場合には、時間、距離、物理的肉体の有無などの条件は無関係に、決定的要素なんじゃないかという気がしますし、相手の「死」に遭遇することにより、いったん別れることで、むしろそれをもっと知る、という面もあると思います。そして、それを悟ることは実はとても幸福なこと・・・と言えるのではないかと感じるのです。
(三次元地球ではその次元の違いを経験することで磨かれる、経験による気づきゲームという^^混みいったことを好んでやるためにも、われわれはやって来ているところがあるそうなので、苦手な世界や愛せないもの、望んではいないままならない状況に遭遇することじたいが高次の視点では「愛」だったりすることもあるようで。愛するものの死も、そのひとつかもしれないですね)


このようなカップリングですが、ご用命あるようでしたら。
その目的じゃないと身につけちゃいけないの~? というわけではありませんが^^、特殊といえば特殊だと思われますので、そのへんご理解いただいていれば、もちろんアクセサリとしても^^見た目かっこいいとは思います~。
(こういうものの注意点として、よからぬものと繋がる的なあぶなさというのがあると思うのですが、その保護としての役割のアメシストもカップリングしておりますので)


■使用石■


「1」「2」「3」約15.5センチ弱。

「マーリナイト(デンドリティックオパール)18~23×14×8~10ミリオーバル」「モルダバイト5×3ミリロンデル」「レインボーオブシディアン25×18×7ミリレクタングル、20×20×12ミリハート型、12ミリ、10ミリ、8ミリ丸玉、8ミリ128面カット丸玉」「アメシスト10ミリ、3ミリ丸玉、18×13ミリドロップカット」「ピンクアメシスト8ミリ丸玉」


「4」「5」約17.5センチ

「マーリナイト(デンドリティックオパール)18×14×7ミリオーバル」「モルダバイト約10×5×4~5ミリチップ」「ブラックオブシディアン32×22×7ミリ変形フラットオーバル、14×5ミリ彫刻コイン」「レインボーオブシディアン25×18×7ミリレクタングル、20×20×12ミリハート型、6ミリ丸玉」「アメシスト10ミリ丸玉」「ピンクアメシスト8ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■

文中にもありますが、マーリナイトというのは、H&E社が、ニューメキシコ産のデンドリティックオパールに命名した石の名前で、一応どこにでも売っているというわけでもないレア石なのですが、H&E社経由でなく流通するこのタイプのデンドライトというものにも、稀に遭遇することがあります。
たまたまですが、ルースと呼ぶには大きすぎる^^磨き石と、なんと、穴あきビーズをゲットすることができましたので、マーリナイトに謳われる魔法の力を引き出せるカップリング、という意味でも、こちらを作ってみたくて作りました。
自分自身にとって、こういうことができたらな、って以前は思っていなかったんですが、考えてみると、自分自身も実際的に愛する繋がりのある存在が、2012年の終わりに他界しているわけなので。ようやくですが、これを作れることになった意味も分かる気がします。
美しいオブシディアンビーズです。
オブシディアンは、もともと、実現能力の高い石、つまり、持ち主が意図したことを三次元に現実化することに長けた石なんです。
私も昔は、生活できるかできないかの大ピンチに^^遭遇している頃に、本当にこのオブシディアンにはよく助けてもらっていたことを、思い出します。どん底のような状況下にあっても、光へ向かう気持ちを持たせてくれる、その内側の強さ、自信を持つことを促してくれます。
なのでこのカップリングは、そういう意味では他の用途にも使えるといえば使えるのかもしれませんが、くれぐれもですね・・・他者を自分の意のままにしたい^^などの幼い願望実現目的の用途でご使用になるとか、そういうのはやめておいたほうが無難だと思いますので、よろしくお願い申し上げます。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2015年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page