石たちと仲良くなろう!

2015年04月20日 (月) 21 : 43
自力ヘミシンクの第一人者、まるの日圭さんが毎月主催されているヘミシンク初心者のための「夜会」、3月18日(土)のテーマは前回ブログでお伝えしたとおり「動物と仲良くなろう!」がテーマでしたので、参加させていただいてきました。
(この「自力ヘミシンク」というのは要するに、誰かにノウハウを教えてもらうなどなしに、いわゆるヘミシンクの登竜門である「ゲートウェイ」をコツコツ聞いて、自力でヘミシンクで言うところの各種フォーカス世界の概念をご自身の体験により理解されて、「見えない世界」の理解を深めていくことになられた方・・・ということです。)


まるの日さんの夜会は、ヘミシンク初心者のための・・・なのですが、「ノンヘミシンクでヘミシンク状態でできること」について、わかりやすく教えてくださる場、つまり、ヘミシンク状態とはなんぞや、について、教えてくれる場所。
18日は参加したのは二度目だったのですが、やっぱり自分でも「ヘミシンクなしで、なんとなく、やっていたこと」は、なにかとそういったフォーカス世界にリンクしていることを、毎回発見します。
18日も・・・「なんだ、自分って基本ヘミシンクで言うところのF10~F12状態の世界でしか^^そもそも生きていないじゃないか」ということに気が付きました。
ヘミシンク用語のこの「フォーカス何々」。これじたいに「なんじゃそりゃ」的抵抗感があったりすると、なんでしょう、言語覚えるだけでめんどくさいというのか^^ヘミシンクにはそういう面があって。
なので、質問したんですよ。
端的に言うと、F10とは何、F12とは何、っていうのが、初心者で分かんないです~。って^^(←ちなみにここまでのおばか初心者はたぶんあのセミナーには来ていない。というか、たぶん・・・「今さらそれはないだろう」的クエスチョンなのではないかと)


でも。聞いて良かった~。って、思いました~。
だって自分がなんかヘミシンク順番追って聴くのかったるい、って^^ゲートウェイとかに着手する気になれなかった理由がわかりましたからね。毎日がそれなんだから、そりゃそうよね、わざわざ聴く理由がないというか。
おそらくですね・・・相当数の方が、日常的に「F10~F12状態の世界」の中で生きてます。
石をワケもなく愛する^^方は、おそらくだいたいそうです。
F10とはひとことで言うと「リラックス状態」。
F12とはひとことで言うと「イメージの中に入り込んでいる状態」つまり「集中している状態」だそうです。
F12は、三次元世界ではいわゆる「上の空」の状態^^でもあるため、私は、「自分ってぜんぜん頭使ってないんですよね」って話をよくしますよね。
そうなの~、三次元的には時と場合により、というかほとんどの場合、不注意な状態である、と危険視される子供のような状態とも言えるので、たいていの大人は「ちゃんと頭使って考えなきゃ」という方向を目指すのかもしれないし、そのように「教育され続けて生きている」のが現代人でもあるのですが、意外とですね・・・それが実は嘘というわけではないけれど、「本当はそれ(アタマ使わない)で良かったのに」だった^^っていうことは、F10、F12の日常のほうが常態な感じになってみるとわかりますよ、たぶん。


石に惹かれる、自分には石が必要、って感じられるメンタルは、ちゃんとそういう状態を欲する、いわゆるホントの自分の心のSOSに敏感に反応できているからでもあるのです。


それはさておき、本題の「動物と仲良くなろう!」動物たちとの意思疎通ですが、基本は身近な犬、猫、などのペットとの意思疎通についてのお話でしたが。
ポイントは、このF10、F12状態であること。
そして、「嘘がない」こと。
「本気である」こと(本気以外は通じません)。
「相手を尊重する」気持ちがあること。(←これ、超、大事だと思います。。。心の隅のどこかで動物に対して、たとえば人間よりも知能の低いイキモノなんだし、的な信念があったりする場合・・・ほぼ、彼らとの意思疎通は無理かもしれません。こちらの都合による一方的なお願い、命令・・・それは伝わらない、ということです)
なぜならば・・・彼ら動物たちには、「心にもない嘘や、人間の都合」などの余計な装飾物を取り払った「本音のところ」は常にバレバレだからです^^。
これは、犬や猫などを飼ったことのある方ならば、わかる方にはおわかりであろうと思います~。
彼らには、すべて・・・バレています^^。
いわゆる、「お見通し」サイキッカー。
それが、人間を癒やすと言われる、そして実態としては、霊的には三次元の人間よりも数段先を行っている、犬や猫たち、なんですよね~。
ある意味ですね・・・「霊的に未熟な成長段階にある人間のために、この世に生を持って、存在しにやってきてくれている」ぐらい言ってしまってもいいくらいの、尊い存在でもあります。


これは、はい、お約束ですが^^「石たち」も同じことなんです。


それとね、私もスピリチュアル方面で聞いたことのある話だったんですけれど、「猫と犬だったら、猫のほうが次元が高い」といった話。
ここに、知らず知らずに、「猫はより高次元な存在。だから、猫好き猫飼いは高次元」みたいな、ヤヴァめの^^、次元の優劣意識が生まれる可能性を秘めております。
まるの日セミナーの会場来ていた方がされたご質問の内容なのですが、「猫と犬と、両方飼っていて。犬の方とは仲良くできてる自覚があるんだけど、猫のほうとは今ひとつ、犬とそれができるようにはできていない感じがする。猫のほうが次元が高い、という話だから、自分はそういう次元の高さに合っていない人間だからなのだろうか」という内容でした。
ソレに対してまるの日さんは、猫と犬の「役割の違い」について、お話されていました。
むしろ、犬というのは、「より人間寄りに合わせる」ことを意図し、三次元では波長を落としている存在であるため、ある意味、人間に合わせてくれている・・・というのが実態というか。
だから、その「猫のほうが高次元なのに、それと合わない自分は、次元が低い存在?」と感じている、まったく意味を成さない「優劣感覚」そのものが、猫との壁を作っている・・・というふうなお話をされていました。
(ちなみに、動物の中で、次元の高低で言うなれば、蛇やトカゲなどの爬虫類系がもっとも波長が高い動物・・・ということです^^。これ聞いたからって、じゃあ蛇を飼おう♪ 自分は次元が高いからね~、次元の高い自分に合う動物じゃなきゃ!! って・・・ことにはならないと^^思うんですよね。)


そして、単純に、犬だからこの次元、猫だからこの次元、という画一的なものでもなく、個体差のある世界、ということでした。
そりゃそうですよね。
たとえば、同じ犬種であっても、その個性の差がそれぞれにある、同じコはほんとにいないよね~、というのは、たぶん、複数わんにゃんと暮らす経験されたことがある方なら、お分かりになると思います。
これは、われわれ人間がいちばんよくそのことについては、わかっているはずです。
存在している場所は、同じ場所でも、その人が今いる次元は、まさに千差万別、人それぞれですから。
人間だから皆同じ・・・ではないことは、誰もが感覚的にも物理的にも、わかっていることです。


そしてこれは私が、そのセミナー会場でのこの他の方の質問を聞いて、あとから、気がついたことなんだけど。
それは石も同じなんだよね~、って。


私達は、この石は波動が高い石とか、なんらかのトクベツな意味を持った優れた石とか、とくにそういうトクベツな感じじゃない(そう扱われていない)石とか、まぁ、次元分けしますよね。
そこには・・・少なからず、この、次元の優劣感覚が持ち込まれています。
なにかこうやっぱり、高次元なほうが偉いような気がしています。
そして、次元の高い石の波動がわかる人のほうが、そして、次元の高い石を使いこなせている人のほうが^^、やっぱり偉いんじゃないか・・・それができていない、それに、それがわからない、そういう自分は波動が低いからなんだ・・・という意識を持ち込みます。


石たちは、私達に合わせてやってきてくれています。
縁があって、出会っている。
その時点で、コミットできないはずがあろうか、ということ。
これを、信じるか、信じないかで、壁を作ったままでいるのかいないのか。
石とのコミュニケーションも、動物とのコミュニケーションも、そして、人間同士のコミュニケーションも。
すべては、繋がっている話だな~、って感じます。


そうそう、セミナーには、アニマルコミュニケーター修行中の、なんとうちのお客様といっしょに^^参加させていただいたのですけれどね、おそらくなんですが、うちの先代があたしのそばに来ていたようです♪ 
彼女はその気配を感じた時があったらしく、あとから、そう教えていただきました。
あたしはそれには気が付かなかったけれど~。
最後の誘導瞑想の中での、先代の姿、そのハネっぷりから、そうだったのね、来ていたのね~、と思いました。
(ちなみにこういう瞑想時などに浮かぶ姿は、われわれは、自分の単なる想像、妄想、ってどうしても思っちゃうわけなんですが、わりと、妄想でもなかったりするそうなんですね。私はクレヤ系に関しては、石の組み合わせの場合は^^素直に妄想じゃないということがわかるんですが、ソレ以外は、自分の願望の想像の絵・・・って思っちゃうんですよねぇ)


その、うちのお客様には、早くアニマルコミュケーター開業しなよぉ~って^^、ずっと言い続けてるんですけどぉ。
能力があるのに、なかなかもったいぶってしてくれません。
自分はまだまだだ・・・と遠慮されています。
そういう方がほんとに多すぎます^^。
みなさん、ご自身にできることがあっても、出し惜しみし過ぎ。
彼女が開業したら、うちのブログでも、またご紹介させていただきますね♪
(もう、あたしがご本人の許可無くですが^^先に言っちゃおう♪)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page