この世に神様はいる

2015年01月04日 (日) 19 : 57
三が日も終わり、本日は4日。
明日から仕事初めとなる方も多いのでしょうか。
私は昨日から、石アクセサリ制作を本格的にスタートさせております。


1日は鳩森八幡神社さん(氏神様)へ初詣に行って、2日は久しぶりに神田神社(神田明神)さんへ。
2日の神田神社さんは・・・夜の9時に、「そうだ、こんなに東京に人も車も少なくて静かな時なんだから、こんな時こそ出かけよう」と思いたち、夜の10時に家を出て夜の11時に帰ってくるという荒業でしたが。
電車使って行って帰ってくるのに一時間しかかからない近さなのに、ずっとご無沙汰していた私でしたが・・・少彦名命様(神田神社にお祭されています)は「あ、きっと覚えていてくれていたかも」というような、私の勝手な感覚ですが^^そんな風に感じまして。
少彦名命様ブレスというのも、再販ご希望をいただいていて、でもあたし今神田神社さん行ってないのよね~・・だからそういう神様の名前つかわせてもらうような石組みはちょっとね・・って思っていたんですけれど、ちゃんと「またやらせてもらっても良いでしょうか」って聞いたら、いいよ、って言われた気が^^しましたので、きっと再販できます。


神田神社さんにずっと行っていなかった理由・・・これはね~もうなんとも言えない、個人的なものなのですが。2年前、あ、もう2015年だから3年前ということになるんですね!!・・・最愛のワンコを亡くしたあの頃、2012年にも私はなるべく定期的にお伺いしていて。
たしかブログの記事にも、神田神社さんで号泣したという記事を書いたような記憶がありますが。夏かな。8月頃・・・もう、なにをやってもワンコの腎臓の数値が下がらなくなってきていた頃で。動物病院の先生にも、匙を投げられたというか、もう積極的治療、延命治療の意味もないだろう、ということを言われ。
まぁ、それでも私は食い下がって^^病院治療だけではなく、ありとあらゆる良いと自分が感じる方法を模索していた頃でした。
結局、「うちのワンコがこの世からいなくなる(肉体的な存在としていなくなる)」ことをどうしても受け入れられなかったんですよね。


でも神田神社さんで、「延命してください」ってお願いしたわけではありませんよ。
私は、神社さんでその手の「お願い」というのは、しないことにしています。
ただ、今の自分の現状をお話するだけです。
それ以降、「慢性腎不全に功を奏する画期的な食べ物」をその後ヘミシンクの「動物と話そう」というCDで、直接彼女に「なにが食べたいか。なになら食べられるか」聞いて、その食べ物を「大発見」まさに大発見としか言いようがなかったんですが、見つけてからはずっと亡くなる11月1日までずっと毎日それを食べてもらいました。
夏にもうだめだろう、と言われたコがその後二ヶ月ちょっと、頑張って生きてくれたんですよね。しかもBUN数値などみるみる下がり、もしかして治るんじゃないだろうかレベルまで、数値そのものはまるで「改善」されたかのような展開になっていったのです。
なのに、発作は起き。結果的には、もともとの病気の症状が死因となったというよりは本当に高齢で「老衰」と呼ぶのが正しいでしょう、という動物病院の先生の最後の談でしたが。


彼女が亡くなってから、神田神社さんに、亡くなったことをご報告に、翌年になってかな、行きまして。
で、そういえば「献灯料」を納めていなかったな・・・と気がついて、納めようと、いつまで納めてありましたかね? って調べてもらったの。(神田神社さんというのは、都内でもたぶん全国的にも数少ない、「24時間お参り可能」なフルタイム神社さんです。夜通し、ご灯明などの明かりが消えない、24時間営業^^で神様とお話できる特別な神社さん。そのご灯明などを絶やさないためのいわば有志による運営資金として献灯料というのを募っておられます。実はこの献灯料もですね、驚くことに、「あ、今はもう定員いっぱいで足りていますので今年はもういりません」と断られるケースもあるんですよ!! 私はだから「いりませんよ」って言われたこともあります。こういう時・・・「誰が知るわけでもない、いわばボランティアのような、善意でこういうことにお金を払ってくださっている人が大勢いるんだ。しかもまるで黙して語らずいいことするための競争みたいじゃん、これ」ということに心が暖かくなりますよね)
そこで愕然としました。
2012年10月31日まで・・・だったのでした。。。それは、彼女の命日11月1日の前日まででした。


その時の私のなんとも言えない気持ち・・・ご想像いただけるでしょうか。
正直言ってですね・・・「湧き起こる感謝」なんかじゃ、なかったんですよ。
「金の切れ目が縁の切れ目なの~??? 神様ってゲンキン・・・」のような^^大変複雑な思いと同時に、「だったら献灯料、もっと先までまとめて納めておけば良かった、そしたらまだ生きててくれたのかも」みたいな、ものすごい自己中というか手前勝手ななんとも言えない思いが湧いてきました。
神様って酷い、とはもちろん思いませんでしたけれど、「なんてわかりやすいんだろう」っていうのか。
だからね、ちゃんと御礼も言ってなかったの。ずっと。
みょぉおおなわだかまりが。神田神社さんの神様に芽生えていた、ひっかかっていたものが、自分にあることを自覚していました。


人間というのは・・・
よくしてもらって尚・・・あれこれ言い出す^^生き物なのです。
そういう自分の中にある「反応」には、よくよく目を向けていかなければいけないと思いますね。



そうそう。
話は変わりますけれど。
初夢はなんか食べ物が出てきたな~ということは覚えていて、初夢の次の日、え~とつまり3日に起きた時に観た夢として覚えていた登場人物で、「なんであんたが?」っていうのがあまりに印象的で^^覚えていたんですが、その人物は竹中平蔵という人。
はぁあああ? ですよね^^。
でね、昨日、起きてから・・・「竹中平蔵がなんでか夢のなかに出てきたんだよね・・・」とぼそっと家の者につぶやいたんですよ。
しかも・・・なぜだか、そんなに悪い人じゃなかった・・・夢の中では・・・^^っていう、もうなんとも言えない「はぁあ」な感じで。そしたら、ちょうど「朝まで生テレビ」にその人出演していたらしくて、しかもなんだかやっぱりその発言が? ネット上ではすごい批判の嵐になっているらしい、というネット上での話題にはなっていることを家の者から聞いて。
竹中平蔵という人は、いわば、小泉純一郎モト総理といっしょに^^日本の雇用スタイルをのきなみぶっ壊していった人間として、まぁ、「悪」の要素で言われることも多い人です。
そんなぶち壊し野郎が^^もっともっとぶっ壊す発言をしている、ということで、「へぇ、なに言ってるんだろう」と聞いてみたら。


朝ナマの討論では、正規雇用と非正規雇用の格差をどうすればいいのか、っていう類のことが論点みたいでしたが、つまりこういう「不平等がなくならないといけない」そのためには正規雇用を増やさなければいけない、というような? 話なのかな・・・
そこでヘイゾウ仰天発言は、労働に対する対価など平等平等ということでいうなら、正社員という概念そのものをなくせばいいじゃないか、みんな「非正規」となれば雇用機会もすべて平等になりまっせ、みたいな感じだったかな・・・。
もちろん、まぁ、猛反発受けてましたけれど^^。


なんで反発するのか、っていうと、「正社員じゃないと絶対に安定、安心は得られない」っていう固定観念、枠を作っている思い込んでいることに加担しているのは・・・平等を訴える側でもあり、また、正社員という状態の側の「自分は安心な立場を得ているぞ」な既得感覚だけなんですよね・・・。


そんなもの、「もともと、どっちも幻想なんだよ」的なことって・・・・・・・
実は、スピリチュアル方面でも^^なかなか人様にはちょっと言いづらいんですけれど。ずっと基本的に言われていることです。
んで、まぁ、次元上昇、というのは。
あたし正規雇用、あなたは非正規雇用、のような身分制度、既得権のような「われわれ人類がしがみついてきた、優劣生き残り競争の世界」を象徴するようなものからのサヨウナラという一面も合わせて持っているかと思われます^^ので、まぁ、なんていうんだろう、この場に来て、「悪も御用」のひつくの神様の言葉が思い出されますね。
(ちなみに・・・ヘイゾウさんという方そのものには、そのような崇高な自覚があっておっしゃられていたのでは^^ないと思いますけれどね。たぶん裏評判どおりの、人が苦しむ恐れるエネルギー常食の側のスピリットかな、と思われますので、むしろ燃料切れで^^わざわざ正月から姿を顕してそんなこと言い始めたんじゃないかと思うんですよ。彼らに憤りを向けても、無駄です。憎まれること、恐れられること、それはどちらも彼らにとっては美味しいエネルギーになっちゃいますし、憎む恐れることで振動数の低い世界に同調してしまい「同じ穴のムジナ」となってしまいますから、かかわることそのものをやめるのが賢明です。)


神様は・・・「「悪(と見えるもの)」を使っても、それを実現していく」手はずをどんどん整えていくのかもしれません。
2015年、もう「次の世」はどんどん見えてくることに、本当になりそう。
大天使ミカエルさんも、2014年の終わりかな・・・ライトワーカーさんたちに向けて、ゲキを飛ばしてましたから。
「子供のように手足をばたつかせないでくれ」って。いやだいやだと、変化、変容の前で駄々こねるな、っていう意味なんだろうなぁ、って思いましたけれど、2015年、本当に私達は光の世界へ向かっています。


私が、3日にヘイゾウ出演の夢^^なんて見なければ・・・気付かなかった、素通りしていたことなので。
きっと意味がある話かもしれないな、と感じましたので、シェアさせていただきました。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page