「Dance with 2014 groove」ブレスレットVol.2 「1」「2」「3」

2014年01月31日 (金) 20 : 50























「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

◆スペック◆

ブレスレット内寸約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

◎お揃いのネックレス、ピアスを同時にご購入いただける場合は、各1,000円引きのお取り扱いとさせていただきます。

____________________________


こちらは2010年に「Dance with Earth groove」という名称で制作したことがある組み合わせです。
当時は、「体内リズム、運気リズム、人生リズム、なんでもいいですが、地球の自転、宇宙のリズムとは無関係に生きてしまっている、なんとなく流れってものに逆らって歩いているような、居心地の悪さ・・・そういうものをどことなく感じておられる方に、リズム感を教えてくれる、そういう石組みかと思います。」と謳っておりましたが、今年に入ってから、ナチュラリズムに目覚めた^^自分は、このクリソコラにあらためて萌えとなっておりまして。


昨年末、石アクセの整理をしていたら、これが出てきて。
これ作った頃は、自分はそんなにそんなにスピリチュアル・ストーンに萌えって堂々と言えるほど(フェナサイトとかもまだ持ってなかったし)ありとあらゆる石すべて取り揃えています!! 状態ではなかったと思うんです。
どちらかというと、その頃に比べれば、3年経過した今の方が、単純に物質的な意味ではバラエティに富んでいるというか充実していて、潤沢にできるようになっているはずなんです。
でも、「モノが揃えばできる。」そういうものじゃないんだな・・・っていうことに、「Dance with Earth groove」を見ていて、気が付きました。


よく、「何々をするのに、お金があれば・・・時間があれば・・・才能があれば・・・」って考え方を、私たちはしてしまうと思います。
そして、「お金ができたら、時間ができたら、能力が身に着いたら」っていう諸条件を欲して夢見て生きていくようになるんだけど、いざ揃ってみた時、「実はそういうものじゃないんだな・・・」ってことも^^あるんですよ。


地球のリズムといっしょに生きていれば、過不足なくここに生かされていることの喜びに気がつくことができると思います。
ちなみにそれは、「自分は夜型だし」とか「ストレス多いし、自然とか言ってもねぇ」とか、「忙しくて、食事とか栄養バランスも気をつけたくても完璧じゃないから」だとか、そういった諸条件を揃えることができないことへコミットされたものではないです。
「自然に生きる」ことをマテリアルだけ取り揃えることをしている、「条件コレクター」になることが目的化した場合、またそれも手段だけ取り揃えて、中身入らずの世界をつくりがちです。


たしかに、健康的で寝つきが良くて睡眠たっぷり栄養バランスよくて、自然環境よくてストレスもなくて、素敵な人たちに囲まれて暮らしていて幸せ♪ そういうのは理想かもしれませんが、ひといきに追い求めるのではなく、「そうしたいなら、人間はそうする」はずなので、今自分にはない理想スタイルに照らし合わせてないものを追い求めるのではなく、「今、実際にここにある幸福」を実感し、そうできないのはなぜなのか? を見つめ直し改めていけることが、結果的にはオリジナルな理想状態を創り上げていくことになるのだと感じます。
彼らは、そういう「そうしたいなら、そうする」幸福なオリジナル世界を創造するサポートをしてくれる組み合わせだと感じます。



■使用石■

「1」

「クリソコラ12ミリ、10ミリ丸玉」「アンバー9ミリ丸玉、9ミリ弱20面カット」「グリーンアンバー10ミリ丸玉」「シトリン13ミリ丸玉」

「2」「3」

「クリソコラ10ミリ、8ミリ丸玉」「アンバー8ミリ丸玉、8.5ミリ20面カット」「グリーンアンバー8ミリ丸玉」「シトリン10ミリ弱、9ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■


高品質の、コンディションの良い丸玉中心で制作しました。
透明感、発色、どれもすばらしいです。
ご満足いただける内容と思います。
クリソコラはコンゴ産のトップクォリティのクリソコラ。クリソコラは産地によって、かなり見た目タイプが違う石なのですが、現状ではこのコンゴ産のタイプが、見た目クォリティでは断トツだと思います。ハイ・クォリティなクリソコラはお値段も・・・ハイ・クォリティです。クリソコラだよねぇ? って思うと少し躊躇しちゃう値段なのですが、正直、見た目の良さはもう群を抜いてますので、そういう意味では、クリソコラが好きでお財布が許す場合には高い方をお薦めしますよね。。。
でも、その違いがわからない場合もあると思います。
特にクリソコラ好きでなければ、そこまでの違いは感じないかも。また、産地によってその色合いや個性もかなり違うので、見た目での比較が意味をなさない面もあります(これって、人間同士のいわば幸福感などの比較が意味をなさない、ということそのものな話ですよね)
もともとクリソコラ好きの方のほうが、たぶんそのへんの見た目グレードには敏感^^だと思います。
「1」のシトリンは非常に薄色で、おそらく天然色シトリンだと思います。まったく内傷がない透明度抜群のこういうシトリンの丸玉も、今や希少ビーズですよね(これは・・・7年前くらいに^^入手したストックです。三個とか残ってしまうと使いどころがなくて、この手の高品質系はそこそこストックであったりするのですが、どうやって使おう? って感じで寝かせビーズになっちゃうんですね・・・)
「2」「3」のシトリンは、内傷ゼロではないですが曇りのない透明感がある薄色系、クラックありますが発色が色濃く透明感も良いタイプの2タイプを使用しています。
グリーンアンバー、アンバーも、非常に綺麗な大玉、高品質ビーズです。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2014年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page