「至福の光」ペンダントトップ「1」「2」

2013年08月31日 (土) 20 : 37





















「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

全長「1」7センチ(石部分5センチ)「2」8センチ(石部分7センチ)。
アーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー)を使用しています。
写真撮影しておりませんが、長さ40センチ前後の合皮レザーのネックレスをお付けします。

◎お揃いのブレスレットを同時にご購入いただける場合は、1,000円引のお取り扱いとさせていただきます。

__________________________


こちらは、H&E社のアナンダライト(天然レインボークォーツ)を使っています。
アナンダライトというのは、「神の至福」という意味だそうですので、そのまま至福という言葉をお借りして、「至福の光」というネーミングにさせていただきました。


天然レインボークォーツは、何年か前から出回っているレア・ストーンなので、もうすでに標本でお持ちになられている方も多くいらっしゃるかもしれませんね。
写真だとわかりづらいんですけれど、この天然レインボークォーツって、水晶ポイントの表面がまるでホワイトアクアオーラのようにコーティングされているのです。奇跡の水晶と言われているそうです。本当にたしかに見た目からしてもう、神の至福ですね。
この石、クンダリーニ覚醒をヘルプするそうですので、そういうのを目指しておられる方にもいいのかもしれません。


この組み合わせは、いわゆるライトボディの活性化を助ける・・・目覚めていない部分の目覚めを促進する組み合わせだと感じます。
アナンダライトがそういう石なので、それを中心にそこに合う石を集合させてみたら、やっぱりそんな感じになりました。


そうそう、私が想像していたとおりだったんですが、石は3次元世界では無機物という単なる「モノ」扱いなのですが、次元が5次元に進むとそこでは、「石の意識」がはっきりとわかる、それが当然ということになるようです。
もっと高い7次元になると、石を使った魔法使いレベルとなることを学ぶそうなので^^、たぶん自分はそのへんのあたりの意識から今も情報の断片をいただいているのかな? と感じました。
それよりも・・・「次元の高い世界では、そのように、石は使われていることが普通」であることに感動します。石は石として、ちゃんと在るそうです。良かった♪


私自身もアナンダライトを使って(私の私物はH&E社のものではなく、ふつうに売っていた天然レインボークォーツなんですが。)もっと開眼していきたい☆ と思います。


■使用石■


「1」

「アナンダライト(天然レインボークォーツ)約14×30×15ミリ」「アゼツライト10ミリ丸玉」「2012クリスタル7ミリ丸玉」「ロイヤルブルームーンストーン(ペリステライト)約8×8×5ミリタンブル」「淡水パール5ミリポテト、約9×8×5ミリけしバロック」「山梨県乙女鉱山産水晶30×16×14ミリ原石ポイント」

「2」

「アナンダライト(天然レインボークォーツ)約30×10~20×15ミリ」「アゼツライト10ミリ丸玉」「2012クリスタル7ミリ丸玉」「ロイヤルブルームーンストーン(ペリステライト)約8×8×5ミリタンブル」「淡水パール5ミリポテト、約9×8×5ミリけしバロック」「山梨県乙女鉱山産水晶27×13×12ミリ原石ポイント」



■クォリティと鉱物説明■

文中にもありますアナンダライトというのは、天然レインボークォーツにH&E社さんが独自にネーミングしたフォルス・ネームで、こちらはそのH&E社さんのものになります。
この石はよそのサイトなんかを見ていてもそうですが、写真では虹がほとんどわからないというか、映りづらいようですけれど、こちらは「1」「2」いずれも、結晶面のポイント部分ほぼすべて虹色コーティングされている高品質な天然レインボークォーツです。
レインボークォーツそのものは何年か前から市場に出回っておりましたが、わりとたくさん見かけていたので、まだあるだろうと思っていたのですが、欲しくなってから探してみたら、今はもうあまり市場には出てきていない状態のようです。
なので、ちょっと平均的な市価で入手するよりも割高になっちゃうのでどうしようかと^^思いましたが、H&E社さんのアナンダライトなら綺麗なものが売っていましたので、それにしました。
ということで、インドの奥地以外の産地から発見されない限りは、今後大量に出回ることもなさそうなレア・ストーンですので、ご興味いただけるようでしたら、今回のをぜひどうぞ。。
乙女鉱山水晶ポイントは、ほぼボディや尖端部分には欠けなどもなく、インクルージョンも極めて少ない透明度の高い、高品質な水晶ポイントです。
2012クリスタルは7ミリ1石です。見た目は普通の水晶です。
ガイガー・ミネラル社のギャランティ・コピーと日本語訳解説をお付けします。
アゼツライトはH&E社のギャランティカードのコピーを、アナンダライトはH&E社のギャランティカードをお付けします。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2013年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page