「Realistic2012」ブレスレットVol.3「1」「2」「3」

2012年09月30日 (日) 20 : 56








「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸約15センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

◎ブレスレットをご購入で、お揃いのネックレスを同時にご購入いただける場合は、ネックレス3,000円引のお取り扱いとさせていただきます。

__________________________


こちらは、最初から「Realistic 2012」でいくしかない組み合わせだろう、って思っていました。
なにしろ2012年、とうとう残り三か月!!!(アセンション界隈の^^巷で言われている冬至を分岐点とすると、三か月ないです)
そりゃもう、これから「リアル」に、そこへ向かって、そこを乗り越えて行こうという私たちですから。


「Realistic」という組み合わせは、2009年に一度だけやっています。
できれば、「Realistic」でブログ内検索をしていただいて、ご一読いただけると、それがいったいナニモノで、今回のがなにゆえでてきたのかが、ご理解いただけるような気がします。
当時の説明文を今読むと、当時もけっこう「ひゃああ」と自分は驚いていた^^様子です。(あらためて読んでみて、あらためてやっぱり、ひゃああ、となってしまいました。過去の自分に驚かされるというのもどうかと思うのですが)


実は2012年、個人的にですが、こういう展開が待っていたとは・・・という日常を送り続けて早9か月、というのでしょうか^^。
自分が予想していた2012年は、実は、きっと2012年には少し石アクセサリづくりなんかはセーブに入ることになって、アセンションに向けての自己の内的ワーク、内面の探求と称した覚醒ワーク^^などにいそしんでいるんじゃないだろうか・・・って^^2012年が始まる前はひそかに予想というか、妄想していたのです。
「アセンション後の世の中ではもうお金だっていらないらしいし、であれば、そろそろもう生活のためのシゴト的なものは、もっとぎりぎりでもホントに食べていけるだけでいいから、そこそこにして、自分のスピリチュアル能力の開発に本気に取り組まないと」・・・のような感覚。
アセンションの日までの内的葛藤の払拭と、過去世に遡って現在に至るまでの浄化のために、肉体と精神を研ぎ澄ませ、完璧に「アセンション待ち」の「いつでも来い」状態を作るための期間にしようかと^^、おぼろげながら。。。


それが・・・な、なんと、いつもの年同様、へたすると、もっと頑張って^^リアルに働いてきた9か月だったように思います。
なぜこの時、この2012年なんだ??? となんとなくは思ってもいたのですが、我愛する小犬の長期にわたるけっこうな治療費^^がどうしても必要で、捻出していかなければという、「シゴトを怠けられない理由」ができてしまったから。そして、そのリアルを、ファジーに色々と自分に都合のいい理由をつけて避けることはしたくなかったから。
リアルでこんなにたくさん、今までにまったく経験のなかったタイプの感謝のシチュエーション、「お金さん、治療費としてワンコの命を助けてくれてありがとう。アクセ買ってくださっているみなさん、それをも助けてくださって本当にありがとう」な、言葉では言い尽くせない感謝満面の日々を経験させてもらってきました。
正直、人間のアセンション・スケジュール情報を漁って、どれが真実か見当つけたりしている場合じゃない、自己の浄化やアセンション準備がどうこうと言って悩んでいる場合じゃなかった^^そんな切実な「リアル体験」そのものの9か月が過ぎようとしております。


でも、この「Realistic 2012」を制作して、その理由がわかりました。
そして、2009年に自分で書いておりました。
「魂というのは、この地上のリアルの中で磨いていくもの、なのだと思います。頭の中だけで自分を美化し、こねくり回しても、魂ってのは、成長なんかしやしない。実体験を重ねて、失敗もして、悔しい、悲しい、怖い、それを超えてくところに、あるんですよ。」

もちろん、こうしてあくせくと^^やってきたことの直接的切実な理由は上記のような個人的な理由にもあるのですが、結果的に、「今年もずっと休まず石アクセサリを作ってきて本当に良かった。。。今年、もし、犬の病気のことがなくて、自分のアセンション準備のために時間を割こう、少しリアルな仕事はセーブしてゆっくりしないと・・・なんて魂胆で^^、石アクセサリを作ってきていなかったら? ってことを思うと、きっとものすごく後悔していたと思う。そんなことをしていたら、私は、手にしてくださっているみなさんの魂のお役に立てたらと望んでやらせていただいているこのシゴトを、天職を自ら放棄していたことになるのだ・・・石たちが、それをあたしに望むわけがないし、そうさせるわけがないわな・・・そもそも、そんな我良しニンゲンがアセンションなどするわけが^^」という境地をいただけていることに思い至りました。


まさにまさにな、「Realistic 2012」。
もちろん、2012年残りわずかのため、というだけではなく、魂は永遠に、「実体験」し続け、成長しつづけていきます。
「Realistic 2012」は、その「実のある体験」を、それぞれの魂がきっといちばんに望んでいる必要としているシチュエーションを演出してくれる、最高のお供となると思います。
「目に見えないけれど、精神の世界、いわゆる、魂の世界と、この現実世界は、密接に繋がっている、ということを、実体験」しながら、いつか、魂の輝きそのものが自己価値であることを、本当に知る時まで、おひとりおひとりの最高善を生きるヘルプをしてくれるんじゃないかと思います。



■使用石■


「モルダバイト6×2~3ミリロンデル」「オウロヴェルデクォーツ8ミリ丸玉」「メタモルフォーゼス10ミリ丸玉」「パイライトinクォーツ13ミリ丸玉」「ヘマタイト(withレピドクロサイト)inクォーツ10ミリ丸玉」「ブルーサファイア8ミリ128面カット丸玉」「ルビー6ミリ128面カット丸玉」「水晶12ミリ128面カット丸玉、10ミリ、8ミリ丸玉、10ミリ4面スクリューカット、6×3ミリボタンカット」「ウランガラス8ミリ丸玉、8ミリ多面カット丸玉」


■クォリティと鉱物説明■

モルダバイトは透明感のあるロンデル。
モルダバイトもガラスですので、ローマンガラスやウランガラスとは親戚というか相性が昔から良いです。

このたびは、メタモルフォーゼスと、オウロヴェルデを使用。
オウロヴェルデ・・・ずっと超欲しいと思いながらも手を出しそびれていた、メタモルフォーゼスの加熱処理版、変容石でして。
アゼツライトやなんかと同様^^スピな付加価値の希少系なので、メタモもオウロヴェルデも、その見た目からは、「どこがミルキークォーツやレモンクォーツと違うのか」わかりませんので、やっぱり、エネルギーわからないと、この世的にはばかばかしいと思えて当然^^の値段の石です。
オウロヴェルデに関しては輸入代理店発行のカードみたいなものがありますので、そのコピーをお付けいたします。
メタモのほうはそういうのないんですよね^^。まちがいなくメタモなんですが、まぁ、その手のギャランティ系、あったほうがホンモノらしいっちゃホンモノらしい話ですが。私が以前メタモを仕入れたお店さんは、メロディさん経由で仕入れていないので(この方の鉱山というわけではないので)まだ多少お安いわけなんですが、そうすると「証明書」なんてつきませんからね。。。日本人はお墨付きとか証明書が好きなんですよね。。。

さて気を取り直して、今回はさらにレア石、パイライトinクォーツと、ヘマタイト(withレピドクロサイト)inクォーツ。
両者とも、単体ではありふれた鉱物ですが、「水晶の中に異物として」入っちゃうと、とたんに希少石です。
特にヘマタイトのほうは・・・普通のヘマタイトin水晶は、正確にはヘマタイトの鉄さびin水晶ですから、赤い着色原因となったりなんですが、こちらは、あのメタリックなヘマタイト片がいったいどうやって入ったのか? な超レア系。
運が良ければ^^すべての玉ではありませんが、レピドクロサイトのレッド片もいっしょに混入する玉もあります。水晶母体に内部クラックが少なく透明感がありますので、きらっきらです。
この石、どの程度のレア度なんだろう・・・と調べてみると、12ミリ玉ブレスで2万2千円(比較的お安いお店で)というような石ですね。

ブルーサファイア、ルビーは、発色の良い高品質ビーズです。
ウランガラス、京都オパール(露草色)は、人口石。人口石ですが、これらレア石に負けず劣らずな^^特殊な地位を持つ人口石ビーズですね。

こちらは高額レア系の石については、各一石ずつの仕様にするなどして、そのぶん高品質水晶を多めに配した、この組み合わせとしてはリーズナブルなタイプに仕上げました。
リーズナブルで綺麗で、ご満足いただけると思います。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page