アーカイブ
2018年02月28日の記事のリスト

♪ 以上で、2018年2月末新作アクセの記事アップ終了、現在販売中です♪

2018年02月28日 (水) 22 : 52







ご訪問いただきありがとうございます!
2018年2月末の新作アクセサリのご案内です!!

現在、販売中でございますので、本日2月28日アップの新作アクセサリの記事数全部で17記事ありますが、遡って読むご面倒をおかけしてしまい恐縮ですが、ぜひぜひご覧になっていただき、お気に入りを見つけていただきましたら、ブログ右のバナーにあります「アクセサリご購入フォーム」より、お申し込みをしていただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます♪ お待ちしております♪♪♪

一ページ内に複数商品がある場合、個別にsold表記をしていますので、よろしくお願い申し上げます。
ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

それでは、
出品順番、各使用ストーンのご案内です。


1.アクティビティ

 (使用石:タイガーアイアンジャスパー、テラヘルツ、北海道産ブラックシリカ、レッドジャスパー、ゴールデンジャスパー、ブラックトルマリンinクォーツ、ゴールデンラブラドライト)


2. コミュ障リリース

 (使用石:ピンクマンガンカルサイト、ブルーレースカルセドニー、アクアマリン、マダガスカルスターローズクォーツ、アゾゼオアゼツライト、センティエントプラズマクリスタル、淡水パール)


3.Ku-kai

 (使用石:サヌカイト、モーシッシ、センティエントプラズマクリスタル、アマゾナイトシリカ、アクアオーラ、チタニウムクォーツ、シナバー(シンシャ))


4.ワンネス

 (使用石:京都オパール(浅葱色、桜色)、ロードクロサイト、レムリアンアクアティンカルサイト、ピンクマンガンカルサイト、マリアライト(パープルスキャポライト)、オウロヴェルデ、メタモルフォーシス、センティエントプラズマクリスタル、カレンシルバー)


5.Step by step

 (使用石:ロードクロサイト、オプティカルカルサイト、レムリアンアクアティンカルサイト、グリーンカルサイト(カーボナイト)、センティエントプラズマクリスタル、2012クリスタル)


6.ノイズプロテクション

 (使用石:ブラックトルマリンアゼツライト、ブラックトルマリンinアクアマリン、ブラックトルマリンinクォーツ、アズマ―、ブラックアゼツライト、カレンシルバー、センティエントプラズマクリスタル)


7.ハイオクターブ・オールスター

 (使用石:センティエントジュエリーポイントダブルターミネイテッド、2012クリスタル、ロシアンフェナカイト、ダンビュライト、ペタライト、モルダバイト、ホワイトダイヤモンド、サウラライトアゼツライト、センティエントプラズマクリスタル)


8.宝石の国Special

 (使用石:ブラックダイヤモンド、ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)、モルダバイト、リビアングラス、ギベオン、センティエントプラズマクリスタル、2012クリスタル、アゾゼオアゼツライト、ニルヴァーナクォーツ(アイスクリスタル)、モルガナイト、ゴシェナイト、ヘリオドール、ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)、シナゼツ、センティエントプラズマクリスタル、ウランガラス)


9.レムリア・エネジー

 (使用石:レムリアンシードクリスタル、センティエントプラズマクリスタル、アゾゼオアゼツライト、レムリアンアクアティンカルサイト、レムリアンゴールデンオパール、ローゾフィア、モルガナイト、ライトニングレムリアンシードクリスタル)


10.クレア解禁

 (使用石:アマゼツ、オーラライト-23、ティファニーストーン、オーウィーブルーオパール、スコロライト、センティエントプラズマクリスタル、アゾゼオアゼツライト、サチャロカアゼツライト、スコレサイト、ロシアンフェナカイト(アゾゼオ))







・・・・・というラインナップにて、現在販売中です。



 「今月のプレゼント」



今月は、お写真の「ブルーカイヤナイト」の原石を、お買い上げいただきました全員の方に、プレゼントさせていただきます。サイズは4、5センチくらいあったりで、チップではなくそこそこ大きめです。
カイヤナイトはもう10年以上前になるんですね~、スピリチュアルストーンブームが起こってきた当時なんかは、やはり「波動の高い石」的存在でもあったと思うのですが、この石もシックス・センス活性化の石です。直線的なすっきりとしたエネルギーは「迷い払拭」にはたらきかける石の中でも群を抜いているほうではないかなと思います。実際、カイヤナイトアクセを身に着けて、そういう迷い体質だった人が、決断が早くなった、迷わなくなった、というお声もお伺いしておりますよ。
じゅうぶんな数をご用意しておりますが、上記のお品がなくなってしまった場合には、お写真にはないものをご用意させていただく場合もございますのでご了承ください。




今月は、上記のプレゼント以外に、「総額30,000円以上お買い上げの方」に、お写真の「ザギマウンテンクォーツ」の磨きタンブルをプレゼント。
あの! ザギですよ!! あの! って言われてもなんの石だよというのを知らない方にはまぁ^^どうってことない見た目にも一瞬見える石なのですが、この水晶はアストロフィライトやリーベッカイト、エジリンなどのレア鉱物を内包する、ザギマウンテンというパキスタンの山で採れる水晶です。磨きが入っているためとても綺麗で、なかにはルースとしても使えそうなクォリティのものもあります♪
「長老」的なエネルギーの知恵モノ系水晶で、非常に強いエネルギー、ヒーリング力の高さなどが、米国方面ヒーラーさんたちにご好評らしい(笑)というのが売り文句のザギですが、実際に、とっても安心感のある触れていると癒され感満載の石ですよ。エネルギーを充電してくれる実感がものすごく感じられる水晶です。

なんか昨年に引き続き毎月これ言っていますが^^本来はまず、ほんとうに、「オマケ」とかにできる石じゃないですよ(笑)。
普通の石屋でしたら当たり前に売るために仕入れる石です。お値打ちです。
じゅうぶんな数をご用意しておりますが、上記のお品がなくなってしまった場合には、お写真にはない別の石を見繕ってご用意させていただく場合もございますのでご了承ください。




今回、はじめてパワーストーン・ワークスで石アクセサリをお買い上げいただく方には、上記プレゼントのほかに、お写真の「アメシストエレスチャル」のチャームをプレゼントさせていただきます♪ まるでシリウスアメジスト! にそっくりなんですが、こちらはブラジル産のアメエレです。高品質ですよ~。かわい~ですよ~♪
はじめてのパワーストーン・ワークスのお客様、今月もお待ちしております♪

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


※こういった「プレゼント不要」な場合には、ご面倒をおかけし恐縮に存じますが、その旨、お申込み時にご遠慮なくお申し付けください。




「☆2018年限定のリピートご購入の割引サービスです☆」

今年一年、パワーストーンワークスの月末新作石アクセサリをお買い上げのみなさまへのポイントサービスです。

総額10万円に達した時点で、次回以降お買い物5%オフ、総額20万円に達した時点で、次回以降お買い物10%オフ、総額30万円に達した時点で、次回以降お買い物15%オフ、総額40万円に達した時点で、次回以降お買い物20%オフ、となります。

割引対象は「月末新作石アクセサリ」のお買いものとなります。
(パワーストーンワークスのお店の商品は、割引サービスの対象となりません)
割引適用となるのは、税引前本体価格からの割引となります。

期限は2018年中になりますので、総額が翌年繰越とはなりませんのでご注意ください。
年内最終に総額が割引ポイントに届いた場合は、翌年一月一回のオフの繰越はさせていただきます。

お買いもの総額の対象は、月末新作石アクセサリに対してお支払いいただいたお代金(消費税、送料、お直し代金等は含まれません)、および、パワーストーンワークスのお店でお買い上げいただいた税引き後お品物代金、及び、月末新作以前の商品をご購入いただきましたお品物代金を計上、積算させていただきます。

ガイドブレス等は、サービスの総額計上対象とならず、割引対象外となります。






アクセサリ販売の詳細について、よくわからないな、とお思いのみなさま、ブログ右側の
 アクセサリのご購入ガイド 
というところをクリックして、要領を見てみてくださいね。

但し、今月もここ数ヶ月と同様に、Yahoo!オークション(ヤフオク!)のほうへの出品はなく、ブログのみ(ご覧いただいていますこのブログのみ)でのご販売となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  INFO(お知らせ)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「クレア解禁」ネックレス「1」「2」「3」「4」

2018年02月28日 (水) 20 : 35
「クレア解禁」ネックレス「1」
◆スペック 長さ67センチ
◇soldout
◆使用石 「アマゼツ18ミリ、14ミリ、12ミリ丸玉」「オーラライト-23 10ミリ丸玉」「ティファニーストーン10ミリ丸玉」「オーウィーブルーオパール12.5ミリ丸玉」「スコロライト27×18×8ミリ~20×15×8ミリタンブル」「センティエントプラズマクリスタル12ミリ多面カット、12ミリ丸玉」「アゾゼオアゼツライト12ミリ丸玉」「サチャロカアゼツライト13ミリ丸玉」「スコレサイト(ゼオライト)10ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)8×8×5ミリ、10×7×5ミリ原石タンブル」






「クレア解禁」ネックレス「2」
◆スペック 内寸約15.5センチ
◇soldout
◆使用石 「アマゼツ6ミリ丸玉」「オーラライト-23 45×33×4ミリスライスオーバルペンダントトップ、8ミリ丸玉」「ティファニーストーン10ミリ、9ミリ、8ミリ丸玉」「オーウィーブルーオパール9ミリ丸玉」「スコロライト24×14×8ミリ~18×13×6ミリタンブル」「センティエントプラズマクリスタル10ミリ多面カット、8ミリ弱丸玉」「アゾゼオアゼツライト10ミリ、8ミリ丸玉」「サチャロカアゼツライト6ミリ丸玉」「スコレサイト(ゼオライト)6ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)8×9×5ミリ、10×8×6ミリ原石タンブル」






「クレア解禁」ネックレス「3」
◆スペック ペンダントトップ全長8.2センチ ネックレス長さ56センチ
◇soldout
◆使用石 
◇ペンダント◇「アマゼツ6ミリ丸玉」「オーラライト-23 8ミリ丸玉」「ティファニーストーン60×42×10ミリスライス」「オーウィーブルーオパール10×6×7ミリタンブルカット」「スコロライト15×10×6ミリタンブル」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ弱丸玉」「アゾゼオアゼツライト8ミリ丸玉」「スコレサイト(ゼオライト)6ミリ丸玉」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)7×5×5ミリ原石タンブル」
◇ネックレス◇「アマゼツ8ミリ丸玉」「オーラライト-23 8ミリ丸玉」「ティファニーストーン8ミリ丸玉」「オーウィーブルーオパール10×6ミリ~6×4ミリロンデル、ボタンカット」「ピンクアメシスト8ミリ、6ミリ64面カット丸玉、15×10×7ミリレクタングルカット」「アメシスト6ミリ丸玉、4×3ミリロンデル」






「クレア解禁」ネックレス「4」
◆スペック 内寸約15.5センチ

「パワーストーン・ワークスのお店」に移動しました
「クレア解禁」ネックレス「4 - パワーストーン・ワークスのお店
http://shop.powerstone-works.com/?pid=129282035

◆使用石 「アマゼツ6ミリ丸玉」「オーラライト-23 6ミリ丸玉」「ティファニーストーン6ミリ丸玉」「オーウィーブルーオパール10×7×5ミリレクタングルカット、5×2ミリスクエア」「センティエントプラズマクリスタル8ミリ弱丸玉」「アゼツライト6×6×4ミリタンブル」「サチャロカアゼツライト6ミリ丸玉」「スコレサイト(ゼオライト)28×20×6ミリオーバルペンダントトップ」「ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)6×5×5ミリ、7×5×5ミリ原石タンブル」「ピンクアメシスト6ミリ64面カット丸玉」「アメシスト4×3ミリロンデル」




_________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

ようやく、「クレア解禁」の再販の機会が整いました。3年前でしたのね、これって。それ以来なのです。

当時の説明文にも読んでみたら書かれているのですけれど、クレアって、「自分はそういうのがない人」「自分はわからない人」って言ってると、本当にずっとわからない人のままなんですよ。
正確に言うと、「開けていることがわかっていない人のまま」ということになったりもします。
(よくこれと似た「石のエネルギーはわかりませんけど♪」の枕言葉をおっしゃられながら、石のカップリングの効果についてご報告をいただいたり、「石の効果じゃないかもしれませんが」と言いつつ、起こったことのご報告をいただくことがあるのですが、こういう時「前提としてご自身の感覚を”否定しつつ”の話」になっていらっしゃるのですが、この枕詞を使う部分を一度とっぱらってご自身を俯瞰されてみると、どこからその石とのコミットがやってきたのか? そういう感覚がよくわかってきて、石のエネルギーってそもそもどういうことなの? っていうのもわかってくると思いますよ)

このブレスを身につけても、「私はそういうのわからない人だから~」って気軽に無邪気に無意識に日常的に口癖で言ってると、3年経ってもやっぱり、「このブレスを身に着けたけれど私はやっぱりクレアは開けていませんが」って話になりますからね(笑)。

だから、ご本人次第なところがありますから、直接的にはクレアが開けるという確証、お約束はできないカップリングなのですが。
クレアが発達するのには、整うと好ましい本人の状態というのがありまして。

このカップリングは、そこを思い切りサポートしてくれるタイプの石たちのシナジーカップリングだったのです(3年経ってわかった^^)。カンタンに言うと次元の上がった波動状態を促しますので、嫌でも心の平安と静寂と歓喜に包まれることになります(笑)。いわゆる心がざわついていない状態ですね。

他にもそういう次元アップのカップリング石はわんさかあるけれど、このカップリングは「ネガティブ感情に覆われている状態」からの速やかな脱却という点と、現状を観るフィーリングが高次にコミットする状態になるのよ。
楽観と感謝を見いだせる状態、受容の状態、且つ、依存心ではなく自己信頼を持っている状態。

ほんとに自分は何にも開けてない人なのかな? というところを、ぜひとも探ってみてくださいね。
クレアは「観える」だけがクレアではなくて、クレアボヤンス(透視能力、霊視)、クレアオーディエンス(透聴能力、霊聴)、クレアセンティエンス(透感能力、霊感)、クレアコグニザンス(透知能力、超感覚、直観、霊知)などなど、いっろいろありますよ。
そして開けたクレアを何気にすでに自分は活かして生きていた…っていうことにあらためて気がつくような、そういうこともありますからね。

クレアというのは、この三次元で、自分は何がそこそこ普段から得意なこと好きなことなのか? という傾向にも顕れますよ。
たとえば、クレアボヤンスは、三次元でマンガ好きとか(笑)傾向として、「画像展開するストーリー」を見ることがもともと好きな人が発達する傾向があります。ガイドがばりばりに観えるとかガイドと人間相手のようにコミュニケーションしていたりガイドの絵とか書いてる人たちって、みなさん揃いも揃って漫画好き、アニメ好き、映画好き、とかそんな人ばっかです(笑)。
そういう目視情報と心視情報のリンクの捉え方に慣れている、もともとそれが好きでそういう人々にとっての自然な世界なのです。
絵を描くのが好きな方は、クレアボヤンス派でありクレアセンティエンス派だと思います。
過去生がわかる、観える、そういう人は元図書館司書だったり、読書家でもともとの歴史の知識が超ハンパないです(笑)。だから、何時代の何々、って、「観てすぐわかる」人だから、観えて詳しくわかるのです。
もともとその人が持っている「知識」はとても重要です。知識がないと、「それが何なのか」表現することができませんから。
なので、クレアボヤンスじたいは開けている人なんだけど、自分の観ているものの意味が自分でわからない、というような方もいらっしゃいますよ。私は、うちの石アクセを身に着けたらこういうものが観えるんですが、これは何でしょうか? って(笑)そういう方にご質問いただくこともありますが、それこそ、ご自身で解読すべき問題なのですよ(笑)。観たものが何なのか、調べるなり。たとえば動物であるなら、それがどういう性質を持つ動物なのか? ですとか。そこにメッセージがあります。
たぶん、小説を書いたりするのが好きな方などでしたら、チャネリング能力、クレアセンティエンス、クレアオーディエンス、クレアコグニザンスなど複合的に長けているのかもしれません。心で聞いたものを書いているのかもしれないのですよ。
私も小説書いたことが過去にありますが、あれは、自分が書いている感じがぜんぜんしませんでしたから(笑)。書いているとだんだんトランス状態になっていきますよね。自分の経験、知識がベースではあるのですが、こういうことを書こうと筋道立てて書く「論文」ではありませんから、いつのまにか主人公が勝手に喋って行動してるなぁ…という感じになっていくんですよね。

だから、そういう、「観える」とか「わかる」とか「高次メッセージを受け取っている」という人々と、同じように、同じようなやりかたでできることが、その人の得意なクレアとは限らないのですよ。
私なんかも「ガイドメッセージ」はすべて「フィーリング」で捉えていますよ。どちらかというと、ガイドさんの姿を観るというほうはついでというか、そっち主体な感じではないですね。だから未だにつぶさに鮮明には観えていません。それはもともと私は三次元世界でも、「人をこまかく観察する」とか(笑)しないタイプの人間だから^^なんじゃないかと思います。語る存在の雰囲気、のほうがよく感じられる気がします。なので、雰囲気、という曖昧なものをフィーリングで補っているタイプのクレアボヤンスです。だからどちらかというと、ガイドメッセージについてはクレアセンティエンスのほうが優勢です。
ただ、「観える」っていうほうが三次元では人々に信用度が高い(笑)ところがありますので^^、いくばくかでも観えるようになって良かったな、とは思います。
もともと私は、その目に見えないフィーリング言語化が好きという性分で、作詞も好きでしたから。名前の付いた主人公がが喋る動画的なストーリーを追うというよりも、名前のついていない、または物言わぬ一枚の絵や写真や風景、メロディなど、ストーリーや言葉のないところから無数のそういう観えない情報なのでしょうか、そういう感覚を拾い上げるような感じが好きでした。だからガイドの名前^^の必要性もあんまり感じなくて、名前の聞き取りもヘタなのです。キミの名は? ってことがぜんぜん気にならないし、名前を知らないままコミュニケーションしちゃうところがあります。それは三次元でもちょっとパターン似ています。知ってから何年も経ってから名前を知るとかザラです^^。(但しこういう感じが”正しい””良い”やりかたということではありませんので。ご注意を。私のパターンはこういう感じです、ということです)

こういう感じで、石のことも(笑)なんとなく気がついたらわかるようになったのだろうと思います。それはむしろ石が喋らない存在だから^^なのです。(ただ不思議とこれは石に限ってなのですが、石の場合は必ず「名前が知りたくなる」し、一度で名前を覚えますので、たぶん無意識に名前の重要性はわかっているのだろうと思います。人間(およびヒトのような擬人化された存在。神様とか天使とか)の名前に関して頓着がないのは、おそらく幼少期トラウマに因があることは知っています(笑)。自分の名前が好きじゃなかったでしたので^^。だから”名は体を顕す”というのがあんまり自分好みじゃないところがあるのです。このトラウマを開放すればまた、「名前」に対する考え方も変わっていく可能性があります)
石のアクセサリも、目に見えないフィーリングを頼みに創っていますから。できてきて、なるほど~。と感心し。で、あとから言語化するのが、この新作説明文ですから。

そんなふうに誰もが受け取っている高次のメッセージ。
こちらは、そこに気がつきやすい状態でいることをサポートしてくれる、やっぱり優れものでしたよ。
ちなみにクレアというのは、頭がトクベツお花畑である必要はないのですが、ハートが閉じている、いらいらくさくさしているよ~な状態だと、いまひとつ「それは無理」なので(笑)。この状態は、クレアに限らず、その人の能力を下げ可能性を閉じます。
なんであれ、いったんはとりあえず自分を赦し受け入れている状態であること、「パーフェクトではない自分(もしくは他者)を赦していること」が必要なのです。そこから、自分を塞いでいる分厚い壁の崩壊が初まり、未知なる能力が開きます。
このカップリングは、それを手伝ってくれますよ。
以前もお伝えしていましたが、「なんだかパジャマみたいな配色なのよね~」なカップリングですが、メタフィジカルな意味での優れものということで(笑)ご検討いただけましたら。

◆使用素材◆ 

「1」~「3」スーパーフレックスワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。
「3」のワイヤーラップペンダントはアーティスティックワイヤー(ノンターニッシュシルバー)を使っています。ネックレスからの取り外しが可能です。
「4」7ストランドワイヤー、シルバー925パーツを使用しています。

■クォリティと鉱物説明■

オーウィーブルーオパール、オーラライト-23については、今月「石の意味」でお伝えしている内容をご興味いただけるようでしたら、ご一読くださいね。
「石の意味~オーウィーブルーオパール~」「石の意味~オーラライト-23~」

「1」は全体的に大玉仕様のネックレス。かなり迫力あります。115グラム。しかしながら使っている石の三分の一程度が比重の軽いタイプのオパール系なので、見た目の存在感ほどの重さはありません。
「2」はトップのオーラライト-23の大粒ペンダントのスライスが、超超超ハイクォリティです。かつてのスーパーセブン系でしたら高品質スライスやルースというのはそこそこ市場にあるのですが、オーラライト-23で、まるでスーパーセブンのようにこういう内包物が美しく入るものは、ほとんどありませんので、非常にお値打ちだと思います。こちらは72グラム。
「3」はティファニーストーンの表面磨きが入った大きな高品質スライスがメインです。82グラム。
「4」は細身、オーウィーブルーオパールが高品質です。トップは高品質スコレサイトのペンダント。ビーズサイズの関係上、こちらはスコロライトは入りません。今回のネックレスの中ではいちばん軽量で25グラム。どうしてもどうしても肩こりが気になる~~の方にはお薦め「軽っ」な軽量タイプです。

今回、ほとんどPSW新参石と言えるスコロライト。
アメシストを二度加熱処理する工程を踏んで生まれるこの淡いラベンダーカラーのムーンクォーツのような発色なのだそうですが、この加熱がビミョウなさじ加減が必要のようで、きっとただ加熱処理してカンタンにできる石というわけではないのでしょう。スコロライトはそんなに量産されて出回ってはおりません。なので希少石といえばそういう点で希少石になります。

以前にもちょこっとだけお品にしたことはありましたが、この今回のビッグタンブルで、ついにわかりました!! スコロライトのエネルギー。「そうかアメシストがオパールになったらこうなんだな」という石でした(笑)。すっごぉぉおいお薦めです。クレアがどうこう、という部分もそうですが、かなりな実力の高いヒーリングストーンです。
なんで今までスコロライトに触手がそれほど伸びていなかったのかというと、はい、それは「大きい石ビーズが皆無」なストーンだったから(笑)なのです^^。丸玉だとだいたい7ミリとか大きくても8ミリ程度で、そこそこ高額部類の石なため、ちょっと二の足踏むわ~そんなに小さいと使いどころが限られる(笑)など、色んな理由があったのですが、おっきなタンブルが出てきたので、どれどれと試しに入手してみたところ…一瞬で「なんじゃごるぁああ」の世界でした(大きいからよりパワーが感じられるというのもあると思います^^)。おっきいスコロライト、とてもお薦めです。
なんか「すっかり世を儚んでいる」とか「くさくさしてしょうがない」とか「立ち直れない」とか「生きている意味がわからない」とか、そういうレベルのどっぷり底辺暗闇の中を生きるような状態から、速攻光の世界へ連れ出してくれるタイプの石です。

加熱処理2回という工程のため、そして、こちらは大粒タンブルですので、若干内傷も見られますが、大きさがあるぶん、この石の美しさが際立っています(巷に小さい玉サイズ主流でしかほとんど流通していない理由は、おそらく加熱過程でクラックが入りやすいからなのだろうなということが拝察されますね。こちらの大粒タンブルはそんな加工時にクラックが入りやすい石ながらに、それでもまだそれが少なめの出来と言えるタンブルなので、流通の過程に乗ることができたのではないかなと思います)。

ティファニーストーンも久しぶりですが、そういえばこの石も、オパールとフローライトの混合石です。
なるほど、クレア解禁は、要するに「心を軽くする」「思考をすっきりさせる」「ネガティブ感情の浄化」という(笑)まさにクレアお膳立てカップリングだったわけです。。。(すみません、まだここでも商品説明しています^^)

ロシアンフェナカイト(アゾゼオ)、アマゼツ、アゾゼオアゼツライト、サチャロカアゼツライトは、H&E社のギャランティカードコピーをおつけします。
センティエントプラズマクリスタルは、ガイガーミネラル社ディビット・ガイガー氏のサイン入りBusiness cardのコピーをおつけさせていただきます。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「クレア解禁」ピアス

2018年02月28日 (水) 20 : 34
「クレア解禁」ピアス
◆スペック 石部分全長4センチ
◇soldout
◆使用石 「アマゼツ6ミリ丸玉」「オーウィーブルーオパール8×8×6ミリタンブルカット」「ティファニーストーン8×4ミリルース」


_________________________

ブログ「アクセサリご購入フォーム」より、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。
__________________________

ようやく、「クレア解禁」の再販の機会が整いました。3年前でしたのね、これって。それ以来なのです。

当時の説明文にも読んでみたら書かれているのですけれど、クレアって、「自分はそういうのがない人」「自分はわからない人」って言ってると、本当にずっとわからない人のままなんですよ。
正確に言うと、「開けていることがわかっていない人のまま」ということになったりもします。
(よくこれと似た「石のエネルギーはわかりませんけど♪」の枕言葉をおっしゃられながら、石のカップリングの効果についてご報告をいただいたり、「石の効果じゃないかもしれませんが」と言いつつ、起こったことのご報告をいただくことがあるのですが、こういう時「前提としてご自身の感覚を”否定しつつ”の話」になっていらっしゃるのですが、この枕詞を使う部分を一度とっぱらってご自身を俯瞰されてみると、どこからその石とのコミットがやってきたのか? そういう感覚がよくわかってきて、石のエネルギーってそもそもどういうことなの? っていうのもわかってくると思いますよ)

このブレスを身につけても、「私はそういうのわからない人だから~」って気軽に無邪気に無意識に日常的に口癖で言ってると、3年経ってもやっぱり、「このブレスを身に着けたけれど私はやっぱりクレアは開けていませんが」って話になりますからね(笑)。

だから、ご本人次第なところがありますから、直接的にはクレアが開けるという確証、お約束はできないカップリングなのですが。
クレアが発達するのには、整うと好ましい本人の状態というのがありまして。

このカップリングは、そこを思い切りサポートしてくれるタイプの石たちのシナジーカップリングだったのです(3年経ってわかった^^)。カンタンに言うと次元の上がった波動状態を促しますので、嫌でも心の平安と静寂と歓喜に包まれることになります(笑)。いわゆる心がざわついていない状態ですね。

他にもそういう次元アップのカップリング石はわんさかあるけれど、このカップリングは「ネガティブ感情に覆われている状態」からの速やかな脱却という点と、現状を観るフィーリングが高次にコミットする状態になるのよ。
楽観と感謝を見いだせる状態、受容の状態、且つ、依存心ではなく自己信頼を持っている状態。

ほんとに自分は何にも開けてない人なのかな? というところを、ぜひとも探ってみてくださいね。
クレアは「観える」だけがクレアではなくて、クレアボヤンス(透視能力、霊視)、クレアオーディエンス(透聴能力、霊聴)、クレアセンティエンス(透感能力、霊感)、クレアコグニザンス(透知能力、超感覚、直観、霊知)などなど、いっろいろありますよ。
そして開けたクレアを何気にすでに自分は活かして生きていた…っていうことにあらためて気がつくような、そういうこともありますからね。

クレアというのは、この三次元で、自分は何がそこそこ普段から得意なこと好きなことなのか? という傾向にも顕れますよ。
たとえば、クレアボヤンスは、三次元でマンガ好きとか(笑)傾向として、「画像展開するストーリー」を見ることがもともと好きな人が発達する傾向があります。ガイドがばりばりに観えるとかガイドと人間相手のようにコミュニケーションしていたりガイドの絵とか書いてる人たちって、みなさん揃いも揃って漫画好き、アニメ好き、映画好き、とかそんな人ばっかです(笑)。
そういう目視情報と心視情報のリンクの捉え方に慣れている、もともとそれが好きでそういう人々にとっての自然な世界なのです。
絵を描くのが好きな方は、クレアボヤンス派でありクレアセンティエンス派だと思います。
過去生がわかる、観える、そういう人は元図書館司書だったり、読書家でもともとの歴史の知識が超ハンパないです(笑)。だから、何時代の何々、って、「観てすぐわかる」人だから、観えて詳しくわかるのです。
もともとその人が持っている「知識」はとても重要です。知識がないと、「それが何なのか」表現することができませんから。
なので、クレアボヤンスじたいは開けている人なんだけど、自分の観ているものの意味が自分でわからない、というような方もいらっしゃいますよ。私は、うちの石アクセを身に着けたらこういうものが観えるんですが、これは何でしょうか? って(笑)そういう方にご質問いただくこともありますが、それこそ、ご自身で解読すべき問題なのですよ(笑)。観たものが何なのか、調べるなり。たとえば動物であるなら、それがどういう性質を持つ動物なのか? ですとか。そこにメッセージがあります。
たぶん、小説を書いたりするのが好きな方などでしたら、チャネリング能力、クレアセンティエンス、クレアオーディエンス、クレアコグニザンスなど複合的に長けているのかもしれません。心で聞いたものを書いているのかもしれないのですよ。
私も小説書いたことが過去にありますが、あれは、自分が書いている感じがぜんぜんしませんでしたから(笑)。書いているとだんだんトランス状態になっていきますよね。自分の経験、知識がベースではあるのですが、こういうことを書こうと筋道立てて書く「論文」ではありませんから、いつのまにか主人公が勝手に喋って行動してるなぁ…という感じになっていくんですよね。

だから、そういう、「観える」とか「わかる」とか「高次メッセージを受け取っている」という人々と、同じように、同じようなやりかたでできることが、その人の得意なクレアとは限らないのですよ。
私なんかも「ガイドメッセージ」はすべて「フィーリング」で捉えていますよ。どちらかというと、ガイドさんの姿を観るというほうはついでというか、そっち主体な感じではないですね。だから未だにつぶさに鮮明には観えていません。それはもともと私は三次元世界でも、「人をこまかく観察する」とか(笑)しないタイプの人間だから^^なんじゃないかと思います。語る存在の雰囲気、のほうがよく感じられる気がします。なので、雰囲気、という曖昧なものをフィーリングで補っているタイプのクレアボヤンスです。だからどちらかというと、ガイドメッセージについてはクレアセンティエンスのほうが優勢です。
ただ、「観える」っていうほうが三次元では人々に信用度が高い(笑)ところがありますので^^、いくばくかでも観えるようになって良かったな、とは思います。
もともと私は、その目に見えないフィーリング言語化が好きという性分で、作詞も好きでしたから。名前の付いた主人公がが喋る動画的なストーリーを追うというよりも、名前のついていない、または物言わぬ一枚の絵や写真や風景、メロディなど、ストーリーや言葉のないところから無数のそういう観えない情報なのでしょうか、そういう感覚を拾い上げるような感じが好きでした。だからガイドの名前^^の必要性もあんまり感じなくて、名前の聞き取りもヘタなのです。キミの名は? ってことがぜんぜん気にならないし、名前を知らないままコミュニケーションしちゃうところがあります。それは三次元でもちょっとパターン似ています。知ってから何年も経ってから名前を知るとかザラです^^。(但しこういう感じが”正しい””良い”やりかたということではありませんので。ご注意を。私のパターンはこういう感じです、ということです)

こういう感じで、石のことも(笑)なんとなく気がついたらわかるようになったのだろうと思います。それはむしろ石が喋らない存在だから^^なのです。(ただ不思議とこれは石に限ってなのですが、石の場合は必ず「名前が知りたくなる」し、一度で名前を覚えますので、たぶん無意識に名前の重要性はわかっているのだろうと思います。人間(およびヒトのような擬人化された存在。神様とか天使とか)の名前に関して頓着がないのは、おそらく幼少期トラウマに因があることは知っています(笑)。自分の名前が好きじゃなかったでしたので^^。だから”名は体を顕す”というのがあんまり自分好みじゃないところがあるのです。このトラウマを開放すればまた、「名前」に対する考え方も変わっていく可能性があります)
石のアクセサリも、目に見えないフィーリングを頼みに創っていますから。できてきて、なるほど~。と感心し。で、あとから言語化するのが、この新作説明文ですから。

そんなふうに誰もが受け取っている高次のメッセージ。
こちらは、そこに気がつきやすい状態でいることをサポートしてくれる、やっぱり優れものでしたよ。
ちなみにクレアというのは、頭がトクベツお花畑である必要はないのですが、ハートが閉じている、いらいらくさくさしているよ~な状態だと、いまひとつ「それは無理」なので(笑)。この状態は、クレアに限らず、その人の能力を下げ可能性を閉じます。
なんであれ、いったんはとりあえず自分を赦し受け入れている状態であること、「パーフェクトではない自分(もしくは他者)を赦していること」が必要なのです。そこから、自分を塞いでいる分厚い壁の崩壊が初まり、未知なる能力が開きます。
このカップリングは、それを手伝ってくれますよ。
以前もお伝えしていましたが、「なんだかパジャマみたいな配色なのよね~」なカップリングですが、メタフィジカルな意味での優れものということで(笑)ご検討いただけましたら。

◆使用素材◆ 

シルバー925パーツ、ピアスポストを使用しています。ティファニーストーンの受け皿パーツのみメタル製ロジウムメッキパーツになります。

■クォリティと鉱物説明■

オーウィーブルーオパール、オーラライト-23については、今月「石の意味」でお伝えしている内容をご興味いただけるようでしたら、ご一読くださいね。
「石の意味~オーウィーブルーオパール~」「石の意味~オーラライト-23~」

ティファニーストーンも久しぶりですが、そういえばこの石も、オパールとフローライトの混合石です。
なるほど、クレア解禁は、要するに「心を軽くする」「思考をすっきりさせる」「ネガティブ感情の浄化」という(笑)まさにクレアお膳立てカップリングだったわけです。。。(すみません、まだここでも商品説明しています^^)

…というティファニーストーンなのですが、こちらルースの石品質じたいは良いのですが、若干わずかな欠けを発見!!
爪留め箇所ではないところにあります。くぅううう~~~。
ということで、こちらはサービス価格となっております。使用時には目立たないレベルですけれど、その点ご了承ください。

アマゼツは、H&E社のギャランティカードコピーをおつけします。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page