アーカイブ
2017年12月14日の記事のリスト

2017年最後の現在販売中商品です(その2)。

2017年12月14日 (木) 00 : 00
現在販売中のお品物のご紹介でございます。
一応、この「その2」でおしまいです。

「Feminine Value」ブレスレット







こちらは、説明文に失敗しました(笑)。今年最後の失敗^^だったな~と思いました。
こちらに最初に手を伸ばしてくださいましたお客様にも、そうお伝えしたメールがありまして。

お客様は「説明文を読んじゃうと、ん~~??? なんだけど(こういう感じにご自身が該当しているとは思えない、ということだと思う)気になるので買います」ということで(笑)ご購入くださいました^^ありがた~い「ご自身の直感選び」をしてくださいました方でいらっしゃいますが。

そのメール部分を転載させていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そ~ですよね^^たぶん。
この説明文が^^「私は女性性を受け入れられないオンナ確定」っぽい^^女性が絶対に受け付けたくないものに、それこそ、なってしまっているから。そこが失敗していますね。
今回それほど触手を伸ばしていただけなかったのはそんな要因もあるのかな。

で、もっと明るくてハッピーなお色目の^^ピンクピンクした幸福いっぱいなラブリーな風貌のブレスというわけではないから。
ふつ~女性性系はもっとほんわか綺麗目ですしね。
ダブルパンチですよね。

女性、って限定しているところがあるのですけれど。
言ってみれば、性別って変えられないもので。
そういう、「どうしたって変えられないことに感じている不条理みたいなもの」なんですよね。

どこかしら女性だからそう思ってしまう、という部分ですが、そもそも社会性を持つ人間だから^^というのもあります。
とは言うものの人間であることの不条理感じている人も、そんなにいないのかもしれませんし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で。実際に、受け取っていただいての反応は、こちら(↓)です(笑)。うっふっふ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「現物、とてもかわいいです! 触ったときにすっごいいい感じがしたのですよ。良いご縁をいただいたと思います。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


…ということで、こちらも、お写真で実物の良さがほとんど表現できていないクチですね。


ちなみにね、こちらで使っている「ユーディアライト」について、ヘブンの石解説を昨日読んでいて、「なるほどユーディアライト、そういうことだったのか~。だからこのカップリングはこうなのね~。なんだ、最初からこれ読んで、そのままパクっておけば良かったかな」という(笑)さすがなロバ氏の石解説がありましたんで、それを一部転載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユーディアライトは、生命力と愛の力の石であり、それらが結びついてハートの切望と個人の物質的な生活を一つにします。
私たちの生活は、自分自身と家族のための、食物の供給、衣服を着ること、住居、身体の健康の維持といった、生きていくためにしなければならないことによって支配されていると、多くの人が感じています。
時にこの事は、私たちが最も心から願う望みを叶えること、すなわち、人生を単なる生存競争以上のものにする感情的な満足をまさにもたらすものを、犠牲にして成り立つように思われます。
ユーディアライトのエネルギーは、生存競争と願望達成が両立する道への共鳴をもたらします。
第1チャクラと第4チャクラの双方を活性化して調和させ、しなければならないことと、したいと夢見ることを同時に叶えるシンクロニシティを呼び起こします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この感じって、わかります~~~???

そうですよ~、これがまさに私がお客様にもあとからメールでお伝えしていた、「どうしたって変えられないことに感じている不条理みたいなもの」「人間としての不条理」というやつで、それがわれわれを縛り付けて疲弊させているように感じられるもの、のいちジャンルかな~と思います。
生存のために必要なことを実現しなければならない…たしかに我々はこことは切っても切れない世界の中で生きていますから、ど~してもそっちに振り回される発想、そっちメインの発想になってしまって当たり前なところもありまして。

でも実は、そうじゃなくても大丈夫な世界があるらしい…(これがまあ、わりと「スピリチュアル方面」でよく謳われているテーマでもあったりします)だから石に興味もったりしている方もきっといらっしゃいますよね?
私だってそうでしたよ^^過去には。

つまりこのカップリングはそういう無意識部分にこびりついた囚われの払拭、そこにはたらきかけて、貴方様を貴方さま本来のハートの声と一致した感覚を取り戻させてくれる準備段階のサポートの優れもの、ってことですな。
カップリングのモリオンという石はそういうネガティブなものいっさいを祓ってしまうところのある石ですから。
(モリオンの凄さは、10月にもお出ししていたカップリングで、実は個人的にあらためて経験しているんですよね。本当に「お祓い石」ですよ、モリオンって)
ケセラストーンはね、ほんっとう~に楽にしてくれる、「プレッシャーをなくす」手伝いをしてくれる石。
この見た目からはちょっと想像できない、ザ・パワーストーン、という石ですね。
プレッシャー感じちゃうと人ってまず潜在的な実力が発揮できなくなることは、よくご存知でいらっしゃいますよね? そういった心身の重圧感を取り除いてくれる石なの。だから「ケセラセラ」とか無理にポーズで(笑)楽天家気取りになる必要ないんですよ。

「生存競争と願望達成が両立する道への共鳴」…この実現こそが、結局のところ、スピでいうところの耳障りのいい「あなたの使命」とか「役割」みたいなものですよ。そして、その高次ロードは、ほんとうに「楽」なんだから!!
(但し一般的な「労せず、ホクホク」とは違っていることもあるから(笑)その手のぬるく楽して生きたい願望とは相反することもありますのでご注意を。たとえば私の例で言うなら、本人これをとくに努力とはぜんぜん思っていないけれど、たぶんはたから見れば、昔よりももしかしたらそれなりに「努力している像」には見えているかもしれないです(笑)。でも、それが以前と違うのは、「ぜんぜん苦じゃない」というところが摩訶不思議。なので、生きることにおいて自分はとんでもなく苦労している信じられないくらい苦労していると思うのになんでこんな生活なんだろう…みたいな人にとっては、こっちへ感覚がシフトすると、同じ大変でも雲泥の差、パラダイスですよ。)

この、「不条理」のように感じている世界、これが、ひとつの囚われの姿ではあるのですけれど。
これはね、人によっては、なかなかに手強い、「わかっちゃいるけどやめられない」の「苦労中毒」「独善中毒」「偽悪中毒」みたいになって、色んな囚われが複合的に絡み合っている方もいらっしゃいますので。
潜在意識に刷り込まれたそういったものは、手放そうにも一筋縄ではいかないところがあります。
このへんのメカニズムについては、さらっと伝えて「わかりました、明日から変えます」と言える人、そうではない人、色々だと思います。

なので、このブレス一本身につけたからといって、あなたの持つ囚われすべてにオールマイティに作用しますよ、という話でもないかもしれませんが。
それでも、囚われというのは、ひとつ本当に外れただけでも、本人をほんとうに楽にしますので。
ひとつ、ひとつ、焦らずに、着実に手放していきましょう。

ということで、本日のご紹介記事はここまでです。
明日はこの「囚われ」のひとつの事例について、お話します。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  パワーストーンアクセサリ
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page