アーカイブ
2017年10月07日の記事のリスト

サウラライトアゼツライトの話

2017年10月07日 (土) 21 : 52


サウラライトアゼツライトの話の前に、先月受けてきたまるの日さんのセミナーでのお話をしないと繋がらないので。

先月は、時期がもう月末に向けて押していましたので、記事にはしていなかったのですが、まるの日圭さんの「東京 9月23日 土地エネルギー、神社エネルギー活用ワークショップ」というものに参加してきました。

まさかの^^巷のプチ神社ブームにあるみたいな「何々運を上げるには、どこどこの神社にお参りに行くといいよ」タイプの(笑)そういう話ではないのだろうか…と思われそうなワークショップ名なんですが、さすが期待を裏切らないまるの日さん(笑)「な、わけないだろう~が」な内容のワークショップでした。

巷で「神様」と呼ばれる個々の性格を持った神様の振動数のエネルギー総合地帯というのかしら。
それらをすべて内包した高次の神気領域への船出、ナビでございました(笑)。
(まるの日さん的に言うと、要するに、神気の満ちている神社などに満ちている神気(人気ではない)の領域に、神社へ足を運ばずともこちらから繋がっちゃいましょう、という、彼特有の「安近短」手法(笑)を屈指した、そこへ繋がる手法です)

で、私は、そこで気づいたというか、思い出したことがありまして。

この領域は…

その昔。サウラライトを初めて手にして身につけてヘミシンク聞いてたら、うとうと半覚醒状態になっちゃって、それで、4名の天使に身体を持ち上げられて、すんごい上空(こりゃ完璧にものすごい光エネルギー地帯的な)というのか、とんでもないところに自分は連れてこられている…しかも「眩しくて目があけられない、見ることができない」という、あの経験。

そこではないか(笑)と、気づいたのです。
つまり、私がその領域に身を置いていることを感覚的に実感できた経験をしたのは、その時依頼…ということだったのでした。

「ここはあたしはもう知ってる。ただ、滅多に行ったことないというか、繋がっていて行ってはいるのかもしれないけれど、その自覚がない。しばらくずっと行ってなかったな」ということを、思い出しまして。

そこへ、その昔、半覚醒状態で、じかに連れて行かれた…その石が、サウラライトアゼツライトだったのです。

そこは、固有の何々神、という、人間側の解釈を通り越した「そのもの」領域なため、個別の、こちらが認識できる固有の神様が出てくる、何か特別なメッセージを送ってくる、というわけではありません。
「こんな感じ」という^^こちらが認識できる表現で言えば光のマトリックス地帯であり、言葉で表現しちゃうと、結局、陳腐化してしまうような「だから何?」系(笑)なんですが。

確かに、あの時も、「すごい経験をしてしまった」ということだけが(笑)私の中で実感値として残っただけで、だからといってそれが、後日、現実的に何かに役に立ったのかしら? と言えば、それをご説明することも不可能な話でもありましたが。

ただこれは、まるの日先生の言葉をお借りしてお伝えしてしまうと、なんですが。
「神気に繋がる人、人気に繋がる人」どっちがいいかしら? の^^好みのようなものでもありますが、より、自分の本質路線を生きるには、「人気を得ようと画策するよりも、神気に繋がっていくほうが、結局、より人生がスムーズに展開する」という、一見、自分の目先の欲望を叶えたいような、願い叶え的路線からは外れていくような「神気」路線ですが、結果、もたらされる人生は、その人にとって、もっとも満足できる「最適」という路線…。
(実際、「高次ガイド」さんたちが、本人を誘導していく路線も、常にこっち方向ですので。なので、目先の展開では、「なんかそれ苦労しそう」とか(笑)「あんまり上手な生き方じゃないのでは」に見える場合もあったりするのです)

実は、わたしが常々ご案内している、メタフィジカルストーンたちのナビも(笑)総じて、この路線ではあります。
わたしは、その解釈で、石たちのコラボの声をみなさんにお伝えしている、石アクセサリのご提供者のひとりです。

昔、アゼツライトが市場に初めて出回り始めた頃、「思いのままの人生を実現する石」という、一見^^トンデモ解釈の石として出回っているのも目にしましたけれど、それはアゼツライトが、その人の「ハートの奥の本心」に繋がるナビをする石なので、あながち間違いでもないところもありまして。
アゼツは、その「思い」そのものが、本人が実現しようと思うことそのものが高次の意図寄りに変化していくことを助けるナビ石とも言えますので。

ということで(笑)これはやはりぜひに、サウラライトアゼツライトのお品を用意しなくてはいけないと(笑)思い立ちまして。
この石はビーズがないから、石ブレスっていうのは無理だし、ワイヤーラップへたくそだからワイヤーラップはとりあえずやめとこうとやめたばかりなんですが^^、ワイヤーラップ再開時にサウラライトを使うぞと、入手することにしたのです。

ヘブンのロバさんの言ってる石解説っていうのは、大風呂敷なところもあるし、誰も彼もが書いてあるとおりのことを実感できるかどうかという点については、他のすべての存在する石同様に個人差はあるのだけれど、概ね事実です。
サウラライトは、アゼツライトの波動スペクトラムを発展させた石で「神と統合された素晴らしい器として身体が覚醒することを助けます」とあるのですが、私が昔経験したその光の世界体験で、その時に身体が覚醒したのかどうかについては(笑)自分では無自覚でしたし、「身体をもって到達する悟りの石、ディバイン・アース(神なる地球)とひとつになる祝福の石」と言われても^^実際、サウラライトを持ってみただけで(笑)そんなことになるのかどうかは、定かではありません。

ただ、経験として、知っちゃっていたあの光領域に、これだけ時間を経て、「ここはこういう領域よ」のエネルギーに触れた時に、「あ!!」みたいな(笑)もうなんともな^^久しぶり過ぎての懐かしさ嬉しさを得まして。

ちなみに^^これはその領域に繋がるのに、サウラライトアゼツライトが必須、という話でもありません。
まるの日さんブログをチェックされていれば、いずれまた、そういうワークショップをされるかもしれませんよ(笑)。
そういうのを受けてみるとか。それでも、いいかもしれません。
「スピリチュアルブログランキング」で^^まるの日さんブログへはカンタンに見に行くことができますので、バナーを押していただけましたら、と思います~。
(石を買うのに高額なお金がかかるのが困る方でしたら^^、たとえば目的として上記のような話を石を持つ目的にされるなら、まるの日さんのワークショップは、その内容の濃さに比していないリーズナブルさがありつつ、その目的へ到達する時短になりますし。
石を欲しい目的があくまでもそういった体験目的であるなら、という話ですけどね(笑)。そうじゃなくて、なんか石が欲しい、というお気持ちが先立ってる^^のであれば、石を買いましょう^^。)

あと、神気に繋がっているからといって、目に見えて楽々サクセス^^みたいな(笑)劇的魔法がもたらされるだとかの、そもそもそういう他力本願をしなくてもいい、自分のやるべきこと、納得できる現実展開、そういうものが、感覚としてもたらされる感じ、これは、石を買うにしても、誰かのワークショップを受けるにしても。
ご自身で、体験して、チャレンジし続けて、実感していくものですから。
そこを、忘れないでくださいね。


追記:

そうそう、本題とは無関係ですが、その、9月23日のまるの日さんセミナーで話に出てきた「土地エネルギー」のことで。
よく古戦場跡地とか、エネルギーきょわい~みたいな話とか、ありますよね?
でもこれ、単純に「亡くなった人の数」という話だけで行くと、たぶん、日本の歴史的に言うと、東京大空襲で亡くなった人口がトップクラスな話で、東京なんて人の住める場所じゃないレベルに、きょわい~~~なお土地柄だと思うんです。
でも、実際に。
東京って、そこまで怖いですか? となると…
とくに下町のほうが空襲の大被害を受けていて、そのあとの関東大震災なんかでも、おびただしい人の数亡くなっていて。
ほんとに怖い、いや~な土地エネルギーのはずなんですけれど。
そこまでは怖くない…です…よ?
私は長年それが実に不思議ではありましたので、まるの日さんにお伺いしてみたところ。
その理由として、東京のこの、常にスクラップビルド、ではありませんが、再開発、再開発、で、土地エネルギーを変えていく、循環させていってる実情があることをおっしゃられていました。
「古戦場跡地に行って、エネルギーが良くない、もらってきちゃった、とか言ってる人が、そう言いながら、住んでる場所は東京。それで平気だったりするのは、そういう理由です(笑)。」とおっしゃっておられました(笑)。
そういう意味では、田舎のほうが、何十年も、街の風景ひとつ変わらない、そういう点があるので、そのような古戦場がどうとかいう土地エネルギーもそのままそこにとどまり続けている…ということがあるのだそうです。
なるほど~。と納得しましたね。
私は昔、大手不動産会社に勤務している頃、こういうデベロッパーが土地を入手しては再開発していく、そういう姿が、あんまり好みではないところもあったりして。ばんばんマンション建ててはどんどん売る、なんですかね~、で、それを売る^^仕事が、なんだかな~と思っていたところもありましたが。
そういう資本主義経済の仕組みの中で動かされていることへの抵抗感でしたかね。
ただ、そういう側面ももちろんあるわけなんですけれど、高次目線では、それが許されているところがあるから、そういう現実もあるのだ、ということを、感覚的に、この話を聞いて感じました。
(同時に^^私が持っていた、そのマンション営業マン当時のもやっとした悪感情的なブロックも解放されたような気がしました)

それから、「自分がすがすがしいと感じられる場所」について、ひとりひとりが発表する場があったのですけれど、そのセミナー参加者さんが、おっしゃられていたことで、私がびっくりしたことがもうひとつあって。
(これが、たとえば神社でなくても、神気に満ちた場所、という点での、ひとつのバロメーターという側面もあるようです)
「高級分譲マンションの私有地ではあるのですが、公道として、緑地をつくっている場所があり、そこがとても、空気感が好きで、仕事の合間のほっとひといきの場所として、そこを通るようにしている」ということをおっしゃられていたのですが、「まさかそこって。もしや、○○?」と思わず^^聞いてしまったんですけれど。
私が、昔、分譲マンションの営業マン時代に^^販売していたことのある物件でございました(笑)。
たしかに、あの○○○○ヒルズのシリーズは、まぁ、高級物件を謳うため、それなりのつくりではあるのですが(ワンルームが億単位という^^やめて欲しい価格帯なんですけれど)。
そういう例もありまして。
まぁ実際に、高級住宅地というのは、そういう空気があることも知ってはいますけれど。やっぱ「それなりのものがついてくる」から、お金持ちに好まれる^^という側面もあるわけなのですね。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page