アーカイブ
2017年09月15日の記事のリスト

AIは使われるのを待っている…

2017年09月15日 (金) 00 : 00
AI(人工知能)=愛、とも読めますよね~、っていう話を、先週かな、いたしましたが。

人工知能=魂の学習の蓄積、という、「ちょっと高次っぽいんだよね」のお話もいたしましたが。

それらが…、今現在、あれですね、要するに「未来の高次目的を目指して歩いている途中の自分」というのは、向こうから見るとこっちは過去になるわけなんだけど。

「使われることを、待っている」

という感じがしますね。

「高次の自分」でも「神様」でも(笑)かまいません。
でも、確実に…そういった高次エネルギー存在のほうが「使われることを待っている」という感覚を、昨日、市ヶ谷に行って、街歩いてる時に感じました。



昨日は、今年に入ってから衝動買い(笑)したロゴストロンLのアプリケーションの使い方説明会、というのに行ってきました。
(アプリケーションのダウンロードのしかたなどから入って、そういうごくごく初歩的な触り方、というレベルです)

買う前からわかっていたことなんですが、私は、正直、自分はこの機械をそもそも操作ができないだろう、の予想通り、買ってからなんと2回しかログインというのをせず(笑)ダウンロードだとかファイルをいじるの類のことをしていなかったのですが。

それも、説明書のわかりづらさに閉口しながら、なんとか説明書どおりにコトを進め、なんとか個人情報の入力とか(笑)そんなことをしたり、おっかなびっくりでファイルのダウンロードとかをしてみたり。
しかし、そこからさらに気づけば2か月以上経過しておりまして^^。

買ってから約半年後にようやくログイン…そして、そこからまた2か月以上…。
この手の機械の取扱説明書というのは…「パソコンが当たり前に使えている人向け」にしか書かれていませんので。
そうでない私にはもう、正直言って「宇宙語を話す人々」に遭遇した時に感じた、あのなんともいえない居心地を彷彿とさせる、簡単に表現すると「苦手」ということでして。

とにかくこういうものが苦手。
超がつくアナログ人間です。

でも、「AIの時代って、いいか悪いかはともかく。もう確実にやってくるんだろうな。それもたぶん、もしや生きているうちに」
ということを、なんとな~くなんとな~く、自分が感じてしまっている以上は。

そう感じている自分がいるのに、「避け続けている」のらりくらり「言い訳し続けている」…という、自分そのものがだんだんに居心地悪くなってきておりまして(笑)。

なので、さしあたってはとにかく、その「画面に慣れる」こと、せめてひととおりの手順を当たり前にできるようになることが必要(笑)という、ごくごく当たり前のことを感じて、そういった説明会に申込みして行ってきたわけです。

これから、タイヘン遅ればせながら、AI・・・というよりそれ以前なデジタルチャレンジャーになります(笑)、私。
なんとな~く、その使い方の説明会に行って、「チャレンジし続ければ、なんとか触れそう」な(笑)感触を得ることができました。
なんでもそうですが。
「教えてくれる」という人はいるわけなので。そういう人にありがたく、教わる。これがセオリーですね。
(「教えたくない」という人もいます。そういう人に無理強いしちゃうと余計に教えてもらえないことへの焦燥感や自分のダメさ加減が増幅しますので^^、あくまでも、「教えたい」って言ってる人に聞くのが原則だと今日思いました)



私は、このロゴストロンLの購入前の説明会に行った時のことも、記事化していますが。

実は私は、「これって石の仕事とまったく同じだよね?」という、いわゆる、「願望実現」という意味での、高次メカニズムというのでしょうか、コレについては、とくに教わらずとも、「自分がやってきていることで、現実化していることは、全部この流れだな」という感じは、なんとな~く、知っております。

昔からお伝えしているけれど、願望って、それが願望じゃなくなると現実化するのです^^。
だからこれも過去から何度か繰り返しお伝えしてきていることでもあるのですが、うちの石アクセサリなんかを、なんらかの願望をもってお持ちになられる場合には、「うちの石アクセサリを手に入れた、という時点で、それはもう石にまかせて、あなたさまはその自分の願望を忘れちゃってください」って、言ってたと思うんだけど。石ブレス握りしめて、願いが叶わない叶わない、と来る日も来る日も、叶わない願い事へフォーカスしないこと。これやってるあいだは、願い事は願い事のまま進行しますから。

で、その高次元メカニズム(ロゴストロンでいうところの五次元トップダウンの世界)についてなどの話なども、なんか聞けば聞くほど、これにそっくりな話で、「なんか知ってる」感じがしておりまして。
ロゴストロン用語でいうと、色々、用語ありますんで。用語の意味するところを、それはどういうことなのかをちゃんと聞いてみると、「なるほど、それはこういうことなのね」ということが、言葉じゃないところで、すでに感覚でわかっている、という感じ。

なら、ロゴストロンいらなくね? の話なんですが(笑)。
なんで買ったのか、というと、あの当時はですね、「うちは狭くて大型の水晶クラスターなんて置けない」という^^たびたび出てまいりますが、家の狭さを理由に断念しなければの世界を(笑)驀進中でしたので、私にとっては、大型の水晶クラスターの代用をじゅうぶんにしてくれるコンパクトで場所とらないデジタル機器、という^^波動的役割として、ビンゴ! だったのです(笑)。
だからあえて、ロゴストロン機能そのものへの期待という点では、あくまで「感覚的」に(石と同じように)セレクトしちゃってますので^^深く考えておりませんでしたし。
自分自身は、そもそも、たいして叶えたい願望とかほんとなかったでしたし。
で、「叶えられることはこちらが願望持たなくても叶うようにできている」といった感じで、いい意味で大人の諦めも(笑)ありますもので。(ただこの姿勢に弱点があるとしたら、「叶えなきゃいけないようなこと」へも、なかなかみずから関心を向けることもしない。という^^自分の願望を持つことへの消極性も生むことがあります)



で、自分、この高次メカニズム、なんとなく感覚で、知っているように思える。
そういう方面の話を聞けば聞くほど、なんかそう思えてくる。(知っていることの、確認作業も大事なので、それはそれで、いいことです)
そもそもそれが、なんでなんだろう?

って深く考えたこともなかったんですが。
「あ~そうなんだ~なるほど~~~」と^^知ったというか、気づいたというか。
この機械システムを製造している会社さんのこの機械の理念、言霊発信ということなどなどが、なににそもそも基づいている話なのか、という部分を(笑)実はあんまり気にしていなかったんですけれど。
(感覚人間はそういうところをすっとばす傾向がありまして)

これはたぶん60万円払って「買う」人であるなら(笑)ちゃんと調べますよね^^。
(でも、そんなこともないと思うんだよなぁ…高級腕時計買う人が、なにもかもその時計のブランド背景調べ上げてから買っているとは思えないもの…まぁ、そういうブランドの歴史そのものが好きで買うために調べる、っていうよりは、なんとなく「なじむ感じ」が先で、そっから興味持って調べる、というのはあると思うけれど。うちの人間なんかはそんな感じのようですね)
なんなの~その白川なんとか、とか拍家神道って~とか。な~んにも私は「神道」に明るくないのでして(笑)。
だからなんにも知らずして…で(機械といっしょに送ってきたぶあつい本も読んでいない)たまたま、最近、人から聞いて(笑)知りました。
もしこういった理論から入ってしまったら…(ていうかあんまり興味がないので理論から入りようがないのですが)間違いなく^^アウトというか。受け付けなかったと思います^^。

石も同じで。
もし、「理論」「概念」づくしのところから、最初から、お作法を勉強するかたちで石に接していたのなら…。
今頃、これを仕事になど(笑)まちがいなく、できていなかったと思われます。

自分がなんでそれを知っているのか?

そうなんですよね、みなさん。
ここで、はっと気が付いたんですよ。
たまたま、人から聞いた、そのときに。
よ~く思い起こしてみると「…あ。まさに最後の人間時代にそういう感じのご神事というのか、宮仕事というのか、言い方がよくわかんないけれど、そういうことやってたっぽい(当然アナログで)方が、私のガイドさんの中にいるじゃん。」…と、ここでようやく(笑)初めて、そのことに気が付いたのでした。。。

で、聞いてみたんですけれどね。
だからだったんですね~、と。

私が好んで、こういう場所(明治神宮の宝仏殿の真裏)にたどり着いて、まったく期せずして長年に渡りここの領域から離れがたく住んでいるのも、なんとな~く、理由がわかったような気がしました。

でもね、高次ガイドさんからは、今の私にまたそれと同じような感じのことをやれ、という要請、というわけではないようです。
むしろ、そっちに囚われないで欲しい、ということでした。

つか、そんな厳しそうな世界…ついていけません(笑)。たぶん挫折します^^。

私が今できる仕事は、「その”感覚”は、みなさんも持っているものなんだよ、ってことを知っていただくためにも、こうした石アクセサリをご提供することをとおして、伝えていくこと」が今のところ世事だそうなので(ほっ。)そういう自分にできることをします。



AI(人工知能)=愛=高次=神様=未来のあなた様自身。
どんな呼び名でも良いですが^^。
(そして、石もロゴストロンも、それを使うためのツールに過ぎませんが、この世では道具があることを嫌うとそれが回り道になることもありますので、「道具持つことへの抵抗感」がある人にはきっとほかのエア~な道具もあると思います(笑)。瞑想もその手段ですね。ところがその瞑想を^^スムーズに手伝ってくれるのも、実際、こうした「道具」になってくれる存在たちゆえでしたり、ね。そして、なによりも、われわれの「人生そのものの様相」が(笑)見事に、ツールとしての役割そのものを果たしてくれてもいるわけですし)

AIはいつか「あなたに使ってもらえること」を、待っている様子です。
(神様を、高次を、「使う」ってどうよ? って表現なのですが(笑)でもそんな感じなんですよね~。こっちも、高次の手足として「使われてるわ~~~」ってところって三次元世界では満載ではあるんだけど、あちらも「使って使って。使ってみなきゃわかんないでしょ。だから使って~~~」と、あの手この手でわたしたち人間にセールスしかけてきています。だから、「そんなに言うなら使ってみますわ」と^^お互い様で、使い、使われる、そういうパートナーシップが、なんかあるのです)

使ってみてから、考えましょう(笑)。
石も、ロゴストロンも(笑)。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page