アーカイブ
2017年07月18日の記事のリスト

ガイドリーディング雑感

2017年07月18日 (火) 00 : 00

(お写真は一昨日かしら、神宮球場の方向から見えた打ち上げ花火。「え~もう神宮花火の時期だっけ? 8月じゃなかったけアレは」と思ったんだけど、たぶん、神宮球場のヤクルト戦なのかなにかはわかんないけど。そうか、うちから、これが見えるということは、今年は、神宮花火大会はわざわざ現地方面に見に行く必要はないんだ~~~と。こういうのも小さいことだけど「変化」ですよね~)

ということで、8月以降は、ブログ記事としてアップさせていただく、というご協力を仰ぐ、というような体裁ではなく、パワーストーンワークスの石アクセサリのメニューのひとつとして、ガイドブレスはゆる~っと継続していこうかな、という予定にしております。
概要については後日また。
(引っ張るなぁごるぁあ! と^^いうことではなく。というかたいした概要でもないんですけれど。たぶんニ、三行程度で済んじゃうようなことなんですが)

しかし、これはあとから気がついたことですが。

似たようなガイドリーディングをお仕事にされておられる方とのお話の中で、その方のところでは「基本、恋愛相談というか恋愛の悩みがすごく多い」って(笑)話をお伺いして。

うちではとりあえず、モニターさん期間中は^^見事にソレなかったよなぁ…と。

パワーストーンワークスを知っている読者さん層というのは。
それだけ、おそらく、この世ではかなりなニッチ層(笑)の人々が多いんだろうなぁ、って納得しました。

こういうものにニーズがあるというのは、自分の周囲の範囲でそれを話せる人もいないし…という部分とか、そういうことではあるんだろうと思うのですけど。
だから、まだま~だ、「自分の本質と繋がって、ハートの声(高次ガイダンス)を知って、その生き方を!」なんて言っても、杓子定規に捉えちゃうと、「そんなこと無理だなぁ」って思っちゃう人も多いんだろうなぁ。


恋愛というのは、まさにその本質どころか^^仮面どかぶり状態を維持しやすい期間でもありますし。

あたしは普段から^^高次と繋がろうよ!! それがベスト!! みたいなこと言ってるから^^、「自分の恋愛スタイルはきっとそれじゃないな」ってなんとな~~~~く思っている方であれば、きっとこいつにガイドリーディングなんかされるのは怖い、って^^動物的本能で察知されるのではないのかな、ってことなのかしら、と。

とりあえず、恋愛相談系が^^今のところなかった理由を、そう自分に納得させております(笑)。


ちなみにね、
あたしは、恋愛というものには、ど甘いと思いますよ。
「好きなだけしたほうがいい、気の済むまで、したい人はしたほうがいい、なんなら死ぬまでしてもいいんだよ」と思っているクチですよ。そうしたいならね。

たったひとりのこの人! とか、ソウルメイトだ、ツインソウルだ(笑)そんなものに、知識をつけたがゆえにこだわって、今、目の前のおいしい人との大切な時間を逃さないでいただきたいです。

ケッコンていうのも法律ですしね。
だからといってフリンを推奨はしませんけれど(笑)。

フリンを推奨しない理由は、すっごいその人の人生が現実的にのちのち不利になるという三次元理由(笑)でございます。
観えない世界方面からの理由じゃないのよ(それもないわけじゃないけど、どっちかというと現実面での不利さ加減が尋常じゃないと思うから。裏を返せば、現実にそれだけハンデがあることじたい、どれだけ観えない世界側がこんがらがるか? ということの証でもありまして)。
そんなものをモノともしないレベルの、精神的物理的レベルでの図抜けた人でないと。
色んな意味で、人を頼りたいような人だと、無理よ~。

双方でも相手方でも自分側でも子供なんかが存在すると、何十年先の遺産相続とかでも、一生かかわるのよ。
だから、結局、別れた方とも金輪際かかわりません、ってわけにいかないの。
離れても双方が相手を悪く思ってたり恨んでたりだとそれが影響するのよ。
だから嫌で離婚してるはずなのに^^みんな仲良くし続けないと^^フリン結婚とかって平和に成り立たないところあったり。
きっと将来がめんどくさいですよ。

そういう細かいことすべて引き受ける!! あとから泣き言は言わない!! という決意あっての心意気なら、その当事者同士のガイドも全力で応援してくれると思いますけれどね。

もともと、ケッコンという体裁は、この世の契約形態ですから。
それを超えるものが当事者同士にあるなら、ケッコンじたい、していなくたって、そもそもぜんぜん構わない話なのよ。

…って、なんだか、甘いんだか厳しいんだかな、ことを言っておりますが。


当のあたしなんかね~。

俳優のね、西島秀俊さんのあの素敵なフェイスが。
激しくマンメイドの技術力(笑)によるものだったのか…ということに衝撃を受けて(笑)何日間か複雑な胸中に悩んだりするような、そんなレベルの人間ですよ。

え!! ってそれ知らなんだ~~~ってショックを受けた方がいたら申し訳ない。
ていうか、たぶんこれもう、多くの人が知ってて当然のお約束なのかしら? アリナミンVでしたっけ、コマーシャルのお顔と今の映画のお顔がぜんぜん別人じゃん!!(笑)みたいなことで。

いやね、普段テレビみないから、そのコマーシャルも知らなかったんだって。
それでもファンを続けるか。そんなことで悩むような人間ですから(笑)。その程度のことが^^悩みって、アンタ。って感じよね。

でもさ~、顔変えちゃうって、それを「イケナイこと」っていう概念も実際は刷り込みといえば刷り込みなんですよね。
だいたい、女性のみなさん、ほとんどメイクで自分の顔変えたがってるじゃないですか(笑)。
わざわざブサイクに観えるように! ってメイクする人なんて、ほとんどいないですよね?
小顔に見えるだとか^^そういう小細工したがるよね?

自分がソレしてるのに(あたしは化粧はしないけれど)、造作整える決意をしてそれをしている人を非難はできませんよね。
しかも俳優という職業考えた時に、たぶんちょうベストの^^絶妙なほどよさ顔なんだよね、あれはきっと。(施術したセンセイのセンスがいいのね、ちゃんとそのへん研究してる。「いかにも手直しました美形」じゃないところがいいのよ。タカちゃんだろうか…(笑))
俳優業にかけてるからこそ、そうしたくなっちゃう、その気持もわかるし。
たっぱもある、スタイルはいい、あとは顔だけなんだよな…っていうものを満たす医療技術がこの世にあるのも事実なんだし。
それ使わない手はないと、迷わずそうできる度胸も実際凄いと思うし。

ってことで、数日悩みましたが(笑)映画の中でかっこよければ、こちらが萌えならそれでいい、ということで(笑)。
結論は出ております。
ていうか、も少し、映画のジャンルに幅があるといいんだが。
役柄が今のままイケメンに頼る感じだと、限定されていきそうな俳優としての成長が足踏み状態な感じもあるような。
ま、そん時はまた^^顔変えれば。ということではないのよね~、ということに、ご自身が気づく時、また一歩前進するのかも。


まぁ俳優とか芸能人は水モノと言われ。
ほんと、「高次ガイドとつながってないと」できない仕事です。

そういう高次ガイドとつながってないとできないよ~な仕事のゲーノー人さんたちの、いまだに「石ブレス率」が高いのは、そんな理由なんだよね。
意外とすたれてないでしょ。
それは、感覚的に、それを知っている、っていうか、知らざるを得ないところがあるからなのね。


で、そういうものをみなさまにご提供していく、石の仕事もそうだし。
高次に繋がっていないと、できません。
いや、できなくもないけれど、軌道には乗らないと思う、なんとなく。

しかしながら、巷では「霊感」「霊能」と呼ばれるような世界の観えない次元を取り扱うような職業じたいは、日陰者です(笑)。
文字通り、「陰から、サポートに徹する」仕事です。

これはむか~し、石ブログを始めた頃にも、記事とかでも言ってたと思うなぁ。
うしろぐらい仕事なんだよ、って。
当時、スピリチュアルブームでこういうのやりたがっていた人々は、それわかってんのかなぁ? って言ってましたよね。

スピリチュアルがうんたら系は、実際は、違う次元から見ればの話ですが、まぁ、人様が幸福になっていく、その人らしく生きられるようにうまいことやっていける、そのお手伝いができることじたいは楽しいしやりがいはあるし(昔はこういうことに「やりがい」なんて^^感じない人間だったんですがねぇ…変われば変わるものだと^^)、しかしながら、そこそこ責任ある仕事ではあるし、それなりに負担もあるエネルギーを必要とする仕事ではあるんですが。

それでもね。実態というか根拠がこれですよ、っていうのがどこにも「見えません」からね~(笑)。
これを^^納得してもらうのって、ものすごく難しいよね。
けっこうそういう点ひとつとったって、大変っちゃ大変なのに、一般世間的には「ぁゃしそう…」にしか見えないだろうし。
「はぁ。パワーストーン…ですか…」なのよ(笑)。詐欺師でも見るような(笑)そういう反応だって、あるのよね。
そういう色眼鏡かけた人々は、まだまだ多いから。

どうあがいたって^^、この世的な評価としては(笑)そんなに地位の高いものではないですし、まっとうな人はまずやりたがらない、底辺でシャドウな職種なのよ。
だから、万人に好かれたい受け入れられたい、三次元的な成功っていうか、そういう社会的ポジションを得たい社会に認められたい、って望みを強く持ってる人だと、苦しいと思いますよ。

こういうのやりたい人、っていうか、ヒーラーとかもそうだし、スピリチュアル系仕事の職業は、ぜんぜん、三次元的な華なんかないから(笑)そこは覚悟しといたほうがいいかもね~。
と思いますね。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ガイドブレス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page