アーカイブ
2017年04月21日の記事のリスト

2017年4月ガイドリーディング其の五

2017年04月21日 (金) 19 : 32
4月20日に引き続き、ガイドブレスのためのガイドリーディングの4月お一人目、東京都にお住まいのN.S様です。

私からのご返信の転載です。

(転載ここから)


N.S様

ご返信ありがとうございます!


> 私はルパン三世が大好きで、峰不二子になることが夢だと思っていた時代がありました(笑)。
> 憧れの女性像です。峰不二子がついていてくれるなんてなんて心強いんだ!とも思いましたが、
> 峰不二子のように図々しくしぶとく生きたら?というメッセージなのかなとも思いました。


あ、そうでしたか(笑)
あれ~…と^^焦ったんですが。良かったぁ。

そうなんです、ナイスバディの(笑)あの感じで^^。
ガイドさんの姿そのものが、メッセージと言えるので、確かにあの「自分の欲しいものに忠実に迷いなく行動する姿」、いい意味でのしたたかさ、というのかしら。そういう風に生きてみたら、っていうことではないかしら。


> 子どもとの生活を楽しんでいている自分を肯定してもいいんだなと理解しました。

当たり前かと^^思われますが。
ほかに誰がそれを楽しむのでしょうか?^^


> 「固定観念を捨てるために、今を選んでいる」というところは、具体的にどのような意味なのでしょうか?
> 私が持っていた固定観念を捨てるために、という意味でしょうか?(質問してもよろしいのでしょうか??)

具体的にどういう意味なのでしょうね?
それはご自分で考えて、というのが、ガイドさんなのですが(笑)。

私はご本人じゃないのでよくわかりませんが。
私が思うに、たぶん、仕事してないと不安になるくらいの方ですので、相当、世の中の常識とか、年齢別の平均収入ですとか、世帯の平均収入ですとか、そういった世の中に出回る数字のマジック、とくにお金に関わることに^^惑わされやすいとか?
そういうのが固定観念化されてから、かなり長い方なのではないでしょうかね。

まぁ、「なんだかよくわからないけど生きていけてる」みたいな^^実感のある経験なんて、そんなにそんなにしたことない方のほうが、日本の社会では圧倒的に多いのだろうと思いますので、N.S様だけが特別に怖がり、ってわけじゃないとは思います。

それだけ、「ふつーの家族世帯」の人々が、今ちゃんと生活できているというのに、外側からくるニュースなどの情報による、将来不安的なものに振り回されている、ということでもあるのだな、ということがわかりました。

でもね、独身だったら尚更不安かもしれませんが、ケッコンなさっているようだし、たぶん旦那様はちゃんと働いてくださっている方であろうに、なんで? とは^^個人的には思いますよ、私も。
(だから最初は、未婚で、年齢制限もあるから焦って、夫はいらないけど子供だけは欲しくて、女手一人で育てていくつもりで子供を授かってみたけれど、現実的にやっぱり怖くて将来不安になられている方なんだろうか?…って思っていました)


> なかなか時間をかけてもうまくいかないことが不安だったのですが、「イキナリは無理」=時間をかけるものである、というメッセージと認識しむしろ安心しました。
> 無意識に人と比べてしまっていて余計な不安を抱えていたのだなと思いました。
> これも不安のせいだと思うのですが、失敗が怖くてなかなか動きが速くならないなという面もあります。条件優先の考え方も確かに影響してると思います。
> 失敗を恐れない図太さを無理やりにでも身に着けて、どんどんいろいろやっていきたいです。

人と比べても、その人その人で、個性もそうですし、今までに培ってきた能力も背景も違いますので。
まず同じようにはできませんよね。

失敗は怖いかもしれませんが、ご自身が「どうしてもやりたいこと」であるなら、やるなと言われても^^おやりになるのではないでしょうか。

あんまり結果を焦らないで、それよりも、何が得意で何ができるのか、っていうこと、何が自分にとっても人にとっても利益になるのかな、ということ、その中で自分にできること…みたいな感覚優先で、探されるのがよろしいのかな? と思いますよ。


> まったくおっしゃる通りと思いました。
> もちろんそのつもりでしたが、もっと覚悟と気概が必要ということですかね、、、、、。
>

かたやで、仕事してなくてお金はいらなくて不安、と言いつつ、お金がかかる最たる存在の(笑)子供がもう一人欲しい、ということへの、ガイドさん的叱咤、でもあり、激励なのかな? と思います。

そもそも、それだけ不安なのに^^、なぜだか常識的に考えれば、それこそ非常識とも言える、高齢だけどまだチャレンジしたい、と、そこだけはご自分に正直になれるわけなのですから。

不安と恐れはひといきにはなくならないでしょうけれど、そのご自身がわかっている、ご自身の正直な気持ちを大事にして実現してください。


> 自分がより大きな不安を引き寄せてしまっているのですね。
> 冷静に考えれば、「リスク」なので危険度を見積もって対処すればよい話なのに、不安に捕らわれすぎていますね。
> 「自分が安心で」というのは、「不安ではない」状態のことでしょうかね?

不安対策から知る情報と、安心状態から知る情報は、同じ情報を見ても聞いても、受け取り方がまったく変わります。
そういうことかな、って思いますね。


> ものすごく的を得ています。確かに私には相手に合わせてしまうクセがあります。
> それでストレス溜めてあるとき穴に落ちるのですね、、、。
> 人に好かれようと思わない、自分を出す、という習慣が必要そうです。

人に好かれるために、なにかをする。じゃなければ、いいんでないでしょうかね?

好かれようとする、そのことじたい、悪いことじゃないですよ(笑)。
この世では、感じの良い方のほうが^^当たり前ですが、好まれますからね。

ガイドさん的には、人に好かれよう、嫌われないようにしよう、って、行動することが、その人の魅力を作るわけじゃないのよ、ってことなのかな。

峰不二子さんは(笑)まず誰にも媚を売っていませんし、人を利用するだけ利用するかなりヒドイ女ですが^^なぜだか魅力的ですよね。
自分の欲しいものがはっきりしていて、そのためには手段を選ばない、そういう潔さが、むしろ、人から愛される要因のひとつに映るのではないでしょうか。
(あとおそらくですが、その欲望の対象が「権力欲」のようなものではなく、「盗む」「騙す」が手段であっても、普通の人を陥れる、というわけではない、という点が^^庶民に安心感あるのではないかしら。ルパン三世のストーリーじたいが、ある種の権力的なものへのアンチテーゼなので)

それだけ、「自分の欲しいものがはっきりしていて、その目的のために行動できる」という部分が、なかなかできない人が多い分、不二子ちゃん的生き方に憧れる~みたいな感覚持つ人も多いんじゃないかな。

まぁ、現実には^^あれだけ人を裏切っても^^愛される、ってのは、なかなか難しいところあると思いますけれど。
というか、ルパンも時々不二子ちゃんを裏切るというか、置いてきぼりにしたり、報復はしてますよね。

なので、一方的に愛されて赦されてるわけでもなく、あの中の登場人物たちは、それぞれが一匹狼で、自立しているので。
精神的に自立している者同士が、タッグを組む、その強さがあって。
そういう部分が、人の潜在意識的に「こうなれたらな」という部分をくすぐるので、今でも、好まれるところのあるアニメなのかな、って思います。


> いくらでも対話してくださるなんて、嬉しいですし、楽しみです。
> (私にできるのか疑問ですが、、、)


ガイドさんからお薦めされたわけではありませんが、ブログ記事にもしていますけれど、メディテーションをされるといいですよ。
基本は、マインドを落ち着かせて、ハートに集中する。
それだけです。

ハートの声は、高次ガイドの声なので。
マインドの声は、表面的な、今まで培ってきた、自分自身の思考の癖ではありますが、ハートの声が聞けるようになると、マインド側もそれに習い、多少進化します(笑)。
で、だんだん、ハートの声のほうで思考をするように、足並みが揃ってきます。

ただこれも^^焦ってそうしようとすると、それができずに自己否定したり、堂々巡りしますので。
気長に、一歩一歩、ですね。

マインドの声とハートの声が限りなく一致してくると、三次元の現実、モノゴトが良い方向へ進んでいく流れが出てきます。

このあたりは、うちのブログ11年分^^読んでもらえると、「こんな先のことなどまるで考えていない、常に目の前のことしか考えていない、ただ石が好きなだけの人間でも、好きなことして生きていけるんだ…しかもそれが世帯まるごと面倒見れるレベルの仕事になるんだ…」ってわかってもらえると思いますが、それも大変でしょうから(笑)そんな大変なことしなくていですけれど。


神崎詞音



(転載ここまで)


上記の、高次ガイドメッセージを受けて、N.S様より、いただきました、ご返事の転載です。


(転載ここから)


お返事誠にありがとうございます。
以下、コメントさせていただきます。(青字です)


> 「固定観念を捨てるために、今を選んでいる」というところは、具体的にどのような意味なのでしょうか?
> 私が持っていた固定観念を捨てるために、という意味でしょうか?(質問してもよろしいのでしょうか??)

> 具体的にどういう意味なのでしょうね?
> それはご自分で考えて、というのが、ガイドさんなのですが(笑)。


質問してしまってすみませんでした(笑)
神崎様からのお返事を読んでいまして気づきましたが、どうやら
「仕事をしていない(稼いでいない)私は無価値である」という認識が私にあるようです。
出産前はあまりにも仕事ばかりしていて、そのことばかり考えていて、
そして仕事である程度周りから認められているような気になっていたからと思います。
たしかに、私を取り巻く環境を客観的に見ると、なぜ不安になるの?という感じですよね。
夫は働いておりますし、とりあえずそれで生活できている訳なので、、、。
自分でもそう思ったので(笑)、これで考え方が変わるといいのですが。


> なかなか時間をかけてもうまくいかないことが不安だったのですが、「イキナリは無理」=時間をかけるものである、というメッセー
ジと認識しむしろ安心しました。
> 無意識に人と比べてしまっていて余計な不安を抱えていたのだなと思いました。
> これも不安のせいだと思うのですが、失敗が怖くてなかなか動きが速くならないなという面もあります。条件優先の考え方も確かに影響してると思います。
> 失敗を恐れない図太さを無理やりにでも身に着けて、どんどんいろいろやっていきたいです。

> 人と比べても、その人その人で、個性もそうですし、今までに培ってきた能力も背景も違いますので。
> まず同じようにはできませんよね。


確かにおっしゃる通りですね。結果をあせる必要がないと認識できたので、
自分がやってて楽しいこと、そして人の役に立てることをやりたいなと素直に思います。
焦らず探します。


> 不安と恐れはひといきにはなくならないでしょうけれど、そのご自身がわかって
> いる、ご自身の正直な気持ちを大事にして実現してください。

本当ですね。大いなる矛盾に今気づきました(笑)。
不安とか恐れって全体を見えにくくするものなのですね、、、、。


> ガイドさん的には、人に好かれよう、嫌われないようにしよう、って、行動することが、その人の魅力を作るわけじゃないのよ、ってことなのかな。


ルパン三世の登場人物たちのゆるチームというかタッグというかそういう関係でお仕事できるような人になりたいなと常々思っていました。
スキルだけではなく、精神的自立が大事ということですね。
そのためにもやっぱり自分に自信を持たなきゃいけないですね。


> ガイドさんからお薦めされたわけではありませんが、ブログ記事にもしていますけれど、メディテーションをされるといいですよ。> 基本は、マインドを落ち着かせて、ハートに集中する。
> それだけです。


瞑想は最近気になっていてやってみたいと思っていましたが、できていないことの一つです。この機会に焦らずやってみます。
ブログものんびり読ませていただきます!

神崎様のコメント、とてもわかりやすくたくさんの学びがありました。
本当にありがとうございます。

N.S


(転載ここまで)


再度、私からのご返信の転載です。


(転載ここから)


N.S様


> 質問してしまってすみませんでした(笑)
> 神崎様からのお返事を読んでいまして気づきましたが、どうやら「仕事をしていない(稼いでいない)私は無価値である」という認識が私にあるようです。
> 出産前はあまりにも仕事ばかりしていて、そのことばかり考えていて、そして仕事である程度周りから認められているような気になっていたからと思います。
> たしかに、私を取り巻く環境を客観的に見ると、なぜ不安になるの?という感じですよね。
> 夫は働いておりますし、とりあえずそれで生活できている訳なので、、、。
> 自分でもそう思ったので(笑)、これで考え方が変わるといいのですが。


あ~そうか(笑)。ご自分で「キャリアウーマン」と^^おっしゃっておられましたもんね!
ぜんぜん的はずれなこと言ってましたね(笑)。申し訳ございません!!
高次にアクセスしていない状態での私の素の思考力など^^そのレベルってことですね。

私のぼんくらな返事からでも、ちゃんとご自身で^^、導きだされているではありませんか。

そういう風に生きてこられた方だと、そうなのかもしれないですね~。
定年退職して普通の人になった会社では偉かった人が、自分のアイデンティティを喪失してしまうのと、ちょっと似ているのかもしれませんね。

社会でのポジションが底辺の私とは(笑)もうそりゃ訳が違いますね^^。

そういう私も大昔に大企業やめて、最初のうちは「自由!」を謳歌していましたが、生活苦境やもろもろで、結局働かなくてはならないハメになった時に、「あの楽で固定給がもらえるおいしいポジションを手放さなければ良かった」的に^^ものすごく後悔したし、実際に大企業辞めてみると、いわば自分を証明するステイタスを失っているので。
安定した会社の社員って、無形財産なところがあったんだな、ということは、あとからわかったりして、悔やみましたし(笑)。
私にもみずからが決めて失ったくせに、もう戻らないすがれない「寄らば大樹」の世界^^なのに、どうしても抜けきれないその甘えを懐かしむ悲しいサガを、なんとかして払拭しなければ、の格闘の時代が、過去にありました。

でも今はそういった紆余曲折あっての、この仕事にたどり着いてますので。
まさか、自営で生活できるようになれる、って思っていませんでしたから。
そういう将来図なんて、まったく、目指したわけでもなく。
ただ、漠然と、「自由業」の人になりたいと小娘の頃に思っていた夢は^^叶っていることになります。

もともと、目の前の仕事を一生懸命やれる、っていう気質の方なんですから、絶対大丈夫ですよ。
そもそも「不二子ちゃんになりたい」が^^、ハートの声の方なんですから。


> ルパン三世の登場人物たちのゆるチームというかタッグというか
> そういう関係でお仕事できるような人になりたいなと常々思っていました。
> スキルだけではなく、精神的自立が大事ということですね。
> そのためにもやっぱり自分に自信を持たなきゃいけないですね。

あの人達は、「言い訳」もしないし、「人のせい」にもしませんよね。
プロフェッショナル集団だな~と思います。
たしかに、理想的ではありますね。

原作書いた人ってモンキー・パンチでしたっけ…どういう人なんだろう…


ではでは、ブレス完成後にまたお知らせさせていただきます。

ブログ掲載もさせていただきます。
ご協力ありがとうございます!!


神崎詞音



(転載ここまで)


そうそう、ブログ11年分読んでいただけたら、なにゆえどういう経緯を経過して、今現在こちらのお仕事が本業化しているのかがわかるのは確かなのですが(笑)、そんな面倒くさいことはしていただかなくて^^大丈夫です(笑)。

過去記事は、今読んでも、「ほほう」みたいなものも、あるにはあるのですが、今現在の私のスタンスとは変わってしまっているものも、そこそこあります。
なので、過去記事スタンスの神崎詞音が言ってることと、今現在の神崎詞音が言ってること、大きなところでの変化はないにしても、変わっている部分もあります。
(過去記事についてのメールをお客様からいただくことが極稀にあるのですが、そういう時に感じます)

今の私と過去の私とで決定的に違うところがあるとしたら、これはここ一年くらいの個人的な大きな転換なのですが。

「死ぬまで生きるんだな」

という(笑)みなさんにとっては当たり前のことなのかもしれないのですが、私にとっては、過去2012年アセンション基準にて、モノを考えて生きていたところがありますので(笑)「肉体生命を今後も三次元基準の中で生きる」ということは、ここ最近の新たな挑戦になっているところもありまして。

そしてどちらかというと、今まで三次元での否応無しの現実部分というものに関して、とくにこの仕事が本業化してからは、ほとんど現実面で関わってこなかった面があると思います。

ラッキーにも^^「三次元のもろもろに関わらなくても、じゅうぶん生きてこれた」という、ありがたさの中で、守られてきた、とも言えます。
これは、おめでたくも(笑)私は、「高次をほぼ完璧に近い状態で信頼している、天に丸投げスタイル」というのが、この仕事を始めてから、貫いてきた姿勢とも言えるので、つまりまぁ、それが現実化してきたこの11年、というところがあります。
(「天に丸投げ」というのは、自分の保身ですとか欲得や損得ですとか、この世基準の常識ですとかを優先するのではなく、「なんとなくの自分の直感」基準で自分がやりたいと感じることをする、モノゴトを決めて進んでいくスタイルです)
三次元のみなさんが何かとよりどころとするところのある、しっかりした勤め先とか^^、三次元の人々が社会的に認めるような手堅い仕事の資格とか実績、ステイタス的なものがありませんので、そういうフリーランスが何をよりどころにするか、って話になると、「指導してくれる上司は高次ガイド、勤め先は自分の高次エリア」という考え方になるしか(笑)ないところもありますし。

この経験をとおして自分がわかっていることは、ハートがしたい生き方をしていると、まず、困ったことにはならない。
過不足なく、すべてが与えられる。
なんでかわからないけれど、うまくいく感がある。
なんでかわからないけれど、なだらかに、成長軌道を描いていく。
(これは三次元の世界でいうところの、会社の業績など、数字に実際に顕れる部分のことです。人間的に私は成長したわ~みたいな^^脳内アセンションだけだと、成長実感じたいを伴わないため、人は自分の囚われているものを手放したりなどの人間的成長を怠る面もあるかもしれませんが、三次元世界ではしっかりそれは「写し」として、現実に顕れてきます。人間関係が良いほうへ改善されていく、などの面もありますし、自分にとっての「具合の悪いこと」が改善、変容していく、こともあります。私にとっては、自分の立場が経済担当、という部分が大きいため、表面的にわかりやすいのがこの数字に顕れる部分なのですが、実際によく考えてみると、あんまり気付いていませんでしたが、人間関係も^^改善されていました。これは、今月お一人目のガイドリーディングの時に、気付いたことです)
10年越えて経験してきていることなので(笑)、その面において、「ハート主導」はお薦めというか、ようするに「本当の自分らしく生きる」ことが、ほんっとうに多くの方にお薦めと言えるかな、と。

私に言えることは、もし、みなさんにも「真似」していただくのだとしたら、この部分だけ、お分かりいただけたら、ブログ11年分は読む必要ないです(笑)。書かれているのは、その推移、記録ですから。
結局、いつの時も、貫いてきている(というほど格好良いことでもないのですが)のは、その丸投げ姿勢だけです。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ガイドブレス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page