アーカイブ
2014年10月04日の記事のリスト

新宿ショーに行ってきました1

2014年10月04日 (土) 23 : 09
前回の6月のショーから、早くもまた新宿ミネラルショー。
今回また10月2日の開催日一日前の業者dayに行ってきました。


今や恒例化している様相のある、ガイガー・ミネラル社さん。
今回は2012クリスタルビーズの補充を少しと、それから、ほかにはどうしようかなぁ・・・と思いながら出かけたわけなんですが。。。
前回の6月に、ヘデンバーガイトアメジストのスライス、あったんですけれど、ちょぉっとどうしようかなぁ、ってその時は保留にしていたんですが、「リアル・フィーリング」で目が醒めちゃったんで^^、やっぱりあればゲットしてこようかな・・・って思いながら、でかけたわけなんですが。
わけなんですが。。。
まさかの、前回の6月の時からのお値段2倍の値付けに^^断念しときました。
このお値段で仕入れしてしまうと・・・私のところでアクセサリの一部素材としてお売りするには・・・どうすりゃいいんじゃい・・・今だって別に自分トコロの「リアル・フィーリング」はあまっちゃってるわけなのに^^・・・うちじゃそんな高額じゃ売れない・・・そんなふうに思いまして。
(「リアル・フィーリング」今現在は、残りあと3点となりました!! 買ってくださった方、どうもありがとう。ほんと、まちがいない^^イチオシニオシ石組みですから。楽しみに到着をおまちください)

それでも、信者業者さんたちは、なんだかばんばん仕入れてましたよ^^。
まだミネショ開催は6日までなので、新宿ショー行かれる方でヘデンバー欲しい方は、いまのうちに買っておいたほうがいいですよ。
ミネショに行けない地方の方で欲しい方は、うちの「リアル・フィーリング」にもくっついてますが^^、おそらく前回のミネショで仕入れたらしきスライスを販売されておられるお店さんであれば、そこそこのお値段(一万一千円くらい)でまだ販売なさっているところもあるようなので、それをゲットしておくといいですよ。だいたい500円玉大の大きさのスライスで、厚みも500円玉みたいな感じですね。
ヘデンバーガイトアメジストという石そのものは、多次元理解を進めたい方にとっては、モルダバイト同様に有効な石かなと思いますんで。


さて、ヘデンバーのお値段にがっくししたわりには^^、やはりこれもお高い「マウント・シャスタ・オパール」を、ガイガーさんのところでは今回仕入れときました。
シャスタ山のオパール。
これ、昨年仕入れていちどお品にしたことあるんですけれど、やっぱりあの石いいなぁ~~~って思っていたんです^^。
小さ目の原石スライスと、ちょっとおおきめのスライスを、入手しました。
小さ目のほうをお品にすると思います。
おおきめは高いから^^お品にしてもですね~・・・きっとみなさんにどんびきされちゃうと思うので。自分のにしときます。
いないと思うけれど^^、どうしても欲しい方は、おっしゃっていただければ、その時考えます。


それから会場を一巡。
南アフリカのボッケンホウト・アメジスト、スピリットクォーツなどの原石を扱っておられるお店さんで、またスピリットクォーツ、フェアリークォーツ、サンシャインクォーツ、などなどのポイントを仕入れました。


あとは今回出展業者さんになっている、レムリアの太陽さんで、すげ~もん見つけて。
もう、ガイガーさんとこではちょっと買えない・・・と断念したヘデンバースライスでしたが^^、レムリアの太陽さんでは、なんと三世代に渡ったヘデンバー発掘の歴史のごとくの、多種のヘデンバーガイトを扱われておられまして。
ポイントからクラスターから、実はこちらさんのほうが、品揃えそのものは良いです(これはたしか、12月の池袋ショーの時も、記事中でお伝えした記憶が^^。「品揃えはガイガーさんところよりいいよね~」ってあの時も思ってそう言ったんだけど、今回も同じこと言ってる^^気がしました。)。
で、今回、「いちばん初めに採掘されたヘデンバーガイト・クォーツ」というこれまたレアもののポイントをゲットさせていただきました。


レムリアさんでは、今回もひとつ、涎もののお宝を発見。
その名も「シャスタ・オブシディアン」。
直接的にシャスタ山で採れるオブシディアンではなく、シャスタから車で一時間半くらい移動した場所にあるグラス・マウンテンと呼ばれる、ブラックオブシディアンでできた山で採れるオブシディアンだそうですが、実はここもシャスタ一帯のエネルギーを受けるパワースポットとしてもひそかに有名。
で、これが・・・このオブシディアンが、すっごくいいんですよ。
たぶん今回のミネショで、私がいちばん、ぴぴぴ! と反応した気がする。
ガイガーさんところで、シャスタ・オパールのエネルギーにさんざん触れたから、そのシャスタつながりで発見したのかもしれないけれど。


しかしながら、なんだか非常に廉価(ふつうのオブシディアン原石並み)でしたので、なんで? なんでこんなお値段? こんなすごオブシディアンが? とご質問したら、なんでも、「現地で自分で採ってきた」のだそうです(!!!!!)
もちろん、どこか業者通して仕入れすれば、もっと高くなりますよ~、そしたらこんな値段にはできないけれど、これは自分で採ってきたわけだから。って。
「もとはタダですからね」・・・・・・・・そう、おっしゃっていました。


いやそうだけど。
いやでもさぁ、そこまで行く旅費だってそうだし、あたしの英語力じゃあ、そのグラスマウンテンに、そもそもたどり着けないと思うんですよ。
だれもが、タダで拾いに行けるんなら、じゃあ自分も行ってタダで拾ってこよう、っていう場所じゃない。
その手間とか諸経費とか考えると、「い、いいんでしょうか・・・」とひたすら、アタマが下がる思いでした。
本当に、感謝です。


そうなのよね。
石は・・・マザー・アースからは、本当は、無料で私たちはいただいている、共通の宝。

しかしながら、数の少なさというレア度合いや、美しさという個体差、ガイガーさんところのような、ある種のブランド力による信用度合い(こちら側の信者度合い^^とも言えるけど)など、「もとはタダ」の石たちを、その流通過程、経路の違いによって、わたしたちは、さまざまなヒトの手を経て届けられる。
その経由度合いしだいで、「無料で拾ってきたんだから、お安く」って考え方ができる場合もあれば、「仕入れにこれだけかかってしまった貴重なものだから、この値段」って当然のごとく、高額なお値段で取引されることになることもある、石たち。
そして私も、そういう基準でも、パワーストーン・ワークスの石アクセサリの値付けをしている。


今回はたぶん新宿ミネショでは初出展業者さんになるのだと思うんだけど、かつて代官山にあったKCジョーンズさんが出展されていましたので、そこも見に行ってきました。
こんな綺麗なトパーズ原石はたぶん今まで見たことないぞ、な、この世のものとは思えない美しさのインペリアルトパーズの原石など、美しい石たちが陳列されていました。
KCさんの石は、へ? っていうくらい桁違いに高いですが、そのお値段つける意味を感じました。買える方は、是非買ってください、という品質ですよ。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page