アーカイブ
2014年01月03日の記事のリスト

脱・アセンション・ウォッチャー

2014年01月03日 (金) 23 : 22
三が日ももう終了ですね。
お正月、みなさま、のんびりされましたでしょうか?


今日ね、朝、起きぬけに「死んでほしい」と言われたんです^^。
もちろん、自分の目の届かないところで消えてくれ、ってことらしいですけど。まぁ、そりゃ近いところであれば、色々面倒くさい手続きとか場合によっては葬式とかやらなきゃいけませんから、そうでしょうな。
いなくなって欲しい人には、そりゃ、自然に目の前から消えてもらうのが、手間もいりませんよね。


これについて、今日は自問自答することになりました。
やっぱりまぁ、面と向かってそういうことを言われるのは、多少はショックですよね。
涙も出ますわな。


私が作っている世界かぁ、これも。
精神世界的呪い^^のような呪縛とも言える、「あなたの世界はあなたが創っている」世界。
こういう世界、創りたくて創っているわけではないのだけど^^、なぜか現実。


これも「膿だし」なのかなぁ。
どこまで奥深いんだろう。自分の膿。毒。
ホ・オポノポノを昨日寝る前に繰り返して寝て起きたら^^これだもんなぁ。
(今までこれ、やったこともなかったんだけど、なんか、やってみたのね~。慣れないことはするもんじゃない^^ってことかなぁ)


でもね~。
やっぱり、自分で創っている世界かな・・・とも気が付きましたね。
アセンションとかって、やっぱり、アセンションする人がこの三次元状態からどっかに消えていなくなる「棲み分け」っぽいイメージありますよね。
なので、アセンションだ~なんだ~ってこと、普段から言ってると、たぶん、あんまりよく知らなければ、で、本人にそういった自覚や意図や大望がなければ、「じゃあ、勝手にどうぞ」って^^ことにはなるわな~。
説明が難しい概念、とくに精神世界云々に興味がない人に話すのが、とても難しい概念なので、家人にはふだんからそれを理解してもらおうと押し付けたりはしていないんだけど、特に共有もしていないので、まぁ、ある種の「分離感」はそこに生まれるかもしれない。
そういうのを、察知していてのフラストレーション、なのかな? とも。
まぁ、実際に、すれ違ってはいますよね。


私は自由自在に、消えたり顕れたりの肉体操作のできる類のアセンション・レベルには到達していないので、肉体の死を操作することが自分にできる自覚はありません。
もちろん、「アセンションしたから、もう自分は死なないの。ごめんね。」っていうレベルではないので^^、いずれ寿命を迎える時も、現在のレベルであればあるでしょうし、もしかしたらまた三次元出直しだってあるかもしれません。
そういう意味では、まぁ、三次元世界から消えるには「死」しか手法はないんですわな。

ワンネスに向かうはずのアセンションなのだが^^、なぜに今さらこういった分離感からくる色々に直面しなければならないんだろうか・・・
と、今日は今年初のヘミシンク(久々)「内なるガイドにつながる」を聴いてみました。

うひゃ~~~。
クレヤ、不得手のクレヤボヤンス、きた~~~~、の世界。
さすが!! アゾゼオアゼツ、フェナサイト、2012クリスタルかも!!!!
セドナストーン、モルダバイト、シナゼツ、アゼツライト、ってなカップリングも、昨日制作して今日お初にいっしょに身につけたんだけど、これかも!!!!(「波動的アセンションを革新的プロセスで加速」するカップリングなんだそうなんですよ、ロバート・シモンズさんによると^^。「とくに、シナゼツとともに働くとその力が最も強まるでしょう」なんだそうですよ。すげ~)・・・・・・って^^、結局、石かよ^^な話なんだけど。


なぁんで不得手のクレヤなのに、今回がウォッチ成功と言えるのかというと、な~んかね、ガイドのシンボルとかって、いまいち自分のへたな想像の産物を思い浮かべちゃうところが私にはあって、わざわざ幾何学模様とか、いわゆるシンボルらしいシンボリック画像を想像しちゃうので、不明瞭なんですよ、いつも。見えた! っていう感じがないの。


それがね~。今日は、出てきたのが「バットとボール」。玉は硬式^^縫い目のあるやつで。
で、ガイドはなんだか野球教えてるおっさん^^。
おっさんですよ~、あたしの内なるガイド。


で、ひとこと。
「変化球の練習しなさい。直球は打てるようになった。これからは変化球」
って、ひやぁぁぁ~~~^^な変化球をそう話しながら華麗なバットスイングでほいほい打ち返しているの図。
(これね、自分が打ってる図なわけじゃないんですよ。なぜなら私はバットスイングは左打ちなのです^^。ガイドさんは右打ちでした。)


おっさんかぁ~~~。変化球か~~~。
なるほろ~~~。
って・・・・・特になにか納得してるわけでもないんだけど^^、なんかこう鮮明画像が見えたことに喜びがあったわ~~~。
それも「これ、自分のアタマの想像だよね?」じゃなくて、思いもつかないものがこうして出てくる次元を、一応、透視できていたんだわ・・・ということで。


まぁ、昨年までの私は、どっかで人が言うアセンション情報に踊らされていたようなところがあって、途中からちょっとね、興ざめ^^じゃないんだけど、う~~~ん、なんか違うぞ・・・って思うようになって、あんまり情報を漁らなくなったんですよね。


で、代々木公園に通うのが日課になって。
で、「なんだよ、すごい幸福。もう、ほんとにシアワセ」って思うようになって。
情報に照らし合わせて、自分のアセンション度合い^^を測ることをやめてみれば、幸福創造の世界は、今この次元でいくらでもあって。


アセンションはウォッチャーでいてはやはりウォッチャーですな。
実践ですね。
変化球に対応できる^^日がくれば、それも私のアセンションなんだろうな、って。
宇宙人さんが姿を見せてくれなくても、高次元とコンタクトできなくても^^、それがすなわちアセンションってことではないと感じますね。









この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page