アーカイブ
2013年12月の記事のリスト

Happy Merry Christmas!!

2013年12月24日 (火) 01 : 28
先日の記事でちょこっとお伝えしていたシリウス・アクセのお写真です♪







これ・・・まるでシリウス・アメジストですよね?^^
まるでそうなんですけれど、違う・・・というか、不明なんです、実は。
ふつうにビーズ屋さんで入手した穴あきアメシストビーズなんですよ~。
でもまさに!! っぽいですよね。
めっちゃかわい~~~。
ホンモノのシリウス・アメジスト、というのか、いわゆるガイガー・ミネラル社製のビーズは、濃いアメシストの丸玉部分のアメシストがそれでして。



いっしょに使っているビーズでレインボームーンストーンのような光彩を放つ丸玉、ルナ・フラッシュという名称でここ一年くらいでしょうか、流通しているのは知っていたんですけど、ミネラルショーで実物なんかも見て、めっちゃ気になってはいたんですけれど、人口ガラスだしな~・・・って、とりあえずずっと保留にしていたんですよ。
人口ガラス、大好きなわりに^^人口ガラスで躊躇するのもへんな話ですが。
このオーロラフィルムを丸玉の中に仕込むのはオーストラリアの技術で、ルナ・フラッシュはオーストラリア製ビーズなんですけれど、オーストラリアといえば、そうか~、スワロフスキーもそうよね~・・・ということに気が付きまして~。
使ってみたら、もうやみつきになりそうな^^世界展開をしてくれる大変美しい今までにないタイプのビーズでした~。
(「「スワロフスキーはオーストラリアではなく、オーストリアに本社があります。オーストリアの技術です」文章の訂正をお願いします。」というメールをいただきましたので、「オーストリア」に訂正ということで、掲載します~。すっごい「勘違い上等道」を行ってしまってました~^^。なるほど、考えてみればオーストラリアってことはなさそうですよね・・・教えてくださいました方、ありがとうございました。もしかすると、ルナ・フラッシュも「オーストリア」だったりして^^。でもこの勘違いがなければ、ルナ・フラッシュに手を出そうと思いませんでしたので、もうどこでもいいです^^。どなたかご興味があれば調べてみてください)



ネックレストップはドゥルージークォーツ。きらきらオーラコーティングされております。
ドゥルージークォーツは持ち主を輝かせる石と言われています。
いわば「内面を輝かせる」というやつなんですが。
内面が輝いている、すなわち、外側も輝く・・・今まではこの連携プレー、ほんと、わかりづらかったかもしれないけど。
2014年・・・これからますます内面の輝きなくして外側だけの輝きはとりつくろえない世界となっていきそうな気がしますよね~。





こっちはね・・・オレゴン・サンストーンとオレゴン・オパール、プレシャスオパール、ゴールデンラブラドライトなどなど、ちょっと豪華なストーン揃いぶみのブレス。
いっしょに写っているのは、以前お出ししたことのある石の組み合わせパクリ^^の金運ブレス。なんか重ね付けに合うので、重ね付けしております。







オレゴン・サンストーンってずっと欲しかったんですけど、こういう大きさのあるビーズの存在が皆無な石だったんです~。
いわゆるブリオレットカットだとかの、6ミリくらいのちっこい宝石タイプのビーズがほとんどで、ゴムブレスにできるようなタイプの穴あきビーズが存在しておりません。丸玉なんて見たこともない石です。
このタンブルカットビーズは奇跡的に手に入れることができたんですよ~。
「長石グループの中で市場でもっとも高評価を受けている石」なんだそうで、実際にほんとまずもう手にすることはなさそうな気がしますね~。
透明度の高いフェルスパーの中に独特の光彩が見られます。
この美しさは、写真ではとてもお伝えしきれませんわ。
オレゴン・サンストーンも、オレゴン・オパールも、内側からの光・・・そういうものが感じられる(エネルギー的にという意味でもそうかもしれませんが、その物理的表現としての見た目の石、でしょうか)非常に美しいレア・ストーン。





冬至の太陽。
まぶしかったです~。
太陽光の中にいると、なんだか本当に幸福です。
そうとしか表現できませんが。


そうそう、その幸福感を知っていても、それでもなかなか、自然の中での時間を持つ・・・みたいなことは、できないものですよね~。
特に、都会に住んでいるとそうかもしれませんし、都会でなくて自然たっぷりっぽいところに住んでいたとしても、それでも、大空の真下に出向いてなにもしない時間を持つことに「わざわざ感」があって、そういう時間が持てずにいる方も、今はもしかしたら多いのかもしれません。


自分はここのところ、完璧に毎日ではないのですが、週に5日くらいの割合で一か月以上かな、代々木公園に通うようになりまして。まぁ、ほぼ毎日とも言えますかね。
で、大きな変化に気が付きました。
身体の側面に、いわゆるしこりっていうんでしょうか、「腫瘍? ってやつよね~」というのがあったんですけれど、完璧になくなってはいませんが、あきらかに非常に小さくなっていることに気が付きました。


いつぐらいからそれがあることに気づいてたんだっけ? って振り返ると、たぶん今年の夏くらいじゃないかな~。
こういうのって、いわゆる悪性腫瘍というふうに変化すると癌ってこと? とか思いながら、ずっと放置してまして。
10月くらいには、けっこうな大きさになっていたんですよね^^。さわるとぽこっとこぶみたいになっているので、当然気のせいにはできない大きさというのか。
それでも放置してました。


実は去年亡くなったうちのワンちゃんも、老犬でしたので、そういうしこりなんかもお腹らへんにあったりしたことを思い出して。
当時、獣医の先生曰く、猫の場合はそういう腫瘍がある場合、ほぼ100%癌になってしまうらしく、しこりを見つけたら手術で切除を要するそうなんですが、犬の場合の腫瘍は、癌になる確率としては半々なんだそうです。なので、高齢でもうその外科手術じたいが難しい状態であり、且つ、そもそもが慢性腎不全という他の病気で通院中でもありましたので、しこりについては様子見・・・っていう話になっていたんですね。


その彼女の腫瘍、毎日クリスタルヒーリングしていたら、みるみる小さくなっていった実績があったので、自分のもしたほうがいいのかな~って、見つけた当初はやってみたんですけど、身体の位置的に自分でやるにはちょっとやりづらい場所で。
だから、あれですよね~、犬のためならそういうこともちゃんと毎日やるんだけど^^、自分のは面倒くさくてそれも時々しかしてなかったんですよね。ヲイヲイ、って話なんですが。


で、わりと気になる大きさになっていたことはなっていた^^自分のしこりなんですけれど。
ふと、あれ? そういえば~。って、昨日思い出したというか。
どこにあるのかわからないくらいに、しこりが小さくなっちゃっていたことに気が付きまして。


パワーストーン・ワークス的には、こういう時は「この石を身に着けたら!! 奇跡的に!!」みたいな^^話に持って行きたいところなんですが、この変化の理由はやっぱり、毎日、空の下でメディテーション、毎日土の上を歩く・・・この習慣ができてからよね? って^^思います。
まぁ、強いてあげれば、それはゴールデン・ダンビュライト(別名、アグニゴールド・ダンビュライトとも言います)を毎日身に着けるようになってから、なぜか習慣化しました・・・という部分が、「石がらみ」の部分でしょうか^^。
11月にもたくさんゴールデンダンビュライトのアクセはお出ししていましたが、まず試作品を自分で作りまして、それ以降は、ずっと毎日身に着けてます。
この石は、「運命の流れとの持続的な調和を助ける石」なんだそうですから。


まぁ、そういうのを放置してないで^^医者行って観てもらえよ~、という声もあるかもなので、そのうち、渋谷区がやってる健診というのに行ってみますね。(実はこの無料検診の案内、毎年毎年来るんですけど、気が付くと期限切れになってて。いちども受けたことないんですわ~。今案内見て見たら、受診期限は来年の2月いっぱい。セーフでした~)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

冬至を過ぎて

2013年12月23日 (月) 01 : 48
なんだか去年を思い出しましたわ~。
アセンション・イヤーから一年。
でも去年とは違うこと、多々。


冬至は「無垢への回帰」という世界瞑想に参加してみて。
去年もそういうのに参加して、ちょっと言葉で表現できないエネルギーを感じたので、やっぱり大勢の人のエネルギーってすごいな、って思ってたんだけど、その経験があったので、今年はどんなかな~って思ってましたが、普段の私のなんちゃってなメディテーションの中では顕れないビジョンが顕れましたね。


私は、宇宙とか地球とか、そういうの、どんなにイメージしようと思っても、自分が行ったことがある実感値のない世界って、なかなかイメージしようにもできない即物的な人間なので^^、そういう広大な全体図はなかなかビジョンとして浮かばないんです。
それが、瞑想を始めてしばらくしたら、即効出てきましたね。
普段はないことなので、うぉ~~~って思いました。


冬至の22日当日昼間は、前日に作った石アクセを代々木公園に持っていって、日光浴。
12月はあんまり仕事したくないわ~って、思ってたんですけれど、まぁ、「仕事」と言ってしまうと石のアクセサリづくりが私にはそれに当たるため^^、しないつもりだったんですが、気づくと、冬至前日から当日夜中の世界瞑想タイムの30分前まで夢中で作っておりました。


それで、ああ、そうだ~、去年はそういえば、シリウス・ブレスの写真をアップしたりしていたっけ・・・って思いだしました。
実はその作った石アクセって、シリウス・アクセ^^なんです。
お写真も撮ったんですけど、綺麗に撮れていたら後日アップしますね。


自分はなんらかのからみがあるんでしょうかね、シリウス星とは。
そういうの、覚醒が進むとわかるようになる、思い出せるようになるらしいんですが、相変わらず^^地球生まれの自分は、今世のヒストリーくらいしか自覚できませんけれどね。その今世でさえ・・・けっこう忘れてるというか覚束ないという気さえします~)


・・・ということで、書いてきて急に本当になんとなく気になったので、検索して見つけた「アセンションのスピリチュアル用語解説★TAN」というブログさんで、シリウス星人の特徴、っていうのを見つけたんですが、ここ、比較的わかりやすいというか、用語集作ってくださっていて、そういうのにちんぷんかんぷんな方にも、ちょいおすすめかも。
自分も今まで、この「出身星」というやつ、それなりに、シリウスはどういう星だとか、アルクトゥールス、プレアデス、そういうの、調べたことないわけではないんですよ。で、なにかに触れるとその時はなんとなくわかったような気がするんだけど、すっぽりその知識がどっかへ行っちゃう、そういう感じで。
それが、このTANさんという方の用語集にはない感じがするなぁ。あとでまたゆっくり拝見させてもらおうっと。


で、その特徴なんですが、以下が抜粋でして。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●シリウスの人は山より海!! 海が大好き、という人が多い。

→これはそう。今まで「旅行」って山系はほとんど行ったことなし。行くとしたら海のあるところ、自然のあるところ=海のあるところ・・・というのが自分的認識でした。と言いつつ、ここ10年くらい? 海らしい海って・・・行ってないような気もしないでもないですが^^。(というか、ほんと、旅行じたい・・・してないんですよね、なんというか。)


●シリウスの人達は動物とのコミュニケーションが得意で、動物の気持ちが最も理解できる人達。
それは、人間が感じる事が出来ていない、もしくは知らないことを、動物達から聞き出し情報を仕入れ、多くの人達に伝える役割があるためです。
動物達は2次元~3次元の間の存在ですが、私達よりも純粋なため愛や集合意識を理解しているためです。
そのため、シリウスの人は、動物の保護の仕事や、動物園の従業員、飼育員、調教師などの仕事をしている人も多い。

→伝える役割云々はわからないけれど、大昔、どうして自分は動物園の飼育員にならなかったんだろう、とか本気で思ってた頃があったのを思い出しました。
鴨川シーワールドに昔初めて行った時も、イルカとシャチのショーを見て、あのトレーナーさんという存在に超憧れましたね。この時も、こういう職業もあるんだ・・って、しばらくのあいだ羨ましかったことを憶えてます^^。


●物事を現実化する能力も高い。

→「物事を現実化する石を見つける能力」なら^^高いと思う。


●シリウスの人に手先が器用な人が多いのは、右脳と心が発達しているためで、創造性も高く、何かを作り出す(生み出す)ことにより、多くの人達を目覚めさせる事もできるためです。

→多くの人を目覚めさせるために、創造しているつもりはないんですけれど。というか、一時期、そんなような大志が^^なかったかといえば、あったとも思うんですが、それが目的になっちゃうと・・・あんまり楽しくないんですよね、実際のところ。それにそもそも自分自身が目覚めてない^^ということに気づきました。


●シリウスの人は芸術性を押し殺さずに、どんどん外に表現していくようにするとストレスもなくなり、エネルギーが開放されて、精神的にも身体も楽になるでしょう。

→この外に表現したことで、たとえば、褒めてもらったり^^そういうのは確かに昔から好きでした。で、それで自分の中のなにかが喜んでいる感覚はもちろん知っていた。同じ褒めてもらうんでも、そういう以外のことでは(几帳面だとか律儀だとか頭がいいとか美人とか(これはお世辞もいいところ^^)そういう手合い)もちろん悪い気はしないけれど、喜びっていうんでもないというか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・こういう「特徴」とかって、血液型とか星座とかといっしょで、どこかしら「自分にもあるあるこういうところ」って^^いうのがありそう・・・そう思ってほかの何々星人・・・も見てんだけど、いちばん当てはまる項目が多かったのが、シリウスAというやつかなぁ・・・。
だけどさ、知ってました?
シリウス星って・・・ものすごく巨大なんですよ☆ 質量の話ですが。
地球がゴマみたいな大きさだとすると、シリウスは比率として人間サイズくらい?(いや、もっとかも)の大きさがあるんですよ。
アルクトゥールスとかその巨大シリウスよりもっと巨大惑星で、大きさ何十倍なんです。

そうそう、書いていて、12月はシゴトはしない、オフ、って思ってたけど、考えてみれば、石アクセサリ作ってる時は、自分は「石アクセサリを作ることが仕事」っていう風には、やっぱり思ってはいないんですよね。
作ることそのものは、ほんと、好きなんだな・・・って、冬至に知りました。
それを販売させてもらう段取りに進めたりする時に、仕事モードが入ってくるので、まぁ、ただ作るのが好きというのとはまた違うものが入ってくるだけで。
ま、こういうのは、動物園の飼育員をしていても、シャチのトレーナーをしていても、「動物と接してる時はほ~んと幸せ♪ なんだけどなぁぁぁ、それ以外のあれこれが超面倒くさ。職場の忘年会とか~人間関係とか~」みたいな^^そういう雑用に頭を悩ますこともあったのでしょうな。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

2014年仕様の情熱

2013年12月19日 (木) 18 : 06
もう冬至まぢかじゃないですか!! 
いやもう、のんびり一か月オフタイムっていう話でもないですね~。


スピリチュアルな巷の情報では、昨年もそうでしたが、アセンションにまつわる情報でも、今現在も昨年のアセンション・イヤーの幕開け以降も、当然その過程は継続中でして、この冬至以降、ビッグ・イベントが起こる、起こらない、で、揺れています。
アイソン彗星は消滅した、ということになっているそうですが、実際には消滅しておらず、地球は、アイソンの尾の中に、12月25日から浸ることになっているそうでして。
(形而上的に「消滅していない」状態が続いているわけです)


このアイソン彗星、アマチュア天文家たちが、計算上、アイソンは惑星と言えるほど巨大であったこと、内部に30個ほどの物体を包含し、それら一つ一つが木星よりも巨大なサイズであったことを発見したそうです。公式発表では、近日点通過で太陽フレアによりほぼ消滅し、藻屑しか残存していないとされますが、その藻屑が現在、地球に向かって、スピードを劇的に落とし始め、形が扇状に広がりつつあるとの話。(ブログ「ハートの贈りものー2013-黄金時代01年」さんからの情報です)


というような、天文分野の情報には実際には疎い私なんですが、先月クラウドシップを見て以降、飛行機なのかな? でも飛行機じゃないよな? みたいな飛行物体はちょくちょく見かけるようになっていたのですが、これも上記の「ハートの贈りものー2013-黄金時代01年」さんの記事の中に、片翼のない飛行機に化けた^^宇宙船のお写真などがございまして、あら~、目の錯覚とか気のせいじゃなかったんだわ・・・と思いました。


・・・ということなのですが、「で、見たからってなんなのだ?」と^^シニカル癖の抜けない自分は、「た~だ、見たとか聞いたとか言われてもなぁ・・・」って、昔は思っていたんですけれど^^、「今まで、経験的に、物理的に、そりゃないだろう」なものが視覚化されてくる経験は、考えてみれば、「石の世界で経験済み」でもあったわけなんですが(実は私にとってはこれって、長年もう普通になってきちゃっていて、自分にとって特別なことであるという意識が薄れていたのです)こういった宇宙船的なものなんかに関しても、とくに見えるからどう、っていうのは、ないわけなんですが、では、見えてしまってかなり自分にとっては特別なことってなんだろう・・・って考えると、やっぱりそれが、「人のカタチなんかをした意識体」なんかだったりしたら^^、それはもう、腰抜かす^^可能性はあるかもしれんです。
で、やっぱり「恐怖」になっちゃうかもしれません。


そんな私の性質、抜けきっていないそういった次元の違う意識体存在の「姿」を見ちゃうことへの恐怖感を見越してなのでしょうか、ついこの前の話ですが、なんと、うちの家人の夢を使って^^「だれでしょうあなたは」な存在が、登場してくれたようです。
(実は、昔から「ゆうれい見ちゃった」系の特殊能力があるのは、うちの家人のほうでして^^。ここにいないはずの意識体の姿カタチを、彼は昔からよく見る人ですが、そういう不思議ちゃん話が大嫌いな男子ですので^^ぜんぶ「気のせい」ってことになっています)


赤いワンピース姿のロングヘア女性が突然うちに顕れたそうなんですが、「玄関とおってきたわけじゃなくて、突然出てきたから、おまえは幽霊か、って言ったら、相手も「そうだ」って言ってたから、幽霊。つまり幽霊が夢の中に出てきた」そうなんですが^^、よく考えてみると夢の中ってある意味、相手だけが幽霊というわけではないんですけどね☆

で、その赤い服の女の人、あたくしになにか用があったというか、なにかしようとしていたそうで、それでうちの家人は、その女の人を撃退したそうなんです、夢の中で。
帰りは律儀に玄関から^^出て行ったそうなんですが。


う~~~~ん。
気になる~~~~。
あれよね~、たぶん、夢とかぜんぜん憶えていない鈍い私に、なにかを気付かせたくて、登場していることは確実なんだよな~、ってその時思ったんですけれど、その夢の話を聞くちょっと前の話なんですけれどね。
美容室で、雑誌をぱらぱらと見ていて(8年ぶりくらいに、パーマ^^かけに行ったんですよ。「ゆるふわうぇーぶ、にしようと思って」とか^^言っちゃって。そこの美容室、うちから歩いて10分かからないんですが、カルテ調べてもらったら名前残っていて、なんと、10年ぶり!!! に私は訪れたそうな・・・)掲載されていた、「真っ赤」なコスチュームや、真っ赤な大きなルビーのリング・・・それが妙に印象的で、自分の中に残っていたところでもあったので、「うぉぉぉ、赤。そうか~」って。


レッドアメシストのアクセなんかも、先般お店にお出ししたばっかりだけど、レッドカーネリアンの天然色ビーズを入手したり、シナゼツというシナバークォーツのアゼツライトバージョンの石を入手したり、とうとう「アゾゼオ」なアゼツライト(超活性化アゼツライト、スーパーアクティベイトアゼツライトとか言われてる)の原石がうちにやってくることになったりしていたので、なんでしょうか~、2014年仕様の情熱の再構築を^^促されているのかなぁ・・・・・・とか。


2014年仕様の情熱・・・
一応、心に秘めた2014年以降のビジョンは描いていますよ。
あんまり三次元的現実っぽくないというか^^、「そんなことが実現する人がいるなんて」の世界過ぎるんだけど^^、どうせ夢を見るのなら、それくらいじゃないとね☆ ということで。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page