アーカイブ
2013年09月21日の記事のリスト

波動を上げる

2013年09月21日 (土) 14 : 45
さてさて、9月23日に向けて、みなさま順調に波動を高めておられますか?


せんだっての9月10日の記事で、「もう5次元に移行した人がいるらしいよ」ということで、ご紹介していたブログがあるのですが、今現在、23日に向けての次元以降のために波動を上げて行こう、の試みのためにでしょうか、5次元波動のオンガク、みたいなことで^^、読者さんにもこれぞ5次元音楽っっみたいなコメントを募ったりなされておられます。


最初、自分の反応は、「え~。おんがくぅぅ、かあぁ・・・」と。
(ブログで紹介してしまった手前、「あちゃ~・・・」という気持ちも^^少し。5次元がアニメソングとか^^言われちゃうと・・・のよ~な、うっとおしい気持ちも正直。)


そのコメント数の増加っぷりにも、人って、オンガクが好きだったんだな~、というのをあらためて感じ。・・・ながらも、なんか、どれどれ、、と、そこで紹介されている楽曲の面々を視聴する気になれない自分がおりました。


そこで、ようやく気が付いたのです~。
あ~、これは、自分にとって、手つかずのトラウマ部分・・・だったというか。
オンガク業界で、埋もれたまま花咲くことなく^^そこを去った自分にとっては、愛し憎しの、目に見えない存在なのですよ、オンガクという存在は。


なので、いちばん触りたくなかったものが、出てきたんだ!!・・・って^^。


さてさて、ここを解消しなくてはなりませんよね。
もうそんなに時間ないし^^。
ということで、必殺、「ミカエル大天使の、光のソード」にご登場いただきまして、私にはもういらなくなった、その、「音楽というものに私が持ってしまった、心の壁」を取り払う作業、焼き尽くす作業をお願いし。


なんとなく、その作業が終わったかな・・・というところで、ふっと、自分が思い出した、楽曲がありました。


ぜんぜん、有名な楽曲ではありません。
おそらく、一万人の人に質問しても、「知らない」と言われる・・・曲だと思います。
その昔、私がまだ、キャピO.Lであった頃、給料のけっこうな割合をライブ通いにつぎ込んでいた頃に・・・とても大好きだった、坂井紀雄さんというアーティストの、「ナチュラリー」という楽曲の、サビの部分。


自分の好きなアーティストを色々な人に知って欲しくて(ファンとはそういうものです^^)でも、その頃はインターネットなんてないですし~、せいぜいが、知人、友人、会社の人、に聴いてもらう程度のことしかできなくて。
あの当時、浜田省吾とかに入れ込んでいたらしき、自分が好きだったヒトなんかは、聴かせるなり「声に魅力がないね」とか言っちゃって^^、逆にハマショウの良さを洗脳されそうになったり(ハマショウには、その時は洗脳されませんでしたが^^、のちに、ここ数年で「いいじゃん」というライブ映像とか見つけて、ハマショウもまぁ、良かったのね~、あたしは食わず嫌いだったのね~、と知りましたけど)


そんな坂井紀雄氏の、「ナチュラリー」のサビの歌詞なんですが、「こころひらいて 見つめてるだけで すべての色が 光はじめる ナチュラリー」
・・・・あれ~・・・のりお氏・・・・20年以上も前に・・・もう真実を歌っている!! ではないか、と。


サビしか思い出せないので、サビ部分を心の中で歌いながら、両手に水晶を持って、メディテーションしてみたら・・・・・・・・・・
「えええええええ?」
というくらい、アタマの上から入ってくる、エネルギーの豪快な流れが。
光が、本当に、全身かけめぐる。
水晶のバイブレートが、はんぱない。


のりお~。
すごいよ~。
そして、「オンガクって、すごい」と。


5次元世界が、アニソンで^^埋もれる世界・・・それはあんまり想像したくありませんけれど、少なくとも、こころからの真実を歌うミュージシャンの手がけた楽曲、そうです~、「ハートに響くオンガク」というのは、やはり、5次元領域のエネルギーの賜物ということのようです。


坂井紀雄さんは、ちなみに現在は、大学で、学生さんにベースや楽曲作りを教えるセンセイやっているようです。ライブなども、現在もときど~きやってるみたい。「声に魅力がない」だなんて^^昔、しろ~と音楽好き野郎に言われたりしてましたが、実は、「完璧すぎて、一般には受け入れられない」っていうところも、あの頃はあったような気がします・・・。声に魅力がなければ、数々のアニメソングの主題歌、エンディングを依頼されることもなかったはず。(アニメソングって、実は歌のうまいボーカリストに歌唱依頼されることが多いのです。坂井氏は昔「食うための内職」のような感じで^^数々、アニメソング歌っておられました。あの当時「仮面ライダーブラック」のエンディングとか^^坂井氏ボーカルでしたので、身もだえしながら、聴いてましたよね、自分)センセイできるくらいの方って・・・結局そういうことなんですよね~。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page