アーカイブ
2013年09月18日の記事のリスト

こんな水晶、いかがでしょう?

2013年09月18日 (水) 21 : 59




18日、明治神宮へ、石のエネルギー・チャージに。(空の向こうの高層ビルは、初台のオペラシティ)



ここでチャージをしてきました。(ほんと、いっつも人がいないですよね~~~)




乙女鉱山水晶。またお品になります♪








こちら、同じく日本産。秋田県の荒川鉱山というところの水晶(現在、閉山しています)。
これ初めて手にした時、「やばい、これは、アメトリン・レッド・キャップスの、グリーンのバージョンではないか!!!」と^^驚愕。
オーラライト23にも、似ている。

こ~んなすばらしい「雛形」が、我が国には、すでに用意されていたわけです。
日本の水晶は、世界の水晶形成の雛形って、きっと、本当。
乙女鉱山水晶がロシレムの雛形、みたいな話・・・それだけでは、この日本水晶雛形論の信ぴょう性に関しては、まぁ、それもそうかな? くらいの反応でしたが^^。
実は私、こちらの、荒川鉱山の水晶と出会った時に、雛形論にがっつり合点がいきました。

オーラライト23とアメトリン・レッド・キャップスは、カナダ産なんですけれど、こっちは秋田県産・・・日本地図を世界地図に見立てた場合の位置関係的にも、日本の中ではちょい寒い秋田県、世界の中ではちょい寒いカナダ。近いんですよね。(この世界地図の雛形論では、実は気候条件なんかも微妙に対応していて似ているんですよ)




そっくりさんに並んでもらいました。
(こちらのアメトリン・レッドキャップスは私物で非売品ね。すみません)






めちゃめちゃ魅力的なグリーン。




こちらは、オーラライト23。このグリーンキャップスの水晶と、カップリングにするのも制作しますよ。あと、乙女鉱山水晶もね。すごい豪華な魔法ワンドって感じですよね。




この大玉は、上記の、アメトリン・レッド・キャップスと、おそらく同じ原石なのかな? な、レッド・アメシスト。
先月、お品の鉱物説明の欄にもちょこっと書いてたんですけれど、これをオーラライト23と呼んで売っていたりする店が、だんだん増えて来ています^^。
びっみょうに、違うのよん。
似てるけど。上記の、原石でわかりますよね、なんとなく。
まぁ、姉妹みたいなもんですかね~。遠からずだから、めくじらたてなくても^^いっか☆
このカップリングは、月末に出てきます~。




月末に、このカップリングもお品で出てくる予定です。これは私物でちっさいんですが、月末お品は内寸がもう少し大きくなるため、もっと石のサイズがおっきいです。
大天使ガブリエルさんエナジー・・・なブレスかな~(「かな~」って^^)。




これ、ちょっと違う感じのが、月末、お品で出てくる予定です。私物の自分のは、金ルチルではなく、スワロのトパーズカラーのビンテージビーズ使っていまして☆
月末のお品モノのほうは、おっきな金ルチルです~。
ピンク・エピドートが、太陽光下だと大変かわいいピンクに写っていますが、お品のほうの撮影は室内なので、またきっとぜんぜん違う感じに写るんだろうな~って思います。




実はこれ、なんと、「合成アンバー」という名称の、樹脂ビーズでして。
グリーン、レッド、ミルキーイエローが、それです。
あんど、一種類だけ、本物アンバー使ってるんですけど。
こういうなんちゃって系は、自分はとても好きなんですよね~。
これは・・・まだ、お品は作ってはいないです。
どうしようかしら~・・・作ろうかしら~・・・と考え中(たぶん作ります)。




こちらは、以前やった組み合わせ・・・なんでしたっけ、タイトル。。。
久々に、身に着けていて。
今月は、コスモオーラとタンザナイトと・・・って感じのをこれからまだ作ろうと予定していまして。
アクアオーラ系は、やっぱり好きです、自分は。




そんなアクアオーラ系と、金ルチル、シャンパンカラーキャッツアイルチル、プラチナルチルな、オトナ目なカップリング。
これも、月末に予定しています~。
これはやはり私物で内寸がちっさいため、使用石のオールキャスト使用しておらず、一部金属入ってますが、月末のお品は金属は使っていません。
自分用って、そうなの、内寸ちいさいので、しょぼくなることが多い^^んです~。
複数種のストーン使っている場合、自分用に作る場合は、なにかをはしょらないと作れなかったりすることもあるんですよね~。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page