アーカイブ
2013年03月06日の記事のリスト

「いつやるか? 今でしょ!」なシンクロ

2013年03月06日 (水) 11 : 15
この「いつやるか? 今でしょ!」のワンフレーズで、一躍、超有名になられた、東進ハイスクールの、林修先生。
これはもうアセンションの幕開けの2013年を象徴していますよね☆

日本中の日本人の潜在意識の中に、この言葉が、日に日に刷り込まれていく・・・そんな重要なお役目を果たしておられることを、ご本人が意識されているかいないかはわかりませんが、この先生自身、たいへんなスピメンでいらっしゃいますね。
驚くべき「勘」をお持ちで、そういう人生を、ご自身が歩まれていて。
この方のブログを読んでいたら、これまたすごいご神託が降りてきていることを、そう意識せずに、降りるままにしっかり解釈されて、表現されています。
そして、やっぱりグラウンディングがその勘の良さに直結していることを、実にわかりやすく表現されておられる箇所が、ブログの随所に見られました。


さて、本題は、東進ハイスクールの先生のお話、というそこではなくて。
パワーストーン・ワークスの、シンクロのお話です。


私は毎月、月末に新作アクセサリを、お出しさせていただいております。
その月末にちかくなると、時々ですが、お問い合わせをいただくことがあります。
「こういう感じの、アクセサリが、今月出ますか?」や、「前にやった○○なんですけれど、またやる予定ってありますか?」などなど。


以前は、月末になるまで、その月にお出しする石アクセサリについて、前情報のアップをしていませんでしたので(今はもう恒例となっている、予告編。あれは考えてみると、近年始めたことで、その前はやっていなかったから、当日までみなさまには、なにが出てくるのか、以前はさっぱりわかってなかったんですよね)このテの質問は、そのため以前のほうが多かったですね。


それで、「こういう感じの、アクセサリが、出ますか?」については。
ほぼ、必ずと言っていいほど、「それ、ありますよ。まさに、のやつが。」でした。
「あ~、そういうのは、今回のラインナップの中にはないかもな~」ってことは、ほとんどなかったです。
それから、「前にやった○○なんですけれど、またやる予定ってありますか?」
これに関しては、「ねぇねぇ、私がソレ、今月作ってたの、どこで見てたんですか?」と笑ってしまうくらい、ほぼ百発百中のシンクロでした。
もうね、みなさん、すごい透視能力者と化しているんですよ。


ご購入後に、「夢で見たから」というのも、年じゅうお伝えいただいてますね。
夢で見て、久々にうちの月末新作アクセを見にやってきたら、「あ~! 夢に出て来てたやつだ!」って感じで、ゲットしました~♪ のようなお話も、お伺いすること多いですね。


そのくらい、ご自身に必要なことって、「もうそこに答えが用意されている」ものなのです。
アカシックの情報、とは、こういう感じのことです。
ハイアーセルフが知っていて、教えてくれてるんですよ。
それは、なんとなくふと思い出したり、夢で見たり、という、通常ならば見過ごしてしまうような、さりげない普段の時間の中に紛れ込んでおります。



さて、今回の「今でしょ!」なシンクロなんですが。
上記のようなシンクロには、長年の経験で慣れてきている私なんですけれど。
それでも、あらためて、「ひぇぇぇぇ。」のサプライズと、その方のハイアーさんのお眼鏡に叶っていたことの畏怖感を感じざるを得ない、シンクロ経験をいただきまして。
ご本人様の許可をいただき、記事にさせていただくことにしました。


月末の新作アクセサリは、お出しして、嫁入り先が決まらずに、残るものがあります。
そういった石アクセサリの行方は?
いろいろなんです。「パワーストーン・ワークスのお店」へシフトするもの、そのまま残っているもの、どこかへ引き取られていくもの、誰かにあげちゃうもの、分解されてまた単独ビーズとしての機能待ちとなるもの、まぁ、いろいろです。


先月、そんな中のひとつなんですが、自分、ふと「作り直し」を試みていたものがありまして。なんとなく「この石を追加で入れてみようかな」でできちゃったソレを、これは3月になったら、お店のお品にしよう♪ と決めておりました。


そして月末へ向かう先月の出品準備のさなか、なんとですね・・・その「作り直し」をしていたそのお品へのお問い合わせをいただきまして。
よりによって、なぜか、ソレ。

私の胸中としては「えええ! 買っていただけるのはすごく嬉しいけど、前のと同じに直さなきゃいけないのかなぁ。きっとこっちのほうがいいし、それに石変えたぶん、サイズアップしているから、ちょうどこの方のブレスサイズになっているところだしなぁ」と思いまして、正直にですね、「実は来月お店のお品にする予定で、リメイクしちゃってまして、前のと変わっています。石は一部この石が追加になっていて、ついでにサイズもアップになっていてジャストサイズだと思うので、このままをお薦めしますが、いや、前のままのほうがいい、ということであれば、前の内容に戻します。」とご返事したんですね。


そうしたら・・・。ものすごい返事が返ってきました。
なんとですね。
その石アクセに使っていた石なのですが、その方がご購入のお問い合わせをくださった経緯には、ずっと気になっていたので、最終的にオラクルカードにお伺いを立ててみた、というのが決め手だったそうなんですが。
「現在に必要なもの、精神に必要なもの、お導き」という、三種類の石を引き当てたそうなんですが、一番目、二番目が、まさに、そのお問い合わせのお品の中核をなす石だったそうなんですね。
もう、その時点で、「自分が気になっていたのは、やっぱり、必要だったからなのだ」と感じたそうなのですが、問題はその三番目の石です。
その三番目の石と、私がリメイクしちゃった追加石が、完全に重なれば! そりゃもう^^ぶるっちゃいますけどね。そうではなく。
(この三番目の石は、ビーズでは流通していない石なのです)


ご本人様は、どこかきつねにつままれたような感覚でいらっしゃったかもしれません。
問い合わせてみたら、サイズはすでにご自分にぴったりになってるし、石が増えている。私が引いたカードで、「ほらほら、カードに出てますよぉぉ」とお伝えしたのではなく、ご自分で引かれたカードです☆
それでも、どこかでまだ半信半疑でいらっしゃったのだろうと思われます。
なので、さらにご質問をいただいて、「なぜ、今回その石が入ることになったのか? そしてその意味は」のお問い合わせにですね、以下のようにご返事しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

○○○は、○○チャクラの○の石です。
だから、○○がその代用としてじゅうぶんにはたらくのではないでしょうか。
○○も低位チャクラ、つまりまぁ、生きる力ですが、そこを活性化させる石で、
○○○もそうだと思われますので。
○○○がいいと言われても、○○○のビーズなんて見たことないので、
それはかんべんしてください^^。

素敵な「シンクロ」ですね♪

前も同じことをお伝えしたかと思うのですが、もっとご自分の直感を^^信頼さ
れたほうがいいですよ。
そんなにつきつめてお考えにならなくても、フィーリングです♪

どのような役割なのかなど、私も言われるまで考えてもおりませんでしたが、
(申し訳ないのですが、ブログなどでお伝えしていることは本当でして^^、勝
手に作る手がそうするのですよ。意味などのリーディングは直前にします)
単純に上記のような意味合いを付け加えたと思われます^^。
○○を入れよう、というのも、ただそうしたくなっちゃっただけなのです、正直
なところ。

だから、お申込みいただいた時に、作り直したの見てたのか^^と思っちゃいま
した。(ご本人様はもちろんその自覚はおありではないでしょうが、ハイアーが、
見に来てて、知ってたんだと思いますよ^^。で、これを○○様になんとかして
気づかせようと、画策したんじゃないでしょうか)

・・・・・・・・・・・・・・・・・


ということで、無事に、そのリメイク品は嫁入りさせていただいたのです。


こんな「偶然」もあるんだ~。
と思われるでしょうか。


無数にあるカードが、こんなに「正確に」引き当てちゃうこともあるんだ、でもそれって、欲しいって思っているから、そのイシキが引き当てたんじゃ? という風にも解釈できなくもありませんが、カードの場合、八百長でもしなければ、そういうどんぴしゃってあり得ないと思われます。


ちなみに、アカシックレコードへのアクセス、というのは、こういうことです。
「私に必要なものでしょうか?」
というのは、まだその時点では「未確定の未来への問い」です。
この部分が、あやふやではなく、きっと真剣に問われることをされたからこそ、得られる結果となられた解答であったのだろうと思います。


「いつやるか? 今でしょ!」を、それで実行される決意をされて、お問い合わせくださったことで、私も、ひさびさにこういった「シンクロ経験」を共有させていただくことができて、私自身がものすごく幸福な気持ちにさせていただきましたので、記事にさせていただけるよう、お願いして、お披露目させていただきました。


それにしても・・・
みなさまの、ハイアーセルフさん☆
私が作った石アクセ、知ってらっしゃるんですね!
見に来てくださってるんですね~。時空を超えて。
今回、これをまさに実感させてもらいました。
で、「おっ。これは、あのコに今必要だから、ぜひ知らせなくては!」じゃないけれど、きっと、あの手この手で、みなさんに知らせてくださってるんだなぁ、って。
ほんと、ヘタなことはできませんね。


もちろん、お分かりかとは思いますが、ご本人様が、それに気づかなければ、こういうエピソードがなければ、それはその方がご自身のハイアーセルフと繋がっていない、ということではないですよ。
みんな、繋がっているんです。気づこうと気づくまいと。
そこに意識的であればあるほど、「それがわかる」こういったシンクロ経験があるというだけで、それが「わからなきゃいけない」ということではありませんので、お間違いのないよう。
しかし、パワーストーン・ワークスとご縁を結んでくださる、みなさまのハイアーセルフさんには、感謝と愛を感じます。いや、本当に。(あ、もちろん、このブログを読んでいただいている皆様にもです)






この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page