アーカイブ
2012年09月の記事のリスト

「Realistic2012」ブレスレットVol.1「1」「2」

2012年09月30日 (日) 20 : 54














「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸約15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

◎ブレスレットをご購入で、お揃いのネックレスを同時にご購入いただける場合は、ネックレス3,000円引のお取り扱いとさせていただきます。

__________________________


こちらは、最初から「Realistic 2012」でいくしかない組み合わせだろう、って思っていました。
なにしろ2012年、とうとう残り三か月!!!(アセンション界隈の^^巷で言われている冬至を分岐点とすると、三か月ないです)
そりゃもう、これから「リアル」に、そこへ向かって、そこを乗り越えて行こうという私たちですから。


「Realistic」という組み合わせは、2009年に一度だけやっています。
できれば、「Realistic」でブログ内検索をしていただいて、ご一読いただけると、それがいったいナニモノで、今回のがなにゆえでてきたのかが、ご理解いただけるような気がします。
当時の説明文を今読むと、当時もけっこう「ひゃああ」と自分は驚いていた^^様子です。(あらためて読んでみて、あらためてやっぱり、ひゃああ、となってしまいました。過去の自分に驚かされるというのもどうかと思うのですが)


実は2012年、個人的にですが、こういう展開が待っていたとは・・・という日常を送り続けて早9か月、というのでしょうか^^。
自分が予想していた2012年は、実は、きっと2012年には少し石アクセサリづくりなんかはセーブに入ることになって、アセンションに向けての自己の内的ワーク、内面の探求と称した覚醒ワーク^^などにいそしんでいるんじゃないだろうか・・・って^^2012年が始まる前はひそかに予想というか、妄想していたのです。
「アセンション後の世の中ではもうお金だっていらないらしいし、であれば、そろそろもう生活のためのシゴト的なものは、もっとぎりぎりでもホントに食べていけるだけでいいから、そこそこにして、自分のスピリチュアル能力の開発に本気に取り組まないと」・・・のような感覚。
アセンションの日までの内的葛藤の払拭と、過去世に遡って現在に至るまでの浄化のために、肉体と精神を研ぎ澄ませ、完璧に「アセンション待ち」の「いつでも来い」状態を作るための期間にしようかと^^、おぼろげながら。。。


それが・・・な、なんと、いつもの年同様、へたすると、もっと頑張って^^リアルに働いてきた9か月だったように思います。
なぜこの時、この2012年なんだ??? となんとなくは思ってもいたのですが、我愛する小犬の長期にわたるけっこうな治療費^^がどうしても必要で、捻出していかなければという、「シゴトを怠けられない理由」ができてしまったから。そして、そのリアルを、ファジーに色々と自分に都合のいい理由をつけて避けることはしたくなかったから。
リアルでこんなにたくさん、今までにまったく経験のなかったタイプの感謝のシチュエーション、「お金さん、治療費としてワンコの命を助けてくれてありがとう。アクセ買ってくださっているみなさん、それをも助けてくださって本当にありがとう」な、言葉では言い尽くせない感謝満面の日々を経験させてもらってきました。
正直、人間のアセンション・スケジュール情報を漁って、どれが真実か見当つけたりしている場合じゃない、自己の浄化やアセンション準備がどうこうと言って悩んでいる場合じゃなかった^^そんな切実な「リアル体験」そのものの9か月が過ぎようとしております。


でも、この「Realistic 2012」を制作して、その理由がわかりました。
そして、2009年に自分で書いておりました。
「魂というのは、この地上のリアルの中で磨いていくもの、なのだと思います。頭の中だけで自分を美化し、こねくり回しても、魂ってのは、成長なんかしやしない。実体験を重ねて、失敗もして、悔しい、悲しい、怖い、それを超えてくところに、あるんですよ。」

もちろん、こうしてあくせくと^^やってきたことの直接的切実な理由は上記のような個人的な理由にもあるのですが、結果的に、「今年もずっと休まず石アクセサリを作ってきて本当に良かった。。。今年、もし、犬の病気のことがなくて、自分のアセンション準備のために時間を割こう、少しリアルな仕事はセーブしてゆっくりしないと・・・なんて魂胆で^^、石アクセサリを作ってきていなかったら? ってことを思うと、きっとものすごく後悔していたと思う。そんなことをしていたら、私は、手にしてくださっているみなさんの魂のお役に立てたらと望んでやらせていただいているこのシゴトを、天職を自ら放棄していたことになるのだ・・・石たちが、それをあたしに望むわけがないし、そうさせるわけがないわな・・・そもそも、そんな我良しニンゲンがアセンションなどするわけが^^」という境地をいただけていることに思い至りました。


まさにまさにな、「Realistic 2012」。
もちろん、2012年残りわずかのため、というだけではなく、魂は永遠に、「実体験」し続け、成長しつづけていきます。
「Realistic 2012」は、その「実のある体験」を、それぞれの魂がきっといちばんに望んでいる必要としているシチュエーションを演出してくれる、最高のお供となると思います。
「目に見えないけれど、精神の世界、いわゆる、魂の世界と、この現実世界は、密接に繋がっている、ということを、実体験」しながら、いつか、魂の輝きそのものが自己価値であることを、本当に知る時まで、おひとりおひとりの最高善を生きるヘルプをしてくれるんじゃないかと思います。



■使用石■


「モルダバイト約12×10×6~8ミリ原石タンブル、7×4ミリロンデル」「オウロヴェルデクォーツ10ミリ丸玉」「メタモルフォーゼス12ミリ、10ミリ丸玉」「パイライトinクォーツ9ミリ丸玉」「ヘマタイト(withレピドクロサイト)inクォーツ9ミリ弱丸玉」「ブルーサファイア13ミリ、9ミリ128面カット丸玉」「ルビー11ミリ、9ミリ128面カット丸玉」「ウランガラス13ミリ、9ミリ変形タンブル」「京都オパール(露草色)7ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■

モルダバイトは大きな透明感のあるタンブルとロンデル。
現在、こういう大きさのあるタンブルビーズは、ほとんど見かけません。あったとしても非常に価格高騰しちょりまして、仕入れても採算が^^って世界になりそう。モルダバイトを始め、インパクトガラス系はほんと、市場では勢いを失う様相、まるでないですね。ホンモノ(スピ的にも純粋に天然石としての希少性という意味でも)って^^そういうことなんでしょうか。
モルダバイトもガラスですので、ローマンガラスやウランガラスとは親戚というか相性が昔から良いです。

このたびは、メタモルフォーゼスと、オウロヴェルデを使用。
オウロヴェルデ・・・ずっと超欲しいと思いながらも手を出しそびれていた、メタモルフォーゼスの加熱処理版、変容石でして。
アゼツライトやなんかと同様^^スピな付加価値の希少系なので、メタモもオウロヴェルデも、その見た目からは、「どこがミルキークォーツやレモンクォーツと違うのか」わかりませんので、やっぱり、エネルギーわからないと、この世的にはばかばかしいと思えて当然^^の値段の石です。
オウロヴェルデに関しては輸入代理店発行のカードみたいなものがありますので、そのコピーをお付けいたします。
メタモのほうはそういうのないんですよね^^。まちがいなくメタモなんですが、まぁ、その手のギャランティ系、あったほうがホンモノらしいっちゃホンモノらしい話ですが。私が以前メタモを仕入れたお店さんは、メロディさん経由で仕入れていないので(この方の鉱山というわけではないので)まだ多少お安いわけなんですが、そうすると「証明書」なんてつきませんからね。。。日本人はお墨付きとか証明書が好きなんですよね。。。

さて気を取り直して、今回はさらにレア石、パイライトinクォーツと、ヘマタイト(withレピドクロサイト)inクォーツ。
両者とも、単体ではありふれた鉱物ですが、「水晶の中に異物として」入っちゃうと、とたんに希少石です。
特にヘマタイトのほうは・・・普通のヘマタイトin水晶は、正確にはヘマタイトの鉄さびin水晶ですから、赤い着色原因となったりなんですが、こちらは、あのメタリックなヘマタイト片がいったいどうやって入ったのか? な超レア系。
運が良ければ^^すべての玉ではありませんが、レピドクロサイトのレッド片もいっしょに混入する玉もあります。水晶母体に内部クラックが少なく透明感がありますので、きらっきらです。
この石、どの程度のレア度なんだろう・・・と調べてみると、12ミリ玉ブレスで2万2千円(比較的お安いお店で)というような石ですね。

ブルーサファイア、ルビーは、Vol.2よりは発色の点で多少クォリティ下がりますが、このサイズを考えると、トータルとしては高品質ビーズの部類です。
ウランガラス、京都オパール(露草色)は、人口石。人口石ですが、これらレア石に負けず劣らずな^^特殊な地位を持つ人口石ビーズですね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「Realistic2012」ネックレス

2012年09月30日 (日) 20 : 53
「Realistic2012」ネックレス














「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ネックレス長さ55センチ。
ナイロンコートワイヤー、ロジウムメッキ真鍮パーツ、ロジウムメッキ真鍮スワロフスキー付マグネットパーツを使用しています。

◎ネックレスをご購入で、お揃いのブレスレットを同時にご購入いただける場合は、ブレスレット3,000円引のお取り扱いとさせていただきます。

__________________________


こちらは、最初から「Realistic 2012」でいくしかない組み合わせだろう、って思っていました。
なにしろ2012年、とうとう残り三か月!!!(アセンション界隈の^^巷で言われている冬至を分岐点とすると、三か月ないです)
そりゃもう、これから「リアル」に、そこへ向かって、そこを乗り越えて行こうという私たちですから。


「Realistic」という組み合わせは、2009年に一度だけやっています。
できれば、「Realistic」でブログ内検索をしていただいて、ご一読いただけると、それがいったいナニモノで、今回のがなにゆえでてきたのかが、ご理解いただけるような気がします。
当時の説明文を今読むと、当時もけっこう「ひゃああ」と自分は驚いていた^^様子です。(あらためて読んでみて、あらためてやっぱり、ひゃああ、となってしまいました。過去の自分に驚かされるというのもどうかと思うのですが)


実は2012年、個人的にですが、こういう展開が待っていたとは・・・という日常を送り続けて早9か月、というのでしょうか^^。
自分が予想していた2012年は、実は、きっと2012年には少し石アクセサリづくりなんかはセーブに入ることになって、アセンションに向けての自己の内的ワーク、内面の探求と称した覚醒ワーク^^などにいそしんでいるんじゃないだろうか・・・って^^2012年が始まる前はひそかに予想というか、妄想していたのです。
「アセンション後の世の中ではもうお金だっていらないらしいし、であれば、そろそろもう生活のためのシゴト的なものは、もっとぎりぎりでもホントに食べていけるだけでいいから、そこそこにして、自分のスピリチュアル能力の開発に本気に取り組まないと」・・・のような感覚。
アセンションの日までの内的葛藤の払拭と、過去世に遡って現在に至るまでの浄化のために、肉体と精神を研ぎ澄ませ、完璧に「アセンション待ち」の「いつでも来い」状態を作るための期間にしようかと^^、おぼろげながら。。。


それが・・・な、なんと、いつもの年同様、へたすると、もっと頑張って^^リアルに働いてきた9か月だったように思います。
なぜこの時、この2012年なんだ??? となんとなくは思ってもいたのですが、我愛する小犬の長期にわたるけっこうな治療費^^がどうしても必要で、捻出していかなければという、「シゴトを怠けられない理由」ができてしまったから。そして、そのリアルを、ファジーに色々と自分に都合のいい理由をつけて避けることはしたくなかったから。
リアルでこんなにたくさん、今までにまったく経験のなかったタイプの感謝のシチュエーション、「お金さん、治療費としてワンコの命を助けてくれてありがとう。アクセ買ってくださっているみなさん、それをも助けてくださって本当にありがとう」な、言葉では言い尽くせない感謝満面の日々を経験させてもらってきました。
正直、人間のアセンション・スケジュール情報を漁って、どれが真実か見当つけたりしている場合じゃない、自己の浄化やアセンション準備がどうこうと言って悩んでいる場合じゃなかった^^そんな切実な「リアル体験」そのものの9か月が過ぎようとしております。


でも、この「Realistic 2012」を制作して、その理由がわかりました。
そして、2009年に自分で書いておりました。
「魂というのは、この地上のリアルの中で磨いていくもの、なのだと思います。頭の中だけで自分を美化し、こねくり回しても、魂ってのは、成長なんかしやしない。実体験を重ねて、失敗もして、悔しい、悲しい、怖い、それを超えてくところに、あるんですよ。」

もちろん、こうしてあくせくと^^やってきたことの直接的切実な理由は上記のような個人的な理由にもあるのですが、結果的に、「今年もずっと休まず石アクセサリを作ってきて本当に良かった。。。今年、もし、犬の病気のことがなくて、自分のアセンション準備のために時間を割こう、少しリアルな仕事はセーブしてゆっくりしないと・・・なんて魂胆で^^、石アクセサリを作ってきていなかったら? ってことを思うと、きっとものすごく後悔していたと思う。そんなことをしていたら、私は、手にしてくださっているみなさんの魂のお役に立てたらと望んでやらせていただいているこのシゴトを、天職を自ら放棄していたことになるのだ・・・石たちが、それをあたしに望むわけがないし、そうさせるわけがないわな・・・そもそも、そんな我良しニンゲンがアセンションなどするわけが^^」という境地をいただけていることに思い至りました。


まさにまさにな、「Realistic 2012」。
もちろん、2012年残りわずかのため、というだけではなく、魂は永遠に、「実体験」し続け、成長しつづけていきます。
「Realistic 2012」は、その「実のある体験」を、それぞれの魂がきっといちばんに望んでいる必要としているシチュエーションを演出してくれる、最高のお供となると思います。
「目に見えないけれど、精神の世界、いわゆる、魂の世界と、この現実世界は、密接に繋がっている、ということを、実体験」しながら、いつか、魂の輝きそのものが自己価値であることを、本当に知る時まで、おひとりおひとりの最高善を生きるヘルプをしてくれるんじゃないかと思います。



■使用石■


「モルダバイト16×10×6ミリ原石タンブル」「オウロヴェルデクォーツ8ミリ丸玉」「メタモルフォーゼス10ミリ、8ミリ、6ミリ丸玉」「パイライトinクォーツ6ミリ丸玉」「ヘマタイト(withレピドクロサイト)inクォーツ7ミリ弱丸玉」「ブルーサファイア8ミリ、6ミリ128面カット丸玉」「ルビー8ミリ、6ミリ128面カット丸玉」「水晶約10~12×6~8×10ミリ、約18×10×6ミリタンブルカット、4ミリ多面カット丸玉、3ミリ丸玉」「ウランガラス18×13×4ミリオーバル、8ミリ丸玉」「ローマングラス約43×28×7ミリペンダントトップ」「京都オパール(露草色)7ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■

ローマングラスをトップに使用。
両面に神秘的な銀化が見られる、クリアブルーガラス器の残欠片に穴あけしペンTOPにしたもの。両面ともにほとんどの面が銀化しているレア級、レアカラー。しかもビッグサイズ。
これ、知らなければまぁ、「なんか綺麗なガラスのかけらね」なのかもなんですが^^、実はこのネックレスの材料費原価をけっこう押し上げています^^。
もっと高くても本当はいいんですが・・・まぁ、それで買ってもらえないのも自分は困るので、これでも、他の石もお高い石ばかりなので、採算としてはギリギリ値段なのです^^^^。
ということで、モルダバイトは原石穴あきタンブル。モルダバイトもガラスですので、ローマンガラスやウランガラスとは親戚というか相性が昔から良いです。

このたびは、メタモルフォーゼスと、オウロヴェルデを使用。
オウロヴェルデ・・・ずっと超欲しいと思いながらも手を出しそびれていた、メタモルフォーゼスの加熱処理版、変容石でして。
アゼツライトやなんかと同様^^スピな付加価値の希少系なので、メタモもオウロヴェルデも、その見た目からは、「どこがミルキークォーツやレモンクォーツと違うのか」わかりませんので、やっぱり、エネルギーわからないと、この世的にはばかばかしいと思えて当然^^の値段の石です。
オウロヴェルデに関しては輸入代理店発行のカードみたいなものがありますので、そのコピーをお付けいたします。
メタモのほうはそういうのないんですよね^^。まちがいなくメタモなんですが、まぁ、その手のギャランティ系、あったほうがホンモノらしいっちゃホンモノらしい話ですが。私が以前メタモを仕入れたお店さんは、メロディさん経由で仕入れていないので(この方の鉱山というわけではないので)まだ多少お安いわけなんですが、そうすると「証明書」なんてつきませんからね。。。日本人はお墨付きとか証明書が好きなんですよね。。。

さて気を取り直して、今回はさらにレア石、パイライトinクォーツと、ヘマタイト(withレピドクロサイト)inクォーツ。
両者とも、単体ではありふれた鉱物ですが、「水晶の中に異物として」入っちゃうと、とたんに希少石です。
特にヘマタイトのほうは・・・普通のヘマタイトin水晶は、正確にはヘマタイトの鉄さびin水晶ですから、赤い着色原因となったりなんですが、こちらは、あのメタリックなヘマタイト片がいったいどうやって入ったのか? な超レア系。
運が良ければ^^すべての玉ではありませんが、レピドクロサイトのレッド片もいっしょに混入する玉もあります。
この石、どの程度のレア度なんだろう・・・と調べてみると、12ミリ玉ブレスで2万2千円(比較的お安いお店で)というような石ですね。
(ネックレスのほうは、両者とも、ブレスよりも小さい玉の仕様となりますので、どっちも同じような金属インクルージョンに見えるかも。ご了承ください)

ブルーサファイア、ルビーも、発色の良い、クォリティの良い高品質ビーズです。
水晶タンブルカットも透明度が高い高品質。
ウランガラス、京都オパール(露草色)は、人口石。人口石ですが、これらレア石に負けず劣らずな^^特殊な地位を持つ人口石ビーズですね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

「Japanese Green 四」ブレスレット

2012年09月30日 (日) 20 : 50










「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ
(出品作品一覧の販売ページです。ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、現品の有無をご確認ください。)

アクセサリ掲載ページ

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆

ブレスレット内寸約15センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

__________________________


先月からの糸魚川グリーン翡翠、シリーズみたいに続きもので「四」となりましたが、いちおうひとまずは、このお品一点で、「Japanese Green」は終了です。
ファイナルなので、やはり、スギライトと、乙女鉱山の水晶、それから、ハイパワーアゼツライトと、幻のレアストーン、アゲートinクォーツをカップリングにしました。


地球での歴史を積み重ねてきた霊石ジェダイドに、21世紀の霊石スギライト。
パワーストーン・ワークスでも、過去からこのカップリングのお取扱いはもう何度目でしょう。
しかし今回のは、もう完全版、というのか^^、超スペシャル版というか。


実はこのスギライト、お約束の紫玉ももちろん使っているのですが、なんと幻の「うぐいす色」を使っておりまして。
スギライトは日本人の鉱物学者の杉博士が日本で発見したことで、スギライトの名前がついた・・・ことは有名な話ですが、その日本で初めて発見されたスギライトというのは「うぐいす色」でした。
自分は、折に触れ、このうぐいす色のスギライトってないんだろうか^^と、探し続けておりまして。ようやくビーズの姿になったもので、うぐいす色らしいうぐいす色のスギライト見つけました。(日本産ではなく、南アフリカ産ですけれどね)全身うぐいす色ではなくて、紫グラデやバスタマイトのピンクのグラデの一部として入っていたりはしますが、この草色ともカーキ色とも違う、薄い暗緑色というのか、いわゆる「うぐいす色」のスギライトってありそうでないんですよ~。
なので、今回も、これ一本のみの制作となります。


まぁ、地味ィな組み合わせというか、見た目にはこの感じですので、も~う、かなり酔狂な方以外には、こちらに「ノドから手」はないかもしれません。
アゲートinクォーツも・・・ほんと、幻系のレアストーンではあるのですが、見た目だけで判断すると・・・なんていうか、遠目にはファントム系の水晶というか、特に特別なものには見えませんし、近目でも割れたゆでたまごの殻が水晶の中にぐちゃっと混入したみたいな^^見た目です。


前回もお伝えしている内容ですが、翡翠、ジェダイドほど、この世でひとりの人間が進化の螺旋階段を一歩一歩登って行こうとする際に、手を貸してくれる石もないのかもしれません。
あらゆる人間の作為レベルを、ジェダイドは超えているかもしれない・・・ということを書きましたが、それはスギライトにも似たところがありますね。
(不調チャクラのスキャン石のアゼツライトも^^まぁ、作為でどうこうできない部分を速攻面倒見てくれる点において、やはりそうですね。そんなアゼツでも、強固なハートのバイアスに関しては・・・^^百発百中ではないとは思います)


それだけに、葛藤することに対しての取り組み姿勢は、人間側に積極姿勢がやっぱりあったほうがより良いですし、また、石への敬意じゃないけれど、それは対、石ということだけではなくて、見えない精神性、人智を超えた世界、高いイシキへの敬意とでもいうのでしょうか、やはり持つべきだなぁ・・・時々忘れてしまうんですけれど^^、とても大切なものであることを思い出させてくれる組み合わせですね。


超能力開発コンビ^^なるふれこみで、昔はトキメイていた自分でしたけれど。
スピリチュアル・ブームでは、そういう方向性って「飴」的にわれわれに供給されていた世界だったと思いますが、精神性の研鑽を伴わない超能力は、むしろ本人を蝕むのではなかろうか? と危ぶまれる面もありましたし、へたすると、お花畑への現実逃避となりかねないというところも依然あるよね~・・・とは思っていましたけれど、この組み合わせは、「精神性の研鑽を伴わない超能力は開かれない」ですので^^、むしろ安心して、精進していただけると思います。
(つまり、精神性の研鑽を伴う場合には、限度のない能力が開かれていく、ということでもあります。ジェダイド&スギライトは、そのヘルプをするコンビなんですね)



■使用石■


「糸魚川翡翠(2type)14ミリ、12ミリ丸玉」「スギライト(2type)12ミリ、10ミリ丸玉、16×13ミリチューブ」「乙女鉱山水晶14ミリ丸玉」「アゼツライト12ミリ丸玉」「アゲートinクォーツ10ミリ丸玉」


■クォリティと鉱物説明■

糸魚川翡翠は、いわゆる「翡翠は緑」という翡翠という石にできあがっているイメージそのもの、そういうカラーリングの翡翠で、グリーンの入り方がとても綺麗です。
グリーン14ミリ大玉と、今回は、コバルト系のホワイト地の12ミリ玉も、一粒残していましたので、使いました。糸魚川翡翠は、合計2石使用しています。

国産の、山梨県乙女鉱山の水晶は、今回のロットは完全に無色ではなくわずかにスモーキーのもの、セージニティックの針入りも含まれますが、ほぼ無色透明水晶。

スギライトは文中でもご説明していますが、うぐいす色の混じる和カラー系と、鮮やかな濃い紫色のものと2タイプ。

アゲートinクォーツも文中でレアをアピールしてますが^^レア石です。
レア石なんですが、見た目にはやはり文中説明通りというのか、まぁ、とんでもなく綺麗な石という部類ではないですね。
遠目にはアゼツライトとも似ていますね。というか、アゲートinクォーツに似た感じの^^アゼツライト12ミリを選んで使用しています。
アゼツライトにもけっこう色々タイプがありまして、透明感のあるもの、ファントム水晶のように縞のあるもの、ほとんど透明感のないホワイトチョークのようなタイプのもの、透明感のある部分と白濁部分が入り混じるタイプ、など・・・わりと数を取り扱ってくるとですね、ロットによって、まるで違う石? かのように、見た目が違うことがありますね。
アゼツも、昨年くらいから、おそるべく勢いで^^日本に入ってきていますが(前にも書いたけれど、おそらく、アメリカの不況の影響で、買ってくれるお得意様がjapan以外にはあんまりもうないのかもしれないです、H&E社さん)まぁ、そういう意味では、この世的な価値観での流通数が少ないがゆえのレアという範疇からはもう外れている石ですが、いい観方をすれば、それだけアセンションへと進んでいる状況・・・だからこそ^^とは言えますね。
日本人を選民視する説、多々ありますが。そういう役割の民族であること。
まだ天はきっと諦めていないんだろうと思います。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page