アーカイブ
2011年10月23日の記事のリスト

「そりゃそうだ、ゲリー。」の2012年も目前

2011年10月23日 (日) 04 : 16
お久しぶりです^^。
ちょっと更新するのが照れ臭いくらいに^^日があいてしまいました。
ワンちゃん騒ぎ(?)で、アセンションも宇宙意識もそっちのけ^^のこの10日間、ほとんどパソコンの前に座ることもなく、ひたすら、「アクセサリ制作→ごはん作り(forワンコ&人間)→アクセサリ制作」の日々でございました。


今月はもう月末アクセサリはないかもな~、なんて、お思いでいらっしゃた方^^もおいでかもしれませんが^^なんのなんの、しっかり、月末準備しております。
大地震、原発事故のさなかでも、制作、販売の準備をしていた人間^^ですから。
しかも、もう、マヤ暦の「人類の宇宙意識へのシフト期間」は、なんと、あと5日で終了しちゃうではないですか!!!
今年もあと2か月とちょっとしかないじゃないですか!!!!!
タ、タイの大洪水とか・・・・・世界中で大暴動とか・・・・・あんまりニュースそのものではオオゴト扱いではないのかもしれないけれど、地球上はスゴイことになってきている様子・・・・・・・・・・。

ら、来年は・・・・・・2012年ですからね。。。。。


上記では、アセンションも宇宙意識もそっちのけ、と書きましたが、なんでしょう・・・・・・・・とても得難い経験を、一瞬、一瞬を、経験している~~~~~というのか、充実の10日間でしたし、まだそれは継続中。
うちのワンちゃんは一応元気、というか、戻ってきた感はあるんですけれど、けっこう日替わりだった時期もあって、色々と考えさせられましたね・・・・・・。
なにしろ、あたしはリアルな「病人」に慣れていませんでしたからね。
彼女に食べさせてはいけない栄養素とか・・・食べなきゃいけない栄養素とか・・・あああ、肉体ってそうなのか~~~~~腎臓ってそうなのか~~~~~、と。
もともと腎臓系で病院通いが始まったわけではなく、別のビョーキがメインだったもので、そっちは治さなきゃだし、腎臓気遣うあまりに、エネルギー不足にさせて衰弱させては元も子もないし(実はその路線へも走っちゃっていたりした時もあって、もう大混乱ですよ)、しかも、食欲がないからという理由ではなく、食欲はあるくせに「えり好みして食べようとしない」という、これまた今までになかった偏食家っぷりを発揮しまくってくれるわで^^もう、どうしたら・・・な世界だったわけなんですが。


しかしですね、やっぱりね・・・石はスゴイと思いますよ。
いやもちろん、上記のように、基本的な癒し行動あって・・・の石なんですよ。
でもやっぱり不思議~・・・・・というのか。
エネルギーを行き渡らせる石、であるサーペンティンとか。
やっぱりすごいって思っちゃいました。
「偶然」かもしれませんが、「このネックレスを身に着けさせたとたんに・・・」とか^^そういうの、てんこ盛りなんですよね^^^^^^^。


とは言うもののですね、その反面では、彼女の肉体がいなくなる日への覚悟、というのではないですが、そういうものもね、今まであまりに見つめないようにしていたというか、まさかそんな日が・・・じゃないけれど、幸運なことに、15歳・・・もうすぐ16歳になるんですけれどね、あまりに健康を絵に描いたようなワンちゃんだったので考えたこともなかった^^わけなんですが、考えてみればまぁ、人間でいうなれば老人ですからね・・・それと、「ドッグイヤー」と言って、彼らの一日というのは、人間の5日とか一週間分の速度の感覚なのだそうで、だから、たとえば、病気が発覚した犬猫ちゃんって人間以上にその進行が速くて、見つけた時からあっというまに末期状態になることも多いみたいなんですよね。


「自分のところにだけはそんなことは起こらない」と思いたいのが人間の性。
しかし、それはそれで、そう遠くない未来に起こり得ることであったとしても、受け入れていく、ゆだねていく、できるベストを尽くす心境になりました。
そして、この「一瞬一瞬」の彼女の体温、元気さ、そしてその反対ともいえる元気じゃないぐったりと眠る状態、こちらに寄ってくる時の可愛さ、食べたいものしか食べないの、と言わんばかりの可愛げのない態度^^、食べたいものを食べている時の嬉しそうな顔、それらすべてががなんとありがたくて嬉しいことか・・・という気持ち。


最初は、こみあげてくるのは、こういう風にしてしまったのに自分の責任があったこと、色々こうもああも元気な時にしてあげたかった、できたはずのことなのにしてこなかった自分・・・というような後悔、失うかもしれないことに直面しての、言い知れない悲しみの涙だったわけなんですが、泣いているうちに、つまり泣くことを重ねているうちに、そのこみあげてくる涙の質が少し変わってきたように感じます。


いいことばかりじゃないのに、自分の思い通りになることばかりじゃないのに、すごくありがたいことばかりが溢れていることへの気づき・・・・・存在そのものへの感謝。
存在って、「愛」なんだ・・・・・という感覚と、その自覚。
この感覚の自覚は、ちょっと今までにはやっぱり未経験領域だったかもしれません。



ということで、表題ですが、
「そりゃないよ、ゲリー。」な私だったわけなんですけれど^^、
「そりゃそうだ、ゲリー。」に変更しました。
だからこそ、未来変更を諦めるなという、警告とも、進言とも、これは読めるな~・・・・・・ということに気が付きました。


最新バージョン・光の12日間のレポートをお読みになられて、感じることはもちろん人それぞれでいらっしゃると思いますけれど、まぁ、準備万端!!!! いつでもオッケー!!!! な方には、あんまり関係ない話ですけれどね、アセンション。


未来の予定・・・・・大枠は変わらなくても、変えられるんですよね。
それは、飼い犬の生死から^^、地球の未来、人類の未来、そういうものまで、万事に繋がっている話だと思います。







この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page